見たことの無い空・・・ 庄内鶴岡一人旅 2018秋編

元の記事へ移動




20181004_202029



こんにちは。




人生は旅



人はみな旅人






今日もまた一人ドアを開け




旅という非日常へ足を踏み出す・・・














20181006_060935



旅に出ます





探さないで下さい













20181006_061032


え~ そんなわけで(どんなわけで?)



先日の土曜日もまた



性懲りも無く 一人旅に出ました・・・












20181006_061226


仕事で疲れ果てているのに・・・



早朝の上越新幹線に乗る・・・






そして・・・ 座った瞬間に寝落ち。←













20181006_081247


東京上野から約2時間・・・



気がついたら新潟に着いてました・・・













20181006_081625


新潟駅から在来線特急「いなほ」に乗換え。




この列車で日本海沿岸を北上します・・・













20181006_082557


新潟駅での乗り換え時間が短く



健康麦芽飲料と越後名物柿の種は買えましたが




駅弁がどこで売ってるか分からず




買えず・・・




(´Д`) 朝から何も食べてないのに・・・












20181006_083138


この週末は大型で勢力の強い



台風25号が東北を縦断する予報でしたが・・・




土曜日の時点で、新潟は爽やかな秋晴れ。














20181006_090619


そこへっ!



車内販売のワゴン登場!




特急いなほって、車内販売無かったはずだが?






さっそく、新潟名物「鮭の焼漬弁当」を購入!





(´▽`)/ わーい












20181006_090654


左上にあるのが「鮭の焼漬」です・・・




これ・・・本当に美味しいんです!




焼漬は味が濃いから




もう少しご飯の量が多ければな~




(´▽`) ←











20181006_091355


日本海に手が届きそうな場所を走る


JR羽越線・・・




青い空 青い海




これぞまさに・・・非日常












20181006_093211



ビール片手に駅弁食べつつ



こんな車窓を観れば・・・




日頃の仕事の疲れも吹き飛びます。




(*´▽`*)












20181006_100752


新潟を出て約2時間・・・



窓の外に庄内平野が広がる・・・












20181006_102802


そんなわけで、この日の目的地



山形県庄内鶴岡に到着です。





駅を出て第一声・・・




(@_@。「暑っち~・・・」





稲刈りが終わった10月だというのに




この日の鶴岡は真夏日(気温30℃超)











20181006_110416


しーんと静まり返る鶴岡市街を歩き




あるところを目指しました・・・












20181006_110950


やって来たのは



鶴岡カトリック教会天主堂です。







僕は一応・・・キリシタンなので。












20181006_111035


とても立派な天主堂ですが・・・



入場は無料(自由)












20181006_111318


誰もいない天主堂で



一人静かにお祈りする・・・






キリスト教の祈りは、願掛けではありません。




今生きていることに対する感謝です。












20181006_111502



愛と寛容の宗教が、キリスト教です。




何かをくれ ではなく




誰に何がしてあげれるか





そう考え、静かに祈る・・・












20181006_111545



清く 正しく 美しく




ここに来ると、少し背筋が伸びる気持ちになる。












20181006_111403



えぇぇぇっ!



ここで結婚式できるのっ!






急募「花嫁」!




m(__)m ← コラ














20181006_112345


銅像の前に、なぜか柿が一つ・・・




「柿を・・・どうぞ(う)」(?)












20181006_113310


緑豊かな城下町



鶴岡をしばし散策・・・











20181006_113442


内川に架かる赤い三雪橋



その背後に聳える鳥海山












20181006_120810



街の東に聳える霊峰「月山」




そして果てしなく澄んだ鶴岡の秋の空・・・




なんか、街歩いてるだけで




めっちゃ癒されてる・・・気がする











では、そろそろ昼ご飯へ・・・




いつもの千葉寿司さんへ行くも




この日は残念ながら「貸切」で入れず・・・
















20181006_122354


なので、鶴岡駅前の「肉バル」で昼食とします。




ここ・・・ とても美味しいお店なのです!







