C・ロナウド、高騰する移籍金に苦言「今は実力を証明しなくても1億ユーロの値がつく」

元の記事へ移動

クリスティアーノ・ロナウドが高騰する移籍金に苦言
 ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)が、高騰する移籍金に苦言を呈した。スペイン『マルカ』が報じている。

 今夏の移籍市場では、ポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(19)が1億2600万ユーロ(約148億7700万円)でアトレティコ・マドリーに加入。ベルギー代表FWエデン・アザール(28)は1億ユーロ(約118億700万円)でレアル・マドリーへ、イングランド代表DFハリー・マグワイア(26)は8700万ユーロ(約102億7200万円)でマンチェスター・ユナイテッドにそれぞれ移籍し、大金が動いた。

 ポルトガルのTV番組『TV1』でC・ロナウドは「現代のサッカーでは計算するのが難しくなっている」と高騰する移籍金についてふれると、「クラブは選手のポテンシャルに賭けてギャンブルをしている。そうしたサッカー産業はこれまでとは異なるものだ。今は実力を証明していなくても1億ユーロの値段がついている」と苦言を呈した。

 一方でC・ロナウド自身は、2009年夏にマンチェスター・ユナイテッドから9400万ユーロ(現在のレートで約110億9900万円)でレアル・マドリー、昨夏は1億ユーロでユベントスに移籍している。

「サッカーには、より多くの金が回るようになっている。個人的に賛同できるものではないが、それが今、僕らが生きている世界だし、その点は尊重しなければならない」と一定の理解を示した。

●セリエA2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

久保建英が持っているもの…スペイン紙「彼はジダンを彷彿させる」

元の記事へ移動

久保建英のテクニックを絶賛
 18日、レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)は同じスペイン3部のブルゴスとテストマッチを行い、2-3で敗れた。スペイン紙『アス』が日本代表FW久保建英のファーストタッチやボールコントロールをまとめた動画を公開。「彼は時々、ジダンを彷彿させる」と評している。

 背番号7の久保は、4-3-3の右ウイングでフル出場。前半16分に自陣で絶妙なトラップをみせると、20分には横パスを受けてPA内に進入。フリーで右足を振り抜いたが、惜しくも相手GKに阻まれた。41分には得意のドリブルで相手を翻弄し、PA中央で倒されたが笛は鳴らなかった。

 後半に入っても高い足もとの技術、広い視野で違いをみせた久保。43分にPA右から左足シュートを放ったが、相手GKのファインセーブに阻まれ、こぼれ球に味方が詰めていたが押し込むことはできなかった。アディショナルタイム2分には、味方がファウルを受けて小競り合いが起きたが、久保が間に入って相手を味方から引き離すシーンもあった。

 試合は2-3で敗れたものの、同紙は「ブルゴスに対して、彼は最高の日ではなかったが、しなやかなボールコントロールとファーストタッチを見せた。それはフットボールの最も決定的なものだと言われるが、彼はそれを持っている」と、久保の技術の高さを伝えている。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

36歳リベリの新天地はセリエA!元同僚からのアドバイス明かす

元の記事へ移動

フランク・リベリがフィオレンティーナ加入へ
 フィオレンティーナは21日、元フランス代表MFフランク・リベリ(36)を獲得したことを発表した。

 母国ブローニュでキャリアをスタートさせたリベリは、ガラタサライやマルセイユなどを経て、2007年6月にバイエルンに加入。怪我に悩まされたが、公式戦425試合124得点を記録し、ブンデスリーガ9回、DFBポカール(ドイツ国内杯)6回、2012-13シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験した。

 昨季限りでバイエルンを退団したが、現役続行に意欲をみせていたリベリに対して、サウジアラビアやカタール、PSVロコモティフ・モスクワエバートンなどが関心を示していた。

 伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、新天地としてフィオレンティーナを選んだリベリはメディカルチェックを受診した後、年俸400万ユーロ(約4億7300万円)程度の条件でサインする見込み。明日22日に会見が行われるという。

