フットサル日本代表 欧州遠征 メンバー・スケジュール(10/21 – 26@ドイツ/デュッセルドルフ 10/27 – 11/2@ポルトガル/リスボン) #jfa #daihyo

元の記事へ移動

スタッフ

監督:ブルーノ・ガルシア(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:木暮 賢一郎(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:鈴木 隆二(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ:内山 慶太郎(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
フィジカルコーチ:下地 達朗(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)

選手

GK
2 ピレス・イゴール ピレス イゴール(ペスカドーラ町田)
1 関口 優志 セキグチ ユウシ(名古屋オーシャンズ)

FP
11 星 翔太 ホシ ショウタ(名古屋オーシャンズ)
14 西谷 良介 ニシタニ リョウスケ(名古屋オーシャンズ)
8 滝田 学 タキタ マナブ(ペスカドーラ町田)
5 皆本 晃 ミナモト アキラ(立川・府中アスレティックFC)
4 安藤 良平 アンドウ リョウヘイ(名古屋オーシャンズ)
6 吉川 智貴 ヨシカワ トモキ(名古屋オーシャンズ)
3 内村 俊太 ウチムラ シュンタ(湘南ベルマーレ)
12 森村 孝志 モリムラ タカシ(バサジィ大分)
10 室田 祐希 ムロタ ユウキ(ペスカドーラ町田)
7 逸見 勝利ラファエル ヘンミ カツトシ ラファエル(SLベンフィカ/ポルトガル)
9 小門 勇太 コカド ユウタ(湘南ベルマーレ)
13 加藤 未渚実 カトウ ミナミ(シュライカー大阪)
15 堀内 迪弥 ホリウチ ミチヤ(ヴォスクオーレ仙台)
16 清水 和也 シミズ カズヤ(エルポソ・ムルシアFS/スペイン)

スケジュール

10月22日(月) AM/PM トレーニング
10月23日(火) AM/PM トレーニング
10月24日(水) AM トレーニング
17:00 国際親善試合 vs. フットサルドイツ代表 ※一般非公開
10月25日(木) AM トレーニング
10月26日(金) AM トレーニング
17:00 国際親善試合 vs. フットサルドイツ代表(Castello Dusseldorf)
10月28日(日) AM/PM トレーニング
10月29日(月) AM/PM トレーニング
10月30日(火) AM トレーニング
19:00 国際親善試合 vs. フットサルポルトガル代表(Hall Torre da Marinha)
10月31日(水) AM トレーニング
19:00 国際親善試合 vs. フットサルポルトガル代表(Hall Torre da Marinha)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

U-18フットサル日本女子代表 スペインに3-2で勝利し、決勝に進出 ~第3回ユースオリンピック競技大会(2018/ブエノスアイレス)~ #jfa #daihyo #nadeshiko

元の記事へ移動

第3回ユースオリンピック競技大会 準決勝 vs U-18フットサルスペイン女子代表
2018年10月15日(月) キックオフ時間 16:00(現地時間)
Main Futsal Hall(アルゼンチン/ブエノスアイレス)

U-18フットサル日本女子代表 3-2(前半0-1、後半3-1)U-18フットサルスペイン女子代表

得点
18分 失点(U-18フットサルスペイン女子代表)
22分 前田海羽(U-18フットサル日本女子代表)
25分 荒井一花(U-18フットサル日本女子代表)
33分 追野沙羅(U-18フットサル日本女子代表)
40分 失点(U-18フットサルスペイン女子代表)

スターティングメンバー
GK:須藤優理亜
FP:横山凜花、池内天紀、前田海羽、山川里佳子

サブメンバー
GK:小林望月
FP:宮本麻衣、追野沙羅、荒井一花、安部美楽乃

マッチレポート

U-18フットサル日本女子代表は15日(月)、ユースオリンピック競技大会準決勝でU-18フットサルスペイン女子代表と対戦し、3-2で勝利し、決勝進出を決めました。

決勝進出のかかった大一番。序盤からスペインに自陣でボールを回されるも、高い位置からプレッシャーをかけ続け、シュートを打たせません。粘り強い守備から、徐々にペースを掴む日本は8分、ゴール前左サイドでのキックインから、前田美羽選手がゴール前を横切るパスを送るも、中にいた山川里佳子選手には惜しくも合わず、得点には至りません。その後も日本は、相手ゴールを攻め立てますが、18分に相手のキックインから一瞬のスキを突かれ、逆に先制点を許してしまいます。

