ベイルはロナウドを超えるのか。レアルに不可欠な献身性。“100億コンビ”の真逆のスタイル

元の記事へ移動

リーガエスパニョーラ第30節、レアル・マドリーはセビージャとホームで対戦して4-0と粉砕。この一戦で1ゴール1アシストを記録したガレス・ベイルは、度々クリスティアーノ・ロナウドと比較されるが、そのプレースタイルには真逆の原理があった。(文:海老沢純一)

本田が抱える「ヤバいこと」を指揮官も危惧。“汚れ仕事”に徹した10番のジレンマ

元の記事へ移動

ミランは現地時間20日、セリエA第30節でラツィオと対戦して1-1で引き分けた。本田圭佑は先制点を演出するも後半はミスを多発してしまい、ミランは1得点にとどまった。“汚れ仕事”に徹した本田だが、そこにはジレンマもあった。(取材、文:神尾光臣)

【蹴】サッカー観戦まとめ

元の記事へ移動



すっかり暖かくなり、サッカー見に行こうと思っていても最初の一歩が、と言う人向けにまとめてみました。
多分、Jリーグでも、日本代表戦でも使えるような気がします。


【蹴】初めてサッカーに行きたいと思っている方へ
http://ameblo.jp/skycafe-ac/entry-12026030257.html

【蹴】試合を見に行こうと思う[準備編]
(1)ホームとアウェイ
(2)アウェイにいくなら
(3)チケットを買う
(3.5)こんなチケット入手方法も
(4)席種あれこれ
(5)いざ実際に見に行く準備しよう


【蹴】実際に試合に行ってみよう[実戦編]
(1)余裕もって
(2)食料入手にスタグルを
(3)タオマフとユニはいかがですか
(4)席の確保を
(5)チャントって何だ
(6)見方はあれこれ
(7)時には感情を
(8)90分で決着




   にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

2016 J1リーグ 1stステージ 第4節 順当

元の記事へ移動

おはようございます。フロサポのみっちーです。


今朝は、一昨日、昨日と行なわれたJ1リーグ第4節を振り返りたいと思います。川崎は、0-4で甲府さんに快勝できたおかげで。単独首位をキープできました。しかし、他のクラブも迫ってきています。ということで、川崎以外のJ1の試合を含めて、前節を振り返ります。


2016 J1リーグ 1stステージ 第4節 結果

3/19(土)13:00 横浜FM 2 - 1 鳥栖 ニッパツ三ツ沢球技場
得点:3' 富樫 敬真(横浜FM)、63' 谷口 博之(鳥栖)、70' 中町 公祐(横浜FM)


3/19(土)14:00 甲府 0 - 4 川崎 山梨中銀スタジアム

得点:9' 中村 憲剛(川崎)、25' 森谷 賢太郎(川崎)、66' 中村 憲剛(川崎)、87' 田坂 祐介(川崎)


3/19(土)14:00 新潟 2 - 2 柏 デンカビッグスワンスタジアム
得点:9' 田中 達也(新潟)、59' 武富 孝介(柏)、72' エデルソン(柏)、90+5' 大野 和成(新潟)


3/19(土)14:00 名古屋 2 - 1 仙台 パロマ瑞穂スタジアム
得点:45+1' シモビッチ(名古屋)、82' ハモン ロペス(仙台)、87' 矢野 貴章(名古屋)


3/19(土)15:00 鹿島 2 - 0 FC東京 県立カシマサッカースタジアム

得点:50' 金崎 夢生(鹿島)、88' 金崎 夢生(鹿島)


3/19(土)16:00 神戸 2 - 1 G大阪 ノエビアスタジアム神戸
得点:36' 小川 慶治朗(神戸)、58' レアンドロ(神戸)、84' 金 正也(G大阪)


3/19(土)19:00 磐田 2 - 2 福岡 ヤマハスタジアム(磐田)
得点:4' ウェリントン(福岡)、16' ジェイ(磐田)、72' ジェイ(磐田)、45+3' 城後 寿(福岡)


3/20(日)16:00 大宮 1 - 5 広島 NACK5スタジアム大宮
得点:22' ピーター ウタカ(広島)、39' 浅野 拓磨(広島)、60' 横谷 繁(大宮)、67' 青山 敏弘(広島)、73' 柏 好文(広島)、89' 柴﨑 晃誠(広島)


3/20(日)16:00 湘南 0 - 2 浦和 Shonan BMWスタジアム平塚
得点:41' 李 忠成(浦和)、55' 興梠 慎三(浦和)


順位表
順_チーム名_勝点_試_勝_分_敗_得_失_得失
1__川崎___10_4_3_1_0_12__6__6
2__浦和____9_4_3_0_1__7__3__4
3__鹿島____9_4_3_0_1__4__1__3
4__名古屋__7_4_2_1_1__6__5__1
5__横浜FM__7_4_2_1_1__5__4__1
6__神戸____6_4_2_0_2__8__7__1
7__G大阪___6_4_2_0_2__4__4__0
7__仙台____6_4_2_0_2__4__4__0
9__FC東京__6_4_2_0_2__3__4_-1
10_大宮____6_4_2_0_2__5__7_-2
11_広島____5_4_1_2_1__8__5__3
12_磐田____5_4_1_2_1__6__6__0
13_鳥栖____4_4_1_1_2__4__5_-1
14_新潟____4_4_1_1_2__8_11_-3
15_甲府____4_4_1_1_2__3__6_-3
16_湘南____2_4_0_2_2__7_10_-3
17_柏______2_4_0_2_2__5__8_-3
18_福岡____2_4_0_2_2__4__7_-3


