2016 ナビスコ杯における川崎の予選突破を考える

元の記事へ移動

おはようごさいます。フロサポのみっちーです。


あらためてですが、日曜日のナビスコ杯福岡戦、残念でした。僕は、極めて悔しいです。これまで何度も何度も見てきた、負けてはいけない非常に悔しいパターンの敗戦です。


今更、後だしジャンケンぽいですが、僕は、ナビスコ杯突破は、セオリーどおりホームで勝ち点3を取り、アウェイで引き分けOKの勝ち点1の12取れば、らくらく今年の日程でも突破するのに十分だと思っていました。


ナビスコ杯Bグループ日程
3/23(水)19:00 GL第1節 川崎 0 - 0 横浜FM 等々力陸上競技場
3/27(日)15:00 GL第2節 川崎 0 - 1 福岡 等々力陸上競技場
4/6 (水)19:00 GL第3節 新潟 - 川崎 デンカビッグスワンスタジアム
4/20(水)19:00 GL第4節 柏 - 川崎 日立柏サッカー場
5/18(水)19:00 GL第5節 鳥栖 - 川崎 ベストアメニティスタジアム
5/25(水)19:00 GL第6節 川崎 - 仙台 等々力陸上競技場


順位表
順_チーム名_勝点_試_勝_分_敗_得_失_得失
1__仙台___6_2_2_0_0_2_0__2
2__福岡___4_2_1_1_0_3_2__1
3__新潟___3_2_1_0_1_1_1__0
4__横浜FM_1_1_0_1_0_0_0__0
5__柏_____1_2_0_1_1_2_3_-1
6__川崎___1_2_0_1_1_0_1_-1
7__鳥栖___0_1_0_0_1_0_1_-1


特に、今年の日程は、第7節が川崎が休みとなる組み合わせなので、先行逃げ切りでしか予選突破はできません。


とすると、始めのホーム2連戦は、まだ疲労も蓄積されていませんし、第2節は、日曜日に試合があることもあり、比較的日程に余裕があるのでチャンスだと思っていました。


なので、勝手な算段では、ホームは勝ち点3×3試合、アウェイは、どこかで敗戦もアリの勝ち点、1×3(2)試合の計12(11)くらいかと踏んでいました。


ところが、いきなりホーム2連戦で躓き、この2試合で取った勝ち点は、わずか1です。そうすると、予選突破には、残り4試合で、勝ち点10くらい必要になります。


川崎のホーム試合は、川崎にとっての最終戦である第6節の仙台戦になりますが、ここでの勝ち点3はマストです。


残りのアウェイもビッグスワン、日立台、ベアスタとあまり相性がよくない印象のアウェイスタジアムが揃った印象です(データ的にはベアスタはそうでもない)。


この3試合で勝ち点7を割り振ると、川崎の勝率が高かった順に、鳥栖3、新潟3、柏1となりますから、次節新潟さんは、勝ち点3は、これ絶対です。これで勝ち点を落すようなことになれば、全体ラインが下がることを祈りつつ、残り全勝というもっとハードな道を歩む上に報われないかもしれないことになります。


そうしてしまったのも自分たちなので仕方ないですが、ナビスコ杯は結果を出してほしい大会なのです。


自分も横浜FM戦のあと、風邪を引いエントリを更新できなかったので、風邪を引くのは仕方がない面もありますが、もし、福岡戦にケンゴがいれば、前半からでも攻撃のスイッチが入ったかも知れない、そう思ってしまいます。


何にせよ、こうなってしまったからには、残り全部勝つつもりで戦ってもらいたいと思います。残り試合は、全て水曜ですから、リーグ戦のサブ組中心になることでしょう。リーグの戦の主力組でも過去何度もやらかしているので、サブ組だけが引きずる必要もありません。


ここ2試合の悔しさをキッチリぶつけて勝ちきれれば、フロンターレは、本当に強いクラブになると思います。


ですが、今晩、まず、代表のシリア戦です。ユウの離脱は残念ですが、予選突破してこそ、またユウの活躍の場が確保されるというもの。頑張れニッポン。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


次のエントリを書く励みになります。また読みたいと思っていただければ、押していただきたいと思います。


にほんブログ村



ブログランキング