[横浜FM]GK原田岳が念願のリーグ戦初のベンチ入りへ

元の記事へ移動

 横浜FMの2年目のGK原田岳が18日の仙台戦でメンバー入りを果たすことになった。

 ルーキーイヤーの昨年は、ルヴァンカップで2試合にベンチ入り、今年は、11日に行われた天皇杯3回戦、横浜FC戦でもベンチ入りしていたが、リーグ戦では初のメンバー入りとなる。

 遠征メンバーに入ったことについて原田は「ついに…」とはにかんだ。先発が飯倉大樹であるという事実に変わりはないはずだが、「大樹くんがけがをしたときは自分が出るというポジションになった。ピッチに立ったときに堂々としていられる準備はしていきたい。(出場機会が急きょ訪れても)そのために練習しているので、しっかりやってきたと信じてプレーするだけ」と意気込んでいる。

 横浜FMユースの出身ということもあり、「マリノスのGKを代表して戦う覚悟は第3、第4GKのときからもっていた」という原田。メンバー入りはあくまで「通過点」だが、出場機会が訪れなくとも「いい何かをもって帰れるようにしたい」とリーグ戦をピッチレベルで体感することを成長の機会につなげるつもりだ。

[横浜FM]横浜FMの伊藤翔、かつてのチームメートが世界一に

元の記事へ移動


「すごいっすよ」。言葉はシンプルながら、感情を込めて伊藤翔は元チームメート、W杯ロシア大会で全7試合に出場し、フランスの20年ぶりの優勝に貢献したオリビエ・ジルーについてそう表現した。
 伊藤が中京大中京高を卒業してグルノーブルに入団した際、同クラブで2年目を迎えていたのがジルーだった。「当時からすごい選手だったけど、あんなにヒゲがもじゃもじゃになるとは思わなかった」と伊藤らしい冗談を交えたが、「すごく面倒見がいい人間で」あり、高卒でいきなり海外に挑戦した伊藤が「すごくよくしてもらったし、助けてもらった」のがジルーだったという。「W杯は日本も盛り上がったり、友だちも優勝したし、よかったですね」と伊藤は笑った。
 その伊藤は17日の練習でレギュラー組のFWでプレーし、リーグ再開となる18日の仙台戦で先発出場すると見られる。「天皇杯(横浜FC戦)ではウーゴ(・ヴィエイラ)が点をとっていたし、てっきりウーゴが出るのかと思っていたからビックリした。でも出るからには頑張らないといけない。ウーゴのぶんも頑張らないといけない」。
 伊藤とヴィエイラは同じポジションのライバルでありながら「互いにリスペクトし合っている」関係。それは横浜FC戦ではじゃんけんで勝ってPKを蹴ったヴィエイラが「翔じゃなければじゃんけんもしていない。好きな選手だし、好きな人間性。すごく頼りになる人間」と話していたことからも理解できる。
 かつてのチームメートが世界を制したあと、現在のチームメートの気持ちも背負い、伊藤は仙台戦のピッチに立つ。

[横浜FM]気合いを入れ直す金井貢史。神戸戦で見せるのは「サポーターが“マリノスロス”になるような試合」

元の記事へ移動

 金井貢史が9日に行われているルヴァンカップ・プレーオフ第2戦・神戸戦に向けて気合いを入れ直している。
 ミロシュ・デゲネクがW杯に向けた豪州代表に招集されていることもあり、ルヴァンカップ・プレーオフステージ第1戦、天皇杯2回戦のFC大阪戦と連戦を戦ってきた金井。9日も出場することになれば8日間で3試合目になるが、「いけるかどうかじゃなくて、いきますよ」と疲労もまったく意に介していない。
 チームは第1戦を4−2で制しており、第2戦は引き分け以上なら文句なし、敗れても1点差以内、また3点以上奪っての2点差以内ならノックアウトステージ進出が決まる状況だが、アドバンテージについては「そういう考えはない」と一蹴。「DFとして(失点)ゼロに抑えたいのは間違いないけど、失点しても点をとれる自信がチームにある。試合が進むにつれて終わらせ方は考えるけど、自分たちのサッカーをして圧倒して点をとって勝つだけ」と力強く語った。
 そして「いつも出し切っているけど、試合が終わればオフに入るので全力を出し切る」と普段どおり、いや普段以上の全力プレーを誓った金井。最後は「中断期間に入ってサポーターが“マリノスロス”になるような試合を見せたい」と締めくくった。

