2016J2リーグ第32節 山口戦観戦記(フクアリ)

元の記事へ移動

リーグ戦3連勝はならず。
とても悔しいドローゲームでした!
今日も勝手に振り返ります!





2016J2リーグ第32節
フクダ電子アリーナ 9/18 16:00 kickoff





ジェフユナイテッド千葉 1 ー 1 レノファ山口FC
         (前半 0 ー 0)
         (後半 1 ー 1)





スタメン・選手交代

GK 佐藤 優也
DF 比嘉 祐介
DF 近藤 直也
DF 若狭 大志
DF 丹羽 竜平
MF 富澤 清太郎
MF 長澤 和輝
MF 町田 也真人
MF 北爪 健吾(66分 → 井出 遥也)
FW エウトン(84分 → オナイウ 阿道)
FW 船山 貴之(74分 → 大久保 裕樹)



ベンチメンバー

GK 岡本 昌弘
DF 大久保 裕樹(74分 ← 船山 貴之)
DF 阿部 翔平
MF 佐藤 勇人
MF 井出 遥也(66分 ← 北爪 健吾)
MF 小池 純輝
FW オナイウ 阿道(84分 ← エウトン)



得点

65分 エウトン⑩



警告/退場



スタメン・フォーメーション





スタッツ

シュート:10-11
GK:19-7
CK:3-2
直接FK:7-14
間接FK:3-2
オフサイド:2-1
PK:0-0



第32節時点
J2リーグ 10位
勝ち点 44
得点 43
失点 39
得失点差 +4
完封試合 10



勝ち①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪
分け①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪
負け①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩



今季得点

町田 也真人①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩
エウトン①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩
船山 貴之①②③④⑤
長澤 和輝①②③④
井出 遥也①②③
オナイウ 阿道①②③
吉田 眞紀人①②
富澤 清太郎①②
山本 真希①
近藤 直也①
阿部 翔平①
丹羽 竜平①



今季警告(累積警告)/退場

アランダ 警告②/退場①
エウトン 警告⑤(①)
長澤 和輝 警告④(①)
イ・ジュヨン 警告③
船山 貴之 警告③
近藤 直也 警告③
井出 遥也 警告②
山本 真希 警告②
富澤 清太郎 警告②
町田 也真人 警告②
オナイウ 阿道 警告②
若狭 大志 警告②
多々良 敦斗 警告①
阿部 翔平 警告①
北爪 健吾 警告①
吉田 眞紀人 警告①
大久保 裕樹 警告①
佐藤 優也 警告①
菅嶋 弘希 警告①
丹羽 竜平 警告①





後半ロスタイム、山口に同点ゴールを決められて。
ジェフは今季初の3連勝ならず。
とても悔しい結果に終わってしまいました。


ただ、ジェフは勝つ事が出来ませんでしたが。
エウトンの先制ゴールまで。
試合の主導権を握っていたのはジェフだと感じましたし。
ジェフには、運が無い事もあった。


後半ロスタイムに追い付かれ。
またか...みたいな意見も多く見ましたが。
そこまで悲観する内容の試合では無かったと思います。


試合自体は、お互いにとてもよい内容でしたし。
見ていて単純に面白い試合でもありました。


ジェフには、ちょっと運が無かった。
山口は強かった。
この結果はしょうがない。
私はそう感じています。



約5ヶ月前、アウェーゲームで。
山口のfootballの前に、ボロ雑巾の様にされた事を思い出せば。
“長谷部ジェフ”は、決して歩みは速くはありませんが。
確実に前に進めている。
そう感じた試合でもありました。


選手や監督は、もちろん“プロ”ですから。
結果がすべてって面も、もちろんあります。


ただ、“結果”だけがfootballではないと私は思っていますし。
“結果”以外の部分を含めて、我々はfootballに魅了されているんだと思います。



この試合、私はジェフはとてもよく戦った、そう感じています。
それを、ズラズラここから書こうと思います!


※二日掛けて書いているので。
“今日”“昨日”等の言葉の間違いは。
スルーでお願いします!





