[横浜FM]中澤佑二が紅白戦に復帰!「自分はいつでも行けるつもり」

元の記事へ移動


 トレーニングに活気があふれた。フルコートで行われた紅白戦の2本目。一方のチームの後方から指示やチームメイトを励ます大きな声が響く。横浜FMのトレーニングに当たり前にあったはずなのに、この3カ月は聞かれなかった声。その主は中澤佑二だ。

 中澤は左膝のリハビリのために8月中旬からチームを離れ、別メニューで調整を続けてきた。リハビリは3か月近くに及んだが、先週、対人を伴わないトレーニングメニューに部分合流すると、今週から本格的に合流。14日には10対10+フリーマンのパスゲーム、15日には4対4などをこなすと、この日に10分3本行った紅白戦の1本目こそ先週のようにゲームに入らない若手選手とともに体を動かしたが、迎えた2本目、チアゴ・マルチンスに代わってピッチに入った。

 部分合流した先週の段階では「あとは対人プレー。来週はもっと練習が増えると思うから、そこでどれくらいできるか」と話していた中澤。気温こそ20度を下回ったものの強い日差しの中、10分2本の紅白戦でプレーすると、大粒の汗を流し、肩で息をしていた。しかし表情には充実感に満ちている。そして「楽しかった」と笑顔を見せた。

「疲れましたよ。リハビリでかなり走っていたけど、フルコートで11対11だしね。しかもこのチームはポゼッションするから、久しぶりだと展開についていくのは大変。体もそうだけど、目と頭もスピードに慣れていかないといけない」。100%思い通りにプレーできたわけではなかったのかもしれない。ただ、なにより「みんなと一緒にサッカーするのが楽しかった」

 状態は「以前よりは良くなっている」が、先週までは外れていた膝のテーピングも全体練習に合流するとなれば両膝に巻かれている。「良くなっている」ことは確かなようだが、数多の激戦を戦い抜いてきた膝から完全に痛みが消えることはない。それでも「自分はいつでも行けるつもり。『行くぞ』と言われた時に最高の状態でいられるように準備する」という姿勢は変わらない。

「あと2試合だから。気合いで頑張ります」。決めるのは監督。ただ、中澤が今、その視界に捕らえているのは24日の鳥栖戦だ。J1・593試合目のピッチに向け、確実に前進している。

[横浜FM]山中亮輔がA代表に初選出。「数字を残して帰ってきたい」と意気込む

元の記事へ移動

 7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーが発表され、横浜FMのDF山中亮輔が初招集された。

 横浜FMのトップチーム選手がホームタウン活動の一環として小学校を訪問する「サッカースペシャルキャラバン」で横浜市港北区の太尾小学校を訪れている際に吉報を聞いた山中は、「めちゃくちゃ嬉しい。目指していたところなので素直に嬉しい」と笑顔を見せた。

 また、今の代表について「リオ五輪(を目指す)代表でやってきた選手が活躍しているのを見て刺激になっていた。最近の代表戦は見ていてもおもしろいし、そこに自分が加わったことを想像しながら見ていた。縦に速いし、二列目の選手が生き生きしているイメージがある。僕はそこにオーバーラップで絡んでいって、二列目の選手を楽にさせたい」とイメージしているようだ。

 そして「攻撃で違いを作っていかないと生き残れない。インパクトがある仕事がしたいし、数字を残して帰ってきたい。常に意識しているけど、試合に出たらゴールやアシストを貪欲に狙っていきたい」と、自身の最大の特徴である攻撃面、スプリント能力や左足のキック力や精度でアピールしていくつもりだ。

 山中が初招集された日本代表は16日に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ、20日に豊田スタジアムでキルギスと対戦する。

[横浜FM]久保建英がU-21日本代表メンバーに選出。飛び級選出も「いまは不安もないし、楽しみ」

元の記事へ移動

 7日、UAEで行われるドバイカップU-23に出場するU-21日本代表メンバーが発表され、横浜FMのMF久保建英が招集された。

 チーム最年少、17歳での飛び級の招集となった久保は、「一緒にやる選手の特徴を理解してみんなに合わせつつ、自分の特徴も理解してもらうということが入っていく選手が馴染めるかどうかで重要になってくる」と話すと、「そういうところは自分は得意だという自負があるので、しっかり溶け込んでいきたい」と意気込みを語った。

 久保は10月下旬から11月上旬までインドネシアでAFC U-19選手権を戦っており、4日に帰国したばかり。準決勝のサウジアラビア戦後は「ちょっと疲れがあった」ようだが、その後は疲れもとれたようで「いまは全然だいじょうぶ」とコンディションに問題はない様子。

