甲状腺がん診断から5か月…ドイツ人女子GKがPFAチーム・オブ・ザ・イヤーに選出

元の記事へ移動

バーミンガム・シティ・レディースGKアン・カトリン
 11月に甲状腺がんと診断されてから5か月後、ドイツ人GKアン・カトリンがイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)選出のチーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。『BBC』が伝えている。

 女子スーパーリーグは20日に最終節を控えている。彼女の所属するバーミンガム・シティ・レディースはトップ4フィニッシュを狙う。今季はチェルシー・レディースが女子スーパーリーグを制覇した。