ベガルタ・菅井、完封勝利に貢献!渡辺監督「素晴らしい閉め方をしてくれた」

元の記事へ移動

 明治安田J1第32節最終日(18日、仙台3-0大宮、ユアス)途中出場のMF菅井直樹がMVP級の働きをみせた。後半30分から右ウイングバックに入り、その5分後に慣れない3バックの右に入って完封勝利に貢献。渡辺監督は「この勝ち点3は菅井の力が大きい。最終ラインで素晴らしい(試合の)閉め方をしてくれた」と絶賛した。だが、菅井本人は「失点しないようにと考えた。そんなにうまくもいっていないし、ジョークでしょ」と平然。チーム最古参は多くを語らない分、円熟プレーを披露した。

ベガルタ・三田、豪快ミドル!自己最多5得点に自画自賛

元の記事へ移動

 明治安田J1第32節最終日(18日、仙台3-0大宮、ユアス)MF三田啓貴が後半12分、ペナルティーエリア外のゴール正面から豪快にミドル弾。自己最多となる今季5得点目に「ここまで来たら取りたかった。流れもゴールもきれいだったし、気持ちよかった。100点」と自画自賛した。次戦の横浜M戦に向けて「(前回のアウェー戦を1-1で引き分け)勝ち切れず悔しさが残った。2連勝して終わりたい」と頼もしかった。

浦和の主将・阿部「次で勝った方が優勝」 敵地で“最低限”のドロー/ACL

元の記事へ移動

 AFCチャンピオンズリーグ決勝・第1戦が18日にサウジアラビア・リヤドで行われ、アル・ヒラル(サウジアラビア)と浦和レッズが対戦。浦和は7分にラファエル・シルバのゴールで先制したものの、アル・ヒラルの猛攻を受けて37分に同点とされる。その後もアル・ヒラルに攻め込まれたが、なんとか守りきって1-1のドローで初戦を終えた。

浦和、貴重なアウェイゴール奪いドロー!10年ぶりアジア制覇へ一歩近づく/ACL

元の記事へ移動

 AFCチャンピオンズリーグ決勝・第1戦が18日にサウジアラビア・リヤドで行われ、アル・ヒラル(サウジアラビア)と浦和レッズが対戦した。試合は1-1のドローで終了。第2戦は25日に浦和のホーム・埼玉スタジアムで行われる。