日本代表はバラバラ!? オマーン戦の最後に原口がちょっと怒っていた理由・・・

元の記事へ移動



262: 2019/01/14(月) 12:50:52.97 ID:YeTXkr3O0

早くも監督と選手がバラバラw 

サッカー02

原口は険しい表情でベンチとやり取りをする

アジアカップのグループリーグ第2戦でオマーンと対戦した日本は1-0で勝利。第3戦のウズベキスタン戦(1月17日)を前に決勝トーナメント進出を決めた。
 
 もっとも「あれだけチャンスを作りながら決め切れないと厳しくなる」と長友佑都が語ったように、前半立ち上がりに迎えた再三のチャンスを決め切れずにいると、後半は攻撃が停滞。初戦に続いて薄氷を踏むような勝利となった。
 
 さらに試合終了間際には、相手ゴール近くで得たFKに関して原口元気がベンチと険しい表情でやり取りをするシーンも見られた。試合終了前のセットプレーで、思い出されるのはロシア・ワールドカップのベルギー戦で、シンプルなクロスを奪われ、高速カウンターにつなげられて逆転負けを喫した悪夢のようなシーンだ。
 
 オマーン戦の件の場面で原口はなにを確認していたのか。本人は試合後に冷静に振り返った。
 
「全然、問題はなかったです。(セットプレーの時に後方で)相手の2枚に対して3枚で守れていたので、切り替えさえしっかりできれば問題なかったです。特に佑都くんと(酒井)宏樹と僕が残っていたので、どう考えてもスピードで負けるわけはありません。(ベンチは選手を)下げろと言っていたので、逆に僕は取りに行けと言ったんです。トミ(冨安健洋)に行くなとベンチは言っていたんですが、後ろは3枚で大丈夫だよという話をしました。でも後ろは4枚残っても良いので、そこはベンチの判断だと思います」
 
 またこの時、ゴール前に上がっていたCBの吉田麻也は「最後から2回目の時はベンチを見て、行けという指示だったので行きました。最後のところはベンチは行くなとなっていましたが、後ろが行って大丈夫ということだったので行きました。皆、下がっていたから人は揃っていました。ただ、新しいチャレンジで、あそこで点を取れるかどうかで全然変わってくると思うので、そこを取れるように、チームとしても、個人としてもなっていければ、また成長できるはずです」と語る。
 
 今回はベルギー戦のようなカウンターを食らうことはなかったが、終盤のセットプレーはチームとして再度徹底する必要があるのかもしれない。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00052701-sdigestw-socc


最後のFK
森保「下げろ、吉田・冨安上がるなぁ」
原口、吉田「2点目取りに行くぞ」 


268: 2019/01/14(月) 12:51:33.46 ID:PBo6inM+d
>>262
チーバラ!

引用元: http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1547434151

続きを読む