ローマが敵地で先制も…ホームで強いシャフタールが後半2発でCL第1戦を逆転勝利

元の記事へ移動

シャフタールがホームで逆転勝利を収めた
[2.21 欧州CL決勝T1回戦第1戦 シャフタール2-1ローマ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は21日、決勝トーナメント1回戦第1戦4日目を行った。シャフタール(ウクライナ)はホームでローマ(イタリア)と対戦し、2-1で勝利。第2戦は3月13日にローマのホームで行われる。

 グループリーグではマンチェスター・シティナポリといったクラブ相手にホーム全勝を収めて2位で突破したシャフタールが、得意の本拠地にグループ1位突破のローマを迎えて相まみえた。

 序盤から両者ともにチャンスをつくる激しい展開に。すると最初に均衡を破ったのはローマとなった。前半41分、PA手前でパスを受けたジェコがPA右へスルーパス。絶妙なタイミングで裏に抜け出したFWジェンギズ・ウンデルが左足で押し込んで先制に成功した。昨夏加入したウンデルは、直近のリーグ戦3試合で4ゴールと大ブレイク中。勢いそのままに欧州CLデビューとなったトルコ人FWは、20歳222日で自国最年少記録となる欧州CLでのゴールを決めた。

 前半押されたシャフタールだが、後半からグループリーグで発揮したホームでの強さを発揮。後半7分、後方からのロングボールで最終ラインを突破したFWファクンド・フェレイラがそのままPA左に進入し、切り返して右足シュートで同点弾を決める。また同26分、MFフレッジがPA右手前からのFKを左足で振り切り、クロスバー直撃の逆転弾を叩き込んだ。

 後半は勢いをものにしたシャフタールがそのままリードを保ち、2-1で勝利。前評判通りのホームでの強さを見せたシャフタールが第1戦で先勝した。前半の勢いを失ったローマは2失点での逆転負け。しかしアウェーゴールを手にしたことで、3月13日に行われるホームでの第2戦に望みをつないでいる。

●欧州CL17-18特集
●セリエA2017-18特集

マンUはGKデ・ヘアの好セーブなど敵地で手堅い守り…セビージャとの第1戦はスコアレスドロー

元の記事へ移動

マンチェスター・ユナイテッドはスコアレスドローで第1戦を終える
[2.21 欧州CL決勝T1回戦第1戦 セビージャ0-0マンチェスター・U]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は21日、決勝トーナメント1回戦第1戦4日目を行った。マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は敵地でセビージャ(スペイン)と対戦し、0-0で引き分けた。第2戦は13日にオールド・トラッフォードで行われる。

 ユナイテッドは17日のFA杯ハダースフィールド戦(2-0)からスタメン3人を変更。GKダビド・デ・ヘアがゴールを守り、MFアントニオ・バレンシアとMFアンデル・エレーラが起用された。対するセビージャも17日のリーガ・エスパニョーラ第24節ラス・パルマス戦(2-1)から3人を入れ替え、DFセルヒオ・エスクデロとMFエベル・バネガ、FWルイス・ムリエルがスターティングメンバーに名を連ねた。

 序盤はユナイテッドが守備を整え、セビージャの攻撃を迎え撃つといった構図に。時折、ユナイテッドがFWロメル・ルカクを起点に攻撃を仕掛けるが、決定的なシーンとはならない。すると、前半17分にユナイテッドにアクシデント発生。PA右でボールを受けたエレーラがヒールパスをした際に左腿裏を痛め、ピッチに座り込んでしまう。エレーラは自らの足でピッチを後にし、体調不良でハダースフィールド戦を欠場したMFポール・ポグバを送り込んだ。

 その後もセビージャが主導権を握り、前半終了間際に立て続けに決定機が訪れる。45分、バネガの左CKからファーサイドのDFガブリエル・メルカドがオーバーヘッドで中央へ折り返し、MFスティーブン・エンゾンジがヘッド。これはGKデ・ヘアに防がれ、アディショナルタイム1分には、右サイドから切れ込んだMFヘスス・ナバスのクロスにムリエルがフリーで飛び込んだが、決定的なヘディングシュートはGKデ・ヘアのファインセーブに阻まれた。

