先手を取るのは 第15節プレビュー

元の記事へ移動

前節はヴェルディに今季の鉄板のような負け方をしたジェフ、サポも含めて気持ちは落ちていないワケはないでしょうが、落ちてばかりもいられない。

そろそろ次に気持ちを持っていきましょうか。

 

 

今度の相手は熊本です、巻がいます、さらに安柄俊もいますよ。

前節では二人でアベックゴールを達成し岐阜に勝利しています。

 

ゲームはおそらくジェフがボールを保持して、熊本がブロックを作って防ぐという時間が長いと思います。

ジェフはボールを持てるのはいつものことでそこからゴールを奪えるかが開幕からずっと続く課題です、

そしてなかなかゴールが奪えないところで1発に沈むと気持ちが落ちて連続失点がいつものパターンになりつつあります。

映画やマンガとかなら1点わざと取らせて鍛えるとかおもしろそうです、しかし今のジェフじゃ鍛えて終盤の猛追でハッピーエンドどころか鍛えられずにただの悲劇や喜劇になりそうなのでやめましょう。

ボールを持てることはいいことなのでこれは継続し、持っている状態で相手が恐れるプレーを混ぜていくことをすれば相手は疲弊して最後はゴールが奪えるはずです。

先制さえすればイケイケになりウイークポイントのメンタルが一転してストロングポイントになります。本当は落ちたメンタルを元に戻せる選手がいれば途中にやられても安心なんですけどね。

 

 

警戒するのはグスタボです。

さっきも言ったようにゲーム展開はジェフがボールを持つ時間が長いと思っています、なので一瞬のスキから単騎で運んで決められる選手が怖いですね。

 

 

せっかくの大勝でホームの観客増えるところを台無しにした(?)前節。

やっちまったことは仕方ないので今節気持ちよく勝って続くホームの愛媛戦に客を呼び込みたいですね。

 

 

それではまた!

読んでくれてありがとう。



人気ブログランキング