[川崎F]川崎F.U-13が「ベトナム日本国際ユースカップU-13 inビンズン」に参加

元の記事へ移動


 川崎Fは14日、ベトナムにおいて「ベトナム日本国際ユースカップU-13 inビンズン」の大会記者会見に参加。ベトナムと日本の両国メディア合わせて30人ほど集まった会見で大会に対する意気込みや思いを語った。
 川崎Fは13年にベトナムのビンズン省で行われた「東急ビンズンガーデンシティカップ2013」に川崎Fのトップチームが招待されたことをきっかけに、ベトナムの子どもたち向けのサッカー教室、ベトナムのサッカークラブのアカデミーへの指導者派遣など、ベトナムでの活動を継続して行ってきた。そんな中で川崎Fとベトナムのビンズン省を本拠地とするベカメックスビンズンFCが主体となり、今回の大会開催を検討。実行委員会を構成することで大会開催と至った。
 会見で登壇した川崎フロンターレの藁科義弘社長は「次世代のトップアスリートを目指す子どもたちはサッカーを通じて、技術的、精神的に向上するだろうし、ベトナムと日本の友好関係の発展にも協力できるものと思っています。本大会に出場した選手たちがやがて両国の代表選手となり、国際舞台の場で競うことを願って止みません」とコメント。大会の成功を願っていた。
 大会は12月14日に開幕。日本からは川崎Fのほかに、川崎市選抜、東急SレイエスFC、札幌のU-13チームが参加予定となっている。
写真:©川崎フロンターレ

[川崎F]「好きな」湘南の優勝を喜ぶ下田北斗。曺貴裁監督の涙を見て、「あれはいつもどおり。いつも泣いているんで(笑)」

元の記事へ移動

 国内三大タイトルの一つであるルヴァンカップは、横浜FMとの激闘の末に湘南が大会初優勝を飾った。

 28年ぶりのタイトル獲得となった湘南に対して、祝福のメッセージを送ったのは今季湘南から川崎Fへと移籍を果たした下田北斗だ。湘南が準決勝に進んだころから「自分たちは負けてしまって悔しい思いが強いけど、湘南には頑張ってほしい」と語っていた下田は、昨日の試合もしっかりとTV観戦。TVの前で古巣の優勝を喜んだ。

「僕は勝つと思っていました。試合も本当に湘南らしい試合でよかった。個人的にはうれしい気持ちのほうが強いですね。もちろん悔しい気持ちもありますけど、自分としては地元のクラブですし、好きなクラブなので。それに湘南のみんなが頑張っているのは知っていたし、本当に優勝してよかったと思います」

 試合後には曺貴裁監督が涙を流す姿がTVに映されていたが「あれはいつもどおりっすね。いつも泣いてるんで(笑)」と一言。湘南の優勝を見ることで気持ちを高めた下田は、次は俺らだと言わんばかりに川崎Fが見据えるリーグ連覇に目を向けていた。

xxx during the J.League J2 match between Shonan Bellmare and FC Gifu at Shonan BMW Stadium Hiratsuka on April 15, 2017 in Hiratsuka, Kanagawa, Japan.

[川崎F]「ここで結果を残さないとこの先、生き残っていけない」。川崎Fの宮代大聖、強く意気込みU-19日本代表へ

元の記事へ移動


 日本サッカー協会は2日、10月18日に開幕するAFC U-19選手権に挑むU-19日本代表メンバーを発表した。川崎Fから選出されたFW宮代大聖は、「選ばれることができて率直にうれしいけど、ここで結果を出さないとこの先生き残っていけないと思っている」と意気込みを語った。

 現在はトップチームやユース、代表遠征などを行き来することもあって「難しいところはあるし、正直悩んでいる部分もあった」と語る宮代だが、最近は「自分の中で一回リセットしてできていると思う。トップでやっていてすごくいい刺激をもらっているし、それはユースでも生かせていると思っている」と良い意味で吹っ切れた様子。またメンバーに選ばれたことを喜びながらも、その先を見据えて戦っていきたいと強い思いを明かしている。

「U-17のW杯を経験しているので、W杯にもう一度挑戦したいという思いがあった。そこの切符を手にする舞台に立てることは非常にうれしい。あとは結果を残して、結果を出した後にチームの結果というものを大事にしたい。試合はどういう形で出るかはわからないけど、出た試合に関してはFWなので結果を出したいし、チームの勝利に少しでも経験できれば」

