リーグ戦2連勝に続いてナビスコも!勝つ\(^o^)/

元の記事へ移動

先週のホーム日産スタジアムでのトリパラは

久しぶり過ぎてウルウル感涙でしたトリパラトリパラトリパラ

トリパラ満開のゴール裏に向かう選手の姿

佑二さまと勇蔵クンのCBの勇姿ぐー

キャプテンからのCKからの美しいボンバーヘッドバンザイ

感無量&感涙でしたトリコ☆トリプルハート



快晴の日スタ・・・いや真夏かと思うほどの暑さ

なんでマリノスはいつも悪条件の試合開催(>_<)

5月開催は昔と違って暑いんだから

せめてキックオフは16時以降が良いかと・・・


佑二さまと勇蔵クンのCB

やっぱり安心ですグッド!



前半終了間際のボンバーヘッド

なんかこの時に入る予感しましたね~音譜



終わってみれば柏に3-0の完封勝利

神戸に続いて連続完封バンザイ


マリノス君に労をねぎらわれる哲選手ラブラブ

守護神としてやっぱり安心感があります(^_-)-☆



いや~~~久しぶりのトリパラトリパラトリパラトリパラ


トリパラ全開のゴール裏に向かう選手達

何度も見たこの光景ラブラブ!

マリノスファンになったきっかけの光景トリパラ

やっぱりイイネ~トリコ☆トリプルハート



さてっビックリマーク今日はユアスタでナビスコが14時キックオフ

遠征には行かれませんが

TVの前でユニ着て応援しますバンザイ

現地に行かれたマリサポさん

いつもありがとうございます腕。

勝ち点3のお土産よろしくお願いします☆☆☆




にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

水戸戦 試合中の修正ができない

元の記事へ移動

コイントスで風下を選択し、後半勝負という狙いだったのですが、その後半はシュートゼロです。

90分でもシュートは僅かに3です。


結果としては前半の受けるカタチから盛り返せずに90分間相手のペースで戦ってしまったということでしょう。

前節の結果を受けていつでも点が取れるとでも思っていたのでしょうか?


チーム全体が間延びをしてしまい、セカンドボールはほとんど相手でした。

相手のストロングである高さに対して、ほとんど競り負けてもいましたし、そこでの修正がなかったですね。

ゼロで終われたことがラッキーであったと言っていいでしょう。


もっと運動量が出てこなければこういう試合になりますね。

相手に合わせて蹴り合いのゲームになりましたが、相手のほうが割りきって集中していたので、水戸ペースの試合になりました。


もっと賢くプレーを選択できないのかなと感じました。

後ろと前があいてしまっているので、もっとボランチはリンクさせる意識が必要だと思います。

CBも繋ぐということを考えなければなりません。

それを成立させるために他の選手がパスコースを作るために走らなければなりません。


試合中に修正する動きは感じられませんでした。

もっと選手たちが気づいて声を掛けあわなければならないですし、交代枠を余らせるのではなく、選手交代でのメッセージも必要だと思います。

J2中位のチームの戦いであったということですね。


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

2016 ナビスコ杯予選第7節 決勝進出への微かな望み

元の記事へ移動

今節、川崎は、試合がないのですが、本日、ナビスコ杯の第7節は開催されます。川崎が入っているBグループの対戦は次のとおりとなっています。


6/5(日)14:00 仙台 - 横浜FM ユアテックスタジアム仙台
6/5(日)14:00 福岡 - 新潟 レベルファイブスタジアム
6/5(日)14:00 鳥栖 - 柏 ベストアメニティスタジアム


また、順位を表は、こうなっています。


順位表
順_チーム名_勝点_試_勝_分_敗_得_失_得失
1__川崎____8___6__2__2__2__9__5__4
2__仙台____8___5__2__2__1__4__3__1
3__横浜FM__8___5__2__2__1__5__5__0
4__柏______7___5__2__1__2__8__7__1
5__新潟____7___5__2__1__2__4__8_-4
6__福岡____6___5__1__3__1__5__5__0
7__鳥栖____3___5__0__3__2__3__5_-2


川崎が首位ではあるのですが、今節試合がありません。しかも一回の勝ちでひっくり返される勝ち点差2以内に6チームがひしめいています。このうちの上位2チームしか決勝トーナメントに出られません。


川崎が抜けることができる条件整理と可能性を考えます。


まず、仙台vs横浜FMは、両クラブとも勝ち点8をもっているクラブなので、仮に引き分けると、勝ち点1ずつ加算され、2チームとも、川崎を上回ってしまいます。したがって、引き分けてもらってはなりません。必ず、どちらかに、勝ち切ってもらわなければなりません。


次に、福岡vs新潟は、先ほどの仙台か横浜FMかが勝ってもらっている前提となるので、もう仙台対横浜FMの試合の勝者が決勝トーナメント進出です。そこで1枠埋まります。そうすると川崎は、2位通過の芽しかなくなります。そうなると、福岡も新潟もいずれも勝ってしまうと川崎を上回ってしまうため、この対戦では、引き分けてで終わってもらう必要があります。そうすると新潟には勝ち点で並ばれますが、得失点が増えません。


最後に、鳥栖vs柏なのですが、柏が勝ち点7である以上、柏に勝たれると抜けられます。つまりこの試合は、引き分けで終わるか、鳥栖に勝ってもらうしかありません。


これらの条件が3試合のすべての条件が整わない限り、川崎の敗退が決まります。こららすべてが整うというのは、奇跡だとは思いますが、もともと予選突破は、柏に負けて、鳥栖に分けた時点で絶望的とわかっていたことですから、過度な期待はせず、結果を待ちたいと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


次のエントリを書く励みになります。また読みたいと思っていただければ、押していただきたいと思います。


にほんブログ村



ブログランキング