[横浜FM]「前半から全力で」。18歳の新星、山田康太がインサイドハーフで先発へ

元の記事へ移動


 19日の明治安田J1第15節・長崎戦で、18歳の横浜FM・山田康太がインサイドハーフとしてスタメン出場することになりそうだ。

 ルーキーながらこれまでリーグ戦では鹿島戦、磐田戦で先発出場してきた山田だが、16日に行われたルヴァンカップの新潟戦はインサイドハーフでフル出場し、テクニックや視野の広さを発揮して勝利に貢献。リーグ戦ここ2試合、インサイドハーフでプレーしてきた喜田拓也が新潟戦の負傷により長崎線を欠場することが決定的であり、その代役として山田に出番が回ってくることが濃厚だ。

 リーグ戦で初めて最も得意なポジションでプレーすることになるであろう山田は、「練習から良い形はできている。中2日だし、暑いからよりキツいと思うけど、良い選手もいっぱいいるので90分持たせるつもりじゃなくて前半から全力でやりたい」と意気込みを語った。

 また、3トップの中央には、前節のG大阪戦は左ウイングでプレーした大津祐樹が入ることになりそう。練習中にも大津と積極的にコミュニケーションを取っていた山田は、「近いものを持っているというか、感覚も似ていてやりやすい。祐樹くんの良さを生かしつつ、自分も祐樹くんに生かされつつ、という感じで良い連係が取れれば」とポジティブに話していた。

 インサイドハーフでプレーするとなれば「ゴールを取りたい」。その一方で「いまは内容も大事だけど勝って自信をつけて改善していくのも大事だと思う。(いまの横浜FMの戦術は)自信がないとできないやり方だと思うし、勝って反省することが大事」とコメント。プライマリーから所属するクラブの勝利のために尽力することを誓った。

写真:菊地正典

[横浜FM]漢・栗原勇蔵が歓迎する“生死”をかけた一戦

元の記事へ移動

 漢(おとこ)の血が騒ぐのか。負傷から復活した栗原勇蔵が“生死”をかけた一戦を歓迎している。
 栗原は自身にとって今季初の公式戦となった3月7日のルヴァンカップ第1節・FC東京戦で負った左ハムストリング肉離れにより離脱を強いられていたが、5月9日のルヴァンカップ第5節・仙台戦で復帰。あらためてその仙台戦を振り返り、「ひさびさの試合だったけど何とか最後までやれたし、第1戦を終えたという感じ」と話した。
 栗原の復帰戦は勝利すれば1試合を残してグループステージ突破を決められる状況だったが、試合は2−4で敗戦。16日に行われるグループステージ最終節の新潟戦が突破か敗退かを決める一戦となったが、栗原は「仙台戦で決められれば、だいぶラクだったとは思う」と言いながらも、次のように続けた。
「こういう大事な試合が1試合でも多いほうが、自分にとってもそうだけど若手にとっていい経験になる。それにリーグ戦では勝てていないけど、ここで勝ち上がっていくことでチームの雰囲気もよくなるし、そういう試合があることをポジティブに捉えている」
 新潟戦のメンバーについてアンジェ・ポステコグルー監督は「連戦の中でルヴァンカップはリーグ戦に出ている選手を休ませないといけないときもあったが、いまは休ませる必要はないと思う。あと2試合ということでいい内容でグループステージを突破してくれるチームを出そうと思っている」とリーグ戦に出場している主力選手中心で臨むことを示唆。ただ、グループステージ序盤は数人の主力選手が出場していた中、ベテランの中澤佑二は今季のルヴァンカップで1試合もメンバー入りをしておらず、栗原が出番を得る可能性も十分にある。
「もちろん出るつもりでいるし、チームのためにできることをやっていかないといけない」。3月前に悔しい思いをした三ツ沢のピッチで漢の闘う姿は見られるか。

写真:菊地正典

[横浜FM]頭部負傷の飯倉大樹、大事には至らず。名古屋戦も出場か

元の記事へ移動


 負傷が心配された横浜FM・飯倉大樹だが、明日5日の名古屋戦に出場できるようだ。

 飯倉は2日の明治安田J1第12節・磐田戦で相手との接触により頭部を負傷。試合は5分以上に渡って中断され、飯倉は試合後もサポーターに挨拶することなくピッチから引き上げた。取材エリアに姿を見せることなく病院に直行していたが、脳震とうではなく打撲だった模様。4日のトレーニングはフルメニューをこなした。

