「1時間を放棄した」シメオネに厳しい指摘も…一時同点PK弾のJ・フェリックスに高い評価

元の記事へ移動

途中出場のFWジョアン・フェリックスが結果を残したが、アトレティコは準々決勝敗退
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝が13日に行われ、アトレティコ・マドリー(スペイン)はライプツィヒ(ドイツ)に1-2で敗れ、大会から姿を消した。ポルトガル代表の20歳FWジョアン・フェリックスに対するスペインメディアの評価をポルトガル『レコード』が伝えている。

後半5分に失点すると、ディエゴ・シメオネ監督は後半13分、J・フェリックスをピッチに送り込んだ。指揮官の期待に応え、後半25分、J・フェリックスはワンツーの形から縦に仕掛け、エリア内に侵入。DFルーカス・クロスターマンに倒され、PKのチャンスを獲得した。自らキッカーを務めると、右足でゴール左隅に蹴り込み、1-1。試合を振り出しに戻したものの、終了間際に決勝点を許し、準決勝進出を逃した。

 スペイン『マルカ』はチームの攻撃をダイナミックにしたJ・フェリックスのプレー、PK獲得&ゴールで結果を残したことを評価しつつ、「彼は素晴らしい数十分間を過ごし、チームを蘇らせた。彼のクオリティはアトレティコには十分ではなかった」と言及。『スポルト』は「ハリケーン・J・フェリックス」と表現し、「ポルトガルのストライカーはアトレティコを革命的に変化させ、投入からすぐに攻撃的な特徴を発揮してゲームを変えた」とした。

 スペイン語版『GOAL』は4本のシュートを放ち、100%正確なパスを繰り出したJ・フェリックスを高く評価。「アトレティコはJ・フェリックスの1時間を放棄するという贅沢を払った」と表現し、ベンチスタートにしたシメオネに厳しい指摘も。「ポルトガル人はチーム最高だったが、素晴らしいプレーと彼がもたらしたPKでは、チームの敗退を阻止できなかった」と伝えている。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●ブンデスリーガ2019-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

レワンドフスキ警戒も断言!バルサ監督「メッシのレベルには達していない」

元の記事へ移動

勝利をもたらすのはFWリオネル・メッシかFWロベルト・レワンドフスキか
 14日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝が行われ、バルセロナ(スペイン)とバイエルン(ドイツ)が対戦する。世界中が注目する大一番を控えた前日会見で、バルセロナのキケ・セティエン監督はFWリオネル・メッシとFWロベルト・レワンドフスキのエース対決について、メッシの方が優れていると主張した。『スカイスポーツ』が伝えている。

 2019-20シーズンのブンデスリーガで34ゴール、DFBポカール杯で6得点を記録し、いずれも得点王に輝いたレワンドフスキは欧州CLでもここまで13得点を記録し、得点ランク首位を走っている。今季公式戦44試合で53得点と、メッシを上回る数字を叩き出したレワンドフスキが優勢との声が出ているが、セティエン監督はこれを否定。相手エースを警戒しつつも、「レオ(・メッシ)のレベルには達していない」と主張した。

「レワンドフスキは素晴らしい選手だが、レオ(・メッシ)のレベルには達していないと思う。それは明らかじゃないかな。レワンドフスキが今すばらしい状態なのは事実だ。チャンピオンズリーグで13得点をしているし、周りの多くの選手に助けられている一方で、彼自身にもできることがたくさんある」

「まさに絶好調だが、レオもそうだ。先日のナポリ戦でも彼のそんな姿を目にすることができた。こういう選手がピッチ上にいることはいいことだと思うし、もちろん彼らのプレーは観ていて楽しいよ」

「レオ・メッシはもちろん私たちの勝利を助けてくれるが、私は常にチームの強さを信じている。メッシはアシストされなければならないし、彼の足元へボールを出さなければならないのは事実だ。彼は自力で得点できる能力を持っている。それは間違いない。だがチームの強さがなければ、レオ(の重要性)も薄れてしまう。他の選手と同じように、彼を輝かせられるのは私たちなんだ」

「バイエルンについては懸念していることが多い。彼らは非常に完成されたチームだからね。プレスもできるし、守備もうまい。非常に危険なチームだ。オフェンスにもタレントが揃っていて、プレスが効いている。だがこれはもう分かっていることだ」

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●ブンデスリーガ2019-20特集

ミュラーがメッシ対策を語る「1人が抜かれたら次の選手。それが無理なら3人目」

元の記事へ移動

MFトーマス・ミュラーがメッシ対策を語る
 バイエルンは14日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝でバルセロナと対戦。MFトーマス・ミュラーはFWリオネル・メッシ対策を語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。

