日本vsベネズエラ 試合後の森保一監督会見要旨

元の記事へ移動

日本代表の森保一監督
[11.19 キリンチャレンジ杯 日本1-4ベネズエラ パナスタ]

 日本代表は19日、パナソニックスタジアム吹田で行われたキリンチャレンジカップでベネズエラ代表と対戦し、1-4で敗れた。

以下、試合後の森保一監督会見要旨

森保一監督
「ホームのパナソニックスタジアム吹田で戦う中、スタジアムに3万3399人のサポーターが駆けつけてくれて、メディアの皆さんを通してたくさんの方々が我々日本代表を応援してくださったと思うが、応援してくださった方々に勝利を届けられず、非常に残念に思う。選手はスタートから勝ちたいという思いを持って試合に臨んでくれたと思うが、攻撃ではビルドアップの部分、シュートまでつなげる部分でパスの連係連動やクオリティーの部分が少し足りず、相手に付け込まれた。ディフェンスの部分ではボール保持者に対して少し間合いが遠く、うまくプレッシャーをかけられずに失点を重ねていったところは反省しないといけないし、今日の敗因かなと思う。しかしながら後半は、選手たちが前半の結果を受けて心が折れてしまい、集中力が切れる展開になるかもしれない中、もう一度顔を上げて、自分を奮い立たせてくれて、得点を奪う、アグレッシブに戦う、最後まで粘り強く戦うところを示してくれたのは、やらなければいけない選手の責任を果たしてくれたと思う。結果の責任については、準備の段階での私の選手、チームに対する働きかけだと思うので反省しないといけない」

―U-22日本代表のコロンビア戦もそうだが、取りに行っても取り切れない課題がある。
「代表で活動するときに、国際大会、世界の舞台で勝っていくためのインテンシティー、プレーのクオリティーというものをもっと選手に働きかけていきつつ、選手が肌で感じられるような経験をしてもらえるようにしていきたい。代表の経験を持ち帰ってもらって、自チームでさらに上げないといけないところをトライしてほしい」

―中島は頭で考えているイメージと実際のプレーに開きがあって悩んでいる印象がある。
「今の彼が置かれている現状を考えると、試合に常時出ているという状況ではないので、自分の持っているイメージと動きというものにギャップがあるのかどうかは分からないが、試合でのコンディションというところでは、これまでと違ったところはあるのかなと思う。しかしながら、今日のゲームでもチャンスの部分ではクオリティーを発揮してくれて、決めることはできなかったが、最後のシュートチャンスに絡む良さは継続してくれているのではないかと思う」

―古橋は持ち味を出していたように見えたが、評価は。
「特徴を発揮できていたと感じて質問していただいたと思うが、彼の持っている攻撃の特徴、攻守にわたってハードワークできるところは後半、出してもらえたと思う。最後、決め切るチャンスもあったところで、そこを決め切る部分はチームの中で上げていってもらえればと思う。非常に思い切ってプレーしてくれて、自分の特徴を後半の45分で発揮してくれたと思う」

―働きかけの部分で反省というのは。
「うまく結果につながらなかったのは、監督として準備の部分で何か問題があったのではないのかなと考えて話をさせてもらった。トレーニングの内容で言うと、相手のプレッシャーがきつい中で攻撃の形を作るという部分で、連係連動のトレーニングをしたが、もっとクオリティーを求めてプレッシャーの中でプレーすること、試合に近い、あるいは試合よりも難しい形でトレーニングすることが必要なのかなと思っている」

