最初に見直すべきは監督よりも強化部

元の記事へ移動

神戸戦,劇的勝利&残留おめでとうございます。しょうもないミスから綺麗なカウンターを喰らって0-1になった時は,早くも勝利を諦めかけましたが,北川のFK弾をきっかけにここ一番での反発力を見せてくれました。思えば,昨年のセレッソ戦の同点ゴール,今年の甲府戦のターンからのゴール,セレッソ戦の2得点など,北川のゴールはどれも印象的なものが多いですね。北川,金子,松原といった若手選手の成長は,今季の数少ない収穫の1つと言って良いと思います。 さて,怪我に泣かされた今シーズン,特に監督については言いたいことも沢山あるのですが,それ以上にチーム編成のまずさが目立ちました。監督が守備的ボランチを希望していたところになぜか外国人CBを2人も補強,しかし2人とも監督の戦術にフィットせず…。三浦,本拓,元紀とそれぞれのポジションの主力級が移籍しているのに,レギュラークラスの日本人選手の補強はGK六反のみ(←これはGJでしたが)。 今年はDAZNマネーのお陰で賞金額が跳ね上がって,他のJ1チームは軒並み補強に気合を入れてタイトルを取りに来ている中で,我が強化部はあまりにもJ1を舐めすぎていたとしか思えません。 結果,序盤こそまあまあ戦えてはいたものの,犬飼,テセ,六平といったキーマンに故障が出るにつれ,チームは全然勝てなくなり,泥沼に嵌っていきました。このブログで散々文句を付けてきた二見のCB起用も,そうせざるを得なかった編成上の問題が大きく,ある意味彼も被害者といえます。 このチーム(エスパルス)を見ていて,2010年頃からずーーっと気になっているのが,監督が得意とする戦術と,強化部が取ってくる選手とのミスマッチです。 だいぶ前の話になりますが,某G監督の時だって,前線で核となる電柱系FW(ラドンチッチ)を取ってこれたのは,やっと3年目の後半になってからのことでしたし,翌年は同じ戦術なのにスタメン(長沢)のバックアッパー(瀬沼)をレンタルで放出してしまったため,長沢の離脱と同時にチームが崩壊してしまいました。 今シーズンだって,助っ人枠の外国人選手が小林監督の戦術に合っていたかというと「?」マークが付かざるを得ないですし(デュークについては良くなっては来ていますが,あのポジションで使うには不用意なロストが多すぎます。),全体的に守備的強度が低い選手が多く,せっかく途中まで良い試合をしても,試合終了まで守備が保たないことが良くありました。 小林監督は戦術の幅が狭い監督なので,そこを上手く編成でフォローできないと,今シーズン後半のような悲劇が訪れます。また,ウチの強化部(特に原靖氏)は若手を信頼し過ぎで,即戦力で大活躍することを前提に編成を組んでる訳ですが,金子や北川がシーズン終盤でやっと存在感を発揮してきたように,若手が活躍するには時間がかかるんですよ。 結局,ここ数年の清水は,強化部が適当な編成を行って,あとは現場の監督に丸投げして,それを監督サイドで必死こいてなんとか帳尻合わせて…ってことを繰り返してきた訳です。 このような体質が続く限り,どんな名監督を連れてきたとしても,結局は消耗品として使い捨てることになるだけで,チームの力はいつまで経っても積み上がらないんじゃないでしょうか。 強化スタッフの原靖氏(SD:スポーツディレクター)については,たまに当たり外国人選手を連れてくるなど,一定の評価はしていたのですが,こうまで編成のミスマッチが続くと,さすがに「もういいかな」って気分になってきます。外国人関連を原氏におんぶに抱っこという現状も情けないですが,そろそろ原ルート以外で,外国人選手・監督の人脈を開拓して欲しいところです。 あと,わざわざ書くまでもないことですが,今季の編成の一番の責任が,強化部長である内藤氏にあることは言うまでもありません。まあ,普通に考えて解任か降格が妥当ですよね。 他方で,ここ数年の優勝チーム(鹿島,広島,川崎)を見てると,まずチームとしてどのようなサッカーをしたいかという明確なビジョンがあって,そのビジョンを実現するために必要な監督・選手を連れてきてor育てて…という順番になっている気がします。 なので,左伴社長も今のダメダメな強化部と話し合ってる場合じゃなくて,さっさと腕利きのGMを探してくるべきなんじゃないですかね。 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ☆ランキング参加中です☆ 宜しければクリックお願いしますm(_ _)m