[山形]「伸びシロは一番」。最終ラインで存在感を放つファイター・西村竜馬に“3試合目”はあるか?

元の記事へ移動

 5試合勝利がなく、J1参入プレーオフ進出へ向け苦しい戦いが続く山形。その最終ラインで、アフロヘアのファイターが存在感を放ち始めている。新潟から期限付き移籍2年目のDF西村竜馬である。

「僕は気持ちを出すことを周りに伝えることしかできないと思う。空中戦だったり、球際だったりを、僕が強くいけば周りにも伝染する。そこは続けないといけない」

 木山隆之監督も「あのポジション、(西村)竜馬は一番ビリけつのスタートだった。でも練習の中で本当に努力するので、アイツ。伸びシロで言えば一番だと思う」と練習での取り組みも含めて評価している。

 今季はJ1柏やFC東京を破った天皇杯での活躍が目立つが、リーグ戦での出場はわずか5試合。要因として、山形に加入して以降、個人でもチームでも「いい試合」が2試合続かないことがある。山形デビュー戦となった昨季の第35節・長崎戦は0-0で終えたが、翌節の東京V戦は自らも失点に絡んで1-3の敗戦。今季の第28節・東京V戦に2-1で勝利した直後の第35節・徳島戦では1-5とチームが大敗した。ほかの選手の負傷や出場停止で出番が回ってきた西村に、3試合目のチャンスは巡ってこなかった。

 しかし、今回は松本、町田と上位を相手に2試合連続のドロー。前節・町田戦は無失点に抑えている。今度こそ巡ってくるかもしれない3試合目を前に、西村は「周りの選手の助けもあって自分もアピールできているところもあるので、そこの感謝は忘れないようにしつつも、自分ができることはやらないといけないので、いいときが続けられればいいと思います」と謙虚に答えていた。

 出場5試合で警告3回という数字もファイターぶりの一端を表しているが、「それを怖がって、球際にいかずに抜かれるのは僕のプライドが許さない。そこは自分を犠牲にしてでもチームのためにならないと」。西村にひるむ様子はない。

写真:佐藤円