東アジアカップ2015男子 北朝鮮戦 雑感~フラッシュバックした景色~

元の記事へ移動

日本のスタメンは、西川、藤春、槙野、森重、遠藤、宇佐美、谷口、山口、永井、武藤、川又の4-4-1-1のような、4-2-3-1のような。怪我の具合もある太田、柴崎を除けばA代表常連組に新戦力を加えたオーガナイズ。
北朝鮮のスタメンは、割愛、もとい20番パク・ハイヨニルの多分4-4-2



序盤、日本、北朝鮮とも、出足のよいプレスをかけていく。北朝鮮は、短いパスもよくつないでいくし日本にも似たスタイル。
と思ったのも束の間、カウンター崩れを遠藤からのクロス→武藤で、日本は、幸先よく先制する。
この一点目は、武藤ぽかった。
その後は、五分の展開が主に日本の左サイドで展開される。管理人の予想だと、北朝鮮はもう少し守備重視で来るかと思ったけど、全然イメージと違った。
20分頃から、日本は、前からのチェックに行かなくなり、さらに、川又、宇佐美といったあたりのチェイスの勢いが落ち始め、北朝鮮は、ビルドアップに苦労しなくなる。(そんな中、川又のシュートは惜しかった)
前から行かなくても、リードしているので問題ないが、守備開始エリアにボールが入ったら、川又、宇佐美はもっとチェイスに行かなくては、相手の攻撃精度が落ちないし、プレスのスイッチが入らない。とはいえ、ピンチを招くも相手のミスに助けられ、得点は入らず前半は終了する(永井のシュートの場面も惜しかった)。守備に破たんの兆しと押し込まれた時のビルドアップとりわけ、川又にボールが収まらないのが若干気になった前半。後半に何か手を打ってくるか?

後半、選手交代は特になし。ハーフタイムを挟んで少し体力が回復したのか、日本の前プレが5分くらい復活する。ちなみに、北朝鮮はずっと継続できているように見えた。このあたりが試合後ハリルホジッチ監督が言っていた、”フィジカル”の差というやつが含む意味の一つだと思う。
それにしても川又がここまで、ボールを保持できないとは思わんかった。
※調べたら、ポストプレイ得意じゃないらしいが、せめてファールをもらってくれれば、押し上げる時間が増えたと思う。
興梠にすぐに交代しなかったのは、高さと今後も含めて考えたのかなぁ、と。
7分の相手にチャンスにたまらずか、宇佐美→柴崎と守備に手を入れるのと、多分中盤でボールを保持できるようにとハリルホジッチ監督。これで、4-1-4-1にフォーメーション変更
北朝鮮の方は、長い、放り込みボールが多くなってきた模様。
後半20分、今回のキーマン20番パク・ハイヨニル登場、これまで、放り込みに耐えていたDF陣にほころびが・・・。
26分、川又→興梠、ポストプレイの強化と前線の守備の復活が目的かと。
これで、日本は、押し込まれたところからの押し返しが成功しはじめる。が、チャンスの後にピンチあり、相手自陣からのセットプレイから長いボール、20番パク・ハイヨニルが落したところに7番の選手がゴール。同点とされる。
永井→浅野、右サイド攻防の手。ところが、この右サイドでスローインからゴールを許してしまう。
この試合は、交代の手を打った後に結果的に失点するという悲しい展開。

いつか暑い最中のオーストラリア戦でみた景色。そうか、ポゼッションの方だけでなく、放り込みも問題としてあったかと思い出させてくれた。

韓国戦では、フィジカル(競り合いの強さ)の問題が発生しそう。シンガポール戦と言い、なんだ、今回の監督では歴史をなぞるのか?
だれか、ハリルホジッチ監督に他の日本の弱点教えてあげて。
といったところで、この稿、了