3月に不良品ユニで謝罪の北九州、6月からオンラインショップ販売再開へ

元の記事へ移動

北九州が不良レプリカユニフォームに関する対応を発表した
 ギラヴァンツ北九州は17日、不良レプリカユニフォームに関する対応を発表した。

 クラブは3月15日、一部のレプリカユニフォームについて「粗悪な縫製」「不適切なサイズ(一般的なサイズ表示より明らかに小さいもの)」「エンブレムの加工不良」といった不良状態が確認されたことを受け、公式サイト上で謝罪。オフィシャルオンラインショップの販売を一時停止したほか、相談窓口を設置するなどして対応を行っていた。

 今回の発表によると、不良状態が確認された2月5日までの注文分は5月28日、2月6日以降の注文分(GK2ndレプリカユニフォームを含む)は5月31日より順次発送するという。また、オフィシャルオンラインショップでの販売も6月1日から再開する。

 クラブは公式サイトを通じ、「楽しみにお待ちいただいているお客様には、大変長らくお待たせしまして誠に申し訳ございません。商品の発送、販売再開まで今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