 現地入りしたリベリは「僕は幸せだ。1週間フィオレンティーナと話した。ルカ・トニとも話したよ。彼は僕にフィオレンティーナは大きなクラブで街も美しいと教えてくれた。僕はイタリア語が好きで、完璧ではないけど少し話せるよ」と、バイエルン時代の元同僚からアドバイスを受けたことを明かした。

●セリエA2019-20特集

イニエスタが“ブラサカ”初体験…代表選手のテクニックに驚嘆

元の記事へ移動

イニエスタが“ブラサカ”初体験…代表選手のテクニックに驚嘆
 東京2020組織委員会は東京2020パラリンピック 22競技特設ページで東京2020パラリンピック競技の「5人制サッカー」を題材にしたスペシャル動画「Experience the unbelievable」を公開している。

「ブラインドサッカー」としても知られる「5人制サッカー」。音を頼りにボールを扱うプレーの難しさとともに、日本代表選手による驚きのテクニックとその魅力を伝えるスペシャル動画に、あの世界的名手がサプライズ登場する。

 川村怜ら現役の日本代表選手と対戦しているのは、MFアンドレス・イニエスタ(神戸)。そのメイキング動画には、元スペイン代表MFがアイマスクを装着し、「5人制サッカー」に初挑戦する様子がおさめられている。得意のダブルタッチを披露しながらも「難しい」とつぶやくイニエスタ。日本代表選手から「ボールは足の間に置いたほうがいい」とのアドバイスも受けながら、最後はゲーム形式で対戦した。

 プレーを終えたイニエスタは「彼らとのプレーは素晴らしい経験でした。なぜかって、彼らと一緒に時間を過ごしたら、彼らがどれほどすごいことをしているか、よく分かりましたから」と驚嘆。来年の東京2020パラリンピックに臨む日本代表メンバーに「素晴らしい経験を楽しんでほしい。彼らの試合を是非見たい」とエールを送った。

 東京2020パラリンピック 22競技特設ページでは、全22競技についてパラリンピック競技特有のルールやクラス分けなど必要な情報を押さえつつ、各競技の魅力や見どころについて紹介している。東京2020パラリンピック観戦チケットの第1次抽選販売申込は8月22日未明より公式チケット販売サイトで開始される。

▼イニエスタ出演のメイキング動画はこちら

リバプールは“レスターの10番”を獲得すべき?キャラガー氏が古巣に助言

元の記事へ移動

リバプールはジェームス・マディソンを獲得すべき?
 リバプールOBで現在は解説者を務めるジェイミー・キャラガー氏(41)が、古巣にレスター・シティに所属するMFジェームス・マディソン(22)の獲得を勧めた。英『トーク・スポーツ』が伝えている。

 コベントリーの下部組織育ちのマディソンは、ノリッジ、アバディーンを経て、2018年6月にレスターと5年契約を締結。背番号10を託されたゲームメーカーは、精度の高いキック、キープ力をいかしたドリブルが持ち味で、昨季はプレミアリーグ36試合で7ゴール7アシストを記録した。

 キャラガー氏は「彼はリバプールが注目すべき“トップ6”以外の選手だ」と獲得を検討すべきだと古巣に助言。さらに元マンチェスターユナイテッドのガリー・ネビル氏は「彼は傑出している。本物のクリエイティブプレイヤーだ。イングランド代表としてEUROにも参加するだろう。彼は素晴らしい」と称えている。

●プレミアリーグ2019-20特集

[クラブユース選手権U-15]4強出そろう!!前回準VのC大阪、前々回王者・鳥栖などが準決勝へ

元の記事へ移動

 第34回日本クラブユース選手権(U-15)大会は21日、北海道帯広市で準々決勝を行い、ベスト4が出そろった。前回準優勝のセレッソ大阪U-15FC多摩ジュニアユースに3-1で勝利。前々回王者のサガン鳥栖U-15MIOびわこ滋賀U-15に6-1で大勝した。

 FC東京U-15むさしはFW田口輝一の2ゴールでFC LAVIDAに2-1で勝利。横浜F・マリノスジュニアユースはMF細川楓の決勝点で鹿島アントラーズつくばジュニアユースに1-0で競り勝った。