頼んだのは




庄内牛サーロインステーキ with 赤ワイン












20181006_122245


庄内牛は肥育期間が長く



柔らかいのに 柔らかすぎず



柔らかいのに 脂っぽく無く






旨味が濃いのに 



爽やかで清らかな肉質が最高!





個人的に、今まで食べた中で




一番美味い牛肉かもしれない・・・














20181006_131616


続いては庄内産に拘ったパスタ専門店で



庄内野菜のバーニャカウダを頂く・・・




こういうシンプルな一皿に



庄内鶴岡の良さが凝縮されているね・・・













20181006_132131


お店お薦めの季節のパスタは・・・



庄内豚ベーコンと藤沢カブのペペロンチーノ







こ、このパスタ・・・





僕の人生史上最高峰のパスタに認定致します!




(´▽`)/ 美味い!












20181006_135138


続いては同じ建物の中にある



庄内清酒の日本酒バー「彩鶴」さんへ・・・








この日本酒バーは



土日は午前11時からやっていて



昼間っから極上の庄内清酒が飲めるのです!




(´▽`) ←












20181006_135736


先ずはお店のお薦め



羽前白梅 純米吟醸「俵雪」秋あがり













20181006_140445



飲み方は50℃の燗・・・




庄内清酒独特の酸味に豊潤な香りが加わり




(´▽`) 五臓六腑に沁みわたる











20181006_135944



この日本酒バーは酒肴も逸品揃い・・・



この日は秋の山形の定番「芋煮」を注文。





庄内の芋煮は村山と違い



あっさりした味噌仕立てで、具は豚肉。






これがまた、しみじみ美味い・・・












20181006_142500


続いては鶴岡羽黒の亀の井酒造



純米大吟醸「スーパーくどき上手」!




超希少銘柄だそうです・・・






こんな美味い酒飲ませたら



僕でも女性を口説けるかも・・・





(*´▽`*) ← スーパーくどき下手













20181006_144053



こうしてちょっと、ほろ酔い加減・・・



澄み渡る庄内鶴岡の空を眺めていたら




何故か、海を観に行きたくなった・・・













20181006_153231


そんなわけで鶴岡駅から路線バスで40分・・・



鶴岡市立加茂水族館に来ました。




大量の海鳥たちが歓迎のお出迎え(?)









20181006_153439


ここから観る鳥海山は



まるで海に浮かんでいるようです・・・












20181006_153339


加茂水族館の近くの岩場に登れば



目の前に広がる日本海・・・




嵐の前の静けさか



鏡のような海と



エキゾチックな雲の光景・・・












20181006_153739


何故か少し、胸がドキドキするような



美しくも不穏な雲の情景でした・・・










20181006_154355



この後はしばし・・・



加茂水族館名物の海月(クラゲ)鑑賞・・・













20181006_154844



何を目的に 何のために生きているのか



全く分からないクラゲの生態・・・






ただ水の中を漂い 揺らめき



生きている・・・












20181006_163526


この不思議な生物を観ていると・・・



人だって、生きているだけで素晴らしい




なんて思えてくる・・・





生まれて 生きて やがて死ぬ





その単純な一生の営みは



人もクラゲも一緒で





別に悩んだり、怒ったり



憎んだりする必要なんか無く





一度しかない人生を



ゆっくり漂いながら 楽しめばいい・・・






な~んて思えてくるんですよね・・・













20181006_182452



お土産に




海月せんべいを買う・・・(笑)














20181006_165826


17時に水族館は閉館。



そしてこの日の鶴岡の日没は17時16分・・・




岩場に登って



一人ぼんやりと夕陽を眺めていた・・・












20181006_171129


こうして海に沈む夕日を眺めるなんて



いつ以来だろう・・・








秋田で過ごした子供の頃は



いつも観ていた光景だったけど・・・











20181006_171449



こうして夕日を眺めていると



太陽が動いている(地球が回っている)ことが



よく分かる・・・











20181006_171542



やがて、水平線の彼方に 陽が沈む・・・




その瞬間、辺りが真っ暗になると思ってましたが











20181006_171816


沈んだ太陽が



上空の雲を照らし出した!