 欧州サッカーは軒並みリーグ戦を終え、長きに渡った2019-20シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)とヨーロッパリーグのみとなった。14日には準々決勝でドイツ王者バイエルンとバルセロナが対戦する。

 順風満帆のバイエルンと比較し、バルセロナは今季無冠。メッシ依存の脱却を狙うも、逆に迷走が長引いてしまっている。しかし、ミュラーに慢心はない。「僕が言いたいのは、メッシは絶好調であり、1人だけで守れるような選手ではないということだ」とその実力に最大限の注意を払っている。

 33歳を迎えたメッシだが、その実力はまったく衰えを見せない。今季も公式戦43試合で31得点26アシストを記録。ミュラーは「僕の経験上、チーム一丸にならなければ彼を止めることはできない」と語り、サッカー史上最強の男の止め方を明かした。

「もし最初の選手が彼に抜かれたら、次の選手が彼を止める。それもうまくいかなければ、3人目が彼を止める。その間に1人目と2人目の選手はポジションをリカバーし、彼のことを追うんだ。たった1人でメッシを止めることはできない」

「僕らはデュエルでアグレッシブになる必要がある。とてもおもしろい試合になるだろうね。僕らの最近の試合を見れば、ずっとうまく守れていたことがわかるだろう。敵はメッシだけじゃない、バルセロナ全体を止めなければならない」

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
●ブンデスリーガ2019-20特集

メッシと共演? C・ロナウドにバルサ移籍の噂…関係者は否定も

元の記事へ移動

ピッチで2人が共演!?関係者は否定
 ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドがバルセロナに移籍する可能性が浮上。しかし、C・ロナウドの関係者はそれを否定している。13日、スペイン『アス』が伝えている。

 2018年夏にレアル・マドリーからユベントスに加入したC・ロナウド。2度のセリエA優勝を達成し、自身のインスタグラムでも「3度目」を狙うと残留の意思を見せていたが、まさかのバルセロナ移籍の噂が浮上した。

 スペイン人ジャーナリストのギレム・バラゲ氏が「BBC 5ライブスポーツ」で伝えたもので、新型コロナウイルスの影響でユベントスが資金難に陥ったことでC・ロナウドの年俸がネックに。そのためにバルセロナやパリSGといったクラブと接触しているというものだ。

 C・ロナウドとFWリオネル・メッシの共演に、世界中のサッカーファンが色めく事態に。実現したら近年のサッカー界最大の一大事となるが、その重大さを知ってか、C・ロナウド側は噂をすばやく否定。「すべてが偽り」と可能性が限りなくゼロであることを強調した。

 C・ロナウドとユベントスの契約は2022年まで。C・ロナウドの関係者は「クリスティアーノと彼の家族はトリノで非常に満ち足りている」と伝えており、現時点では不満はないと見られている。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

CLバイエルン戦にビダルが意気込み「おれらはバルサ。世界最高なんだ。メッシは宇宙人」

元の記事へ移動

MFアルトゥーロ・ビダルがバイエルン戦に意気込みを語る
 バルセロナは14日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝でバイエルンと対戦。MFアルトゥーロ・ビダルは今季最大の大一番を前に、会見に臨んでいる。英「スタンダード」が伝えた。

 今季無冠のバルセロナは、大一番を14日に迎える。対するバイエルンには、13ゴールで大会得点ランキングトップを走るFWロベルト・レワンドフスキがおり、FWリオネル・メッシとのエース対決も大きな見どころのひとつとなる。

 前日会見に臨んだビダルは、周囲のバイエルン優勢、レワンドフスキ優勢の声に反論。「彼らはブンデスリーガのチームと戦うんじゃない。バルサと、世界最高のチームと戦うんだ」と強調する。

 さらに、両チームのエース対決にも言及。「レワンドフスキは並外れた存在だ。しかしおれは彼とバイエルンで3年間一緒にいる。彼が日頃からどんな準備をしているかを知っているよ」とかつてのチームメートを評価。しかしそれでもメッシとの比較は不可能と豪語している。

「だが、レオと誰かを比較することは難しい。彼は別の惑星の出身だ。レワンドフスキはルイス・スアレスと同様に、世界最高のストライカーではあるけどね」

 今季無冠に終わるか否か。ビダルは「ファンが懐疑的になっていることはわかる」と今季を振り返る。

「ラ・リーガでは敗北した。自分たちの力を発揮できなかったからね。しかし、レオや優れた選手たちはこのクラブにいるんだ。だからこそ、おれたちは世界最高のチームなんだ。明日それを見せるよ」

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

FC東京DF室屋成のハノーファー移籍が正式発表! 15日名古屋戦がラストマッチ

元の記事へ移動

DF室屋成が海外移籍へ
 FC東京は14日、DF室屋成(26)がハノーファー(ドイツ2部)に完全移籍をすることを発表した。メディカルチェック後に正式契約となり、15日のJ1第10節・名古屋グランパス戦がFC東京での最後の活動日となる。

