2018J2リーグ第24節 讃岐戦プレビューもどき

元の記事へ移動

悔しい試合が続いていますが。
下を向いている暇はありません!
今日も勝手にプレビューします!





2018J2リーグ第24節
ジェフユナイテッド千葉 VS カマタマーレ讃岐
Pikaraスタジアム 7/21 18:00kickoff





前節 16位
勝点 28
得点 39
失点 45
得失点差 -6
完封試合 5





今季得点

ラリベイ⑨
船山 貴之⑧
清武 功暉③
指宿 洋史③
エベルト③
茶島 雄介②
高木 利弥②
増嶋 竜也②
山本 真希①
熊谷 アンドリュー①
町田 也真人①
近藤 直也①
小島 秀仁①
ホルヘ・サリーナス①
オウンゴール①



今季警告(累積警告)/退場

増嶋 竜也 警告②/退場①
溝渕 雄志 警告①/退場①
鳥海 晃司 警告③
熊谷 アンドリュー 警告③
船山 貴之 警告②
小島 秀仁 警告②
ホルヘ・サリーナス 警告②
清武 功暉 警告②
ロドリゲス 警告②
ラリベイ 警告②
茶島 雄介 警告①
岡野 洵 警告①
近藤 直也 警告①
エベルト 警告①
町田 也真人 警告①
指宿 洋史 警告①
佐藤 勇人 警告①
矢田 旭 警告①





大宮と金沢に逆転負け、間の天皇杯神戸戦は6失点で負け。
悔しいというか、なかなか厳しい敗戦が続いています。



首位松本とは勝ち点差13、22位京都とは勝ち点差12。
まだまだ上も下も見える位置にジェフはポジションしています。


この状況で上を見るか下を見るか。
それは人それぞれだと思いますが。
エスナイデルさんと選手達とクラブは、もちろん上を見ていると思います。
私も、上を見ています。



我々は、まだまだ上を目指せる。
ただ、ここまでと同じ事をしていたのでは。
望む結果は得られない。


“何か”を変える必要はあると思います。
ここまで16位と、結果を出せていない訳ですから。


ただ、監督代えるとか選手を代えるとか。
そういう事を、私は考えていません。


私は、シーズン途中で監督を代える事には反対です。
まあ、この事は今日は語りません。
サポの代表の方とクラブのミーティングが今話題になっていますが。
今は、それについても語りません。


どうすれば勝てるのか。
どうすれば結果が出せるのか。
今日も勝手に考えて書きます!




私は、ジェフとfootballが楽しくて面白くてしょうがない。
ジェフが勝てないのは悔しいですが。
下を向いていても、私は楽しくないので。
今日も勝手に前向きに、勝手に語ります!





ここまで23試合戦って、8勝4分11敗の勝ち点28でリーグ16位。
J1昇格を目指すクラブとしては、まるっきり物足りない数字です。


失点45は、リーグワーストの数字。
失点が減らないから勝てない。
正にそんな状況だと思います。




エスナイデル体制2シーズン目の今季。
ここまで、結果だけ見れば最悪です。


思う様に結果を出せず。
勝ち点を挙げる事にシフトして、それによってチームが迷い。
結果として、勝ち点を積み重ねられず。



状況としては、最悪だと思います。
ただ、エスナイデルジェフは。
まだまだチームを修正し、上を向いていく事が出来る“潜在的な力”は残っていると思います。


なかなか安定した結果を出せていませんが。
なんだかんだと、毎試合ゴールは奪えている。
最近は、今までさっぱりだった“セットプレー”からもゴールを奪える様になってきた。


課題はまだまだありますが。
チームとしては、先が見える状況にあると。
私は感じています。



ただ、ここまでと同じ事をしているだけでは。
上には行けない。
では、今何がジェフに足りないのか。


酔っ払いが、勝手に語ります。
戦術論だとか難しい話は、それが得意な方の文章を見て下さい。
私のは、なんとなく雰囲気語るだけの文章なんで。



適当ですし大雑把ですが。
基本線は外れていないかな、と自分で勝手に思っているので。
お付き合いいただけると幸いです。





ゴールは奪えているのに、失点が減らずなかなか結果を出せないジェフ。
私は、“ゴールは奪えている”って部分が重要だと思います。



近年のJ2リーグでは、極一部のクラブを除けば。
対戦相手の事をきっちり調べ上げ、がっちりと対策してくる。


これは、ジェフが2010シーズンからずっと苦労している事ですが。
今季のエスナイデルジェフは、なんだかんだとゴールを奪う事は出来ている。


ただ、ゴール数に比例して“失点”も増えてしまっている事で。
結果勝ち点を落としてしまっている。


私は、今一番重要な事は。
“カバー&フォロー”だと感じています。




例えば、左のWGやSHでプレーする為田。
“自分が仕掛ければ、最低でもCKを取れる”と発言していますし。
実際にそれが試合で出来ている。


為田はあくまでも、自分がサイドのスペースで仕掛ける事を考えて。
プレーしてポジショニングしていると思います。


相手を押し込み、相手にプレーの“機会”を与えないと考えれば。
為田のプレーは、正解だと思います。


ただジェフは、90分間自分達の流れでプレーする事は出来ていない。
厳密に言えば、バルセロナでもバイエルンでも90分間自分達の流れではプレー出来ない。
必ず、相手がボールを保持する時間帯があるし。
自分達の意図の裏を突くプレーを狙ってくる。


