緊急事態、まさかの大伍移籍・・・鹿島の補強ポイントは4つ!

元の記事へ移動

現段階での選手補強では足りないのは誰もが思うところ。


さらに、恐れていた事が現実になってしまいました。


補強のポイントは4つ。

フォワード

ボランチ

センターバック

右サイドバック


フォワードは、ここまで優磨とセルジーニョのコンビできていますが、そのバックアップとして計算が立つのが本職ではいません。

実際に、優磨が離脱した試合では、かなり攻撃力が落ちました。

正直、まだ金森と山口では、昨シーズンそれぞれ得点したとはいえ、荷が重いというのが現状。

聖真や安部、レアンドロもいますが、本職はあくまでミッドフィルダー。

優磨が近い内に移籍する事も考えて、前線で収まりが効く選手か、ゴールハンターのような選手が欲しいところ。


ボランチは、三竿(健)とレオシルバがスタメン候補。

そこに永木が食い込んでいますが、こちらも計算が立つのがこの3人のみ。

三竿(健)とレオシルバの2人が共にケガで離脱した時は、かなり危うい場面がありました。

「どちらかでもいてくれれば・・・」と、つい思ってしまいましたね。

永木にC大阪からオファーが来た時には少し焦りましたが、断ってくれて本当に助かりました。

小笠原が引退し、バックアップが久保田と名古となりますが、久保田ではまだ微妙。

それに、移籍する可能性もありますし。

名古は、能力は高いと言われていますが、いきなり常にベンチ入りできる力を持ってるかは分かりません。


センターバックは、昌子が抜け一気に戦力が落ちています。

最初は危うかった犬飼が慣れてきたとはいえ、基本メンバーが犬飼とチョンスンヒョンのコンビでは、まだ安心できません。

バックアップは町田ですが、ケガがちなのも気になります。

使い続ければスタメン候補にもなれると思いますが、即戦力の選手を1人欲しいですね。

昌子クラスの獲得は難しいかもしれませんが、植田クラスの選手が来てくれると助かります。


そして、問題の右サイドバック。

昨日、大伍の神戸への移籍が発表されました。

明確な数字での結果というわけではありませんが、大伍の存在は本当に助かっていました。

それだけに、この移籍は打撃ですね。

これにより、本職の右サイドバックは、内田と伊東のみ。

その2人ともケガがちなだけに、補強が急がれます。

左サイドは、三竿(雄)が移籍しましたが、脩斗と安西、そして小田もいます。

借りに脩斗がケガなどで欠場しても安西がいる事で安心感はありますが、右サイドバックに関しては内田はケガの影響もあり、シーズン通してずっと出られるわけでは無いですし、伊東もケガがちな上に現在は長期離脱中。

復帰は5月とも言われているだけに、層が薄い状態。

場合によっては、守備的な選手・・・例えば永木や三竿(健)が右サイドバックに入っても無難にこなしてくれそうではあります。

でもやはり、1人主力クラスが来てくれると安心感が増しますね。


チームとしては、ある程度の補強に関してもうピックアップできていると思います。

期待してますよ、満さん。