 FCバルセロナの下部組織出身で15年に帰国して以降、常に上の世代のカテゴリーの代表に招集されてきた久保。15歳の時にU-19代表に飛び級で招集された際には「やれると思っていなかった」が、それから経験を重ねてU-21代表でも「いまはそういう不安もないし、楽しみ」と感じるようになったようだ。

 U-21代表は14日にU-23ウズベキスタン代表、17日にU-23クウェート代表、20日にU-23UAE代表と対戦する。

[横浜FM]昂る仲川輝人。奇抜なトリコロールヘアーでタイトル奪取へ

元の記事へ移動

5年ぶりのタイトル、17年ぶりのリーグカップ制覇に向け、横浜FMの誰もが気持ちを昂ぶらせている。中でも目に見える形で気合いを入れているのが仲川輝人だ。

 冒頭15分のみが公開されたトレーニングを終え、報道陣の前に姿を見せた仲川の左側頭部は何とトリコロール仕様になっていた。仲川は報道陣に囲まれると「そんなに見られると恥ずかしい」と笑いながら、「シンプルに気持ちを入れた」と説明した。

 リーグ戦は3試合連続ゴール中、ルヴァンカップでもここまで4得点を決め、準決勝では第2戦で2戦合計4−3の決勝点となるゴールを決めていた仲川。明日は横浜FMの攻撃を牽引するドリブルと決定力はもちろんのこと、「決勝限定」の奇抜な髪型にも注目だ。

[横浜FM]決勝に間に合うか!? 伊藤翔と遠藤渓太が自身の状態について語る

元の記事へ移動

 明日27日に行われるルヴァンカップ決勝・湘南戦に向け、横浜FMの伊藤翔と遠藤渓太が負傷の状態について説明した。

 左ひじ骨折で全治8週間と診断されながらも、受傷から4週間程度で完全合流した伊藤は、完全非公開だった25日の練習とこの日の練習もフルメニューを消化した模様。「この前も言ったように、メンバーに入る前提で話をしているけど、(監督やスタッフからは)何も言われていないから明日メンバーに入らなかったらどうしよう」と笑いながらも、「腕はそんなに心配していない。セットプレーでガチャガチャなったりしても大丈夫そう」とコメント。さらに「最悪、折れたら折れたでもう1回(治療することになる)という感じだけど、折れることはないと思う。腕のリハビリをするよりも(出場して)勝てることが一番いい。誰が点をとっても、どんな形でもいいから、とにかく勝ちたい」と出場への意欲とタイトルを渇望する気持ちを示した。

 20日のG大阪戦で左ハムストリングを負傷した遠藤は、報道陣に公開された冒頭15分の間は別メニューで調整。「ケガ自体はそんなに長引くものではなかったし、やれることをしっかりやっている。痛みは引いてきているし、だいぶいい感じになってきた」と状態を説明。出場可否に関しては「気持ちの問題じゃないですか? やれると思えばやれる」としながらも、「使うかどうかを決めるのは監督だし、僕の口からは何とも言えない」とするにとどめた。

 ルヴァンカップの得点ランクトップに立つストライカーとニューヒーロー賞を受賞したドリブラー。横浜FMにとって重要な戦力である彼らは大舞台に立つことができるだろうか。

負傷離脱していた伊藤翔が完全合流。ルヴァン決勝出場に意欲

元の記事へ移動

 横浜FMのFW伊藤翔が完全合流を果たした。

 9月22日の磐田戦で左ひじを骨折し、全治8週間と診断されていた伊藤。しかし先週から練習に部分合流すると、22日の練習ではG大阪戦に先発出場した選手がリカバリーする中、対人を伴うメニューでは攻撃のみのフリーマンに限定されていたが、そのほかの選手とフルメニューを消化。そしてルヴァンカップ決勝の湘南戦を3日後に控えた24日、ほかの選手と同じ条件ですべてのメニューを消化した。

 トレーニング後、伊藤は「多少、懐かしい感じがした。ニアに入っていくのとか、『そうそう、このタイミング。これこれ』みたいな(笑)。だからサッカーを楽しくやっている感じがする」と笑顔。「(対人の)怖さはまったくないし、倒れたときも大丈夫そう」と回復をアピールすると、「おととい、ピーター(クラモフスキーコーチ)と話したら『今週、試していこう』という感じだった。メディカルもOKを出しているし、監督たちが慎重に判断するだろうけど、自分は何度も『いけるよ』と言っている」とルヴァンカップ決勝の出場へ意欲を示した。

