【川崎】シドニー遠征(6)

元の記事へ移動







☆手帳ブログやっています。→『手帳のはなしをつらつらと』


☆Instagramやってます。→http://instagram.com/skycafe0419


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ    


【川崎】シドニー遠征(5)

元の記事へ移動

間が空きましたがシドニー遠征より。

[公式会見]


[試合当日]





試合は勝ちましたが、グループリーグ敗退と。




☆手帳ブログやっています。→『手帳のはなしをつらつらと』


☆Instagramやってます。→http://instagram.com/skycafe0419


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ    


AFC U-16女子選手権タイ2019 およびAFC U-19女子選手権タイ2019 組み合わせ決定 #jfa #nadeshiko #daihyo

元の記事へ移動

アジアサッカー連盟(AFC)は5月23日(木)、タイのチョンブリでAFC U-16女子選手権タイ2019およびAFC U-19女子選手権タイ2019の組み合わせ抽選会を実施し、日本はU-16ではグループAに入り、タイ、オーストラリア、バングラデシュと同組となりました。またU-19ではグループBに入り、中国、韓国、ミャンマーと同組となりました。

AFC U-16女子選手権タイ2019 組み合わせ(抽選結果)

グループA タイ、日本、オーストラリア、バングラデシュ
グループB 朝鮮民主主義人民共和国、韓国、中国、ベトナム

※各グループ上位 2 チームが準決勝に進出
※上位 2 チームが FIFA U-17 女子ワールドカップインド 2020 に出場。

U-16日本女子代表 マッチスケジュール

グループステージ

試合日対戦試合会場
2019年9月15日(日) vs U-16オーストラリア女子代表 IPEチョンブリスタジアム
2019年9月18日(水) vs U-16バングラデシュ女子代表 IPEチョンブリスタジアム
2019年9月21日(土) vs U-16タイ女子代表 チョンブリスタジアム

ノックアウトステージ

準決勝 9月25日(水) チョンブリスタジアム
3位決定戦/決勝 9月28日(土) チョンブリスタジアム

監督コメント

狩野倫久 監督
AFC U-16女子選手権の組み合わせがきまり気持ちが高まり気の引き締まる思いです。グループステージ、ノックアウトステージ含め全試合が厳しい戦いになります。U-16日本女子代表は、来年インドで行われるFIFA U-17女子ワールドカップの出場権を獲得するため、チームのコンセプトである「アグレッシブで攻撃的なプレッシングサッカー」を体現し、すべての試合においてチーム一丸となり全力でプレーし勝利を掴み取りにいきます。9月のAFC U-16女子選手権に向けて、6月のオランダ遠征、8月の国内キャンプで個々の選手、そしてチームとして積み上げ、成長できるよう準備をして、選手たちとともに世界で戦う権利を必ず獲得したいと思います。

AFC U-19女子選手権タイ2019 組み合わせ(抽選結果)

グループA タイ、朝鮮民主主義人民共和国、オーストラリア、ベトナム
グループB 日本、中国、韓国、ミャンマー

※各グループ上位 2 チームが準決勝に進出
※上位 3 チームが FIFA U-20 女子ワールドカップ 2020 に出場。(開催国未定)

U-19日本女子代表 マッチスケジュール

試合日対戦試合会場
2019年10月28日(月) vs U-19ミャンマー女子代表 IPEチョンブリスタジアム
2019年10月31日(木) vs U-19韓国女子代表 チョンブリスタジアム
2019年11月3日(日) vs U-19中国女子代表 チョンブリスタジアム

ノックアウトステージ

準決勝 11月6日(水) チョンブリスタジアム
3位決定戦/決勝 11月9日(土) チョンブリスタジアム

監督コメント

池田太 監督
対戦相手が決定し身が引き締まる思いです。FIFAU-20女子ワールドカップ2020の出場権をかけてのAFCU-19女子選手権は常に厳しい戦いになります。大会を通して選手が成長し日本の良さを出せるようしっかりと準備したいと思います。

「世界のなでしこになる。」JFAの女子サッカーへの取り組み ~FIFA 女子ワールドカップフランス2019~ #jfa #daihyo #nadeshiko #世界のなでしこ #世界のなでしこ

