2018明治安田生命J3リーグ第28節終了

元の記事へ移動

順 TEAM 勝点 (勝分負) 得失
01 琉 球 59 (18 5 4) +31
02 鹿児島 48 (13 9 5) +09
03 群 馬 47 (14 5 8) +04
04 沼 津 44 (12 8 6) +10
05 G大阪 40 (11 7 8) +12
06 鳥 取 39 (11 6 9) +10
07 秋 田 36 (10 6 10) +05
08 C大阪 36 (10 6 10) +02
09 福 島 34 (7 12 8) -06
10 相模原 32 (9 5 12) -09
11 長 野 31 (7 10 9) +01
12 藤 枝 31 (9 4 13) -11
13 盛 岡 31 (9 4 14) -15
14 横 浜 30 (7 9 10) -06
14 富 山 30 (9 3 14) -11
16 F東京 27 (7 6 14) -09
17 北九州 22 (5 7 14) -17

ブラウブリッツ秋田は試合なし
順位は7位で変わらず
(10勝6分10敗、得点29、失点24、得失+5)

勝ち点:+36(変更なし)
得失点差:+5(変更なし)

<その他の試合>
横浜 1 - 3 藤枝
鳥取 1 - 3 琉球
鹿児島 1 - 0 盛岡
相模原 2 - 1 C大阪
沼津 1 - 2 G大阪
群馬 1 - 0 福島
富山 1 - 1 長野
北九州 0 - 0 F東京
※今節は秋田が試合なし

首位の琉球は今節も勝利し、5連勝で首位をガッチリとキープ。
2位の鹿児島も勝利しましたが、今季の残り試合は5試合なので、琉球は残り5試合で勝ち点5を取れば優勝です。
優勝、そしてJ2昇格に向けてまた一歩前進した琉球です。

J2昇格争いとなる2位攻防戦ですが、2位の鹿児島と4位の群馬は共に勝利し、3位の沼津は敗れました。
この結果、4位の群馬が3位に浮上し、群馬は2位の鹿児島との勝ち点差1のまま鹿児島を追撃しています。

J2昇格争いの方も、激しさを増しています。
そして、不気味なのが、5位に浮上したガンバ大阪U-23です。
大逆転で鹿児島、群馬のJ2昇格の夢を打ち砕くなんてことはあってほしくないですが、、、

我らがブラウブリッツは、試合なし。
2位の鹿児島との勝ち点差は12に広がり、3位に浮上した群馬との勝ち点差も11に広がりました。
ただ、秋田は鹿児島、群馬よりも1試合少ないので、実質的な勝ち点差は鹿児島とは9、群馬とは8であると言えます。

今後、鹿児島が2敗し、秋田が3勝すれば、鹿児島との勝ち点差は3に縮まります。
まだまだ消化試合にするには早い!!

次節の試合会場は、前々節に続いて関東となります。
しかも、毎回100人以上の秋田サポ、秋田県出身者が詰めかけるニッパ球での試合です。

関東在住の秋田サポにとっては、東京、横浜開催の試合こそがホームゲーム。
ここで勝利して関東在住の秋田県出身者、サッカーファンにブラウブリッツの存在をアピールしたい。

10/28 (日)のアウェイYS横浜戦には、俺も参戦します!!
東京で負けた借りは横浜で返そう!!

共に闘おう!!
頑張れ、ブラウブリッツ!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

【レディース】平成30年度第21回九州女子サッカーリーグ後期第18節の試合結果について

元の記事へ移動

本日行われました、平成30年度 第21回九州女子サッカーリーグ??後期第18節の試合結果を以下の通りにお知らせ致します。◆平成30年度 第21回九州女子サッカーリーグ??後期第18節時間/16:30キックオフ(前後半40分)試合会場/中津市禅海グラウンド (大分県)大分トリニータレディ

日本人対決は実現せず…植田が失点に絡んだセルクル・ブルージュ、アザール弟投入も2-4完敗

元の記事へ移動

DF植田直通は先発フル出場し、MF森岡亮太はベンチ外
[10.20 ベルギー・リーグ第11節 アンデルレヒト4-2セルクル・ブルージュ]

 ベルギー・リーグ第11節が21日に行われ、DF植田直通の所属する暫定10位セルクル・ブルージュは敵地でMF森岡亮太所属の同4位アンデルレヒトと対戦し、2-4で敗れた。植田は3試合ぶりにスタメン出場し、90分間プレー。森岡は前節に続いてベンチ外だった。

 今季初の連勝を狙ったセルクル・ブルージュだったが、前半7分にCKの競り合いでDFアブド・オマールが相手を倒してPKを献上。同8分にアンデルレヒトのFWランドリー・ナニー・ディマタに決められ、あっさりと先制を許した。

 前半32分にはアンデルレヒトのMFピーテル・ヘルケンスが右サイドを突破し、中央のディマタにマイナスのパスを出す。ディマタをマークしていたのは植田だったが、寄せ切れずにターンを許し、左足のシュートを決められた。

 ディマタは前半の2ゴールで完全に勢いに乗る。後半7分にはPA内左で2人にマークされながらも、その間を抜く右足のシュートでネットを揺らし、ハットトリックを達成。さらに同9分、FKの流れからヘルケンスが右足で押し込み、一気に4-0とした。

 ただ、アンデルレヒトはこれで守備が緩んだのか、投入直後のFWイルバン・カルドナに隙を突かれて後半11分、同14分と立て続けにゴールを奪われる。2点差に詰め寄ったセルクル・ブルージュは同16分、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールの弟であるMFキリアン・アザールを投入した。