―実質、3チームを編成し、3試合戦ったが、達成できた成果はあるか。
「達成できた成果としては、3分の1は達成できて、3分の2は達成できなかったと思う。1勝2敗という結果を受けて、すべて勝つつもりで準備してメンバーを編成して臨んだが、勝利につながったのは1試合で、2連敗したという結果がすべてだと思う。U-22日本代表のコロンビア戦については、アンダー世代だが、FIFAランキング10位の世界の強豪と相手のコンディションが良い中、相手のメンバーも良い中で戦えた。今回のベネズエラも直近の試合がなくなってコンディションが非常に良い中で今日の試合ができた。世界の強豪に勝っていくために、我々が超えないといけない壁、追いつかないといけない相手の力を感じながら試合ができた。負けて良しはないが、敗戦の中にも成長できるものを得られたと思う。こういう強いチームをキリンチャレンジカップで呼んでもらって、強化の試合をさせていただけるのは非常にありがたいことだと思っている」

―この結果を受け、長期的なプランに影響はあるか。
「長期的なプランに影響があることは基本的にはないかなと思っている。活動を通して多くの選手を見ていく中、今後どの選手がこのグループの中に残っていくのかというところはあるのかなと。それは活動してみないと分からないこと。いいこともそうでないことも含めて、いろんなことが見えて、活動としてはプランに影響はないと思う」

―ハーフタイムに選手にはどんな働きかけをしたのか。
「前半の結果については、もう時間を巻き戻すことはできないので変えることはできないが、まず我々がやらなければならないこと、選手にやってほしいことは勝利を目指して戦うことで、勝利という結果を見ている人に届けることにはこだわらないといけない。そこに約束されたことはないが、選手たちに言ったのは、後半もう一度顔を上げて最後まで戦う姿勢を見せること。そして1点ずつしか取れないが、1点でも追いつくことを考えて、最後まで戦おうということは言った。勝っていても負けていても、選手たちに求めている責任は自分の力を100%出して、最後まであきらめずに戦うこと。チームとして糸の切れた凧のようにバラバラになっていくのではなく、最後までチームとして戦い続けることは選手の責任として考えてもらいたいと思っている中で、選手はそういうパフォーマンスを後半は見せてくれたと思う。前半の結果を受けて、相手のテンションも変わってくるが、こちらのギアが上がらない状態であれば、後半はもっと差を広げられていたと思う。負けてしまうと説得力はないが、応援してくださる方々、ここにいる皆さんも普段、楽して生活している人はいないと思う。近年、日本全国で自然災害等々で自分の生活を失ったり、苦しんでいたり、心に傷を負っている人が多い中で、試合の中で最後までタフに粘り強く戦うことを日本代表としてメッセージとして送ろうと話しているし、今日の後半については、心が折れて足を止めるのはなく、歩みを続け、走り続けることをしてくれたことに関しては選手の責任を評価したいと思う」

―選手交代は予定どおりだったか。
「選択肢を持ってやっていた中で、時間帯についてはだいたい考えたものに近かったと思う。交代枠が6人あったので、全部使って試合をするプランでいたが、最後に1枚余らせたというところはプランどおりではなかった」

(取材・文 西山紘平)

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

途中出場で一矢報いた山口蛍「得点に関して思うところはないけど…」

元の記事へ移動

後半24分に一矢報いたMF山口蛍
[11.19 キリンチャレンジ杯 日本1-4ベネズエラ パナスタ]

 後半20分からの途中出場で一矢報いるゴールを挙げた。ホームで前半のうちに0-4とされる屈辱的な展開。ピッチに立った4分後にFW永井謙佑の横パスを日本代表MF山口蛍(神戸)はPA外から右足ダイレクトシュート。ボールは相手DFに当たってコースが変わり、ゴールネットを揺らした。

「永井くんが中を見た時点でボールを要求していたので、ふかさないことだけを考えた。相手に当たったのはラッキーだった」。0-4を1-4としただけと考えれば、山口のゴールは焼け石に水に過ぎない。だが、1点を取るのと無得点で終わるのとではやはり印象が違う。そういう意味で貴重なゴールだった。

 修正能力でもさすがの実力を示した。前半をベンチから見て、「後ろが重たい」と感じていたといい、永井とは早い段階で「入ったら前から行こう」と話していたそうだ。戦況を見て修正する力、遂行する力。いずれも経験豊富で確かな実績を持つ山口ならではの能力だ。