元の記事へ移動

日本サッカー協会(JFA)は、女子サッカーの普及・育成・強化のため、さまざまな取り組みをおこなってきました。

なでしこジャパンの活動もその一つです。2004年7月に公募によって愛称が「なでしこジャパン」に決定した日本女子代表。以後の活躍とともに、その愛称はサッカー界のみならず、国内外に浸透しています。その契機となったFIFA女子ワールドカップドイツ2011でのなでしこジャパンの優勝は、それ以前から世界の頂点を念頭に置いた多様な施策が結実した形でした。

JFAは、各年代の女子チームが参加する国内大会の整備に始まり、選手のプレー環境向上のための取り組み、女性指導者の養成などを行ってきましたが、その中には女子サッカーならではの試みもありました。

2004年9月には、将来のなでしこジャパンのGKを発掘・育成する「スーパー少女プロジェクト」を開始(2015年度から「女子GKキャンプ」に改称)。選手の強化・育成の重要な時期である中学生年代前後に絞って、全国から女子GK選手を集め、JFAナショナルコーチングスタッフ指導のもと、トレーニングキャンプをおこなっていくもので、過去にはなでしこジャパンのGK山下杏也加選手(日テレ・ベレーザ)も参加しています。

2006年には、なでしこジャパンに挑戦する選手を発掘・育成・強化する「なでしこチャレンジプロジェクト」を実施しました。年齢制限を設けず、なでしこジャパン予備軍とも言える選手を選出し、トレーニングキャンプを行うことで、なでしこジャパンのコンセプトを共有しながら、新たな発見とステップアップにつなげる狙いです。今年1月にも「なでしこチャレンジトレーニングキャンプ」が行われ、参加者の宮川麻都選手(日テレ・ベレーザ)が、FIFA女子ワールドカップフランス2019のメンバーに選出されました。

また、世界基準のエリート選手を育成するJFAアカデミーからも、男子と同様に多くの選手が輩出されており、FIFA女子ワールドカップフランス2019のメンバーには、JFAアカデミー卒校選手である菅澤優衣香選手(浦和レッズレディース)、三宅史織選手(INAC神戸レオネッサ)、平尾知佳選手(アルビレックス新潟レディース)、遠藤純選手(日テレ・ベレーザ)の4人が選ばれました。

こういった普及、育成、強化をくまなく継続することによって、日本の女子サッカーはひとつの大きな成果を残しました。

FIFA U-17女子ワールドカップコスタリカ2014と、FIFA U-20女子ワールドカップフランス2018で優勝したことにより、日本は女子ワールドカップ、U-20女子ワールドカップ、U-17女子ワールドカップのすべてを制した世界で唯一の国となり、また、それらの大会ではいずれも日本がFIFAフェアプレー賞を受賞しました。それは、普及から育成、強化といった一連の取り組みが実を結んだ瞬間でした。

JFAは、2007年に発表した女子サッカー発展のための「なでしこビジョン」を2015年に改訂し「2030年までに登録女子プレーヤーを200,000人にする」といった目標を新たに明記しました。

「JFAなでしこひろば」をはじめとした女子サッカーに触れるきっかけづくりはもちろん、競技を継続できるプレー環境の整備などもなでしこジャパンが世界のトップクラスであり続けるためには不可欠です。

女子サッカーを文化にするために、そして女性が一層輝く社会を実現するために、JFAの女子サッカーに対する取り組みは続きます。

スケジュール

なでしこジャパン(日本女子代表)のスケジュールはこちら

FIFA女子ワールドカップフランス 2019

大会期間:2019年6月7日(金)~2019年7月7日(日)

グループステージ:
2019/6/11(火) 01:00キックオフ(日本時間)
vs アルゼンチン代表

2019/6/14(金) 22:00キックオフ(日本時間)
vs スコットランド代表

2019/6/20(木) 04:00キックオフ(日本時間)
vs イングランド代表

TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

立正大学 中塩 大貴 選手 2020シーズン加入内定のお知らせ

元の記事へ移動

この度、立正大学の中塩大貴選手が来季(2020シーズン)より新加入することが内定しましたので、お知らせいたします。中塩選手のプロフィールは下記の通りです。記中塩 大貴(なかしお だいき)■生年月日:1997年6月8日(21歳)■出身地:埼玉県■身長/体重:181cm/67kg■血液型:A型