 しかし、その後はスコアが動かず、2試合ぶりの黒星。一方のアンデルレヒトは2連勝で4試合負けなし(3勝1分)となった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

第24節~第27節のハイライト動画

元の記事へ移動

ブラウブリッツは今節(第28節)試合がありません。
ということで、直近4試合のハイライト動画を貼ってみました。

まずは、先週、夢の島で行われたFC東京U-23戦。

第27節 FC東京U-23 1-0 ブラウブリッツ秋田/ 2018年10月14日
7位、10勝6分10敗、得点29、失点25、得失+5
https://youtu.be/PkmQcnYXrZ8



FC東京U-23の得点シーンですが、ゴールする前に両チームの選手がもつれて倒れていましたが、相手のファウルにしてほしかったですね。
ブラウブリッツはゴールした後にファウルとかハンドとかオフサイドでよくノーゴールにされているので。

また、ハイライト動画は、Jリーグ公式サイトのものもあります。



こちらの方は、時間が2分23秒となっています。

続いてザスパクサツ群馬戦@Aスタのハイライト動画です。

第26節 ブラウブリッツ秋田 0-1 ザスパクサツ群馬/ 2018年10月7日
7位、10勝6分7敗、得点29、失点23、得失+6
https://youtu.be/aRYdxJDypng



遊馬が防いでいなければ入ったであろうシュートの後のコーナーキックを頭で合わされて0-1で敗れました。
後ろでのボール回しが目立った試合でした。

また、ハイライト動画は、Jリーグ公式サイトのものもあります。



こちらの方は、時間が2分24秒となっています。

続いては、台風24号が近づく中で行われた鹿児島戦。

第25節 鹿児島ユナイテッドFC 2-2 ブラウブリッツ秋田/ 2018年9月29日
6位、10勝6分8敗、得点29、失点22、得失+7
https://youtu.be/SGnxcQ2NoVs



前半9分に先制されるが、後半3分の藤田のゴールで同点に追いつき、後半45分の外山のゴールで逆転した試合。



後半3分、藤田の技ありワンタッチゴールで同点!!



そして、後半45分、外山のゴールで逆転!!



しかし、後半ロスタイム3分に牛之濱にゴールを決められ、引き分けにされてしまいました、、、
歓喜の後に失点した悔しい悔しいドローです。

また、ハイライト動画は、Jリーグ公式サイトのものもあります。



こちらの方は、時間が3分21秒となっています。
Jリーグ公式サイトのハイライト動画は、いつも2分20秒ほどですが、3分以上あるということは、それだけこの試合に見所があったということでしょう。
しかし、それだけにこの試合に勝てなかったのは痛かった。

続いてガンバ大阪U-23戦@Aスタのハイライト動画です。

第24節 ブラウブリッツ秋田 1-1 ガンバ大阪U-23/ 2018年9月23日
6位、10勝5分8敗、得点27、失点20、得失+7
https://youtu.be/5H55fYs2nF8



前半44分に外山がゴールネットを揺らすもハンドの判定でノーゴールに。
そして後半20分にガンバに先制されましたが、後半26分の久富のゴールで同点に追いつき、後半ロスタイムに入ってすぐに再び久富がゴールネットを揺らすもオフサイドの判定でノーゴール。

ブラウブリッツは得点以外にゴールネットを2回揺らしましたが、審判にノーゴールにされ、1-1の引き分けに終わった試合でした。



3-1で勝利したはずが、審判のせいで久富の1点だけに留まり、1-1の引き分けに終わったことは、本当に悔しい。

また、ハイライト動画は、Jリーグ公式サイトのものもあります。



こちらの方は、時間が2分40秒となっています。

今季の残り試合は6試合。
ここから先はトーナメント戦のつもりで、目の前の一戦一戦に集中して戦おう!!

残り試合を全力で戦おう!!
頑張れ、ブラウブリッツ!!

P1050968.jpg


<追記>
第1節~第23節のハイライト動画は、次の通りです。

第18節~第23節のハイライト動画
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/blog-entry-2234.html

第9節~第17節のハイライト動画
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/blog-entry-2192.html

第1節~第8節のハイライト動画
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/blog-entry-2156.html


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

堂安のシュートはクロスバーにポストに…フローニンゲンが最下位転落

元の記事へ移動

堂安のシュートはクロスバーにポストに…フローニンゲンが最下位転落
[10.21 エールディビジ第9節 ヘラクレス4-1フローニンゲン]

 日本代表MF堂安律の所属するフローニンゲンは21日、エールディビジ第9節のヘラクレス戦を敵地で行い、1-4で敗れた。連敗で今季7敗目を喫したフローニンゲンは最下位に転落した。

 先制はフローニンゲンだった。前半14分、中央の堂安がエリア右にいたFWミムン・マヒにパス。そしてマヒがドリブル突破からゴールにねじ込み、スコアを動かした。

 しかし前半25分に同点弾を浴びると、前半終了間際には堂安がPKを獲得したかに思えたが、直前のマヒのプレーがVAR判定によってハンドを取られ、勝ち越しのチャンスを逸する。

 そして後半に入ると、1分にも満たない時間帯で、GKセルジオ・パットのミスによって逆転弾を献上。後半33分には3点目、同アディショナルタイム2分には直接FKによってダメを押された。

 堂安は開幕から9試合連続フル出場。しかし前半12分のシュートはクロスバー。後半28分のシュートがポストを叩くなど、日本代表で初ゴールを奪った勢いを、オランダに持ち込むことは出来なかった。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2018-19特集