2019 J1 第23節 仙台vs川崎 レビュー よく追いついたと…

元の記事へ移動

 

こんばんは。川崎の自宅にて、DAZN観戦でした。天皇杯では、劇的な勝ち残りをしたので、この試合でもその勢いが少しでも残っていればと期待していましたが、120分戦った後の中2日という連戦に加え、本職のCBを欠く戦いは、わかっていたこととはいえ、やはり甘いものではありませんでした。

 

8/17(土)19:00 J1 第23節 仙台 2 - 2 川崎 ユアテックスタジアム仙台

得点:23’ 阿部(川崎)、54’ 長沢(仙台)、64’ 長沢(仙台)、79’ 長谷川(川崎)

 

ベガルタ仙台 4-4-2

---------38長沢---11石原----------

--7関口-------------------18道渕--

---------8松下----17富田----------

--2永戸--13平岡--23S·マテ--4蜂須賀--

-------------24J·スウォビック-------------

8分 7関口OUT → 39キム・ジョンヤIN

83分 11石原OUT → 9ハモン・ロペスIN

90+1分 38長沢OUT → 19ジャーメイン・良IN

 

川崎フロンターレ 4-2-3-1

--------------11小林---------------

--8阿部------14中村-------41家長---

---------22下田---25田中-----------

--2登里---7車屋--34山村--26マギーニョ-

---------------1成龍----------------

69分 41家長OUT → 16長谷川IN

75分 8阿部OUT → 19齋藤IN

86分 14中村OUT → 9L・ダミアンĪN

 

ユアスタのピッチコンディションですが、試合実況では、芝は長めに伸ばした状態のままで、散水もされておらず、ボールが走らないコンディションであったと紹介されていました。

 

これも一つのアウェイの洗礼ですからこの程度のことで本来は、怯んではいけないところですが、連戦の疲労の中で、こういうちょっとしたことでも地味にダメージを受けていたように思います。

 

実際、試合が始まってみてからも少しずつパスが走らず、あるいはずれて、ボールロストする場面が散見されました。それでも徐々に慣れてなんとかしてはいましたが、そういう部分での疲労もあったかと思います。

 

一方で仙台も試合開始早々、アキと関口の接触により、思わぬ形で関口の交代を余儀なくされ、キム・ジョンヤを入れて、3(5)バックの形に変えて川崎を迎え撃つ形になります。比較的、早い時間帯にゲームプランの変更を強いられた仙台の方もなかなか厳しい状態には違いなかったと思います。

 

その守備の乱れのスペースを突いたと言えるのが、前半の阿部ちゃんのゴールで碧から受けたボールは阿部ちゃんの意図した位置ではなかったのでしょうが、なんとか収めた上に冷静にターンし、左足一閃でゴール右に突き刺しました。

 

阿部ちゃんがゴールした試合の不敗神話はまだ続いているし、久しぶりに先制できたので、この試合は、このまま調子よく得点を重ねられるのではないかと期待しました。

 

しかしその後、川崎はボールを握りながらも、攻めきれず、逆にときおり仙台のカウンターを浴びるもしのぐ、という展開のまま前半をリードしたまま折り返します。

 

後半に入っても構造は変わらないのですが、54分に仙台の右後方の蜂須賀からのロングボール一本で、長沢に裏に抜け出されて、そのまま決められ、同点ゴールを許します。

 

さらにその10分後には、キム・ジョンヤにスルスルとドリブル突破を許してしまうと、そこから出されたスルーパスに反応した長沢にまたしても裏を取られて、2失点目。逆転を許してしまいます。

 

このあたりは、急造CBの2人を責めるのは酷とは思いつつも、彰悟とジェジエウのいずれかでもいれば何とかなっていたのではないかと思わずにはいられませんでした。ただ、この状況を作ったのもこれまでの川崎の戦いの結果であるし、試合が始まる時にはわかっていたことなので、言ってはいけないことなのですけれど。

 

それでもアキに代えて竜也が入り、阿部ちゃんに代わり学が入りと攻撃的なカードを切ると79分、右サイドで圧力をかけて、マギーニョがクロスを入れ、ファーに走り込んできた竜也がドンピシャで、頭で合わせた同点ゴールを叩き込みます。

 

この勢いに乗りたいところでしたが、仙台のカウンターも鋭く一進一退の状態。憲剛に代えてL・ダミアンを投入し、前線の起点となるも逆転のゴールは生まれずに試合終了。

 

 

結果的に打ち合いとなったわけだけど、昔の川崎は打ち合い上等で2点とられても3点取る力があったと思っています。残念だけど、今季の川崎にそこまでの攻撃力を感じられないのは寂しいところです。

 

一方で、贅沢になったなと思うのは、優勝できる力があると思っており、毎試合、毎試合勝ち試合を望むようになっている自分がいます。サポだからもちろん勝ちを望んでいるのは当然ですが、根底のところから勝って当然と、どこか驕ったところがあるのではないかとも思っています。

 

僕はここ10年弱のサポなので、20年来の方には遠く及びませんが、それでも初タイトルまでは長かったという印象です。なので(といっても人それぞれではありますが)、勝つこともあれば、負けることがあり、負けることがあるから勝った試合がより輝く、という感覚で試合を見ています。

 

分けたとは言え、幸い、首位FC東京が破れましたので(一方で、2位鹿島が勝ったので、離されましたが)、勝ち点は1縮まりました。勝ち点3、しっかり取りたいところでしたが、それでも結果としては、まだまだ悲観するところではないですし、まだまだやれます。

 

仮に悲観するようなチーム状況であれ、良かろうが悪かろうがサポとしては支える、がやるべきことだと思っていますので、この試合分けたからと言って、次にやることは変わりません。次の試合もただ、応援するだけです。

 

次に対戦する清水のサポだって、今節大敗したようですが、同じように応援しに等々力に来ると思います。今季は等々力で勝ちきれず、鬼門とすら呼ばれ始めていますが、次こそは、いい雰囲気をホームで作って、勝ちきり、一つ一つ、目の前の試合を勝つことで勝ち点3を積み上げていきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。また読みたいと思っていただければ、押していただきたいと思います。


にほんブログ村

 


ブログランキング