 AFC U-19選手権はU-20W杯に出場するための重要な戦い。常にゴールを奪うことを意識しながら、宮代はチームに勝利をもたらしていく。

[川崎F]日本代表で得た刺激をチームへ還元する。川崎Fの小林悠、「自分が(点を)取ったら負けない。本気で狙っていく」

元の記事へ移動


 国際Aマッチウィークによる中断期間を終えて、週末にはリーグ戦が再開する。前節・G大阪戦に敗れ、首位・広島との勝ち点差が『9』に広がった川崎Fは4位の札幌と対戦。上位対決とはいえ負けられない試合を迎える。得点が期待される主将の小林悠は、今回の代表遠征で得た刺激を試合に生かしたいと語った。

 日本代表として先日のコスタリカ戦に先発出場した小林は68分間プレー。前線の一角として精力的に動き続けた。また今回の代表には若い選手たちが多く招集されていたが、小林はそんな若手から刺激を受けることが多かったと明かした。

「大きい体の相手にも負けないでしっかりドリブルで運んだり、削られてもすぐに立ってプレーするなど、そういうところは若い選手だけど素晴らしいなと思った。それに作りの部分で入っていくことが自分の中でも楽しかった。フロンターレではフロンターレの役割があるけど、もう少しチームでも、作りの部分でちょっと顔を出そうかなというのは代表に行って思った。フロンターレでやっているだけでなく、ああいうところに行くことでもっと頑張らないといけないと思いましたね」

 今週末には大事な上位対決を迎える。「最近は得点が取れていないし、自分が取ったら負けないというのはある。そこは本気で狙っていきたい」と語気を強めた小林。代表での刺激を胸に、チームを勝利に導くゴールを狙っていく。

[川崎F]2週間ほどチーム練習に参加している新加入MFカイオ・セザール、「1日でも早くフィットしたい」

元の記事へ移動


 川崎Fは17日、ブラジルのトンベンセからMFカイオ・セザールが加入することを発表した。

 8日からチームに合流していたカイオ・セザールは、その後2週間ほどチームの練習に参加。練習試合もこなして「チームとして本当に素晴らしいグループだと思う」と川崎Fの印象を語っている。さらに「その中でも自分も早くゲームに関わっていけるようにやっていきたいと思う」と気持ちを高めている様子だ。

 前節の鳥栖戦については「素晴らしかった。90分近くゲームをコントロールしていたのではないかなと思う」とチームの力を賞賛。その上で「初出場を目指して1日でも早くフィットして頑張っていきたい」と意気込んでいる。

 先日には自身の特長について「パスの部分を見てほしい」と答え、続けて「パスで終わるのではなく出したあとはエリアまで入るし、ドリブルにも特徴を持っていると考えている」と語っている。チームへのフィットには多少時間はかかるだろうが、少しずつチームの力になってくれることを期待したいところだ。

写真:林遼平

[川崎F]噂の190cm超えブラジル人MF加入へ。7日、チームに挨拶

元の記事へ移動


 昨季のJ1王者・川崎Fに、新たな選手が加入することになりそうだ。ブラジル3部のトンベンセから加入予定の、23歳のブラジル人MFカイオ・セザールが来日。7日にクラブハウスを訪れ、チームに対して挨拶を行った。

 セザールは身長190cmを超える長身MFで、中盤ならどこでもこなせるユーティリティープレーヤー。長身ながら足元の技術に長け、リーチの長さを生かしたボールキープやドリブル、パスにも秀でたものを持つ。細かいパス交換も得意なようで、川崎Fのスタイルへの早期フィットが期待される。

 7日にはチームに対して「ここに来るチャンスをいただいて感謝している」と挨拶を行い、初めての顔合わせを終えた。近日中に正式契約を結ぶ見通しで、新戦力を加えた川崎Fは、逆転での連覇に向け歩みを加速させる。

写真:林遼平

[川崎F]神奈川ダービーに向けて集中力を高める齋藤学、端戸仁との対戦を楽しみに

元の記事へ移動


 川崎Fは28日、後半戦の最初の試合でリーグ戦5連勝をかけてアウェイで湘南と対戦する。今季最初の対決では1-1の引き分けに終わっていることもあり、何としても勝利を手にしたい一戦である。

 この一戦に向けて集中力を高めているのが齋藤学だ。中断期間が明けて最初の試合となった天皇杯3回戦・水戸戦にこそ出場したものの、その後リーグ戦2試合はベンチ外。なかなか本来の力を川崎Fで出せていないが、今節に向けた練習の中ではAチームに入る場面もあり、ベンチ入りが濃厚となっている。

