新型コロナで父親を亡くした息子の悲痛な訴え「リバプールvsアトレティコのせいだ」

元の記事へ移動

リバプールファンの家族が政府の対応を批判
 リバプールファンの父親を新型コロナウイルスで亡くした息子が、その原因はUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第2戦のアトレティコ・マドリー戦だと訴えた。スペイン『マルカ』や『カデナ・セール』が報じている。

 同試合はヨーロッパで新型コロナウイルスの感染が拡大していた3月11日に開催された。敵地アンフィールドに乗り込んだアトレティコは延長戦の末、リバプールに3-2で勝利。2試合合計4-2でベスト8進出を決めた。

 当時スペインのマドリードは、すでに警戒状態にあったという。しかし、同じ週に行われた欧州CLの他試合が無観客開催となった一方で、アトレティコのサポーターはリバプール市への遠征を許可された。

 4月17日に新型コロナウイルスによって父親を亡くしたリチャード・ジェイミー氏は、イギリス『デイリー・メール』のインタビューで政府の対応を非難している。

「父がいつ発症したのか、いつ病に倒れたのか、いつ亡くなったのかを見ると、彼がそこでウイルスに感染したのは99%間違いない。彼は家を出ることはほとんどなく、過去70年間で病気にかかったこともないんだ」

「彼はスタジアムの入り口でアトレティコのファンとすれ違った。政府の行動が遅すぎたんだ。彼らはこうなることを知っていた。そして今、私たちはもはや彼らの言うことを信用しなくなった」

「すでにコロナウイルスが全国に広がっていたのは明らかだった。イギリス政府は『何も問題ない』と言っていたが、1週間もしないうちに突然ロックダウンが始まったんだ」

 イギリスの国民保健サービス(NHS)のデータを分析する『エッジ・ヘルス』社の調査では、このリバプール対アトレティコが新型コロナウイルスによる41人の死者増加につながったと結論付けられている。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

片膝ポーズで追悼も…堂安所属のPSV、シーズン終了決定後もトレーニング(6枚)

元の記事へ移動

日本代表MF堂安律所属のPSVがトレーニングを行った
 日本代表MF堂安律が所属するPSVがトレーニングを行った。練習前には人種差別抗議運動を支援する片膝のポーズがとられた。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2019-20特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

批判受けるバルサMFにイニエスタが言及「今さら気づくことではない」

元の記事へ移動

MFアンドレス・イニエスタがビダルを擁護
 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが古巣バルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを擁護した。スペイン『ABC』が伝えている。

 ビダルはイニエスタがバルセロナを去った2018年夏、入れ替わりでバイエルンから加入した。初年度の2018-19シーズンはリーガ・エスパニョーラ33試合で3ゴールを記録し、バルセロナの2連覇に貢献。今季も22試合6ゴールの活躍を見せ、首位を走るチームを支えている。その一方でフィジカルを特徴とするプレースタイルから、バルセロナの中盤には合わないという批判の声も少なくない。

 しかし、チリのサッカーチャンネルのインタビューに応じたイニエスタは「彼は偉大な選手だ。今さら気づくことではない。彼はこれまで所属したチームでも代表でも重要なピースとなっている」とビダルを称賛。ハードワークを持ち味とするプレースタイルも、キケ・セティエン監督のチームに恩恵を与えると説いている。

「バルサのスタイルに関してはさまざまな意見があるが、彼のような素晴らしい選手にはもちろん居場所がある」

「アルトゥーロはピッチを所狭しと走り回る。何度もオーバーラップし、帰陣も怠らない。チームプレーに優れ、フィジカル的にも非常に強い選手だ」

 イニエスタはレバークーゼン、ユベントス、バイエルンで結果を残してきたビダルの能力に疑いはないと主張し、「彼はバルセロナのようなチームでもプレーできる高い資質がある。チームは変化を求めなければならないんだ」と太鼓判を押した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

レアル逆転優勝へカギを握る両ウイング…リーグ再開に向けてトレーニング(10枚)

元の記事へ移動

リーグ再開に向けてレアル・マドリーが全体練習を行った
 レアル・マドリーは2日、全体練習を行った。怪我で戦列を離れていたMFマルコ・アセンシオやMFエデン・アザールも元気な姿を見せた。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

スペイン紙「現在ヨーロッパ中で話題の選手に…」19歳新星に対する久保建英の“からかい”

元の記事へ移動

MF久保建英の足技に再脚光
 マジョルカの日本代表MF久保建英バイエルンのカナダ代表MFアルフォンソ・デイビスを相手に決めた股抜きが再び脚光を浴びている。スペイン『アス』が「現在ヨーロッパ中で話題の選手に対するクボの“からかい”」と題し、動画付きで伝えた。

 両選手は昨年7月に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)のレアル・マドリー対バイエルン(1-3)で対決。レアル選手としてのデビュー戦だった久保はゴールライン際でデイビスに寄せられると、半身の状態から遠い方の左足でボールを転がして股を抜き、難しい局面を切り抜けた。

 この華麗な足技は当時も多くの海外メディアに取り上げられたが、デイビスがバイエルンで存在感を高める中で、再びファンの間で話題となっているようだ。

 現在19歳のデイビスは左サイドバックを主戦場に、今季ここまでブンデスリーガ25試合に出場している。先月26日の第28節ドルトムント戦では、ピンチの場面で同じ19歳の“怪物”FWアーリング・ホーランドを異次元のスピードで止め、失点を阻止。2位ドルトムントとの勝ち点差を7に広げる1-0の完封勝利に貢献し、大きな称賛を集めた。

 今まさに旬な選手といえるだけに、手玉に取られた昨年夏のワンシーンはインパクトが強いのかもしれない。同紙はこの反響ぶりについて「素晴らしい試合を見せるアルフォンソ・デイビスの前に、プレシーズンのレアル・マドリー対バイエルンで生まれた日本人選手による傑出したドリブルが舞い戻っている」とレポートした。


●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!