【呟】近況

元の記事へ移動

夏に環境が変わって、その間にいろいろありすぎてこっちに手を出すのがおそくなってます。
試合のまとめが全然できてなくて、生存してるのかと。

とりあえず元気でやってます。

2016明治安田生命 J2リーグ 第34節 群馬 × 千葉

元の記事へ移動

2016/09/02(日)13:00 正田醤油スタジアム

群馬 2-1 千葉
正田スタ観戦


初めて正田スタジアムに行きました。



だもんで初めての生湯友(だと思う)。


駅前とかではあまり盛り上がっている感じではなかったですが、ビジターの入り口ではひっそりと歓迎されていました。



さてあまり語りたくもないゲームの話です。

きっついわー正直プレーオフ無理かなーと思いながら帰ってきました。

でも今日の結果が全部出て順位表を見てみると、9位から10位には落ちましたけどね。

問題となる6位との勝点差は1しか広がっていません、ラッキーラッキー助かった・・・

思っちゃいかんのだ。

勝点差は広がってないけど、どんな相手にもきっちり勝利だけが必要な時です。

今回はラッキーで自分たちの失敗が致命傷にならなかっただけだけど、ラッキーではなくアンラッキーが起きていたら今シーズンの望みがすべて絶たれていた(実質ね)可能性もあるんです。

次からはかならず勝とう!



さてつまらない話しか書けそうにないのでそろそろ終わりにします。

最後にもう1つ愚痴を^^;

せっかくの群馬県だったのにエウトンがいないからチャント(NO N.Y.)歌えなかったの残念!



それではまた!

読んでくれてありがとう。



人気ブログランキング  


京都、5戦連続ノーゴール…染谷「下を向いていても仕方ない」

元の記事へ移動

 明治安田J2第34節(2日、京都0-0金沢、西京極)京都は5戦続けて無得点となった。前半、左サイドを起点に有田らが好機を迎えたが、後半は引き気味の相手を攻略する動きが乏しく、終盤のパワープレーも実らなかった。堀米は「どんな形でもゴールをこじ開けるという気持ちが必要」と厳しい表情で話した。

戦う姿勢に明確の差異があった浦和とG大阪 浦和・阿部「今日で終わりじゃないんで…」

元の記事へ移動

 近年の浦和レッズはガンバ大阪の後塵を拝している。昨季2015シーズンのチャンピオンシップ準決勝では延長戦の末に敗れて戴冠を逃した。続く2016年元日の天皇杯決勝でG大阪に屈した浦和は、今季のJリーグ1stステージでも敵地・吹田市サッカースタジアムで宇佐美貴史(アウクスブルク/ドイツ)に決勝ゴールを決められ、G大阪に対して公式戦4連敗を喫していた。