まずは今日もメンバーから。



ジェフはこの試合も“4-4-2”フォーメーション。
スタメンは、右SHが菅嶋→北爪以外は前節岐阜戦と同じでした。
その菅嶋は、ベンチにも入らず。


ベンチから真希が外れ、遥也と小池がベンチに復帰。


菅嶋は怪我でしょうか。
ヴェルディからレンタル移籍中の菅嶋。
次節ヴェルディ戦は、確か契約で出場出来ないと思います。


菅嶋欠場の理由が分からないですが。
怪我ならば、ジェフにとっては。
大きな影響がありそうです。
その後、“体調不良”との情報を見ましたが。
実際の所はどうなんでしょうか。



対する山口。
ジェフユース出身で、元ジェフリザーブズの鳥養が右SHでスタメン。
鳥養は、ジェフの育成組織出身ですが。
トップチームには昇格出来ず。
ジェフリザーブズ最後の選手の一人でした。


JFLのクラブにいくつか移籍し。
山口に加入後、J2に昇格し。
フクアリに今回帰ってきました。


鳥養のプレーには、少しだけ注目していました。
今季はスタメン外れる試合だったり、途中交代や途中出場が多かったと思いますが。
ジェフでプレーした選手が。
例えトップチームに昇格出来なかった選手だったとしても。
対戦相手の選手として、フクアリでプレーする姿を見るのは。
私は、嬉しく感じますし。
鳥養も、ジェフのサポーター他に感謝の言葉を述べていました。


クラブとしての裾野の拡がり。
その一つだと思います。


ただ、そういった選手の為にも。
ジェフは昇格し。
J1で戦うクラブにならないといけないな。
改めて、そう感じました!





ここからは、簡単に試合を振り返ります。


一応、試合前の“プレビューもどき”のリンクを貼っておきます!
宣伝です!


“2016J2リーグ第32節 山口戦プレビューもどき”



山口は、これまで通りに。
細かくパスをつないでボールを動かし。
テンポを変えたタテパスを前に入れてきて、ゴールに迫ってきます。


“長谷部ジェフ”が、山口のfootballに対して。
どういう戦い方を選択するか。
これが、試合前の、大きな関心事だったと思います。




今節も“4-4-2”のジェフ。
前半開始早々は、お互いに無理した形で突っ込んで。
お互いに忙しい展開でしたが。
徐々に山口がディフェンスラインでボールを保持し。
ジェフの隙を窺いながらボールを動かす展開に。


対するジェフは。
“4-4-2”の3ラインが、それぞれきれいに隊列を整え。
山口を待ち構える体制を作ります。



山口の、細かくボールを動かしゴールに迫ってくる戦術は。
現時点で、チームの“成熟度”としては。
ジェフよりも上だったと思います。


ボールを動かす事で、相手選手を動かし。
相手が空けたスペースに選手が動き、そこにパスを入れる事で。
更に相手選手を動かし、自分達のペースで攻撃する事を意図し。
試合を進める山口。


選手とボールの動きには、明確な約束事とパターンがあり。
それを何百回・何千回と繰り返し練習し。
身体に染み込んでいるであろう山口の選手。
スカウティングして、頭では分かっていても。
簡単には対応出来ないくらいのレベルまで。
チームとして“身に付いている”戦術と思います。


これに対抗する為には。
選手の個人能力・センスで相手を圧倒するか。
山口と同じレベルで、チームが連携し連動するか。
べったり引いて、徹底的にスペースを消すか。
これしかないかな、と試合前に妄想していましたが。
まだチーム作りの途上にあるジェフは、山口相手によく戦ったと思います。



試合開始早々は、お互いにバタバタしましたが。
試合が落ち着く様になってからは。
ジェフは、山口の意図によく対応・対策し。
山口のやりたいプレーをさせなかった。


ちょっとだけ、簡単に書くと。
山口の選手は、常にボールの周りに適切な距離を保つ選手が複数いて。
ボールを持つ選手は、細かくパスを出してボールを動かすだけではなくて。
“ドリブル”っていう選択肢も持っている。
昨日の試合では。
6番望月・7番福満・8番島屋、この辺の選手が。
ペナルティーエリア近くで、特にそういうプレーで仕掛けてきた。
これに、対戦相手は苦労するのですが。
昨日のジェフは、“カバー&フォロー”を。
強く意識し、対応する事が出来ていた。


