[仙台]岩沼市の岩沼市陸上競技場リニューアル記念イベントで、サッカー教室を開催

元の記事へ移動

 2日、宮城県岩沼市の岩沼市陸上競技場リニューアル記念イベントに、仙台の選手、スタッフ、マスコットが参加。サッカー教室を行った。

 この岩沼市陸上競技場は90年に開設し、仙台もサテライトリーグなどで使用してきた場所。しかし11年3月11日に東日本大震災が発生してからは、周辺も含め被災者の生活拠点やヘリポートとして使用されてきた。そしてスポーツ振興くじによる1億3000万円の助成を受けて29年ぶりにリニューアルし、今年4月1日に通常利用を再開。芝生部分も6月1日に再開した。

 式典には、日本代表に招集されたシュミット・ダニエルとU-22日本代表遠征に参加中の椎橋慧也を除く、全選手とスタッフ、マスコット(ベガッ太さんとルターナちゃん)が参加。また、仙台のアカデミーとトップでプレーし、現在はタイで活躍する大久保剛志(岩沼市出身・現MOFカスタムズ・ユナイテッド)も参列し、“いわぬま健幸大使”に就任した。

 テープカット後、チームからは記念フラッグを岩沼市長と子供たちに贈呈。その後、岩沼市の未就学児から中学生までの101人とともにサッカー教室を楽しんだ。

 仙台ユース所属時に同所での試合経験がある道渕諒平は、「ここにきてくれたような、地域の人たちがあってのベガルタ仙台。震災が発生した11年の僕はまだユースで、トップチームの活躍に勇気づけられました。いまは自分がトップでプレーして、皆さんの力になれれば」と、前日に勝利したJ1リーグ戦でさらに活躍することを誓った。

写真:板垣 晴朗