その時に、どう守りどう相手の意図を防ぐか。
ポイントは、ここにあると思います。



ジェフの右サイド。
茶島SBで真希SHの時は。
とても右サイドのプレーがスムーズです。


茶島が高いポジション維持したり。
中に切り込んでいったり。
そんな時に、本来のポジションは茶島の“前”の真希が。
攻撃の事を考えながら、“ボールを失った”時の事を考えながら。
ポジションを調整しプレーしているから。


本来のポジションを空けてプレーする選手は。
相手は対処に苦労しますが。
逆に言うと、相手にとって突くべきポジションにもなる。


そのカバー&フォローが出来るから。
真希はSBでも中盤でもプレー出来るんだと思いますし。
本来前の選手である茶島を、SBでプレーさせる意味でもあるのだと思います。



これを、チーム全体で意識する必要がある。
今は特に、こういう“気”を使える選手が少ない。


昨季終盤の連勝は。
矢田が、仕掛ける為田のカバー&フォロー出来た事が。
正直一番大きかったし。
ダブルボランチで勇人がプレー出来た事も大きかった。


也真人と矢田が怪我で離脱、勇人は体力的に夏場に毎試合レギュラーは厳しい。
そんな現状で、再び“ハイプレス・ハイライン”を実践するならば。
ピッチに立つ11人が、それぞれ“カバー&フォロー”を強く意識する必要があると感じます。



“ハイプレス・ハイライン”っていうのは。
チームの“目的”ではなくて、あくまでも“手段”。


相手に出来るだけ“機会”を与えない。
自分達が、試合の主導権を握る。
それは、私も間違えていないと思います。


ただそれを100%実行出来るチームは。
多分今の世には無い。
では、プラス何が必要なのか。


私は、“カバー&フォロー”だと考えます。



自分達の“長所”や“メリット”を追求する事は。
相手に“短所”や“デメリット”を晒す事でもある。


相手の“短所”や“デメリット”を突く事に長けたJ2リーグ。
そういう面では、W杯と同じくらいのレベルだと思います。
J2クラブの監督は、大体最新の理論に通じているのではないかと。
本気で考えるレベルですから。


そこで勝とうと考えるならば。
自分達の“短所”と“デメリット”を知る事が必要です。


エスナイデルジェフの最大の“長所”は。
相手関係なく、自分達の“長所”と“メリット”を押し通せる事。
最大の短所は、それに対策された時も同じ様にプレーしてしまう事。


そこで必要な事が。
“カバー&フォロー”の考え方とプレーだと思います。




自分達が仕掛ければ、100%シュートで攻撃を終える事が出来る。
もしもそんなチームがあるならば。
難しい事考えずに、自分達のプレーをすればいい。


ただ、今のエスナイデルジェフは。
そんなチームからは程遠い。
だから、色々考えてプレーしなければいけない。



今回のロシアW杯を終えて、多くの方が指摘している事は。
現在のfootballでは、“スピード”がとても重要な要素である事。


単純な“走る速さ”や“パススピード”だけではなく。
“判断の早さ”と、その“判断”をプレーに移行する“速さ”。
ゴールを奪う為に、色々な意味で“速さ(早さ)”を求められる。
その前提は、適正なポジションでプレーする事。


ここまでのエスナイデルジェフの“ハイプレス・ハイライン”では。
選手個々の“センス”と“走力”で成り立っている部分が、少なからずあった。


正しいポジションに位置していなくても。
約束通りボールを追い詰める事が出来なくても。
也真人や船山が走り回る事で、なんとかなっている部分は多かった。


昨季は夏に矢田と為田が加入し。
“賢く走れる”矢田と、“単騎で仕掛けられる”為田が左サイドでプレーし。
真ん中に勇人を置く事が出来て。
也真人と船山の負担を軽減出来て、それがゴールに向かう力になった。



