不死鳥のごとく蘇った岡崎「また、ここからスタート」

元の記事へ移動

日本代表FW岡崎慎司
[6.19 ロシアW杯グループリーグ第1節 日本2-1コロンビア サランスク]

 別メニュー調整が続いていた。しかし、前日に全体練習に合流した日本代表FW岡崎慎司は、W杯グループリーグ初戦となるコロンビア戦のピッチへと送り込まれた。

 前半3分、いきなり日本にチャンスが訪れる。MF香川真司のシュートをPA内のMFカルロス・サンチェスがハンドで止めると、PKを得るだけでなくC・サンチェスにはレッドカードが提示された。ベンチから見守っていた岡崎は、「皆が興奮していたし、これがターニングポイントになると感じていた」。すると、このPKを香川がきっちりと沈めて先制に成功する。

 前半39分にMFフアン・フェルナンド・キンテロに直接FKを決められて同点に追い付かれながらも、後半28分にMF本田圭佑のCKをFW大迫勇也がヘディングで叩き込んで勝ち越しに成功。すると、同40分に岡崎がピッチへと送り込まれる。前線から激しいチェイシングで相手選手から自由を奪うだけでなく、パスコースを限定するなど後方に構える味方の負担を軽減した。

「すごくデリケートな時間帯だったので、とにかく前がしっかりすれば、後ろがだいぶ楽になると感じてやっていた」

 逃げ切りに成功したチームは2-1の勝利を収めて、白星スタートを切った。いきなりの出場にも「足は大丈夫」と不安はなし。「何よりも勝利を手にできたのが本当に良かった。皆、体を張れていたし、皆で勝ち切れた」と白い歯を見せつつ、「また、ここからスタート。もう一度、引き締めて今日やろうとしていたことを、90分通してできるかが大事だと思う」と次戦以降を見据えた。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

長かった4年間…川島「自分たちの時間がまた動き出した」

元の記事へ移動

DF昌子源と喜びを分かち合う日本代表GK川島永嗣
[6.19 ロシアW杯グループリーグ第1節 日本2-1コロンビア サランスク]

 4年前の14年6月24日。ブラジルW杯グループリーグ第3節コロンビア戦で1-4の敗戦を喫した日本代表は、決勝トーナメント進出を逃し、大会から姿を消すことになった。当時、ゴールマウスを託されていたのは、今大会も背番号1を背負うGK川島永嗣だった。

 前半6分にMF香川真司のPKで早々と先制に成功した日本だったが、同39分に数的不利になったコロンビアに同点に追い付かれてしまう。PA外でFKを与えると、MFフアン・フェルナンド・キンテロが直接ゴールを狙う。壁は4枚。コースは切られていたものの、シュートと同時にジャンプして生まれた下のスペースを抜けたボールがゴールを襲う。

「壁の下を通った時点でかなり厳しいなと思った」。しかし、懸命に体を伸ばしてボールに触れると、ゴールから必死にかき出そうとしたものの、ボールはゴールラインを割っており、同点となる得点が認められた。「何とかゴールラインぎりぎりのところで取れるかなと思ったけど、ちょっと難しかった」と悔しさを滲ませた。

 だが、1-1で迎えた後半28分にMF本田圭佑が蹴り出したCKをFW大迫勇也がヘディングで叩き込み、勝ち越しに成功。その後、日本に追加点こそ生まれなかったものの、コロンビアに同点ゴールを許さずに逃げ切って2-1の勝利を収めた。「後半はしっかりボールを動かせたし、相手も消耗していたというのはある。最後は体を張って守れていあので、チームとしての勝利だった」。

 4年前に苦汁を舐めさせられた相手にリベンジを果たしての白星発進。「4年前に自分たちが感じた悔しさを、この試合で晴らせたのは自分たちにとっては大きなこと。あの試合から時間が止まっていた部分があると思うので、いろんな意味で自分たちの時間がまた動き出したと思う」。4年前に止まった時間が、ようやく動き出した――。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

したたかな勝利に胸を張る長谷部「大きな前進」

元の記事へ移動

試合後、ガッツポーズを見せるMF長谷部誠
[6.19 ロシアW杯グループリーグ第1節 日本2-1コロンビア サランスク]