 前半はセビージャがポゼッション率53%、シュートは12本(枠内4本)、CKは10本と数字上では押し込んでいるようにみえたが、ユナイテッドが冷静に対応し、決定的なシーンは少なかった。均衡した状況が続く中、ユナイテッドは後半30分にFWアレクシス・サンチェスを下げ、FWマーカス・ラッシュフォードを投入。35分には、MFフアン・マタに代えてFWアントニー・マルシャルを入れた。

 後半41分、ユナイテッドは右サイドまで流れたボールをラッシュフォードが回収し、ポグバとのパス交換でPA右に侵入して右足を振り抜く。しかしシュートはわずかにゴール左に外れ、チャンスを逃した。試合は最後までスコアが動くことなく、0-0でタイムアップ。ユナイテッドは25本(枠内9本)のシュートを浴びながらも、手堅い守備でアウェーでの第1戦を引き分けで終えた。

●欧州CL17-18特集
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
●プレミアリーグ2017-18特集

そんなに吸いたい?ナポリがライプツィヒに“異例のリクエスト”

元の記事へ移動

愛煙家として知られるナポリのマウリツィオ・サッリ監督
 ライプツィヒナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督の“異例のリクエスト”に応えた。『フットボール・イタリア』が伝えている。

 ライプツィヒは、15日にアウェーで行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第1戦でナポリに3-1で勝利。大きなアドバンテージをもって、ホームに戻ってきた。

 第2戦は22日に行われるが、同メディアによると、愛煙家として知られるサッリ監督の要望を受け、ライプツィヒがアウェー側のロッカールームに幅3メートル、高さ3.5メートルの喫煙室を設置。気になる費用に関しては、サッリ監督の全額負担だという。

●EL17-18特集
●ブンデスリーガ2017-18特集
●セリエA2017-18特集

ペップを称賛するベンゲル「彼はアーセナルに入りたがっていた」

元の記事へ移動

ジョゼップ・グアルディオラ監督がアーセン・ベンゲル監督の教え子になる可能性があった!?
 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督の教え子になる可能性があったようだ。英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 現在プレミアリーグ首位を独走するシティを率いるグアルディオラ監督。選手時代は、並外れたボールコントロール、局面を打開するパスセンスを武器に、バルセロナで公式戦366試合に出場するなど、2006年11月まで現役を続けた。

 25日に行われるカラバオ杯決勝でグアルディオラ監督率いるシティと対戦するアーセナルのベンゲル監督は、「彼がまだ選手だった頃、少し話をして、自宅に招いたこともある。彼はアーセナルに来たがっていたからね」と、グアルディオラ監督との過去の出来事を明かした。

 そして、現在は指揮官同士で相まみえる。「彼が残してきた業績は私のものより優れている。彼は何をするべきなのか心得ているんだ。いま彼は規格外のチームを率いており、うまく機能させている。彼の業績に対してはリスペクトしたいと思う。試合に対しての明確なビジョンをもっているんだ。しかもポジティブな態度と哲学をもっている」と称えた。

●カラバオ杯2017-18特集
●プレミアリーグ2017-18特集

C大阪vs広州恒大 試合記録

元の記事へ移動

【ACLグループG第2節】(ヤンマー)
C大阪 0-0(前半0-0)広州恒大


<警告>
[C]山下達也(52分)
[広]リカルド・グラル(35分)、ガオ・リン(52分)、リャオ・リーション(65分)

主審:アンマル・アルジネイビ
副審:アハメド・アルラシュディ、ザイド・カマル

<出場メンバー>
[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
DF 14 丸橋祐介
DF 22 マテイ・ヨニッチ
DF 23 山下達也
(83分→FW 9 杉本健勇)
MF 6 山口蛍
MF 7 水沼宏太
(86分→MF 17 福満隆貴)
MF 11 ソウザ
MF 24 山村和也
FW 13 高木俊幸
(75分→FW 8 柿谷曜一朗)
FW 18 ヤン・ドンヒョン
控え
GK 27 丹野研太
DF 5 田中裕介
MF 15 木本恭生
MF 26 秋山大地
監督
尹晶煥