現在は、也真人に加え矢田も怪我で欠場。
為田の仕掛けには、相手が警戒してくる。


では、どうするべきか。
一部の選手が背負っていた役割を。
ピッチに立つチーム11人全員が、同じ様に負担する事。


自分達の“長所”と“メリット”を追求するだけではなく。
“短所”と“デメリット”を、お互いにカバー&フォローする事。


私は、現状を変える為には。
一部の選手に頼ってしまっている事を。
ピッチに立つ11人が、同じレベルで負担する事。
これがまず一番だと思います。


誰かが走ってくれたからなんとかなった、ではなく。
全員が走れたからなんとかなった、に早く変えなければいけないし。
最終的には、必要以上に走らなくてもなんとか出来る。
ここまでもっていかないといけない。



ジェフが選択した“進む道”は。
私は間違えていないと思います。


ただ、この道を進んでいくには。
考えなければいけない事、やらなければいけない事。
“課題”が、山の様に残っている。


私は、エスナイデルジェフが。
歩みは遅くとも、真っ直ぐに歩いていけると期待しています。
もう歩かなくていいよ、なんて言うべき時ではない。
そう、強く思っています!





今日はそこらじゅう渋滞がひどくて疲れたし。
愛車の調子が悪くなって、ディーラーに預けてきたり。
なんか散々でした。


“妄想フォーメーション”貼って終わりにします。


今日はいつもの“妄想”ではなく。
現状での私の“希望(期待)フォーメーション”を貼ります!



まずは、現実的に考えれば。
“4-4-1-1”でしょうか。




私の本当の期待は。
アンカー置いた“4-3-3”です。





也真人がまだしばらくはプレー出来ないであろう事。
矢田まで怪我してしまった事。


これは正直、かなり厳しい現実です。


ただ小島が、前向きなプレーを見せてくれている事。
工藤浩平が、讃岐戦から出場出来る事。
これは、前向きな要素です。



今季は、“也真人の負担を如何に減らすか”という事をブログに書いていたら。
也真人自身が怪我で長期の離脱。


これは、多分今季最大の誤算だと思います。
ただ今改めて、同じ課題に直面している訳ですから。
エスナイデルジェフが上に昇っていく為の、最初にして最大の関門なんだと思います。


チームが今直面している“課題”は。
エスナイデルガー・高橋GMガーって話ではないと。
私は思います。



リーグ最多失点で16位。
前向きな事言うと、普通にバカにされる状況ですが。
私は、本音で前向きなので。
なんとも思いません。


アウェーの試合には、まだしばらく参戦出来ませんが。
DAZNで一生懸命応援しますよ!


ジェフとfootballを毎週末楽しめる事に感謝していますし。
ジェフの勝利を信じています!



今夜はこの辺でお仕舞いにします!





今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。



ホームページ作りました。

犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)

こちらもぜひ宜しくお願いします!





毎度適当で、本当に申し訳ありません。
なんとか頑張って更新します!
今日も是非ポチっとご協力お願いします!

ジェフユナイテッド千葉ランキング
 





今日の一言「俺はチームと共に戦っていると思ってる。それが勘違いでもいいんだよ。自分で考えてやってる事だからな。」 

ペース配分で勝負 第24節プレビュー

元の記事へ移動

天皇杯を挟んでフクアリ3連敗中の我らがジェフ、今度はアウェイで讃岐との対戦です。

 

 

先週あたりから猛烈に暑くなっています。

讃岐が敵なのは間違いないのですが、暑さも強敵です。

ただ暑さは讃岐から見ても敵なので敵の敵は味方理論でなんとか味方にしたいですね。

そのためにはポゼッションして相手をより走らせてガス欠ねらいとか色々策を弄してほしいものですね。

 

ただうちの選手がガス欠にならないように注意してもらいたいし、現地に行くサポも体調管理とペース配分をしっかりしましょうね。

 

 

警戒するのは佐々木(匠)です、讃岐の攻撃を牽引する一人です。

攻撃時には必ずこの選手が絡みます、逆にここを抑えることができれば讃岐の攻撃のかなりを無力化できるでしょう、アンドリューを中心にボールを渡さない、渡った瞬間に囲い奪うことを繰り返したいですね。

 

 

前節は金沢に競り負けリーグ戦でこれまでに勝点41を失い残り全勝しても85までしか伸ばせません。

そろそろ優勝を狙えなくなりそうな最大勝点です、まだ優勝を狙っているのかと笑われるかもしれません、ボク自身も正直そこには届かないかもしれないと思ってはいます。

ただもう勝点を落とさないことを常に頭においてどうにかしがみついていかねばならず、目の前の戦いに勝って勝点の1つも落とさないつもりで戦っていきましょう。

 

 

実は相手の北野監督、インタビューのイメージしか持っていませんがボクはあの言い訳をしない答え方が好きです。

だから讃岐には苦しみながらも残留を成し遂げてほしいと思ってはいるんですけど、そうも言ってられる状況ではないし自分勝手なのはわかっているけれど・・・

ジェフ勝ってくれ、讃岐勝点3を譲ってくれ

 

 

それではまた!
読んでくれてありがとう。


人気ブログランキング