昨日の試合では。
エウトン・船山の2トップと。
右SHに入った北爪の。
コースの切り方やディフェンスに。
課題を指摘する意見を見ましたが。
周りや後ろの選手は。
それを意識し前提とするディフェンスが出来ていたと。
酔っ払いは思います。


若干後手に回る事は有りましたが。
例えば北爪が、ゴールに向かってくるコースではなくて。
外に展開するコースを切っている場面が見られたと思いますが。
前半は、後ろのディフェンスラインの4人と長澤・富澤のボランチコンビが。
そこをよくカバー出来ていたと思います。


“そこに相手を誘い込んでいた”とは思っていませんが。
それを想定するディフェンスは。
チームで意識出来ていたと思います。



もう一点。
ジェフの選手は、本当によく走り。
球際や競り合いで、身体を張ってよく戦えていた。


セカンドボールの奪い合いも。
ジェフ陣内では負けていなかったと思います。


ボールを奪ったり、セカンドボールを拾えば。
攻守の切り替え早く、エウトン・船山の2トップにボールを当てる。
そこで時間を作り、也真人や北爪や長澤が。
ゴールに向かってプレーする。


山口としては。
ボールを保持しているけれど。
ボールを動かして作った隙に、選手とボールが入っても。
ジェフが粘り強く対応してくるし。
ボールを奪われると、簡単に2トップに展開し。
長谷部さんも指摘していた、“山口の弱点”である。
2CBとその間に降りてくる“10番”庄司が動いて空ける。
ペナルティーエリア前のスペースを。
簡単に突かれる。



山口がボールを保持し、試合を動かしている様に見えて。
やりたい事が出来ていたのは。
私は、ジェフだったと思っています。


前半はお互いに。
いくつかの決定的な場面を作りましたが。
よりゴールに近かったのはジェフだと思いますし。
ストレスをためていたのは、山口の選手と思います。



ハーフタイムに、そんな感じの事を呟いたんですが。
後半、少し試合の展開が変わってきます。




ジェフは、選手交代無し。
山口は、怪我なのか他の理由か。
先に選手を代えてきます。


前半は、私はジェフペースの試合と思っていましたが。
やはり走らされる分、運動量の減るのが早いのは。
ジェフでした。



前半、チームの中心として。
攻守に走り回って、カウンターからのチャンスを作れていた也真人が。
徐々に、“攻守の切り替え”の起点に。
なかなかなれない展開に。


代わって、“相方”富澤との関係が。
“ヨコ”から“タテ”に変わった長澤が。
かなり広い範囲を走り回り。
チームを支えますが。
徐々に山口のボール回しが利いてきます。



山口に決定的な場面を作られ。
ジェフは段々下がってしまう展開。
私は、攻撃面で変化を与えて。
山口を押し返す事を。
長谷部さんは、遥也に期待していたんだと思います。


ところが、遥也が交代する直前に。
富澤の、山口のディフェンスラインが空けたスペースを突くタテパスから。
タッチライン際まで走った長澤からのクロスを。
エウトンが右足で合わせて、ジェフが先制します。



エウトンは、リーグ戦3試合連続。
天皇杯も含めた公式戦で5試合連続のゴール。
このゴールは素晴らしかったのですが。
このゴールによって。
ジェフは“1-0”で勝つ事を意識し始めてしまったと思います。


運動量が減ってきて。
山口に中盤でボールを動かされ、ディフェンスラインまで崩される場面が増えてきた状況で。
“攻撃面”で、相手を押し込む為の交代として。
北爪に代えて遥也だったんだと思うのですが。
その直前にジェフが先制。


ピッチに立つ選手は。
“よし、直ぐにもう一点”とは。
考えていなかったと思います。


最近スタメンを外れ。
なかなか試合に絡めなかった遥也。
“ゴール決めてこい!”と、ピッチに送り出そうとしたら。
エウトンの先制ゴール。
やっぱ交代止めるわ。
長谷部さんは、そう言えなかったんだと思います。


前述した様に。
チーム全体で、山口に押し込ま出した試合展開で。
“ディフェンス面”での課題を指摘され。
試合に絡めなかった遥也をピッチに立たせるのは。
遥也も長谷部さんも、お互いに運が無かったと感じます。



