J2徳島“野戦病院”今月離脱と状況発表8人の異常事態…MF狩野健太は鼻骨と眼窩壁骨折

元の記事へ移動

京都戦で狩野健太は後半17分に交代していた
[故障者情報]

 徳島ヴォルティスで故障離脱者が続出している。17日、クラブはMF狩野健太が左鼻骨および眼窩壁骨折と診断されたと発表。同選手は12日の京都戦で負傷した。また、9日の練習中に負傷したGK長谷川徹も右足関節内外側靭帯損傷で全治4週間から6週間と診断されたことを発表している。

 徳島はMF杉本太郎が右ハムストリングス肉離れで全治6週間。FW呉屋大翔が右足関節前方インピンジメント症候群で全治3か月。MF井澤春輝が右膝内側側副靭帯損傷、外側半月板損傷で全治4か月。

 MF岩尾憲が右肩鎖関節脱臼で全治4週間。DFキム・ジョンピルが右足関節前方インピンジメント症候群で全治2か月。さらに3月に右膝を負傷したFWナタン・ジュニオールのブラジルへの一時帰国も発表になるなど、今月に入って8人の離脱が発表になる異常事態となっている。

 ただしチームは現在、今季2度目の3連勝中と好調。順位は勝ち点20で9位。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