鹿島・石井監督、完敗に肩落とす「あのブーイングは私自身が受けるべき」

元の記事へ移動

 明治安田J1第12節第1日(19日、鹿島0-3川崎、カシマ)鹿島はホームで完敗し、観客から厳しいブーイングを浴びた。レオシルバや植田ら主力の負傷離脱で戦力が著しく落ち、石井監督は「申し訳ない。あのブーイングは私自身が受けるべきだ」と肩を落とした。