 勝ち点1で終わらず、さらに2ポイント上乗せしたいという思いと同時に、勝ち点0に終わるダメージを天秤にかけながら、ピッチ内でバランスを取っていた。1-1のまま時間が流れていた後半。日本代表MF長谷部誠(フランクフルト)は、一人少なくなっているコロンビアを相手に、勝ち越し点を狙いたい気持ちと、前がかりになることで失点するリスクのバランスを取ることに精を尽くした。

「このように早い時間帯で相手が退場になるのは、大きな大会では非常に難しくなるもの」。前半3分にコロンビアが退場者を出す展開に、キャプテンの脳裏をよぎったのは、4年前のブラジルW杯グループリーグ第2戦・ギリシャ戦。日本は前半38分の時点で10人になった相手を最後まで崩せず、スコアレスドローに終わった。あれから4年。日本はリスク回避を怠らず、したたかにセットプレーから決勝点を奪い取り、勝ち点3を手にした。

「今日は勝利そのものも大きいけど、そういう難しい試合で結果を出せたのは一つ大きな前進だった」。コミュニケーションの勝利でもあった。「ハーフタイムに話していたのは、まずは日本が一人多いので勝ちに行くという意識を全員が持ちながらも、こういう展開では1-2で負けるほうがダメージが大きい。最悪、1-1でもいいという割り切りはしていた」。

 後半はリスクを取る場面と、カバーリングの意識が常に崩れなかった。「この勝ちで勢いに乗れる。今日の相手は一人少ない状況だった。次は相手をしっかり研究して自分たちのプランをしっかり遂行したい」。日本は細部の一つひとつまで意識をめぐらせる緻密な組織へと成長しつつある。その中心に長谷部がいる。

(取材・文 矢内由美子)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

重圧のPKを冷静に沈めた香川「蹴る気満々だった」

元の記事へ移動

前半6分、冷静にPKを決めるMF香川真司
[6.19 ロシアW杯グループリーグ第1節 日本2-1コロンビア サランスク]

 計り知れないプレッシャーを跳ね返し、見事に決めた。前半6分に得たPKの場面。ボールをセットした日本代表MF香川真司(ドルトムント)は、じりじりした空気を払いのけるように鋭い眼差しでボールを見つめると、細かいステップでGKのタイミングを外し、ほぼ真ん中にキックを蹴り込んだ。

「キッカーは決まっていなかったし、自分で取ったPKなので、蹴る気満々だった」。日本代表のPKキッカーはいつもならMF本田圭佑。しかし、本田はベンチにいた。今まではあまりPKを蹴ることのない香川だが、今回はそれを逆手に取った。

「GKのタイミングを外すというのは頭にあった。相手はデータを取れていなかったと思うので、(真ん中に蹴るのは)使えるなと思っていた。うまくいって良かった」

 その前の場面でも直感が冴えていた。PKを誘発した前半3分のシーンは、自ら前線のFW大迫勇也にパスを出してからスプリントし、大迫のシュートのこぼれ球に詰めた形だった。「サコ(大迫)があれだけ粘ってくれたし、直感じゃないですけど、GKも弾くんじゃないかと思った。良いところにこぼれてきてくれた」。

 大迫が決めていればシンプルに先制点となったところだが、香川のシュートは相手選手の退場も誘った。「結果論としては退場者が出て、PKも決めることができた。こうやってみると、相手が一人少なくなったことがチームとしては大きかった」。

 コートジボワールを相手に本田のゴールで先制しながら後半の2失点で逆転負けを喫した4年前のブラジルW杯グループリーグ初戦。「4年前の初戦は忘れることができない。あの思いを4年間持っていて、今日こうやってみんなで勝ち切ることができた。本当に良かった」。そう言ってW杯のミックスゾーンで初めて笑顔を浮かべた香川には、ブラジルで最後に戦った相手に勝ち、4年越しのリベンジを果たした満足感があった。

 だが、「1勝するだけではいけない。グループリーグ突破に目を向けていきたい」とすぐに前を見つめた。自身にとってW杯初ゴールとW杯初勝利を手にした背番号10は、第2戦以降もチームを引っ張る覚悟を見せた。

(取材・文 矢内由美子)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

「本能的に出た」反骨心をプレーに変えた長友“金髪神話”も継続中

元の記事へ移動

90分走り抜いたDF長友佑都
[6.19 ロシアW杯グループリーグ第1節 日本2-1コロンビア サランスク]