「得点に関してはあまり思うことはない」と淡々としていたが、「0-4と負けていたので前から行くのは当然。そこを一番に考えた」と胸を張った。

「(前半は)距離が遠かった」「見ていてボランチが下がりすぎて受けていたので、僕が入ったときは下がらず、後ろはセンターバックに任せた」「これぐらいの相手になると、もっと寄せないとやられてしまう。もっと最後のところで体を投げ出して、クロスを止めないと」。気になる箇所が次々と出てくる。豊富な経験を持つ山口がまた存在感を示しつつある。

(取材・文 矢内由美子)

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

守備陣崩壊の4失点もFW鈴木武蔵「FWが感じて修正できないと…」

元の記事へ移動

日本代表FW鈴木武蔵(札幌)
[11.19 キリンチャレンジ杯 日本1-4ベネズエラ パナスタ]

 最終ラインの対応ミスでズタズタに破られ、前半のうちに4失点を喫した日本代表。失点シーンに関わった選手に責任が向くのは避けられないが、最前線でプレッシングが空回っていたFW鈴木武蔵(札幌)はもう一つの問題点を指摘した。

「後ろが行けないでそこが重くなっていて、結局ボランチとサイドバックが引っ張られる形になって、僕と浅野(FW浅野拓磨)がGKとCBとアンカーと2対4の状況になって、そうなると大外が広くなって、そこで全部行けなくなって、後手になってはがされていた。失点シーンも後手後手になっていた」。

 4-3-3で構えるベネズエラに、4-4-2の布陣で試合に入った日本代表。中盤3枚が精力的に顔を出して組み立てる相手に対し、ラインを保ったままの守備では徐々に機能しなくなっていった。そこからサイドで1対1を作られ、失点に至るという場面の連続。局面の質の違いは戦前から想定できていただけに、全体のオーガナイズも拙かった。

「そこはFWが感じて試合中に修正できないといけない。1失点した時点でハマっていないのは分かっていたので。それを自分自身が言えないとダメだし、失点したということは事故じゃない限り問題があるということ。1失点以内に変えられるかが大事。1失点以内なら雰囲気を変えられるし、修正力がなかった」。

 チームが敗勢濃厚になった煽りを受け、自身もボレーシュートなどを決め切れないまま前半45分間での途中交代となった鈴木。チーム全体の問題を自らにも突きつけ、周囲への影響力を上げていくことを誓った。

(取材・文 竹内達也)
●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

10〜11月無得点、守備の“教訓”も語った中島翔哉「見てくれた人たちに申し訳ない」

元の記事へ移動

日本代表MF中島翔哉(ポルト)
[11.19 キリンチャレンジ杯 日本1-4ベネズエラ パナスタ]

 チーム最多のシュート5本を記録したが、いずれも決め切ることはできなかった。日本代表MF中島翔哉(ポルト)は4失点での惨敗を「見てくれた人たちに申し訳ないし、自分としてもチームとしても悔しい結果」と振り返った。

 スタートポジションは森保ジャパンでの定位置である左サイドハーフだったが、試合途中からはトップ下にチェンジ。「ポジションはそんなに。立ち位置は変わるけど、言われたところで全力でやるだけ」。普段どおりの心持ちでプレーし続け、ボールを触れば多くのチャンスに絡んだ。

 ただし、守備ではチーム全体のプレスがハマらなかったこともあり、サイドのフィルター役になれず。結果的に自陣深くまで戻らされるシーンが相次ぎ、攻撃面での威力も減衰する形となった。

「戻るときに戻るというのは自分も考えているし、監督からも(言われている)。何回も戻るのはしたくないけど、戻るときは戻る。コパアメリカでは戻らないで失点したので教訓にしながらやっている」。そうした献身性に手応えはあるだけに、全体のオーガナイズが悔やまれた。

