ドロー以上で優勝決定パリSGがまさかの惨敗…負傷者2名、退場者1名出し、2位リールに5発大敗

元の記事へ移動

パリSGが惨敗
[4.14 リーグアン第32節 リール5-1パリSG]

 フランス・リーグアンは14日に第32節を行い、首位パリSGは敵地で2位リールと対戦し、1ー5で敗戦。優勝決定間近のはずが、まさかの大敗で今季リーグ戦2敗目を喫した。

 敵地での上位対決となった今節。パリSGは引き分け以上で優勝が確定し、2連覇を達成する。前線にFWキリアン・ムバッペ、MFユリアン・ドラクスラー、DFダニエウ・アウベスで構成し、高い攻撃力のもとで決着を目指した。

 しかし試合は前半で大きく動く。リールは前半7分に右サイドから大きくクロスを上げると、パリSGのDFトマ・ムニエに当たってそのままゴールへ。オウンゴールで先制点を奪う。しかしパリSGも同11分、ムバッペがPA右外からふわりと浮いたパスを送り、ファーサイドのDFファン・ベルナトがダイレクトでゴール右に押し込む。前半10分過ぎで1-1と早い試合展開となった。

 パリSGは同点直後にアクシデント。前半16分に守備の要であるDFチアゴ・シウバが負傷交代、さらに同24分にはムニエも怪我によりピッチを去ることに。同36分にはリールのエースFWニコラ・ペペの最終ライン突破をベルナトがファウルでストップ。決定機阻止で一発退場となり、パリSGは2人の負傷者と1人の退場者を出すことになった。リールも前半終了間際にDFアダマ・スマオロが負傷で交代を余儀なくされている。

 荒れた前半を折り返すと、リールは後半からパリSGの隙を一気に突く。後半6分、得点ランク2位のペペがカウンターからGKアルフォンス・アレオラとの1対1を冷静に決め、勝ち越しに成功。同20分には今季10得点のFWホナタン・バンバがPA左に抜け出し、左足でニアをぶち抜くシュートを叩き込み、3-1とリードを広げた。

 リールはさらに後半26分、左サイドからのFKをDFガブリエウがヘディングで合わせ、4-1と決定的な得点。同39分にはDFホセ・フォンテが左CKを頭で叩き込み、ダメ押しの5点目とした。

 試合は静かに終了し、パリSGは5-1で大敗。2位リールとはまだ勝ち点17差あるものの、大きな傷がつく敗北となった。

●フランス・リーグアン2018-19特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中