 気持ちが自然と出た。前半18分、コロンビアはMFファン・クアドラード(ユベントス)が俊足を生かしてスルーパスに追いつき、日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)と1対1の形になる。縦に仕掛けて抜こうとしたところで長友が冷静に対応。ボールはゴールラインを割り、日本のゴールキックになった。

 長友は思わずガッツポーズ。「クアドラードには絶対に負けたくない気持ちがあった。彼の得意な1対1の勝負をしてきて、“来たな”と思った。絶対止めてやると。本能的にガッツポーズが出た」。セリエA時代に何度も対戦してきたクアドラードを「スピードお化け」と評し、そのマッチアップに勝つことだけを考えてきた。

「セリエAの試合もずっとクアドラードばかり見ていた」。コロンビアとの対戦が決まってから、自身はトルコリーグに移籍しても、映像を通してクアドラードの研究を続けてきた。退場者を出したコロンビアは前半31分にクアドラードを下げ、ボランチのMFウィルマル・バリオスを投入。長友の“完勝”だった。

 90分を通して集中力を切らさず、だれよりも走り抜いた。走行距離はチーム最長の10.745km。「『おっさん、おっさん』言われていたので、若い選手より走ろうと思っていた。走って戦わないと始まらない。だれよりも気持ちは入っていた」。W杯メンバー23人の平均年齢は史上最高齢の28.26歳(本大会初戦時)。「年功序列」「おっさんジャパン」という批判の声に対し、自身のツイッター(@YutoNagatomo5)に「年齢で物事判断する人はサッカー知らない人」と投稿し、“炎上”も経験した。

「おじさん連中で見せないと、戦わないと」。サッカーは年齢じゃない。そのことを証明できるのはピッチ上のプレー以外になかった。西野ジャパン2連敗を喫したスイス戦(0-2)から一夜明けた今月9日、髪を金色に染め上げ、周囲を驚かせた。「チームの雰囲気もそうだけど、自分自身、気分を変えたいというのもあった」。そう胸の内を明かしていた。

 すると、12日のパラグアイ戦(4-2)で西野ジャパン初勝利を飾り、この日のW杯初戦もコロンビアを破る金星。「自己満で終わっているけど、金髪にしてから勝利継続中なので」。そう冗談交じりに笑った31歳の左サイドバックは「あと2試合ある。一瞬たりとも気は抜けないし、今日勝ってグループリーグ突破が決まったわけでもない。もう一度気を引き締めたい」と気合を入れ直した。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

「チームに迷惑をかけた」乾に本田が“愛のムチ”

元の記事へ移動

日本代表MF乾貴士
[6.19 ロシアW杯グループリーグ第1節 日本2-1コロンビア サランスク]

 切り込み隊長としての役割を担った。左サイドハーフの位置で先発出場を果たした日本代表MF乾貴士は90分間ピッチに立ち続け、持ち味のドリブル突破も見せた。しかし、本人は自身のパフォーマンスに納得いかなかった。

 自身にとって初めての大舞台となったが、「緊張はなかった」と試合開始から積極的なプレーを披露。しかし、前半15分にはMF香川真司のスルーパスからフリーでPA内に侵入したものの、右足でとらえたシュートはゴール右に外れて決定機を逸してしまう。その後は左サイドでボールを受け、中央への鋭い切り込みでゴールに迫るも、相手の激しい寄せに遭ってピッチに倒れ込む場面も目立った。

「前半は自分自身、良くなくてチームに迷惑を掛けてしまった。後半はそれを引きずらずに切り替えないといけないと思って入ったので、ちょっとはマシにはなった」。しかし、後半12分にFW大迫勇也のパスから放ったシュートをGKダビド・オスピナに阻まれ、同21分には得意な形から右足で狙うもDFダビンソン・サンチェスにヘッドでクリアされるなど得点は生まれず、「何度かシュートチャンスがあった中で決めないといけない場面もあったし、そこはすごく反省点」と悔しさを滲ませた。

 当然チームの勝利には喜びを表しており、「チームにとって重要な勝ち点3だし、何よりデカい勝利だった」と語りながらも、反省点を「冷静になって見て行かないといけない」とも口にしている。「この勝ちを無駄にしないためにも、次のセネガル戦が大事。そこに向けて調整していきたい」と次戦で、自身の最高のパフォーマンスを見せようと準備を進める。

