イラン相手に全く通用しなかった日本代表

元の記事へ移動


イラン相手に全く通用しなかった日本代表


圧倒的につまらなく、非常にストレスの溜まる試合だった。

見どころになったのは、原口の仕掛けと清武くらい。

他の全選手の酷いパフォーマンスに気が狂いそうだった。


せっかく西川がPKをセーブしたのに、誰も反応しなかった。

何年たっても様にならないミスばかりの吉田。


いちいち鈍くさい本田、いるだけで邪魔な香川。

酒井の可能性を感じないクロス、相手のレベルが上がると全く通用しない岡崎。


あげたらキリがないが、世界で通用しない理由を確認した。

日本は個では勝てない。

相手に当たられる前にパスでつなぎ、数的有利な状況を繰り返しつくってゴール前まで迫る、広島や浦和を率いたペトロビッチのような戦い方が日本には合っている。

付け加えて中村俊輔のような、絶対的な飛び道具がないと厳しい。


それにしてもプレミアに行こうが、ブンデスに行こうが、セリエに行こうが、相手のレベルが上がった途端、まったく通用しない悲惨な現実を突きつけられた。


Jリーグを見ても、次代のニュースターらしき選手は見当たらない。

鹿島でいうなら、金崎もしくは帰化してもらえるならカイオ。


この日本代表の停滞感は、まだまだ続きそうだ。

国内興行よりも、すべてアウェーで、イチから選手を鍛えなおす必要性を痛感した。


宇佐美がハネない、柴崎も光らない、消化不良の引き分け。


監督という職業は、選手・ファンに憧れられる存在じゃないと務まらない。

指揮も人物も、ハリルからは『華』というものが感じられない。


ザッケローニ、アギーレ、ハリル。

これらを連れてきた原博美という日本サッカーの膿を、いち早く摘出したい。

もう腫瘍が全身に行き渡り、末期かもしれないが。


間違っても彼を、日本サッカー協会の会長などに選出してはならない。


にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村