「鈍器で殴られた感じ。ドーンって。交通事故だね」と苦笑しながら接触について振り返りつつも、「今日も確認したし、やるとなったら大丈夫」と出場に意欲を見せた。

 また、連戦中は試合に長時間出場している選手たちはリカバリーに終始することが多かったが、この日は主力組も含めて11対11も行い、攻守を確認。ポステコグルー監督は「水曜日の試合からまだ疲れがある選手がいた中で、オプションを試してみたかった」と明日の起用についての明言を避けた。ここ2試合ベンチスタートとなり、前節は出番がなかった大津祐樹が1トップでプレーしていた。

 そのほか、鹿島戦でリーグ戦10試合ぶりに復帰した喜田拓也がインサイドハーフで天野純、扇原貴宏と逆トライアングルを形成、右サイドバックは松原健、センターバックはミロシュ・デゲネクが主力組に戻っていた。ポステコグルー監督が名古屋戦からの復帰を見込んでいたオリヴィエ・ブマルはベンチスタートと見られ、右に仲川輝人、左に遠藤渓太というウイングで試合に臨むことになりそうだ。

[横浜FM]全体練習に合流した喜田拓也、「サッカーをしたい。勝ちたい。それだけ」

元の記事へ移動


 横浜FMの喜田拓也が全体練習に合流した。

 監督が代わった今季も開幕2試合にフル出場していた喜田だったが、JリーグYBCルヴァンカップ第1節・FC東京戦の前日、3月6日に右足首を負傷すると、合流した翌日の3月17日に今度は左足首を負傷。復帰を急いだ結果の再離脱だったため、「また再発するのも嫌だったし、慎重にならざるを得なかったので少し時間が掛かってしまった」が、再離脱から約1カ月を掛けて完全合流までこぎつけた。

 フルメニューを行ったのは前日からだったが、この日はフルコートでの11対11もプレー。4月18日に行われたルヴァンカップ・FC東京戦に出場した一部のメンバーがクールダウンを行っていたとはいえ、大きな前進だ。そのゲームでは、中盤の底で攻守においてハードワークするとともに身振り手振りで味方に指示を送る姿が印象的だった。

 明日、湘南戦のメンバー入りについては「ないと思います」と笑いつつも、「練習をやっている以上は『いつでも』という準備はしている」。そして「選手もスタッフもみんな連戦のタイトな日程の中で頑張っているので、自分も早くピッチの中で助けになりたい気持ちがあるし…」と話すと、少し間を空けて大きく息を吐きながら「勝ちたい」と一言。「サッカーをしたい。勝ちたい。それだけ」と思いを吐露した。

「この連戦を11人だけで乗り切るというのは絶対に無理な話なので、本当に総力戦だと思うし、自分だけじゃなくて全員がいつチャンスが来てもいいように。そういう空気がないとチームとして結果が出ていかないっていうのは今まででたくさん経験してきている。練習で上げていきます」と力強くコメント。頼れる中盤のダイナモがピッチで再び暴れ回る日は近い。

写真:菊地正典

[横浜FM]25歳の誕生日でびしょ濡れの山中亮輔。ゴールは「あすも変わらず狙う」

元の記事へ移動


 練習着のシャツはおそらく汗だけではないほどに濡れ、パンツをたくし上げて山中亮輔は報道陣の前に表れた。この日(4月20日)、25歳の誕生日を迎えた山中はその数分前、チームメイトから “祝水”を浴びせられていた。

 急激に気温が上がり、日向では汗ばむ陽気だったこの日だが、水を浴びた山中は「寒いですよ」と笑った。

 大きく分けると20代後半と言われる年齢になったが、「(サッカーの世界では)若いのは21、22ぐらいまでだし、23を過ぎたらもう若いとは思っていなかった」と言う山中は、誕生日についても冷静。25歳の抱負については「特に変わらないですよ。毎年、試合に出ないといけないと思っているし、今シーズンで言うと(リーグの全)34試合に出ることを目指しているので、けがなくできたら」と話した。

 誕生日翌日の試合で自ら祝砲を狙うかについても、「誕生日だからとかじゃなくて、それは毎試合。明日も変わらず狙う」と特別ではないながら、この日の練習でもチームメイトが沸いたゴールや強烈なクロスバー直撃弾を放った左足のミドルシュートを狙っていくことを誓った。