 本人が納得いくパフォーマンスを見せられなかったと感じたように、MF本田圭佑も乾について「不完全燃焼で、満足いくプレーを一つも見せていないと思うし、次から貪欲に行こうという気持ちになると思う」と感じたようだ。乾の能力の高さを知っているからこその“愛のムチ”であり、次戦以降の好パフォーマンスに期待している。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ロシアvsエジプト スタメン発表

元の記事へ移動

[6.19 ロシアW杯グループA第2節](サンクトペテルブルク)
※27:00開始
<出場メンバー>
[ロシア]
先発
GK 1 イゴール・アキンフェエフ
DF 2 マリオ・フェルナンデス
DF 3 イリヤ・クテポフ
DF 4 セルゲイ・イグナシェビッチ
MF 6 デニス・チェリシェフ
MF 8 ユーリ・ガジンスキー
MF 11 ロマン・ゾブニン
MF 17 アレクサンドル・ゴロビン
MF 18 ユーリ・ジルコフ
MF 19 アレクサンドル・サメドフ
FW 22 アルテム・ジューバ
控え
GK 12 アンドレイ・ルニョフ
GK 20 ウラジミール・ガブロフ
DF 5 アンドレイ・セミョノフ
DF 13 フョードル・クドリャショフ
DF 14 ウラジミール・グラナト
DF 23 イーゴリ・スモリニコフ
MF 7 ダレル・クズヤエフ
MF 9 アラン・ジャゴエフ
MF 15 アレクセイ・ミランチュク
MF 16 アントン・ミランチュク
MF 21 アレクサンドル・エロヒン
FW 10 フョードル・スモロフ
監督
スタニスラフ・チェルチェソフ

[エジプト]
先発
GK 23 モハメド・アル・シャナウィ
DF 2 アリ・ガブル
DF 6 アハメド・ヘガジー
DF 7 アハメド・ファティ
DF 13 モハメド・アブデル・シャフィ
MF 8 タレク・ハメド
MF 17 モハメド・エルネニー
MF 19 アブダラー・サイド
MF 21 トレゼゲ
FW 9 マルワン・モフセン
FW 10 モハメド・サラー
控え
GK 1 エサム・エル・ハダリ
GK 16 シェリフ・エクラミー
DF 3 アハメド・エルモハマディ
DF 12 アイマン・アシュラフ
DF 15 マフムード・ハムディ
DF 20 サード・サミル
MF 4 オマル・ガーベル
MF 5 サム・モルシー
FW 11 マフムード・カーラバ
FW 14 ラマダン・ソブヒ
FW 18 シカバラ
FW 22 アムル・ワルダ
監督
エクトル・クーペル

●[ロシアW杯]GL第2節1日目 スコア速報

ポーランドvsセネガル 試合記録

元の記事へ移動

【ロシアW杯グループH第1節】(モスクワ/スパルタク)
ポーランド 1-2(前半0-1)セネガル


<得点者>
[ホ]グジェゴシュ・クリホビアク(86分)
[セ]オウンゴール(37分)、ムベイェ・ニアン(60分)

<警告>
[ホ]グジェゴシュ・クリホビアク(12分)
[セ]サリフ・サネ(49分)、イドリッサ・ゲイェ(72分)

[プレビュー]レワンドフスキ出陣、セネガルは止められるか
身体能力、組織力で魅せたセネガル、レワンドフスキ抑えて白星発進!次戦は日本と激突


<出場メンバー>
[ポーランド]
先発
GK 1 ボイチェフ・シュチェスニ
DF 2 ミハウ・パズダン
DF 4 チアゴ・チョネク
FW 7 アルカディウシュ・ミリク
(73分→FW 23 ダビド・コブナツキ)
FW 9 ロベルト・レワンドフスキ
MF 10 グジェゴシュ・クリホビアク
MF 11 カミル・グロシツキ
MF 13 マチェイ・リブス
MF 16 ヤクブ・ブラスチコフスキ
(46分→DF 5 ヤン・ベドナレク)
MF 19 ピオトル・ジエリンスキ
DF 20 ルーカス・ピシュチェク
(83分→DF 18 バルトシュ・ベレシンスキ)
控え
GK 12 バルトシュ・ビャウコフスキ
GK 22 ルカシュ・ファビアンスキ
DF 3 アルトゥール・イェンドジェイチク
DF 15 カミル・グリク
MF 6 ヤチェク・ゴラルスキ
MF 8 カロル・リネティ
MF 17 スワボミル・ペシュコ
MF 21 ラファウ・クルザワ
FW 14 ウカシュ・テオドルチュク
監督
アダム・ナバウカ