 多くの主力メンバーがW杯予選のみの招集となった中、親善試合までフル稼働。「毎回呼んでもらってすごくありがたいし、最後にこういう試合になって悔しいけど、たくさんいろんなことを感じてプレーできている。次への糧にできるように頑張っていきたい」と代表への思いを語る。

 所属先のポルトでは出場機会が少なく、森保一監督は「試合でのコンディションというところでは、これまでと違ったところはあるのかなと思う」と苦慮。それでも「最後のシュートチャンスに絡む良さは継続してくれている」と信頼は変わらない。

 14日のキルギス戦でスタメン落ちを経験した背番号10は、10月と11月のシリーズで無得点。A代表での絶対的な立場を築くためにも、求められるのはポルトでのレギュラー争いに勝つことだ。

(取材・文 竹内達也)
●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

ブラジルが圧倒! 韓国は親善試合で3発被弾の完敗に

元の記事へ移動

ブラジルが圧倒的な強さを見せつけた
[11.19 国際親善試合 ブラジル3-0韓国]

 19日、ブラジル代表韓国代表がムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアム(UAE)で国際親善試合を行い、ブラジルが3ー0で勝利した。

 ブラジルは4-2-3-1の布陣で、右サイドにFWガブリエル・ジェズス。トップ下にMFルーカス・パケタ、左サイドにMFコウチーニョを起用。1トップにFWリシャルリソンを配置した。

 韓国も4-2-3-1の布陣で、Jリーガーはガンバ大阪のCB金英權が先発起用。また現ボルドーでG大阪にも所属していたFWファン・ウィジョが1トップを務め、左サイドにトッテナムMFソン・フンミン、右サイドにザルツブルクMFファン・ヒチャン、トップ下にはMFイ・ジェソンを配置した。

 ブラジルは前半9分に先制。コウチーニョが巧みなステップから左サイドにパスを通し、左SBのレナン・ロディがクロスを上げる。PA中央に走り込んだパケタがダイビングヘッドでゴールに押し込んだ。ブラジルは同36分にPA手前でFKを獲得。キッカー・コウチーニョは右足を振り抜くと、ゴール左隅に流し込んで追加点を奪った。

 韓国も前半42分に反撃。PA手前からMFチョン・ウヨンがFKを蹴ると、相手ブロックに当たりながらゴールへ。GKアリソン・ベッカーにはじかれたところをファン・ウィジョが詰めるも、コウチーニョに体を入れられてブロックされた。

 ブラジルは前半を2-0で折り返すと、後半15分にさらに点差を広げる。韓国陣内でパスを回すと、最後は左サイドのロディがグラウンダーのクロスを上げる。鋭い弾道は誰にも触れられず、PA外まで流れていくと、走り込んだDFダニーロが右足を一閃し、相手GKのセーブを吹き飛ばしながらゴールに突き刺した。

 韓国は後半20分にファン・ヒチャンに代えてFC東京のMFナ・サンホを投入。得点を奪いたいものの、試合はそのまま終了。ブラジルは実力差を見せつけ、3-0で快勝した。

チームを引っ張れなかったと悔やむ原口「怖がっているところがあった」

元の記事へ移動

2試合連続で先発したMF原口元気
[11.19 キリンチャレンジ杯 日本1-4ベネズエラ パナスタ]

 試合の入りからチーム全体が蛇ににらまれたカエルのように気後れし、積極的な一歩を出せなかった。14日のW杯アジア2次予選・キルギス戦(○2-0)に続いて先発した日本代表MF原口元気(ハノーファー)は「経験の少ない選手が多かった中で、(ベネズエラが)自分たちの想像を超えていくような強さやスピードがあり、後手に回るところがあってやられた」と表情を曇らせた。

 先発陣で数少ないロシアW杯経験者としてとりわけ反省が口を突いたのは前半に関してだ。「怖がっているところがあったが、取りに行かないとボールは取れない。だれかが一人下がるとはがされる」と課題を挙げる。

 ハーフタイムの切り替えで後半は修正を見せることができたが、1-4のスコアでは申し開きはできない。原口自身、デュエルの部分で気を吐く場面はあったが、決定機をつくることはできなかった。