20181006_171823


それはまるで・・・



空が炎に包まれているようでした・・・











20181006_171859


空の模様は常に変わりゆく・・・



だから、今目の前に広がっている光景は



もう一生、二度と観れない光景です・・・






人と人との出会いも一緒で




これからも、一期一会を胸に刻んで



生きていきたいと思う・・・












20181006_191751


鶴岡市街へ戻る頃には



街にはすっかり夜の帳が降りてました。












20181006_192448


では・・・ 独り晩酌へ・・・










20181006_192521


やって来たのは僕がこよなく愛するお店



庄内料理の割烹「いな舟」さんです・・・











20181006_193505


もってのほか(食用菊)


秋刀魚の煮付け



鶴岡清酒「栄光富士」の燗





(*´▽`*) この雰囲気・・・堪りません!











20181006_193611


お造りは今が旬のワラサとタラバ海老。



刺身の旨味と甘みに


栄光富士の酸味が相まって・・・



(´▽`) 最高です!












20181006_201829


だだちゃ豆は終わりましたが



季節を後継する枝豆「味ゆたか」




だだちゃ豆ほど甘味が濃く無い一方



仄かなコクが素敵です・・・









20181006_195514


秋鮭の味噌漬け



これは酒の肴にもピッタリだけど



これをおかずにご飯食べたら美味いだろうね~




(;´∀`)












20181006_200521


雄(白子)のハタハタの湯上げ



ハタハタをこうして食べるのは庄内ならでは。



中骨を残して綺麗に身が剥がれる食べやすさ



繊細なハタハタの旨味が味わえる逸品です!












20181006_202329


走りの紅ズワイガニ



身は細いけど旨味は濃い・・・






日本酒が進んで困る・・・





(´▽`) ← 困ってるように見えないが











20181006_205104


食事は



鮭はらこ飯 庄内芋煮 ナス浅漬




いや~ これ・・・




ノーベル賞級の美味さ!











20181006_210812


最後に名物の「庄内柿」を頂き〆・・・





鶴岡の食文化は、本当に素晴らしいです。




四季折々に優れた旬の食材があり



その食材は旬の時期だけ供される・・・




夫々の旬の時期は3週間程で終わってしまう。





食材に、これほど季節感がある土地を



僕は他に知らない・・・






それが日本で唯一、鶴岡市が




ユネスコ食文化創造都市に選ばれている理由か。












20181006_192521



あともう一つ



このお店では



カウンター越しに料理を供することは無く



一品一品、給仕の女性が



丁寧に料理を運んできてくれるのです・・・








お酒は、最初の一杯目をお酌してくれます。




その瞬間こそ




僕にとっての最高の非日常です・・・












20181006_211843


「いな舟」さんを出て



人っ子一人歩いてない道を行く・・・








その先にある




一軒のお店を目指して・・・












20181006_212001


寂しい路地裏に



ぽつんと灯るBarの看板・・・












20181006_222431



ここが、僕の心の止り木・・・




御年83才の婆ちゃんが一人でやってるBar












1535114890420



いつまでも続いて欲しいけど




ここで名物「スカイボール」を飲み続けたいけど






今は一期一会を感じ



「カクテル3口」の法則を守り





振り子時計が22時を告げたら店を出る。













20181006_221203



名残惜しさを感じるくらいが



そんな距離関係が





交わした言葉と記憶を




共に過ごした僅かな時間に刻んでいく。












20181006_171717



不思議な場所です・・・





鶴岡は・・・












今まで見たことが無い空を見たこの日








何となく、自分の決心が






固まった気がした・・・