大迫勇也に課される大きな任務。“NMD”を生かす1トップの重要性、今こそ日本の大黒柱に

元の記事へ移動

日本代表は16日、キリンチャレンジカップ2018でベネズエラ代表と対戦する。注目は何といっても、中島、南野、堂安の2列目トリオだ。森保一監督の下、躍動し続けるNMDはベネズエラ戦でもその勢いを存分に発揮してくれるだろう。ただ、これらの3人を生かすには、あの男の貢献度も必須になってくる。(取材・文:元川悦子)

吉田麻也・遠藤航・酒井宏樹の守備が勝利への鍵。日本代表に立ちはだかるベネズエラの三巨星

元の記事へ移動

日本代表は16日、ベネズエラ代表との国際親善試合に臨む。4年前にも対戦した相手だが、当時とは全く異なる特徴のチームになった南米の雄をいかに攻略するか。ベネズエラを支える3人のキーマンを抑え込む、日本の選手たちの守備が鍵になってきそうだ。(取材・文:河治良幸)

英国人から見た日本代表「ヴェンゲル監督がいいと思っていたけど」「森保さんは日本人で一番いい監督」

元の記事へ移動

人気コラム「英国人の視点」などを執筆するショーン・キャロル氏。過去5年間にわたり発表してきたコラムやレポートを厳選してまとめた1冊『英国人から見た日本サッカー “摩訶不思議”ニッポンの蹴球文化』が好評発売中。そこで、著者であるショーン氏に改めて“日本サッカーのあれこれ”についてインタビューを敢行。第2回となる今回は、「A代表と五輪代表の監督を兼任する森保一氏への期待」について。(文:三谷悠)

日本代表“NMD”も続けるか、最強攻撃トリオ5選。MSNに3R、往年のオランダ3人衆も 【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

日本代表は新体制発足後、3連勝中と絶好調。中島翔哉、南野拓実、堂安律の“NMD”トリオは、森保ジャパン躍進の原動力となっている。この攻撃ユニットは今後も日本の武器となるだろう。そして、今も昔も世界には様々なトリオが存在。今回フットボールチャンネル編集部では、抜群の破壊力を誇った3人衆を紹介する。