写真:菊地正典

[横浜FM]あの失点の真相を明かした横浜FM・飯倉大樹、「ちょっとした駆け引きがあった」

元の記事へ移動


 横浜FMの飯倉大樹が、先日見られた“今季ならではの失点”についての真相を明かした。

 ついにやられた、と思う失点だった。11日の明治安田J1第7節・広島戦、1−2の1点ビハインドで迎えた90分、カウンターから広島のパトリックが放ったシュートは、ペナルティーエリアの外に出ていたGK飯倉大樹の頭上を越えてゴールに吸い込まれた。

 相手を押し込むためにディフェンスラインを極端に高くしているがゆえに、これまでも幾度となく飯倉の頭上を越えるロングシュートを狙われてきたが、いずれも枠から外れていた。第7節にして初めて枠に飛んできたロングシュートだった。

 ただ、飯倉は「あれはパト(パトリック)がうまかったし、ちょっとした駆け引きがあった」。具体的にはどういうことなのか。「パトは足が速いし、もう少し前に持ち出してくるかと思った。その分、戻らなかった」。

 映像を再確認してみると、確かにパトリックがミロシュ・デゲネクとの競り合いを制して前に出てきたにもかかわらず、飯倉は一瞬、動きを止めているように見える。「普通に戻っていれば追いつけていたけど、パトがもうワンタッチ長くなった時に(ボールを)狩れるようにスピードダウンした」からだった。

 駆け引きに勝てなかった。ただ、理由があることに加え、「普通に戻れば間に合う感じだった」だけに、あの失点については「そんなに気にしてない」と言う。

 それよりも飯倉が「怖い」と思ったシーンがあった。それはPKで1失点した直後の52分、渡大生に打たれたロングシュートだった。相手のクリアボールに対し、横浜FMは最終ラインも敵陣で対応。飯倉もその裏のスペースをケアするためにペナルティーエリアの外に出ていたが、デゲネクのヘディングでクリアしたボールを渡は自陣からワンタッチで狙った。シュートは枠から外れて古事なきを得たが、「あのタイミングでストーンと打たれるとノーチャンス」だった。

 サイドの裏へのボールは「帰る時間がある」と常々話してきた飯倉だが、渡のシュートのように中央からの攻撃は「もうひとつ早く帰ってくるべき」と考えている。

 ただ、それも決してネガティブなことではなく、広島戦で得た「教訓」だ。今季から新たな戦術に取り組む中、最も昨季までと異なるプレーを求められている飯倉。それは決して簡単なことではないが、日頃から「疲れるけど楽しい」と口にしているように、ポジティブに取り組みながら改善を図ろうとしている。

写真:菊地正典

[横浜FM]ハマの番長の復帰、間もなく!栗原勇蔵、全体練習に合流

元の記事へ移動


 ハマの番長の復帰が近づいてきた。

 横浜FM・栗原勇蔵は今季初出場となった3月7日のルヴァンカップ、FC東京戦で左ハムストリング肉離れの負傷を負い、チームからの離脱を強いられていたが、先週になってボールを蹴り始め、今日はついに全体練習に合流した。

 全体練習とは言っても広島戦にスタメン出場した選手たちはクールダウンのみでボールを使った練習には参加しておらず、それほど強いコンタクトを強いられるメニューでもなかったが、神戸戦が行われる「日曜日の居残り組との練習は全部やる予定」であり、「ルヴァンカップはサブには入れるかもしれないし、(スタッフと)そんな話もしている」状態にまで来ているようだ。

 けがの当初に発表された6週間から8週間という離脱期間は「試合に行けるっていう期間なのか練習に合流できる期間なのか、俺も未だにわからない」ようだが、「来週の水曜日で6週間だし、ちょっと早いかな」と順調に回復。ボールを蹴り出した選手は「肉離れなので再発が怖い」と話していたが、その不安も消え去りつつある。

 栗原が離脱していた期間、ルヴァンカップでは右SBが本職と言える金井貢史がCBでプレーし、ルーキーの西山大雅もスタメン出場していた。「元々CBが少ないのに迷惑を掛けている。ここから取り返せるように、まずは良い意味で(中澤)佑二さんやミロシュ(デゲネク)を休ませてあげられるようにしたい」。闘うDFが再びピッチで暴れ回り、チームに貢献する日は近い。

写真:菊地正典