 今節の湘南戦ではどんな形での起用になるかはわからないが、相手のことを考えるよりも、まずは川崎Fの中でどう生きるかが大切だと説いている。

「ベルマーレは特徴があるチームだけど、相手どうこうよりも川崎Fのサッカーをやることが大事になってくる。川崎Fは相手に合わせるようなことはしないので、その中で自分がチャンスをもらったときにどう動くかをイメージしていければいい」

 また「小学校の選抜から同じチームでやってきた」という湘南の端戸仁との対戦に対しては「互いにどうなるかわからないけど、一緒に試合してお互いのいいところを見せられれば」と、盟友との対戦を楽しみにしていた。

[川崎F]西城秀樹さんに勝利を。川崎Fが20日の清水戦で示す感謝の意

元の記事へ移動

 J1の川崎フロンターレは20日のJ1第15節、等々力陸上競技場で清水エスパルスと対戦することになっている。中断期間前の最後の試合ということもあって、チームとしても勝利が欲しい一戦だ。
 またこの試合では16日に急性心不全のため亡くなった歌手の西城秀樹さんを悼み、試合前に黙祷を行い、選手やスタッフらは喪章をつけて臨むことが決定している。さらに西城さんに対して川崎Fは選手紹介後に追悼動画を流すことを予定しており、そのほかにもフロンパークグッズ売店待機列エリア付近に西城さんに向けた横断幕にメッセージを書き込めるブースを設置し、同じブースには西城さんのこれまでの出演写真パネルを展示するという。
 西城さんは川崎市に住んでいたことが縁となり、2000年に行われた『市制記念試合』のハーフタイムでヒット曲『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』を披露。04年から17年までほぼ毎年、記念試合に駆けつけ、会場を盛り上げていた。
 長年、川崎Fのイベントを盛り上げてくれた西城さんに感謝の意を示すためにも、しっかりと相手を打ち破り勝利を届けたいところだ。

[川崎F]負傷で日本代表選外の小林悠、「可能性がゼロではない限り、前を向いて準備したい」

元の記事へ移動


 日本サッカー協会は18日、5月30日に行われるキリンチャレンジ杯・ガーナ戦に臨む日本代表メンバー27人を発表。川崎Fからは大島僚太がメンバー入りした。

 一方、けがのために選考外となってしまったのが主将の小林悠だ。一昨日の練習で左ふくらはぎに違和感を感じ、途中で練習を切り上げると、昨日の練習では痛みが悪化。検査を行った結果、軽い肉離れを負っていることがわかり、選考から外れる運びとなってしまった。

 18日の練習後、取材に対応した小林は自身の思いを告白した。

「すごく自分自身残念ですし、応援してくれている人、サポーターに申し訳ない気持ちです。だけど、本戦のメンバーを発表したわけではない。本戦には間に合うと思います。西野さんが決めることですけど、可能性がゼロではない限り、自分はしっかり前を向いて準備したいと思います」

 決意を自らの言葉で発信した小林は「最後のアピールの場を自分の中でなくしてしまったのは残念だけど、最後までしっかり自分の中のベストを尽くしたい」と続けた。サッカーはいつ何が起こるかわからない。最後まで可能性を信じるためにも、まずはけがを治すことに専念する。

[川崎F]Jの複数クラブが熱視線を送る順天堂大の旗手怜央が川崎Fの練習に参加

元の記事へ移動


 東京五輪世代で大学界注目のストライカーである順天堂大の旗手怜央が、8日から2日間にわたって川崎Fの練習に参加。プロに混じって行ったトレーニングを終えて、「もっと頑張らないといけないと感じた。すごく刺激的な2日間だった」と感想を語った。
 Jリーグの複数クラブから熱視線を送られている旗手は、静岡学園高出身で現在、順天堂大の3年生。大島僚太や長谷川竜也の後輩にあたり、昨年のユニバーシアード日本代表では守田英正や脇坂泰斗ともプレーしている。「知っている人がゼロではなかったので入りやすかった」と話した旗手は、その言葉どおりすんなりチームの雰囲気に溶け込むと、力強いプレーを披露。「川崎FはJリーグで一番うまいチームだし、技術のあるチームなので、なおさらやっていて楽しかった」と感想を語っている。
 一方で「(自分の)トラップやパスなどの技術はもっと高めないといけない。それにみんな守備を意識高くやっていたので、守備の部分でもやらないといけないなと思った」と、さらなる向上に目を向けた。再び大学に戻ってトレーニングに励むことになるが、「まずはしっかり大学で頑張ることが優先」と強調していた。