バルセロナが長谷部同僚FWを補強か…今季ブンデスで得点ランク首位

元の記事へ移動

今季ブンデスリーガで得点ランク首位に立つフランクフルトFWルカ・ヨビッチ
 バルセロナが次に狙いを定めているのはフランクフルトでMF長谷部誠と共にプレーしているFWルカ・ヨビッチ(21)のようだ。フランクフルトの地元紙『アルゲマイネ・ツァイトゥング』が報じている。

 1997年生まれのヨビッチはセルビア代表のアタッカー。育成組織に所属していたレッドスターで16歳の時にトップデビューを果たすと、2016年にベンフィカへ移籍し、フランクフルトには買い取りオプション付きのローン移籍で昨季から所属している。

 今季はブンデスリーガ第8節デュッセルドルフ戦(○7-1)での5得点を筆頭にゴールを量産。ここまで19試合で記録した14得点は、FWロベルト・レワンドフスキ、MFマルコ・ロイスを押しのけてトップの成績となっている。

 地元では加入が有力視される一方、スペイン紙『アス』は合意には至っていないと指摘。同選手にはチェルシー、バイエルン、レアル・マドリーも熱視線を送っていると指摘した上で、FWルイス・スアレスを助けるアタッカーが必要であることを述べるにとどまっている。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
●ブンデスリーガ2018-19特集