気持ちを切り替え臨んだ後半、日本の猛攻が始まります。22分、池内天紀選手のパスを受けた前田選手のゴールが決まり、1-1の同点に追いつきます。続く25分、今度は荒井一花選手が前線からプレッシャーをかけボールを奪うと、自らドリブルで持ち込みシュート。これが決まって2-1と日本が逆転に成功します。33分には「6500人もの観衆が見守る中でのプレーはとても緊張した」と話す追野沙羅選手が、得意のドリブル突破からリードを広げる貴重な追加点を決めて、3-1とします。

直後からスペインのパワープレーが始まり、日本は我慢の時間帯が続きます。試合終了直前にパワープレーから失点し、3-2に迫られるも、試合はこのまま終了。日本は見事な勝利で決勝進出を決めるとともに、銀メダル以上が確定しました。

決勝戦は、10月17日(水)18:00(現地時間)より、グループステージで敗れたU-18フットサルポルトガル女子代表と再び対戦します。

選手コメント

FP #5 追野沙羅 選手(Laufen)
前半に1点先制され、焦りもありましたが、諦めずチーム全体が声を掛け合い、後半には3得点を決め、逆転に成功しました。日本の粘り強さを見せつけることができました。終盤にパワープレーをされ、1点返されましたが、3-2で守りきることができました。自分自身、3点目を取り、チームに貢献し、勝利に繋げられてとても嬉しいです。明後日の決勝は予選で負けてしまったポルトガルとのリベンジマッチです。強い気持ちと勇気を持って試合に臨みたいです。

FP #6 荒井一花 選手(福井丸岡RUCK)
まず、勝つことができて本当に良かったです。先制点をとられ、守備の時間帯が長かったですが、最後まで集中して諦めなかったことが、この結果につながったと思います。決勝でも、良い守備から得点できるよう頑張りたいです。泣いても笑っても、次が最後の試合です。思いっきりプレーして、楽しみたいと思います。そして絶対勝って金メダルを獲得して笑顔で日本に帰れるよう頑張ります。

スケジュール

第3回ユースオリンピック競技大会
10月8日(月) 6-2 グループステージ 第1戦 vs. カメルーン(Main Futsal Hall)
10月9日(火) AM/PM トレーニング
10月10日(水) 4-1 グループステージ第2戦 vs. チリ(CeNARD Hall)
10月11日(木) 6-2
グループステージ第3戦 vs. ドミニカ共和国(Main Futsal Hall)
10月12日(金) AM/PM トレーニング
10月13日(土) 0-2 グループステージ第4戦 vs. ポルトガル(CeNARD Hall)
10月14日(日) AM/PM トレーニング
10月15日(月) 3-2 準決勝 vs. スペイン(Main Futsal Hall)
10月16日(火) AM/PM トレーニング
10月17日(水) 18:00 決勝 vs. ポルトガル(Main Futsal Hall)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

「第5回 名古屋グランパスボウリング大会」イベントレポート

元の記事へ移動

10月13日(土)、名古屋市内のボウリング場にて「第5回 名古屋グランパスボウリング大会」を開催しました。同大会は2018シーズンチケットホルダーを対象に事前募集によって選ばれた約120名様と選手が参加しました。開会式では、クラブを代表し代表取締役社長 小西 工己、選手会

「トヨタ国際ジュニアカップ2018」開催レポート

元の記事へ移動

名古屋グランパスでは、ジュニア年代の技術向上と国際交流を目的とした「トヨタ国際ジュニアカップ 2018」を、9/15(土)〜17(月)の三日間に渡って、トヨタスポーツセンターにて開催しました。今年は、例年より参加チームが2チーム増え、国内からは、名古屋グランパスU-12、ヴ

ウルグアイ代表、強さの秘密。老将タバレスの育成改革、常に全力を保証する「JRC」とは?

元の記事へ移動

日本代表との国際親善試合のために来日中のウルグアイ代表。南米連盟加盟国の中で最も小さな国にもかかわらず、サッカーの強さはブラジルやアルゼンチンに匹敵する。その理由はどこにあるのか。15日に行われ、30分以上に及んだオスカル・タバレス監督の記者会見をもとに強さの源泉を探った。(取材・文:舩木渉)