結果の前にやるべきこと

元の記事へ移動

 連投失礼します。赤イオの雑感です。 ① 天皇杯ベスト8進出  なんとか勝ちきりました。選手・スタッフの皆さんお疲れ様でした。なかなか反省の難しい試合でした。先に2点獲られて4点からの2点追いつかれて4点。厳しくいうと、昌子選手のプレーが軽い。キャプテンマーク渡されて喜んでる場合じゃないだろ(某議員風)。どちらの試合も2−0で終われば言うことはない。でもそんな簡単ではないことは解っている。失点シーンだけを責めてる訳ではない。前半はほとんどハーフコートされてました。その時後ろから味方を鼓舞していましたか?出来てたことができなくなる。それが代表病ですよ。キャプテンがそんな姿だから、途中出場のFWが試合に入れず、中途半端なプレーをする。試合に入れないことを責めてる訳ではなく、その後のプレーする姿に問題があると思うわけです。勝ったことは喜んでいます。ですが試合後のコメントも軽い。3度繰り返すようなら今度こそ負けます。その時気付いても遅いんです。どうか戦ってください。あなたは鹿島の柱です。  今回は大岩監督も試合後に反省してました。試合前に浦和ベンチに自ら挨拶に行く姿勢。男気があります。こういう姿が選手を引きつける。でもこの試合の采配に関してはやはり反省するべき。鹿島の選手交代ではっきりしているのは75分安部選手IN。体調不良の金崎選手を鈴木選手に代えることも悪くない。でも永木選手の投入が遅い。ピッチにいる選手に任せている。その言葉で前監督は解任されたことを忘れないで欲しい。結果論だが、2−0になった場面で永木INレアンドロOUTだと思う。同点にされたとしても75分安部IN小笠原OUT。左SB山本選手は終始試合に入っていなかった。次戦のG大阪を見据えての起用だと思う。レオ選手・永木選手でいくのでしょう。得失点差のない天皇杯。軽率な采配だと思いました。 ② 浦和さん  柏木選手がいないのは助かりました。前節の磐田戦とこの試合を含めて浦和さんは本気でしたか?これも結果論ですが、磐田戦勝っていれば3位8差・4位6差。8試合勝ち点24を残してです。諦めるのが早すぎませんか。褒められたものではありませんが、鹿島は故障するまで選手を起用します。それが正しいことなのかはわかりません。今日の試合サッカーが個人競技なら鹿島は負けています。来年も堀監督ということは絶対ないとわかりました。新しいチームになるのでしょう。でも赤イオは来年も浦和さんとACLで共に戦いたかった。それがJリーグの為と思っています。  槙野選手は何がしたいんでしょう。ムードメーカで日本代表という快挙が、彼のために良いことだとは思えません。森脇選手も最近は変わってきたと思いました。でも前日のコメントやこの試合を観る限り、彼はまたやります。この二人の放出が来年の最優先課題ではないでしょうか。  遠藤選手が心配です。彼はDFではありません。この1年が試練なら、来年は一列前で起用できる補強が必要でしょう。湘南サポも気が気でないでしょう。移籍という道も間違いではない気がします。彼もまたチームの柱になれる選手だと思います。