【J2・第10節_vs岡山(A)】 『何度でも』○2-0

元の記事へ移動

久しぶりに試合を楽しんで観ることができた。ワントップにポスト役がいたほうが、やはり今の湘南では攻撃が引き締まるように感じる。後半岡山に押しこまれる時間帯もあったが、安心して観ていられた。「ほー、いいじゃないか。こういうのでいいんだよこういうので。」 バイーアさんをキムチで欠くこの日のDFライン、ベテランを入れてくるかと思ったが、山根/岡崎/杉岡氏の3バック。岡本を一列上げて、もう一方のワイドには石原。中央をシュンスケ/俊輝が締め、前線はジネイ/やーまん/表原。 試合前からやたら強風が吹き荒れていたこの試合、まずは守備が機能するのかが注目されたが、結果的には問題なかった。前半風上を取った岡山に、試合が落ち着く前にロングボールで振り回されるのを危惧していたが、序盤の攻勢を耐えきってからは前半はほぼ押さえ込めた。 岡山の攻撃を引っ掛けてボールを奪う場面や、ゴールに迫る好機が増え、湘南が流れを掴んだかなと感じ始めた前半の18分。左サイドを押し込んでいく湘南、シュンスケからのゴール前へのスルーパスを岡本がゴールに流し込んで、先制。流れの中でパーフェクトな形で決められた。 前半はそのまま湘南ペースのまま終了。後半もこのままで…と思ったが、試合はナマモノ、そうそう思い通りにはいかないもの。後半から攻勢に出てきた岡山、大竹が入ってきた辺りからしばらくは押し込まれる時間帯が続いた。大竹は十分に怖さを発揮してきたなぁ…(震)。 交代で入った未月と奈良輪が積極的な攻め上がりを見せる等、終盤に何とか展開を五分に押し戻した湘南、1-0のまま終わらすことを良しとせず最後まで攻勢に出る。そして後半ロスタイムに入った時間帯で、再びあの男が『猪突猛進』を見せる。 右コーナーからのボールを受けた山根が潰れたこぼれ球を拾った杉岡氏。DFをワンタッチで避けてシュートコースが出来た刹那、素早く左足を振り抜いた。シュートはゴールの左サイドネットに突き刺さって、2-0で試合終了。 …こういう反射的というか瞬間的なシュートというのがもっと欲しいんだよな、ホントは前線のメンツに。個人名出しちゃうの好きじゃないけど、表原あたりはもっと危機感持たなきゃアカンよ、いやマジで。結構なチャンスを貰えているわけだからさ。 低調だった大分戦からの一週間、湘南はもう一度基本に立ち返ることに集中したらしい。こういう時に何度でも立ち返ることができるのは良い事。何で去年できなかった…もういいかw。見せてほしい姿勢を最後まできちんと見せてくれて、結果にも繋がったのは良いことだ。 前線から積極的に追い、人数をかけてボールを奪いに行く。球際で簡単に負けない。ラインを安易に下げない。DFラインからでも積極的に攻め上がる。縦への意識を忘れない。ボールを動かせる距離感を保つ。…迷ったら何度でも基本に立ち返ればいいのよ、何度でも。 それにしても。何度も話題に出して何だけど、秋野をベンチで遊ばせておくの、ホント勿体無く思っちゃうんだけど、どうにかならないものか。いや無理矢理使えとも言えないけれど、去年の長谷川アーリアジャスール氏的な使い方もできないしなぁ。ううむ。 ともあれ、これにて横浜FC/名古屋と共に勝ち点20に到達。得失点で差で3位。…ここ最近の失点の多さが響いているが、今回の無失点で落ち着いてくれるといいんだけどな。 次節はGW進行で水曜に平塚で山口を迎撃。山口からいっぱい来てくれるかなぁ…という前に、まずは湘南サポの家族連れがいっぱい来てくれないとなぁ…。 湘南ベルマーレの株主総会で、監査役に選任されました。29年1月末までの決算は売り上げが16億3500万円で、経常利益が388万円となりました。今シーズンは昨年より9%少ないだけの予算を組むことができました。但し、ホームの入場者目標は九千人です。ぜひ、ホームの試合にいらして下さい。— 河野太郎 (@konotarogomame) 2017年4月15日 すなわち、観客数平均で9000人を越えないと赤字の可能性が出て来るということだ。ここまでホーム4試合の平均は8427人。岐阜/大分と続いた遠方クラブとの試合は、7000人がやっとなのだ。湘南サポだけで8000人をクリアしていかないと、ちょっとツラいぞ。 そのためにも、少々不甲斐ない試合が続いたイメージを払拭して、家族連れの前で快勝…できたらいいなぁw。GW唯一のホームゲームで、良いアピールをしたいものだ。