[セネガル]
先発
GK 16 ハディム・エンディアエ
DF 3 カリドゥ・クリバリ
MF 5 イドリッサ・ゲイェ
MF 6 サリフ・サネ
FW 9 マメ・ビラム・ディウフ
(62分→MF 11 シェイク・エンドイェ)
FW 10 サディオ・マネ
DF 12 ユスフ・サバリ
MF 13 アルフレッド・エンディアイェ
(87分→MF 8 シェイク・クヤテ)
FW 18 イスマイラ・サール
FW 19 ムベイェ・ニアン
(75分→FW 14 ムサ・コナテ)
DF 22 ムサ・ワゲ
控え
GK 1 アブドゥライェ・ディアロ
GK 23 アルフレッド・ゴミス
DF 2 アダマ・ムベング
DF 4 カラ・ムボジ
DF 21 ラミーヌ・ガサマ
MF 17 バドゥ・エンディアイェ
FW 7 ムサ・ソウ
FW 15 ディアフラ・サコ
FW 20 ケイタ・バルデ
監督
アリウ・シセ

身体能力、組織力で魅せたセネガル、レワンドフスキ抑えて白星発進!次戦は日本と激突

元の記事へ移動

セネガルはニアンが浮き球をカットして得点を奪った
[6.19 ロシアW杯グループリーグ第1節 セネガル2-1ポーランド モスクワ]

 日本代表と同組のグループHのもう一試合は、セネガル代表ポーランド代表に2-1で勝利した。第2節は勝ち点3同士の日本とセネガルが対戦する。

 若き指揮官、2002年大会でキャプテンマークを巻いてプレーし、開幕戦でフランスを破る波乱を演じたアリウ・シセ監督(42)のもとで団結したセネガルが白星発進を決めた。

 セネガルの先制点は前半37分、中心選手のFWサディオ・マネのパスからMFイドリッサ・ゲイェがミドルを狙う。これがDFチアゴ・チョネクに当たってコースが変わるラッキーなオウンゴールになり、スコアが動いた。

 追加点も思わぬ形から生まれた。ポーランドのMFグジェゴシュ・クリホビアクが敵陣から自陣に戻した浮き球に対し、怪我の治療から戻ったFWムベイェ・ニアンが猛然とダッシュ。前に出たGKボイチェフ・シュチェスニの前でボールを触ると、そのまま無人のゴールまで持ち込んだ。

 守っても高い身体能力と組織力で、大会屈指のストライカーと期待されるFWロベルト・レワンドフスキに仕事をさせない。後半5分にレワンドフスキに狙われたFKはGKハディム・エンディアエが確実にセーブした。

 ただポーランドも終盤意地を見せる。後半41分、正面の位置でFKを獲得すると、MFカミル・グロシツキの浮き球をMFグジェゴシュ・クリホビアクが頭に当てて流し込む。しかし逆転までは届かなかった。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ポーランドvsセネガル 試合スタッツ

元の記事へ移動

【W杯GL第1節】(モスクワ/スパルタク)
ポーランド 1-2(前半0-1)セネガル


試合終了時の主なスタッツ
■シュート数
ポーランド 10 : 8 セネガル

■枠内シュート
ポーランド 4 : 2 セネガル

■パス本数
ポーランド 508 : 301 セネガル

■パス成功率
ポーランド 85%:82% セネガル

■走行距離
ポーランド 110km:107km セネガル

■オフサイド
ポーランド 3 : 3 セネガル

■コーナーキック
ポーランド 3 : 3 セネガル

■ファウル数
ポーランド 8 : 15 セネガル

■イエローカード
ポーランド 1 : 2 セネガル

■レッドカード
ポーランド 0 : 0 セネガル

■ボール支配率
ポーランド 59%:41% セネガル

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送