まさか、交代したばかりの遥也を。
さらに交代させる訳にはいかない。
そんな事したら、もう選手は監督を信用しないし。
選手は、下手すれば潰れてしまう。


全体が走れなくなって。
山口に中盤で自由を与えてしまう展開では。
足を痛め、なかなか起点になれなくなった船山を下げて。
ディフェンスラインに大久保を入れた選択は。
しょうがなかったと思います。


最初の方に書きましたが。
人数掛けて、ゴール前のスペースを埋める事。
これは、山口対策の一つと思いますし。
“失策”ではなかったと思います。



更に言えば。
後半終盤、丹羽と比嘉の両SBも。
走れなくなってきた。
船山同様足を痛めたエウトンに代えて。
阿道を1トップにした“5-4-1”。
これは、能動的に選択した戦術では無く。
そうせざるを得なかった。
私は、そう理解しています。


阿道は。
ボロカスにやる人多かったですが。
多分、“仲間の為に時間を作れ”って事と。
“隙があればもう一点獲ってこい!”って指示を受けていたんだと。
私は妄想しています。


長谷部さんの選択と選手個人に。
勝ち切れなかった理由を求める人が多かったと思いますが。
チームの“成熟度”の差。
私はこれが、一番の要因と考えています。



結果的には。
左SBの比嘉の所からクロスを上げられ。
右SBの丹羽が競り負けて失点。


二人を責めたいのではなく。
この状況に追い込まれ。
あと数分で勝てた試合を引き分けた。
チーム全体の課題だと思いますし。
“チーム力”で、山口に及ばなかった。
そういう試合だったと感じます。





お互いに、全力を尽くして戦った。
見応えのある試合でしたし。
“チーム力”で優る山口相手に。
もう少しで勝てた試合でした。


ただ、お互いが作った決定機や。
90分間の試合展開を考えれば。
ジェフが“勝ち点2”を失った試合ではなく。
お互いに“勝ち点1”を分け合った試合。
私は、そう感じます。



選手からも長谷部さんからも。
手応えと課題が、試合後に聞こえてきました。


勝てなくて悔しいのは。
私だって同じです。
後半ロスタイムに追い付かれるのは。
我々サポよりも。
チームのダメージの方が大きいと思いますし。


ただ、勝てなかった昨日の試合を。
必ず次につなげてくれるだろうな。
そう感じる事の出来る試合でもありました。




もう少し、細かい事を書きたかったのですが。
疲れて眠いのと時間が無いので。
今日は簡単に終わりにします。



私は、長谷部さんの選択は。
試合のスタートから、間違えでは無かったと思います。


ただ、必ずしも。
監督の思惑通りに試合は進まないし。
チームが考える試合を、いつでも出来る訳でもない。
昨日の試合では。
その、大きな要因が。
“エウトンの先制ゴール”だった事。


これが、ジェフの運が無い所でしたし。
菅嶋の欠場も痛かった。


そこを修正し、チームを勝利に導くのが。
プロの監督の役割と思いますが。
初めてプロクラブの監督になって、まだまだ日が浅い長谷部さんに。
オシムさんやモウリーニョと同じレベルの事を、いきなり求めるのは。
過度な要求と感じます。



もう一つ言えば。
関塚さんが求めた選手の集まりである今季のジェフ。
多少のミスマッチはありますよ。
長谷部さんのやりたいfootballとは。


それと、選手だって。
環境変わって、直ぐに対応出来る選手と。
不器用で時間の掛かる選手だっている。
今現在のプレーだけ見て。
あれこれ批判するのは。
私は、まだまだ早いと思います。


今は、勝利を最優先するしかありませんが。
それは、チームの置かれた状況を考えればしょうがない。
そこは、批判するポイントではないと考えます。





もう終わりにします。
今日は、頭の中にある事の。
半分も書けなかったので。
酔っ払い、かなり消化不良ですが。
文章書くのが遅い上に。
大した知識も見識もないので。
まあ、しょうがないよね!



私は、この“勝ち点1”を。
大きく評価していますし。
必ず今後につながる試合だった。
そう感じています!