今節は、基本的に前評判が高かったクラブが勝利を収めたというところだと思います。特に広島さんは、前評判にもかかわらずここまで勝利を収めることができず、苦しんでいたところにようやくの勝利でした。


広島さんの試合結果で見ると、昨年にも見られた得点爆発の快勝です。しかし、大宮さんも試合内容でみると、押していた時間帯もあり、スコアほどの実力差はなかったように思います。0-2から1-2に追いつたところから次に入る1点が、仮に大宮さんだったら、と考えると、青山が最後に決めた3点目の存在が非常に大きかったかのかなと思います。


何にせよ、これで広島さんの初勝利です。まだ4節ですから、勝ち点差もそれほどついているわけではないので、これからが怖いですね。


個人的に一番の番狂わせは、阪神ダービーのG大阪さんでしょうか。神戸サポの方には申し訳ないですが、G大阪さんが勝つと思っていました。


しかし、ネルシーニョさんの采配でしょうが、前線からかなりプレッシャーをかけてボールを獲っていました。また、ペドロジュニーオールの体躯の強さからボールを失わず、その流れから得点を決めたレアンドロと外国人の活躍がありました。G大阪さんは、ACLの疲労もあってか神戸さんのプレスに苦しみ、力尽きたという印象です。


順当だったのは、浦和さん、鹿島さんだと思います。浦和さんは、得点を決めた李は、走り勝ったとインタビューで答えていましたが、トラッキングデータで見る限り、やはり走っているのは、湘南さんです。ただし、浦和さんも122km以上チームで走っているので、いつもより多く走っているのは間違いないです。


浦和さんは、川崎も苦しんだ湘南さんの前線からのプレスとスプリントをうまく往なしていました。特に2点目は、完全に崩しての得点でした。興梠がここ最近、点を取り始めてきているので、4月の対戦では最も警戒すべき選手かもしれません。


鹿島さんに至っては、FC東京さんもいい時間帯を作っているにも関わらず、鹿島さんの勝ちきる力にやられたという印象です。特に、得点では、金崎の点を取りきる執念を感じさせられます。2得点ともストライカーの動きになっています。海外に行くまでの名古屋さんでの印象は、中盤の選手でしたがその印象からはFWに完全に脱皮してしまっています。


次節、鹿島さんと頂上対決なので、なんとしても勝ちきらないといけません。特に等々力では鹿島さんには、勝率は高いです。過去12試合やって7勝2分3敗です。それでも昨年は、夏に苦い経験をしました。せっかく首位でのいい流れなので、これを変えないようにしてほしいです。


あとは、たった3節で監督交替となり、その初戦が、前のシーズンで柏の監督だったという吉田監督率いる新潟という柏さん。どうなるかと思いましたが、ある意味仲良く引き分けでした。


ただ、試合終了間際に同点とされるのは、2試合連続でしたので柏さんは、さぞ意気消沈していることでしょう。一方の新潟さんは、柏さん相手に追いついたことで、次に繋がると思います。


いずれにしてもこの節は、勝つべくして勝ってきているクラブが多い印象なので、これがシーズンにどう影響するのか。今後の展開を待ちたいと思います。それにしても首位は響きがいいですね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


次のエントリを書く励みになります。また読みたいと思っていただければ、押していただきたいと思います。


にほんブログ村



ブログランキング

4試合で1つしか勝てない現実

元の記事へ移動

今シーズン初失点をし、初の敗戦です。

失点については仕方ないですね。

セットプレーによる失点なので、今後の対策は考えることも出来るでしょう。

昨日は準備不足だったとしか言えないですね。


それよりも問題なのは攻撃です。

3試合ホームで無得点です。

立ち上がりこそ押し込みましたが、相手が慣れてきてからはゴール前に中々攻め込めませんでした。

少し上手く行かないとアイデアがなくなり単調な攻撃になります。


現在のエスパルスへの対策は簡単にできそうだということを、昨日の試合で見せてしまったような気がします。

バイタルを固めて、楔に対して強く行けば、ほぼ防げるということがわかりました。

レフリングの傾向を見て、圧力の掛け方を変えればいいでしょう。


2失点してからのチームが情けないですね。

明らかに落ちて、ミスを連発しました。

失点してもそこから圧倒するくらいでなければ上に行くのは難しいですね。


開幕前にJ2の景色に慣れなければいいということを言った記憶がありますが、もうすっかりJ2チームになってしまった感すらあります。


ブレるのは良くないですが、この状況であればいじる必要はあるでしょう。

1勝2分1敗 11位

4試合で1つしか勝てていません

3試合が無得点試合です。

これが現実です。


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村


サッカー ブログランキング

カズ、今季初先発でJ最年長出場記録更新!チームは2-0で勝利

元の記事へ移動

 明治安田J2第4節(20日、横浜FC2-0山口、ニッパ)元日本代表FW三浦知良が今季初先発。後半10分で退き、得点はなかったが、自身のJ最年長出場記録を49歳23日に更新した。2-0で勝った試合は、フットサル日本代表前監督のロドリゴ氏が観戦。2012年フットサルW杯にカズを招集した同氏が「また一緒にやりたい」と話したのを伝え聞いたカズは、「あと10年は(現役を)やるつもり」と笑顔で応じた。