 プロ入り後、初のタイトルに向けて「いまのスタイルで攻撃的にいって優勝できるのであれば理想的。ただ、(どんなサッカーでも)準々決勝、準決勝と厳しい戦いの末、ということは同じだし、結果を出してナンボの世界。今年は1月1日に悔しい思いをしたわけだし、1年間に2回決勝にいけるというのは非常にいいことではあるけど、何回も言っているように勝ってこそ」とコメント。しばらく取材を受けたあと、「俺、完全にメンバー入りする前提になっているけど、これでメンバーじゃなかったらウケるよ。『あれええええ!?』って」とおどけたところが伊藤らしかったが、タイトルをかけた勝負への出場、そしてタイトルへの強い意欲を端々に感じさせた。

 驚異的な回復力を見せた伊藤は果たしてピッチに立ち、悲願のトロフィーを手にできるのか。ルヴァンカップ決勝、湘南vs横浜FMは27日(土)13時5分、埼玉スタジアム2○○2でキックオフを迎える。

[横浜FM]ニューヒーロー賞受賞の遠藤渓太がルヴァンカップ決勝への意気込みを語る

元の記事へ移動


 横浜FMのMF遠藤渓太がルヴァンカップのニューヒーロー賞を受賞した。

 ニューヒーロー賞は大会開幕時(今季は3月7日)の時点で21歳以下かつ過去に受賞した経歴のない選手が対象となり、グループステージから準決勝までの各試合会場における報道関係者の投票をもとに、Jリーグチェアマンを含む選考委員会において選出される。

 遠藤は神戸と対戦したプレーオフステージこそU-21日本代表としてトゥーロン国際大会に参加したため出場できなかったが、グループステージで6試合中5試合に出場(うち3試合は先発出場)、プライムステージは全4試合に出場(うち3試合は先発出場)し、横浜FMの17年ぶりの決勝進出に貢献。「味方を生かすプレーで得点に絡む活躍を見せたことでメディアからの注目を集め」(Jリーグ)、報道関係者の得票数で1位を獲得した。

 受賞会見に臨んだ遠藤は「ニューヒーロー賞をいただけたことを大変うれしく思う」と喜びながらも、「自分の力だけで勝ち得た賞ではない。先輩方やスタッフもそうだし、チームのすべての方のおかげで自分がこの賞を受賞できたと思っています。自分としては大会をとおして受賞に値するプレー、満足できるプレーを披露できたとは思っていない。そのぶん、決勝や今後のリーグ戦で自分の価値を証明できるように頑張っていきたい」と、これまでのプレーに満足する様子はなく、さらなる飛躍を誓った。

 遠藤は20日の前節・G大阪戦で負傷したが、「幸いにも重傷ではなく軽傷だった。出場をあきらめるつもりはないし、決勝に向けて練習していくだけ」と話すと同時に、「チーム全員できた決勝だと思っている。だからこそ決勝は獲りたいし、僕個人としてもゴールがないので決勝でしっかり取れるように頑張りたい」と意気込んだ。

 横浜FMが01年以来、17年ぶりとなる優勝を目指して湘南と対戦するルヴァンカップ決勝は27日13時5分から埼玉スタジアム2002で行われる。

[横浜FM]U-19日本代表に選出された横浜FMの久保建英と山田康太。遠征前最後の試合は金曜の札幌戦

元の記事へ移動


 2日、AFC U-19選手権に臨むU-19日本代表メンバーが発表され、横浜FMからはMF久保建英、MF山田康太が選出された。
 先のメキシコ遠征では3試合中2試合に出場、スタメン出場したU-20クラブ・アメリカ戦ではゲームキャプテンを務めていた山田は「影山(雅永)監督になってからはこのために活動してきたと言ってもいいぐらいだったので、選ばれて素直にうれしい」と喜んだ。また、「選んでもらったことを誇りに思って、しっかり日の丸を背負って戦う覚悟はできている。チームメートとはピッチ内外で信頼関係を築けているし、長い間、選んでもらっていて、監督のこともスタッフのことも信頼している。(U-19代表は)自分にとって居心地のいい場所になっているし、監督、スタッフのためにも戦いたい」と誓った。
 17歳ながらU-19代表のエースとしての活躍が期待されている久保は「選ばれて素直にうれしい。チームが勝つために必要なプレーをしないといけない」と話す一方、「まずは金曜日の試合をチーム一丸となって戦って、その後に気持ちを切り替えられればと思う」とまずは目の前の試合、チームでの札幌戦に照準を合わせていた。
 AFC U-19アジア選手権は来年にポーランドで開催されるU-20W杯の予選も兼ねており、上位4チームが出場権を獲得する。前回王者として臨むU-19日本代表はグループBに入り、19日に北朝鮮、22日にタイ、25日にイラクと対戦。そしてグループ2位以内に入れば28日にU-20W杯出場決定戦となる準々決勝を戦う。