 準決勝は23日に行われ、対戦カードは鳥栖U-15対FC東京U-15むさし、C大阪U-15対横浜FMジュニアユースに決まった。

【準々決勝】
(8月21日)
[帯森球A]
サガン鳥栖U-15 6-1 MIOびわこ滋賀U-15
[鳥]オウンゴール2(13分、35分+1)、北野真平(23分)、鬼木健太(54分)、浦十藏(58分)、楢原慶輝(65分)
[M]今野寧音(15分)

セレッソ大阪U-15 3-1 FC多摩ジュニアユース
[C]平尾勇人(17分)、北野颯太2(20分、21分)
[多]貴田遼河(70分+4)

[帯森球B]
FC東京U-15むさし 2-1 FC LAVIDA
[東]田口輝一2(13分、17分)
[L]平嵩矢(70分+3)

横浜F・マリノスジュニアユース 1-0 鹿島アントラーズつくばジュニアユース
[横]細川楓(14分)

【準決勝】
(8月23日)
[帯森球A]
サガン鳥栖U-15 11:00 FC東京U-15むさし

[帯森球B]
セレッソ大阪U-15 11:00 横浜F・マリノスジュニアユース

●第34回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

今夏シントトロイデン加入の鈴木優磨がホームシック?現地メディアが報じる

元の記事へ移動

今夏シントトロイデンに加入した鈴木優磨
 今夏、シントトロイデンに加入したFW鈴木優磨(23)がホームシックに悩まされているようだ。ベルギーメディア『voetbalkrant』が伝えている。

 同メディアによれば、鈴木はホームシックにより、先週からトレーニングに参加していない模様。当初、病気によるトレーニング欠席とみられていたが、それは違ったという。

 7月に鹿島アントラーズから完全移籍でシントトロイデンに加入した鈴木は、今月6日のセカンドチームのトレーニングマッチで2018年12月以来の実戦復帰を果たし、さっそく2ゴールを記録。しかし、11日のスタンダール・リエージュ戦でベンチ入りしたものの、ここまで今季の出場はなかった。

 なお、鈴木は自身のインスタグラム(@yuma.suzuki.9)のストーリーで「ホームシック?おれが?笑 ないない」と否定している。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

[全中]10番MF渡邉幸汰がPK戦直前FK決勝弾!大正13年創部東北学院が過去最高に並ぶ8強入り

元の記事へ移動

MF渡邉幸汰が延長後半4分に直接FKを決めた
[8.21 全中2回戦 賢明学院中1-2(延長)東北学院中 橿原市民運動公園多目的グランド(西)]

 蹴った瞬間に好感触があったという。5分ハーフの延長戦。PK戦も視野に入った延長後半4分、東北学院中(宮城)の10番MF渡邉幸汰(3年)は心を落ち着かせてボールをセット。自分を信じて、右足を振り抜いた。

 気合が入らないわけがなかった。直前にFW野木夢翔(3年)の鋭い突破に対し、賢明学院中(大阪)のMF山下悠太(3年)がファウル。相手がレッドカードで退場となるプレーによって、決定機が阻止されていたからだ。

「味方が作ってくれたチャンスだった。「いい位置でもらえたFKだったので、いつも通りに蹴ることを心掛けました」。鮮やかな放物線を描いたシュートは、壁を越えてゴールネットに吸い込まれていった。

 試合中、ベンチに入れなかった部員たちが応援席から途切れることなく声を出し続けていた。作りだされる一体感。先制点もアシストするなど大活躍の渡邉も「声援が後押しになった」と笑顔で感謝を示す。

 創部は大正13年という伝統を持つ東北学院中だが、全中での最高成績は3年前のベスト8。これで並んだことになるが、ここで満足するつもりはもちろんない。勝てば母校の歴史に名を残すことになる準々決勝の相手は静岡学園中(静岡)。相手にとって不足もない。

「逞しさが出てきている」とイレブンの成長に目を細めた八木博紀監督は、「(静学は)相当強いと思うけど、いい経験、刺激になると思う。すごく楽しみですね」と更なる期待感を語る。そして渡邉も「全国優勝して過去最高の代になりたい」と力を込めた。

 静岡学園との準々決勝は22日、葛城市新町球技場で行われる。

(取材・文 児玉幸洋)
●第50回全国中学校サッカー大会特集ページ