[横浜FM]明治安田生命JリーグKONAMI月間MVP5月度受賞の喜田拓也。全体練習後に行うパス交換の意味

元の記事へ移動

 いつもと何ら変わらなかった。明治安田J1第15節・清水戦前日の14日、ハードワークし、球際で激しく戦う全体練習を終え、フリーの時間になると、喜田拓也はシュート練習やFK練習をする選手たちから離れ、ピッチの中央辺りでチームメイトやスタッフとパス交換をする。

 一見するとただのパス交換に映るかもしれない。ただ、その一つひとつに明確な意図がある。時には周囲に味方や相手がいることを想定しながら、首を振って周囲を確認してボールを受け、パスを返す。時には後ろから来るボールをワンタッチで前に送る。時にはパスをこぼれ球に見立て、前に出ながらワンタッチで攻撃に転じるパスを送る。

「ちっちゃいことですよ」。喜田は笑う。ただ、その小さな積み重ねが少しずつ、だが確かに積み重なっていく。その成果の一つとして表れたのが、明治安田生命JリーグKONAMI月間MVP、5月度の選出だった。

 常に自身について「評価されにくいポジション」と話してきた喜田。だから月間MVPの一報を聞いた時はまず「びっくりした」。それも時間の経過とともに、喜びに変わっていく。「うれしいし、光栄なこと」。喜田はそう何度も繰り返した。

 繰り返したのはその言葉だけではない。「自分一人でどうこうしたわけではない」「みんなの力で獲った賞」。喜田自身、「繰り返しになるけど」と言いながら、何度も、何度もそう口にした。そして仲間への思いは次のような言葉にも表れる。「個人としてどうこうというよりは、チームとしてそうやって見られているということをちょっとでもみんなが感じてくれたら。こういうことをきっかけにしてチームとして自信をもつことも大事だから」。

 昨季もそうだった。チーム戦術が大幅に変わる中、スタメン出場する試合は限られた。しかしそんな状況でも全体練習で必死にプレーし、声を上げる。その後、長時間の居残り練習も続けていた。それが自分の成長のためであることは言うまでもない。しかし、それだけではなかった。「自分が必死にやることで、出ている選手が『俺たちももっとやらないと』と思ってくれたらうれしいし、若い選手たちにも自分の姿を見て何かを感じとってほしい」。そう言うと「自分も先輩のそういう背中を見てきたから」と笑ったが、喜田はいつも、どんな状況でも自分のことと同じように、いやそれ以上にチームのことを考えてきた。

 これからも、彼の意識や取り組む内容は不変だろう。「選んでいただいてうれしいし光栄だけど、やることは何も変わらない。チームに対する姿勢、思いもまったく変わらない。一つの過程としては悪くないけど、チームとしても最後にどこにいるかが大事だし、一つひとつを積み上げていかないと最後に一番高いところにはいられない」。月間MVPは通過点。喜田はこれからも少しずつ、だが確かに積み上げながら、チームとして望むべき場所を目指していく。

写真:菊地正典

[横浜FM]「来年は勝負の年になる」。栗原勇蔵、来季も横浜FMでプレーへ

元の記事へ移動

 DF栗原勇蔵が来季も横浜FMでプレーすることが決定的となった。

 栗原は4日にクラブと面談を行ったあと、「来季もマリノスでやる機会を作ってもらった」と話し、来季も横浜FMでプレーすることを認めた。

 今季を振り返って、「今年はあまり試合に出られなかった。(開幕前の)合宿から今までにないぐらい、若い時と同じぐらいか、もしかしたら若いときよりも体にキレを感じていたところで(3月7日のルヴァンカップグループステージ第1節・FC東京戦で)ケガをしてしまった。あそこでケガをしなければもう少し出られていたと思う。来年またチャンスをもらえたので、また体を仕上げて今年と同じようにならないようにしたい」と意気込みを示した。

 今季、チームは攻撃的なスタイルに変貌し、昨季より11点多くリーグ2位タイの56得点を奪った。その一方、昨季より20点も多くリーグで3番目に多い56失点を喫し、16位・磐田と勝点で並ぶ12位に終わった。栗原は「いまのサッカーをやるなら攻め切らないといけない。DF陣とGKは守れていたときと比べても劣っていないし、いかに攻められるかがカギだと思う。来年はゼロからではないし、今年よりいい成績を残さないといけない。そういう意味で来年は勝負の年だと思う」と力を込めた。