[横浜FM]「Jリーグで突き抜けた存在にならないといけない」。天野純が代表活動でつかんだ収穫

元の記事へ移動

 横浜FMのMF天野純がチームに合流し、初めての参加となった日本代表での活動について振り返った。

 6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で7日のチリ戦が中止になったが、1試合少なくなったことは追加招集だった天野にとっては出場機会を失いかねない事態だった。しかし天野は「いい経験をしにいく、という気持ちはさらさらなかった。いくからには絶対に出るという気持ちだった」。

 そのために「練習から監督やコーチ陣に『やれるんだ』というアピールをし続けていた。その結果、11日に行われたコスタリカ戦で2番目の交代選手として75分から途中出場。単純に考えれば同時に追加招集された守田英正(川崎F)とともにフィールドプレイヤーで19番目の選手だったが、“7人抜き”をして試合に出場したことになる。その事実は天野にとって大きな「収穫だった」。

 その一方、代表に参加したからこそ気づけたこともある。何より感じたのは、「海外でプレーしている選手は物怖じしないし、余裕をもってやれている」ことだった。そして、いまの環境で代表に定着し、主力になるためには「Jリーグで突き抜けた存在にならないといけない」という思いを強くした。そしてまた「いまの成長速度ではそこまでいけない」ことも。

 海外でプレーする選手たちと直に接することで海外に「チャレンジしたい気持ちは強くなった」ことも事実だ。ただ、いまはJリーグで、横浜FMで全力を尽くすという気持ちにも変わりはない。「マリノスでやってきたことを評価されたから選出されたと思っているので、マリノスのために毎日成長するっていう自分の中の根本は変えてはいけない」。

 SNSで横浜FMのファン・サポーターだけではなく天野を知らなかったサッカーファン、さらにはグラビアアイドルをも巻き込んでトレンドにもなった「#あまじゅんを出せ」については知らなかったが、「槙野くんが『インスタでコメントがくる』って言っていた」ために、SNSでの盛り上がりは知っていた。「やっぱりすごいですよ、マリノスのサポーターは。愛を感じた」。それもまた、代表に選ばれたからこそ再確認できたことだろう。

 横浜FM、ファン・サポーターとともに戦い、今まで以上のスピードで成長し、代表定着、そして主力へ。そのさらなる歩みが16日の浦和戦から始まる。

[横浜FM]“ドル氏の後釜”横浜FMの新スポーティングダイレクターに小倉勉氏が就任

元の記事へ移動

 横浜FMは3日、8月下旬にアイザック・ドル氏が退任して未定となっていたスポーティングダイレクター(SD)に小倉勉氏が就任したことを発表した。

 小倉氏のSD就任について黒澤良二代表取締役社長は、「新体制をスタートさせるにあたって、まっさらな状態から新しいSDを選ぶというステップを踏み、シティ・フットボール・グループ(CFG)にも相談しながら8月末まで検討して決めた」とコメント。小倉氏のJリーグのクラブや代表関連のコーチングスタッフでの経験や、日本サッカー協会や各クラブの方向性に関して広い見識をもっていること、Jリーグの中でネットワークをもっていることを評価したと説明した。

 また、小倉新SDはアシスタントSDから昇格した形になるが、外部からの招聘も「可能性はあった」とし、「まっさらな状態の候補者から選んだ結果、小倉さんになり、小倉さんがSDになるということは結果的にアシスタントからの昇格になるということ。昇格にフォーカスしたわけではなかった」と説明。これまでの経歴や17年2月からのアシスタントSDとしての仕事ぶり、チームを継続的に見てきたことによるストロングポイントを総合的に評価しての人事となったようだ。

 小倉新SDは「マリノスは素晴らしいクラブで、素晴らしいサポーターがこんなに応援してもらっているクラブもないと思う。そういう後押しもアシスタントSDのときから、ひしひしと感じていた。責任ある仕事だし、簡単に決断できる仕事でもないので、自分なりにじっくり考えさせてもらった」と熟考の末に打診を受けたことを明かす。

 加えて、「ずっと見てきてやっているサッカーの方向は間違っていないし、自分たちのサッカーを信じてやっていってもらえるような環境作りができればと思っている。現在いる選手の力を最大限、監督、コーチがグラウンドで引き上げてくれていると思うので、僕らはオフ・ザ・ピッチでいまいる全員の選手たちのプレーが最大値、発揮されるようにサポートしていく」と決意を示した。

写真:菊地正典