「日本代表はこういう試合をしてはいけない。ホームでみっともない試合をしてしまい、申し訳ない。なんとか挽回しようとしたけど、できずに責任を感じる。下を向いている選手も多かった中で引っ張りたかったけど、自分にも力が足りない。もっとプレーで引っ張れたら良いけど、それもできなかった」と唇を噛みしめた。

 サポーターに屈辱を与えてしまった試合。だが、それでも前を向かなければ次が始まらない。「こういうときは何を話してもだれにも届かないし、説得力がないけど、良い経験にしないといけない。僕を含めて数少ないチャンスになる。チャンスを無駄にしないようにしないと」。強い口調で言った。

(取材・文 矢内由美子)

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

約2年ぶり先発もチームは大敗…浅野拓磨「悔しさを成長につなげるしか」

元の記事へ移動

約2年ぶりの先発となったFW浅野拓磨
[11.19 キリンチャレンジ杯 日本1-4ベネズエラ パナスタ]

 2トップの一角として先発し、後半は1トップを務めた。日本代表MF浅野拓磨(パルチザン)は森保ジャパン初先発。ハリルジャパン時代の17年11月14日のベルギー戦(●0-1)以来、約2年ぶりの代表戦スタメンだった。

 しかし、立ち上がりからベネズエラの圧力に押され、失点を重ねた。前半は1.5列目の位置でFW鈴木武蔵と縦関係を組んだ浅野だが、0-4で折り返したハーフタイムに鈴木がベンチに下がってからは1トップを任された。後半19分には右足でミドルシュートを打ったが、ゴール右へ。直後の同20分にベンチへ下がった。

「チャンスがなかったわけではないので、そのクオリティーは上げないといけない。今日の敗戦が戻ることはない。未来を変えていくしかないし、そのために全力でやりたい」。前半だけで0-4。1-4の屈辱的な敗戦となった。

 それでも「これまでもこのままじゃダメだという試合はいくつもあった。W杯を目指す過程で良くなかった1試合。これがこのタイミングだったことをポジティブに捉えるしかない」と自分に言い聞かせるように話すと、「4点取られた結果はどうすることもできないぐらい悔しいけど、その悔しさを自分の成長につなげるしかない」と力を込めた。

(取材・文 西山紘平)

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

CBでフル出場の畠中槙之輔、大量4失点は「自分たちに責任がある」

元の記事へ移動

フル出場したDF畠中槙之輔
[11.19 キリンチャレンジ杯 日本1-4ベネズエラ パナスタ]

 試合の途中で“相棒”を変えながら、ベネズエラの強力な攻撃陣に対抗した。日本代表DF畠中槙之輔(横浜FM)は6月9日のエルサルバドル戦(○2-0)以来、約5か月ぶりの代表戦。DF植田直通とのコンビで先発したが、前半だけで4失点する展開に「自分たちが守らないといけない中で失点してしまっているのは自分たちに責任がある」とセンターバックとして自らを責めた。

「取ったボールをしっかり運んで自分たちのボールにすることもそうだし、前からプレッシャーをかけるにしても、しっかり連動しないと簡単にはがされてしまうというのは今日実感した。連動性に関しても、もっとしゃべってやらないといけない」

 6月5日のトリニダード・トバゴ戦(△0-0)、同9日のエルサルバドル戦は3バックで臨んだため、畠中が4バックで先発するのは代表デビュー戦だった3月26日のボリビア戦(○1-0)以来、2試合目だった。当時はDF三浦弦太とのコンビ。この日も植田が左太腿打撲でハーフタイムに交代し、後半は三浦とセンターバックを形成した。

「(植田と三浦は)タイプが似ているようで違う部分もある。そこは出ている人同士で話して、コミュニケーションを取れば問題ないのかなと思う」。南米の強豪と対峙した90分間。大敗の経験も今後の糧にしていくしかない。

(取材・文 西山紘平)

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