 また、クラブとの面談については「普段からオグさん(小倉勉スポーティングダイレクター)たちと話をしているからまったく新しい話はしなかったけど、大人の会話というか、チームをよくしていくためのいい話ができたと思っている。ポジティブなことを言ってもらえたし、プレーだけではなく『プラスαも期待している』と言われた。若い選手や外国人選手に気配りをするとか、困っている選手がいるなら助けてあげたい」と、来季でプロ生活18年目となるベテランに求められる役割も担っていくことを誓った。

[横浜FM]ポステコグルー監督の続投が決定

元の記事へ移動

 2日、横浜FMはアンジェ・ポステコグルー監督が来季も続投することを発表した。

 横浜FMは今季最終戦を終えた翌日、ミーティングを行ってチームは解散。その後、報道陣の取材に応じた黒澤良二代表取締役社長が「来年も指揮を執ってもらうということをクラブとして決定した」と明かした。

 ポステコグルー体制1年目の今季、アタッキングフットボールを掲げたが、ルヴァンカップで決勝に進んだもののタイトル獲得は叶わず、リーグは順位こそ12位ながらJ1参入プレーオフ出場権の16位・磐田と同勝点の41に終わった。

 黒澤社長は結果について「非常にがっかりしている。でも事実は事実で、これが実力であれしか出せなかったということ」としながらも、「とにかく新しい魅力あるサッカー、人々に感動と笑顔を与えるサッカーを目指してきて、それは私も含めて一般的にみなさんに受け入れてもらえると思う。いまは道半ば。彼の経験なりもっている能力を信じて、これからよくなっていくと信じて続投を決めた」と続投の理由を説明した。

 また、来季については「結果は求めるが、結果とプロセスと両方求めたいと思っている。ただただ守って蹴り出して1−0で勝つみたいなことはやりたくない。ファンの方がそれでも勝ってほしいと言えば求めたいと思うが、ジェネラルにはアタッキングサッカーで勝っていくということで結果を求めたい」と話した。

 一方、ポステコグルー監督は「どういうチームになるかを見せられた試合はあったと思うが、結果を見ると残念なシーズンで成功をもたらすことはできなかった」と今季の成績を悔やみながらも、来季については「もちろん成功をもたらさなければいけないということでは非常に強い決意をもっている。このクラブは14年間、リーグ優勝していなくて、5年間トロフィーを獲っていないことを考えると、その成功をクラブにもたらすことが大事だと思う」とタイトルを目標に戦うことを誓った。

[横浜FM]「花のハタチ」卒業で迎えるラスト2。遠藤渓太「ゴールもアシストも含めて全部で5点ぐらいに絡みたい」

元の記事へ移動

 山手線ゲームを交えながらのリフティングゲームが終わると、大きな歓声とともに大量の水をチームメートから浴びせられた。「周りが見えなかったからよく分からない」が、ただの水だけではなくスポーツ飲料水も含まれていたのだろう、体から異様な香りも発している。この季節には厳しい“仕打ち”で「寒いっす」と繰り返すが、表情はうれしそうだった。

 22日、MF遠藤渓太が21歳の誕生日を迎えた。「花のハタチがついに終わってしまった」とやや残念がりつつ、「20歳も21歳も若いと思うけど、世界では普通だと思うし、しっかりとしたプレーを見せていかないといけない」と意気込みを語った。

 左太もも裏の負傷から実戦復帰はしたものの、先週は試合がない週ということで大事をとって別メニュー調整をしてきた遠藤。今週は全体練習に合流しているが、負傷した箇所の状態については「だいぶいいっす」と好感触の様子。まだ「抜き切ったあとのクロスとかシュートとかがワンテンポぐらい遅れちゃう」ようだが、「スピードに乗りながらのプレーはできてきている」と上々の手ごたえだ。

 21歳で初めて迎える24日の今節・鳥栖戦、そして12月1日の今季最終戦・C大阪戦は「ゴールもアシストも含めて全部で5点ぐらいに絡みたい」と力強くコメント。常日ごろからこだわっている得点に絡むプレーをさらに意識して残り2試合に臨む。

[横浜FM]中澤佑二が紅白戦に復帰!「自分はいつでも行けるつもり」

元の記事へ移動


 トレーニングに活気があふれた。フルコートで行われた紅白戦の2本目。一方のチームの後方から指示やチームメイトを励ます大きな声が響く。横浜FMのトレーニングに当たり前にあったはずなのに、この3カ月は聞かれなかった声。その主は中澤佑二だ。

 中澤は左膝のリハビリのために8月中旬からチームを離れ、別メニューで調整を続けてきた。リハビリは3か月近くに及んだが、先週、対人を伴わないトレーニングメニューに部分合流すると、今週から本格的に合流。14日には10対10+フリーマンのパスゲーム、15日には4対4などをこなすと、この日に10分3本行った紅白戦の1本目こそ先週のようにゲームに入らない若手選手とともに体を動かしたが、迎えた2本目、チアゴ・マルチンスに代わってピッチに入った。