 室屋は青森山田高から明治大を経て、2016年からFC東京に加入。19年にはJリーグ優勝選手賞とベストイレブンにも選出された。年代別代表の常連でもあり、16年のリオデジャネイロオリンピックにも出場。17年からは日本代表にも名を連ねている。

 クラブ公式サイトを通じ、室屋は「約4年半、最高のファン・サポーターの前でプレーできたことを誇りに思います」とメッセージ。「勝利してともに喜び、負けた試合の後も必ず最後はトーキョーコールで声援を送ってくれたファン・サポーターのみなさんの想いや愛情はどこに行っても絶対に忘れません」と感謝を伝えている。

「僕からみなさんにタイトルをプレゼントできなかったことが唯一の心残りですが、東京なら必ずタイトルを獲得できると信じています。クラブの理解とサポートもあり、東京での経験を糧にチャレンジしてきます。これからも応援よろしくお願いします。最高の時間をありがとうございました!」

以下、プロフィール
●DF室屋成
(むろや・せい)
■生年月日
1994年4月5日(26歳)
■身長/体重
176cm/70kg
■出身地
大阪府
■経歴
ゼッセル熊取FC-青森山田高-明治大
■出場歴
J1リーグ:107試合2得点
J3リーグ:5試合0得点
カップ戦:17試合1得点
天皇杯:5試合1得点
ACL:3試合1得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ライプツィヒが初のCLベスト4へ…ナーゲルスマン監督「パリSGもギリギリを制した。楽しみだね」

元の記事へ移動

ユリアン・ナーゲルスマン監督が喜びを語る
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝が13日に行われ、ライプツィヒアトレティコ・マドリーに2-1で勝利。クラブ史上初となるベスト4に、指揮官ユリアン・ナーゲルスマンも喜びを語っている。

 ライプツィヒは中立地ポルトガル・リスボンでA・マドリーと対戦。後半5分にMFダニ・オルモが先制点を挙げるが、同25分に同点に追いつかれる。しかし試合終了間際の43分、MFタイラー・アダムスが勝ち越しゴールを挙げ、2-1で試合終了。2度目の挑戦となった欧州CLで4強入りを果たした。

 クラブ公式サイトでは、ナーゲルスマン監督のコメントを紹介。「とても幸せだよ」と喜びを爆発させ、「このチームを誇りに思う」と選手たちをねぎらう。「多くの情熱を持って試合を運び、非常に強力で経験豊富なチームを相手に上回ることができた」と試合を振り返った。

「(先制点で)力強いスタートが切れて、落ち着くことができた。延長戦にもつれ込まなくてよかったね。次のゲームまで力を温存することができるから」

 準決勝は18日、パリSGとの対戦となる。ナーゲルスマン監督は「パリSGはトップレベルであり、一流の監督もいる」と気持ちを切り替える。パリSGもライプツィヒと同様、アタランタとの準々決勝は試合終了間際に大きく動き、劇的な逆転勝利を収めた。33歳のドイツ人指揮官はそのことを把握しながら、やる気をみなぎらせている。

「クオリティは一流で、最後の最後まで試合を諦めない。アタランタとの試合は観たよ。あのチームにはスターがどのポジションにもいる。しかし楽しみでもあるね。非常に高いモチベーションで挑むよ」

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
●ブンデスリーガ2019-20特集

ウニオン遠藤渓太が実戦デビュー! 指揮官「持ち味を見せることができた。順応しようと努力している」

元の記事へ移動

MF遠藤渓太が実戦デビュー
 ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太が12日、実戦デビューを果たした。ウルス・フィッシャー監督が遠藤のプレーを振り返っている。地元紙『ベルリーナ・ツァイトゥング』が伝えた。

 遠藤は7月に買い取りオプション付きの1年間レンタルで、横浜F・マリノスから加入。今月頭から現地入りをしている。横浜FMの試合で負った怪我の様子を見つつも、12日のビュルツブルクとの親善試合に先発出場。左ウイングでプレーすると、他の選手と同様に45分間で交代となった。

 地元メディアによると、フィッシャー監督は遠藤のプレーに言及。「自身の持ち味を見せることができた。でも、彼は少し慎重にならないといけない」と一定の評価を与えた。「チームに順応しようと努力している。我々のやり方を学び、プレーしようとしているよ。順調だし、彼自身もドイツ語で話そうとしている」とその様子を明かした。

 一方、地元紙『ベルリーナ・クリーア』は遠藤の移籍を見守る日本人についてもコメント。「クラブは、日本のジャーナリストから多くのインタビューリクエストを受け取っているようだ。さらに一部ファンからは、まだできあがっていないのに彼のユニフォームのリクエストもあった」と伝えている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集