日本初・女子プロサッカーリーグの概要が決定!! 新名称は『WEリーグ』秋春制で21年9月開幕

元の記事へ移動

新たなロゴマーク
 日本サッカー協会(JFA)は3日、2021年9月に発足する日本初の女子プロサッカーリーグの設立記者発表を行った。新たなリーグ名は『WE LEAGUE(ウィー・リーグ)』。開催時期は欧州のサッカースケジュールに合わせ、9月から翌年5月までの秋春制となる。

 新名称の『WEリーグ』は「Women Empowerment League」の意味。「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」といった理念や、新たに登場する「女子プロサッカー選手」という職業が確立されることで「わたしたち」(WE)みんなが主人公となるという思いが込められている。

 ①世界一の女子サッカーを②世界一アクティブな女性コミュニティへ③世界一のリーグ価値を—という3つのビジョンのもと、①日本の女性活躍社会を牽引する②日本に「女性プロスポーツ」を根付かせる③日本の女子サッカーの発展に貢献する④なでしこジャパンを再び世界一にする—という4つのミッションを掲げている。

 現行のなでしこリーグはアマチュアリーグとして存続。WEリーグがその上位に位置する。初年度は6〜10チームでスタートし、当面の間はアマチュアリーグとの降格を行わない。算入クラブは10月に参入クラブが決定。21年2〜7月にプレシーズン大会を行った後、同年9月に開幕を迎える予定となっている。

 JFAの田嶋幸三会長は新型コロナウイルス禍での設立について「大変な時に新しいリーグをスタートしていいのかといういろいろな議論があったが、いまこそ踏み切るべきだという結論を出した」と説明。今期の予算で新型コロナウイルス対策の7億円に次ぐ3億円を確保し、「選択と集中をしっかりしながら投資するものは投資する、我慢するものは我慢する。女子サッカーにはしっかり投資をしていこうということ」と方針を述べた。

 また田嶋会長は設立の意義として「なでしこジャパンを強くすることを第一に考えている。しかし、それだけではない。女性の社会進出やジェンダーイコーリティ(性の平等)も含めて常に考え、日本でもっともっとしっかりしていくことがなでしこジャパンを強くし、自立した選手を育成していくことにつながる」と力説。「この女子リーグを通じてさまざまな意味で日本の社会を変えていけないだろうか、サッカーのフィールドから社会を変えていけないだろうかということを提案したいと考えている」と決意を語った。

(取材・文 竹内達也)

家トレでヒーローになろう!アディダスがエッセンシャルワーカー応援企画を開催

元の記事へ移動

家トレでヒーローになろう!アディダスがエッセンシャルワーカー応援企画を開催
 アディダスジャパン株式会社は、新型コロナウイルスが感染拡大する中、最前線で活躍しているエッセンシャルワーカー(必要不可欠な仕事に従事する人)を支援する活動として「#HOMETEAMHERO Challenge(ホーム チーム ヒーロー チャレンジ)」を6月7日(日)まで開催している。

 このチャレンジは、アディダスが「スポーツを通して、私たちには人々の人生を変える力がある」という信念のもと、アスリートやパートナーのサポートを得て、医療従事者、公共交通機関の職員、スーパーやドラッグストアの店員、配達員など現在も人々の健康や日々の生活を守るために働くエッセンシャルワーカーを応援する企画だ。

 6月7日までに、ランニングや、腕立て伏せ、スクワットなどの運動をし、アプリ「adidas Running」や「adidas Training」などのアクティビティー・トラッキングアプリを使ってその動きや時間を計測することで参加できる。運動が計測されると1時間につき1ドルをアディダスが「#COVID19Fund(WHOのための新型コロナウイルス感染症対応連帯基金)」に寄付される仕組みなっている。全世界で合計100万時間達成をすることによって、最大100万ドルの寄付を目指す。

 国内のサッカー選手ではDF酒井高徳(神戸)、MF清武弘嗣(C大阪)などがSNSで参加を呼び掛けている。

▼ #HOMETEAMHERO Challengeの詳細はこちら


「彼のようになりたかった」…マンUショーが憧れた選手

元の記事へ移動

マンチェスター・ユナイテッドDFルーク・ショー
 マンチェスター・ユナイテッドDFルーク・ショーが憧れた選手を明かしている。クラブ公式ウェブサイトが伝えた。

 1995年7月12日生まれのショーはサウサンプトンの下部組織で育ち、11-12シーズンにトップチームデビューを果たすと、12-13シーズンに25試合、13-14シーズンに35試合に出場するなど主軸に成長。翌シーズンにはマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した。

 14年にはイングランド代表デビューを飾ったショーの憧れの選手は、マンチェスター・Uのライバルクラブとなるアーセナルやチェルシーでプレーした元イングランド代表DFアシュリー・コール氏だという。

「当然だけど、左SBの選手に憧れた。僕にとって彼は史上最高の左SBの一人。アシュリー・コールだよ。彼のプレーは何度となく見たし、彼のような選手になりたかった。イングランド代表のキャンプに彼と参加できたのはラッキーだったね。憧れた選手と一緒で、とても嬉しかったよ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

「久保建英は世界のどのチームにとっても宝!」by 英メディア

元の記事へ移動

721: 2020/06/02(火) 21:37:11.05 ID:IOL8suif0
久保建英


久保建英は「世界のどのチームにとっても宝」 “将来有望な若手7人”に英メディア選出

将来有望な若手の出現は、サッカー界で楽しみにされていることの一つだ。
英サッカーサイト「90min」は、世界各国で注目を集める若手7人を取り上げ、
現所属クラブが彼らにとっては小さくなってしまったと言及。マジョルカの日本代表MF久保建英も選出されている。

「チームがすでに小さくなりすぎてしまった7人の若きフットボーラー」と題した記事では、久保を“2人目”として紹介。
「この日本人はバルセロナのアカデミーで育ち、現在はレアル・マドリードが保有権を持つ。
スペクタクルな左足を持つ18歳は、大きな存在感を示している。
世界のどのチームにとっても宝になる可能性があるものの、国際試合では日本代表でそのキャリアをプレーする」と称賛した。

久保以外では、ビジャレアルのナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼ(21歳)、
ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(19歳)、
ドルトムントのアメリカ人MFジョバンニ・レイナ(17歳)、アヤックスのアメリカ代表DFセルジーニョ・デスト(19歳)、
レアル・ソシエダのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21歳)、
そして“大取り”にはバイエルンのカナダ代表FWアルフォンソ・デイビス(19歳)が取り上げられている。

アルフォンソ・デイビスに関しては、「すでにカナダ史上最高の選手と考えられている」と紹介されているが、 この7選手のうち何人がサッカー界を象徴するスタープレーヤーとなるだろうか。

https://www.football-zone.net/archives/264865


727: 2020/06/03(水) 00:29:14.66 ID:RuHoCJHD0
>>721
このメンバーに入ってるのはかなりすごいな

728: 2020/06/03(水) 01:02:51.18 ID:mn6n4Mop0
>>721
この7人だと今のとこハーランドが飛びぬけて
次にウーデゴールあと横並びって感じかな

続きを読む