 部分合流した先週の段階では「あとは対人プレー。来週はもっと練習が増えると思うから、そこでどれくらいできるか」と話していた中澤。気温こそ20度を下回ったものの強い日差しの中、10分2本の紅白戦でプレーすると、大粒の汗を流し、肩で息をしていた。しかし表情には充実感に満ちている。そして「楽しかった」と笑顔を見せた。

「疲れましたよ。リハビリでかなり走っていたけど、フルコートで11対11だしね。しかもこのチームはポゼッションするから、久しぶりだと展開についていくのは大変。体もそうだけど、目と頭もスピードに慣れていかないといけない」。100%思い通りにプレーできたわけではなかったのかもしれない。ただ、なにより「みんなと一緒にサッカーするのが楽しかった」

 状態は「以前よりは良くなっている」が、先週までは外れていた膝のテーピングも全体練習に合流するとなれば両膝に巻かれている。「良くなっている」ことは確かなようだが、数多の激戦を戦い抜いてきた膝から完全に痛みが消えることはない。それでも「自分はいつでも行けるつもり。『行くぞ』と言われた時に最高の状態でいられるように準備する」という姿勢は変わらない。

「あと2試合だから。気合いで頑張ります」。決めるのは監督。ただ、中澤が今、その視界に捕らえているのは24日の鳥栖戦だ。J1・593試合目のピッチに向け、確実に前進している。

[横浜FM]山中亮輔がA代表に初選出。「数字を残して帰ってきたい」と意気込む

元の記事へ移動

 7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーが発表され、横浜FMのDF山中亮輔が初招集された。

 横浜FMのトップチーム選手がホームタウン活動の一環として小学校を訪問する「サッカースペシャルキャラバン」で横浜市港北区の太尾小学校を訪れている際に吉報を聞いた山中は、「めちゃくちゃ嬉しい。目指していたところなので素直に嬉しい」と笑顔を見せた。

 また、今の代表について「リオ五輪(を目指す)代表でやってきた選手が活躍しているのを見て刺激になっていた。最近の代表戦は見ていてもおもしろいし、そこに自分が加わったことを想像しながら見ていた。縦に速いし、二列目の選手が生き生きしているイメージがある。僕はそこにオーバーラップで絡んでいって、二列目の選手を楽にさせたい」とイメージしているようだ。

 そして「攻撃で違いを作っていかないと生き残れない。インパクトがある仕事がしたいし、数字を残して帰ってきたい。常に意識しているけど、試合に出たらゴールやアシストを貪欲に狙っていきたい」と、自身の最大の特徴である攻撃面、スプリント能力や左足のキック力や精度でアピールしていくつもりだ。

 山中が初招集された日本代表は16日に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ、20日に豊田スタジアムでキルギスと対戦する。

[横浜FM]久保建英がU-21日本代表メンバーに選出。飛び級選出も「いまは不安もないし、楽しみ」

元の記事へ移動

 7日、UAEで行われるドバイカップU-23に出場するU-21日本代表メンバーが発表され、横浜FMのMF久保建英が招集された。

 チーム最年少、17歳での飛び級の招集となった久保は、「一緒にやる選手の特徴を理解してみんなに合わせつつ、自分の特徴も理解してもらうということが入っていく選手が馴染めるかどうかで重要になってくる」と話すと、「そういうところは自分は得意だという自負があるので、しっかり溶け込んでいきたい」と意気込みを語った。

 久保は10月下旬から11月上旬までインドネシアでAFC U-19選手権を戦っており、4日に帰国したばかり。準決勝のサウジアラビア戦後は「ちょっと疲れがあった」ようだが、その後は疲れもとれたようで「いまは全然だいじょうぶ」とコンディションに問題はない様子。

 FCバルセロナの下部組織出身で15年に帰国して以降、常に上の世代のカテゴリーの代表に招集されてきた久保。15歳の時にU-19代表に飛び級で招集された際には「やれると思っていなかった」が、それから経験を重ねてU-21代表でも「いまはそういう不安もないし、楽しみ」と感じるようになったようだ。

 U-21代表は14日にU-23ウズベキスタン代表、17日にU-23クウェート代表、20日にU-23UAE代表と対戦する。

[横浜FM]昂る仲川輝人。奇抜なトリコロールヘアーでタイトル奪取へ

元の記事へ移動

5年ぶりのタイトル、17年ぶりのリーグカップ制覇に向け、横浜FMの誰もが気持ちを昂ぶらせている。中でも目に見える形で気合いを入れているのが仲川輝人だ。

 冒頭15分のみが公開されたトレーニングを終え、報道陣の前に姿を見せた仲川の左側頭部は何とトリコロール仕様になっていた。仲川は報道陣に囲まれると「そんなに見られると恥ずかしい」と笑いながら、「シンプルに気持ちを入れた」と説明した。

