清水ドロー 北川決勝弾…が猛抗議するもオフサイド

元の記事へ移動

清水エスパルスはホームで松本山雅FCと対戦。前半、松本に2失点を許すが、前半43分に滝裕太(19)、前半ロスタイムに楠神順平(31)のゴールで同点に追いつき、後半、勝ち越しを狙ったが惜しくも引き分けた。 清水が劣勢から地力を見せつけた。…

ラツィオが6年ぶりの伊杯優勝に王手! 不調ミランは完封負け

元の記事へ移動

ラツィオが決勝進出
[4.25 コッパ・イタリア準決勝 ミラン0-1ラツィオ]

 コッパ・イタリアの準決勝第2戦が24日に行われ、ラツィオミランに1-0で勝利。第1戦はスコアレスドローだったため、ラツィオが5月15日の決勝戦に駒を進めた。

 第2戦の結果次第となった大一番だが、ラツィオは前半15分にアクシデント。MFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチが足を負傷して交代を余儀なくされてしまう。前半は互いに決定機をつくるも、0-0のまま折り返した。

 後半からは少しずつラツィオにチャンスが訪れる。すると後半13分、FWチーロ・インモビーレが左サイドから中央に入り込み、左サイドを抜いていったFWホアキン・コレアにパス。コレアはPA左からGKペペ・レイナの股を通すシュートを放ち、ゴールに流し込んだ。

 ミランは後半31分、MFスソのアーリークロスにFWパトリック・クトローネがゴールネットを揺らすも、わずかにオフサイドラインを越えており、ノーゴールに。試合はそのまま終了し、ラツィオが1-0で勝利した。

 ラツィオは2016-17シーズン以来の決勝進出となり、12-13シーズン以来の優勝に王手をかけた。決勝戦は5月15日、アタランタ対フィオレンティーナの勝者と対戦する。

●コッパ・イタリア2018-19特集
●セリエA2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

取りこぼしたアーセナル、指揮官はトップ4に前向き「まだ3試合ある」

元の記事へ移動

ウナイ・エメリ監督
 アーセナルは24日、プレミアリーグ第35節で、ウォルバーハンプトンに1-3で敗れた。ここに来て2連敗を喫したことにより、今節でUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)圏内の4位に入ることはできず。しかし、ウナイ・エメリ監督は欧州最高峰の舞台に楽観的な姿勢を示した。

「トップ4が目標だ。難しい目標だがね」。イギリス国営放送『BBC』によるとウォルバーハンプトン戦の試合後、指揮官はあらためて目標を明言した。“トップ4”とは来季の欧州CL出場権が得られる順位のことだ。

 すでに首位のマンチェスター・C、2位のリバプールとは大幅に勝ち点差が開いており、現実的に狙えるのは3位まで。勝ち点70のトッテナムを筆頭に、67のチェルシー、66のアーセナル、64のマンチェスター・Uが集団を形成している。

「われわれは直近の2試合に敗れてしまった。だが、まだプレミアリーグでは3試合を戦うことが許されている」。そう前を向いたエメリ監督は「がっかりはしているが、シーズン全体を見ないといけない。レスター戦に向けて最善の準備をする必要がある」と述べた。

 なお、アーセナルはUEFAヨーロッパリーグ(EL)でも4強に勝ち残っており、これを制することでも来季の欧州CL出場権獲得は可能。リーグ戦で残るレスター・シティ、ブライトン、バーンリーとの試合とともに全力を尽くしていく構えだ。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

バルセロナの優勝決定は次節に持ち越し…A・マドリーが接戦上位対決を制す

元の記事へ移動

2点目を決めたFWアントワーヌ・グリエーズマン
[4.24 リーガ・エスパニョーラ第34節 A・マドリー3-2バレンシア]

 リーガ・エスパニョーラは24日、第34節を各地で行い、2位のアトレティコ・マドリーが5位のバレンシアを3-2で破った。敗れれば首位バルセロナの優勝が決まるという崖っぷちの状況だったが、次節に希望をつないだ。

 バルセロナが23日のアラベス戦に勝利したため、試合前の時点で勝ち点差12で追う形となっていたA・マドリー。残された試合は5試合しかなく、順位を決める直接対決の戦績で下回っているため、もし敗れれば逆転の可能性がなくなる背水の陣となった。

 A・マドリーは前半9分、FWアルバロ・モラタのゴールで先制したが、同36分にFWケビン・ガメイロに決められて同点。後半4分にはFWアントワーヌ・グリエーズマンの得点で再び勝ち越すも、同32分にMFダニエル・パレホにPKを決められ、またしても追いつかれる苦しい展開となった。

 ところが後半36分、A・マドリーはMFトーマス・パルテイの縦パスを受けたMFアンヘル・コレアがゴール正面から右足を振り抜くと、シュート回転したボールがゴール右隅へ。豪快なゴラッソで勝ち越しに成功し、試合をそのまま締めた。

 この結果により、バルセロナは今節での優勝決定は持ち越し。27日に行われる次節のレバンテ戦で勝てば無条件で優勝が決定する。もっとも次節では、同日の早い時間帯にA・マドリーが試合を行う予定となっており、バリャドリーに敗れた場合、その時点でバルセロナの優勝が決まる。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中