午前2時に1人で…メッシの“最悪の瞬間”を元コーチが明かす

元の記事へ移動

アルゼンチン代表ではタイトルと縁がないFWリオネル・メッシ
 アルゼンチン代表の元フィジカルコーチのエルビオ・パオロロッソ氏が、コパ・アメリカ2016決勝で敗れた後のバルセロナFWリオネル・メッシの逸話を明かしている。スペイン『アス』が伝えた。

 メッシはこれまでバルセロナでチーム、個人の両方で数々の栄誉を手にしてきたが、代表ではメジャータイトルと縁がない。近年はあと一歩のところで優勝を逃す大会が続いており、2014年のブラジル・ワールドカップはドイツに延長戦の末に敗れて準優勝。2015年と2016年のコパ・アメリカ決勝はいずれもチリとPK戦までもつれて敗れ、頂点には届かなかった。

 パオロロッソ氏によると、メッシにとって自身のPK失敗もあった2016年大会でのショックは大きかったようだ。同氏は「コパ・アメリカ後のドレッシングルームの雰囲気は非常に辛かったが、最悪の出来事はそのあとに訪れた」とメッシのエピソードを打ち明けている。

「午前2時にレオ(メッシ)がたった1人で、母親を失った子供のように泣いているのを見つけた」

「彼は取り乱していて、誰も慰めることができなかった。私は彼を抱きかかえ、少しの間2人で一緒に泣いたんだ」

 このコパ・アメリカ2016後に一度は代表を引退したメッシだったが、ロシアW杯のために復帰を決意。しかし、自身4度目となった大舞台はベスト16敗退に終わり、またしてもタイトル獲得は叶わなかった。

 メッシは大会後、リオネル・スカローニ新監督と話し合い、年内の代表招集を拒否したとも報じられており、コパ・アメリカが控える来年以降の動向が注目されている。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集