 リーグ戦は3試合連続ゴール中、ルヴァンカップでもここまで4得点を決め、準決勝では第2戦で2戦合計4−3の決勝点となるゴールを決めていた仲川。明日は横浜FMの攻撃を牽引するドリブルと決定力はもちろんのこと、「決勝限定」の奇抜な髪型にも注目だ。

[横浜FM]決勝に間に合うか!? 伊藤翔と遠藤渓太が自身の状態について語る

元の記事へ移動

 明日27日に行われるルヴァンカップ決勝・湘南戦に向け、横浜FMの伊藤翔と遠藤渓太が負傷の状態について説明した。

 左ひじ骨折で全治8週間と診断されながらも、受傷から4週間程度で完全合流した伊藤は、完全非公開だった25日の練習とこの日の練習もフルメニューを消化した模様。「この前も言ったように、メンバーに入る前提で話をしているけど、(監督やスタッフからは)何も言われていないから明日メンバーに入らなかったらどうしよう」と笑いながらも、「腕はそんなに心配していない。セットプレーでガチャガチャなったりしても大丈夫そう」とコメント。さらに「最悪、折れたら折れたでもう1回(治療することになる)という感じだけど、折れることはないと思う。腕のリハビリをするよりも(出場して)勝てることが一番いい。誰が点をとっても、どんな形でもいいから、とにかく勝ちたい」と出場への意欲とタイトルを渇望する気持ちを示した。

 20日のG大阪戦で左ハムストリングを負傷した遠藤は、報道陣に公開された冒頭15分の間は別メニューで調整。「ケガ自体はそんなに長引くものではなかったし、やれることをしっかりやっている。痛みは引いてきているし、だいぶいい感じになってきた」と状態を説明。出場可否に関しては「気持ちの問題じゃないですか? やれると思えばやれる」としながらも、「使うかどうかを決めるのは監督だし、僕の口からは何とも言えない」とするにとどめた。

 ルヴァンカップの得点ランクトップに立つストライカーとニューヒーロー賞を受賞したドリブラー。横浜FMにとって重要な戦力である彼らは大舞台に立つことができるだろうか。

負傷離脱していた伊藤翔が完全合流。ルヴァン決勝出場に意欲

元の記事へ移動

 横浜FMのFW伊藤翔が完全合流を果たした。

 9月22日の磐田戦で左ひじを骨折し、全治8週間と診断されていた伊藤。しかし先週から練習に部分合流すると、22日の練習ではG大阪戦に先発出場した選手がリカバリーする中、対人を伴うメニューでは攻撃のみのフリーマンに限定されていたが、そのほかの選手とフルメニューを消化。そしてルヴァンカップ決勝の湘南戦を3日後に控えた24日、ほかの選手と同じ条件ですべてのメニューを消化した。

 トレーニング後、伊藤は「多少、懐かしい感じがした。ニアに入っていくのとか、『そうそう、このタイミング。これこれ』みたいな(笑)。だからサッカーを楽しくやっている感じがする」と笑顔。「(対人の)怖さはまったくないし、倒れたときも大丈夫そう」と回復をアピールすると、「おととい、ピーター(クラモフスキーコーチ)と話したら『今週、試していこう』という感じだった。メディカルもOKを出しているし、監督たちが慎重に判断するだろうけど、自分は何度も『いけるよ』と言っている」とルヴァンカップ決勝の出場へ意欲を示した。

 プロ入り後、初のタイトルに向けて「いまのスタイルで攻撃的にいって優勝できるのであれば理想的。ただ、(どんなサッカーでも)準々決勝、準決勝と厳しい戦いの末、ということは同じだし、結果を出してナンボの世界。今年は1月1日に悔しい思いをしたわけだし、1年間に2回決勝にいけるというのは非常にいいことではあるけど、何回も言っているように勝ってこそ」とコメント。しばらく取材を受けたあと、「俺、完全にメンバー入りする前提になっているけど、これでメンバーじゃなかったらウケるよ。『あれええええ!?』って」とおどけたところが伊藤らしかったが、タイトルをかけた勝負への出場、そしてタイトルへの強い意欲を端々に感じさせた。

 驚異的な回復力を見せた伊藤は果たしてピッチに立ち、悲願のトロフィーを手にできるのか。ルヴァンカップ決勝、湘南vs横浜FMは27日(土)13時5分、埼玉スタジアム2○○2でキックオフを迎える。