「違うと思う」元代表DFの岩政氏、湘南戦の誤審めぐる現役選手たちの反応に違和感

元の記事へ移動

岩政大樹氏が現役選手たちの反応に違和感
[5.17 J1第12節 浦和2-3湘南 埼玉]

 元日本代表DFの岩政大樹氏が、17日のJ1第12節・浦和レッズ湘南ベルマーレで起きた誤審に対する現役選手たちの反応に違和感を示した。

 物議を醸しているのは同試合の前半31分のシーン。2点を追いかける湘南のMF杉岡大暉が左足でミドルシュートを放つと、右ポストを叩いたボールが逆側のサイドネットに接触したが、主審はゴールを認めなかった。

 湘南は最終的に3-2で逆転勝利を収めたものの、このミスジャッジに対し、ツイッター上で他チームの選手たちから非難の声が相次いでいる。

 鹿島MF三竿健斗は「笑いをこらえきれないくらいひどすぎる。。。」(@kentomisaodayo)と苦言を呈した。また、神戸FW田中順也は「どうみてもゴールじゃん こういうの減らそうよ」(@JUNYA18TANAKA)、G大阪FW渡邉千真は「これでノーゴールの判定はありえない」(@kazuma0810)と指摘。他にも多数のJリーガーが判定に不満の声を上げている。

 一方で岩政氏は、自身のツイッター(@_PITCHLEVEL)で「大誤審は大誤審」と認めつつ、「ただ、それをわざわざ寄ってたかってSNSで取り上げる必要ってあるのでしょうか」と問題提起。「ファンの方たちはまだしも、選手たちは違うと思います」と、SNS上で“炎上”に加わる現役選手たちに意見を述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!