遥也も阿道も大久保も。
必ず、これからのジェフの力になってくれると思いますし。
チーム全体の底上げが出来なければ。
勝手にチームが上昇する事も無い。


我々サポも。
少しチームを評価する軸を。
変えていければな。
そう思います!


ご意見あれば。
直接言ってね!
お待ちしています!





今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。



HP作りました。
犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)
こちらも是非宜しくお願いします!



“Jリーグ”カテゴリーで。
何故か4位になったりしていました。
お相手いただいて、本当にありがとうございます!
心からの感謝を、みなさんに送りたいです!
そんな訳で。
今日も是非ポチっとご協力お願いします!

ジェフユナイテッド千葉 ブログランキングへ



今日の一言「遥也は、必ず再び輝くよ!」

ホームでの勝利は最高!

元の記事へ移動

J1セカンドステージ第12節vs新潟

やりましたバンザイ見事な勝利でしたトリパラトリパラトリパラ

ホーム日産スタジアムのトリパラは最高です音譜

なんと7月9日の福岡戦以来の勝利で約2か月ぶり叫び

セカンドステージは1敗しかしてないのにですあせる

アウェーに行けてないので本当に久しぶりのトリパラトリパラ

最高でした~~~


が~叫び久しぶりの観戦にワクワクルンルンで支度したものの

いざっ写真と思いウォーミングアップでシャッター押したら

メモリー不足で撮れませんはてなマーク

なんでぇ~~と思い確認したらなんとSDカードが入って無い叫び

ああ~~やっちゃた号泣PCに入れっぱなしだったあぁ~


なのでスマホで撮ろうとしたら

これまたスマホも容量が一杯あせる

よりによって・・・落ち込み


参戦準備を子供の遠足みたいに前日からしてたのに~なんてこった汗

スマホの写真を数枚消去して(バックアップをこまめにしてないので沢山は消去できず)

あと、やっぱりスマホは写り悪いです。

その中のまともな一枚です苦笑い


前置きが長くなりました土下座


試合は前半29分のホントいい時間に

2試合連続のヒョウさんゴーーール号泣

今シーズンはベンチでもいつも通りに

明るくアップするヒョウさんの姿を思い浮かべ

感無量でウルウルしょぼん


そしてラブラブ!われらのキャプテン俊輔選手ラブラブ

ウォーミングアップでの動く生のキャプテンの姿に涙腺ゆるみました号泣

試合中にも何度もベンチを見てしまいまいしたラブラブ!

そこに居るだけで空気が違うキラキラ

天皇杯には少し出場してくれると嬉しいのですが。


さらにマチさんの2点目

スルスルと駆け上がってきた勇蔵クンのアシストぐー

素晴らしかったですねぇ~~~

33歳の誕生日の前日に安定の守備と見事な攻撃参加腕。

300試合出場記念セレモニーにキン肉マンとのコラボ記念Tシャツにと

やっと勇蔵クンに注目が集まるようになりました。

怪我のファビオには悪いのですが

横浜の西部から応援する私にとっては、

キャプテンと勇蔵クンの存在は別格なので本当に良かったラブラブ


勇蔵クンがCBに戻ってから〝安定のプレー”とニュース掲載されました

そうです!祐二さまと勇蔵クンのCBは、やっぱり安定してるし安心です


元日本代表CB栗原勇蔵の充実感。1アシストに見えたプロ15年目の意地と復活への気配  (PC)



天皇杯、ルヴァン杯、リーグ戦と過密日程ですが

総力戦で勝利をもぎ取っていきましょうsei



にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

フロンターレ日記に「川崎ものづくりフェア」を追加

元の記事へ移動

9/10福岡戦は3-1という結果でしっかりと勝点3を積み上げることができ、2ndステージ、年間順位共に首位をキープすることができました!その大事な試合前はものづくりの魅力が体験できる「川崎ものづくりフェアin 等々力」がフロンパークで開催されました。このイベントは川崎市

ゴン所属の沼津にJ3ライセンス交付へ

元の記事へ移動

 日本フットボールリーグ(JFL)のアスルクラロ沼津にJ3クラブライセンスが交付されることが19日、関係者の話で分かった。JFLの年間勝ち点は現在1位。残り6試合で4位以内などの要件を満たし、11月の理事会で承認されれば来季のJ3参入が決まる。