[広州恒大]
先発
GK 32 リュウ・ディエンズオ
DF 5 ジャン・リンポン
DF 6 フォン・シャオティン
DF 28 キム・ヨングォン
DF 35 リー・シュエポン
MF 2 リャオ・リーション
MF 8 ネマニャ・グデリ
(83分→MF 16 フアン・ボーウェン)
MF 11 リカルド・グラル
MF 27 ジョン・ロン
(67分→FW 20 ユー・ハンチャオ)
FW 7 アラン
(75分→MF 15 ジャン・ウェンジャオ)
FW 29 ガオ・リン
控え
GK 40 リュウ・シーボー
DF 23 ドン・ハンウェン
DF 25 ゾウ・チョン
FW 17 ヤン・リーユー
監督
ファビオ・カンナバーロ

●[ACL]GL第2節2日目 スコア速報(日本勢)

ソウザの先制ヘッドは幻…“役者登場”でギア上げたC大阪、終盤猛攻も広州恒大とスコアレス

元の記事へ移動

途中出場で攻撃のリズムを生んだC大阪FW柿谷曜一朗
[2.21 ACLグループリーグ第2節 C大阪0-0広州恒大 長居]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は21日、グループリーグ第2節を行い、G組ではセレッソ大阪がホームで広州恒大(中国)と0-0で引き分けた。C大阪は2試合を終え、1勝1分で勝ち点4。第3節は3月6日に開催され、敵地でブリーラム・U(タイ)と対戦する。

 14日にアウェーで行われた第1節・済州戦を1-0で制したC大阪は先発4人を変更し、DF山下達也、MF山村和也、FW高木俊幸、FWヤン・ドンヒョンをスタートから起用。18日のトレーニング中に負傷したMF清武弘嗣が欠場したほか、前節スタメンのMF木本恭生、FW柿谷曜一朗、FW杉本健勇がベンチスタートとなった。

 C大阪はファビオ・カンナバーロ監督率いる国内リーグ7連覇中の広州恒大に序盤から攻め込まれる展開となる。前半14分、MFソウザのバックパスをFWアランに奪われてループシュートを打たれるが、ミスキックとなったボールはGKキム・ジンヒョンがセーブ。同18分にはMFリカルド・グラルのパスを受けたアランがPA内中央から左足を振り抜くも、シュートは枠を外れた。

 相手に圧力をかけられ続ける中、C大阪も前半23分にチャンスを創出する。ソウザのミドルシュートがGKリュウ・ディエンズオに弾かれ、PA内左でDF丸橋祐介が反応。しかし、左足のシュートは再びGKリュウ・ディエンズオに止められ、前半はスコアレスで終了した。

 両チームとも後半開始の選手交代はなし。C大阪は立ち上がりのピンチをしのぐと、徐々に攻撃の形を作り始める。後半11分、左サイドの丸橋が鋭いクロスを蹴り込み、FWヤン・ドンヒョンが飛び込むが、頭でうまく合わせられず。同16分にはソウザが敵陣でボールを奪い、PA手前中央から右足で低いシュートを放つ。だが、相手DFに当たり、ゴール左外へそれていった。

 C大阪は後半30分、移籍後初先発だった高木を下げ、温存されていた柿谷を投入。背番号8は直後の同33分、積極的にドリブルを仕掛けて左CKを獲得する。キッカーの丸橋が左足でアウトスイングのクロスを供給すると、ファーのソウザがヘディングで押し込むが、その前にクロスがゴールラインを割っていたとして、得点は認められず。同31分のFKのシーンでもFWヤン・ドンヒョンのゴールがDFマテイ・ヨニッチのオフサイドで取り消されており、もどかしい展開が続いた。

 その後、後半34分の広州恒大DFキム・ヨングォンの直接FKをGKキム・ジンヒョンの好守でしのいだC大阪は、同38分に山下と杉本、同41分にMF水沼宏太とMF福満隆貴を交代。同43分には柿谷の左クロスに杉本がヘッドで合わせるも、GKリュウ・ディエンズオのビッグセーブに遭う。終盤も攻め続けたC大阪だったが、最後までゴールを割ることはできず、0-0のままタイムアップの笛を聞いた。

●ACL2018特設ページ

[新人戦]終盤3発の静岡学園が静岡3連覇!

元の記事へ移動

 平成29年度静岡県高校新人大会サッカー競技県大会は静岡学園高が、3年連続15回目の優勝を果たした。

 決勝で常葉大橘高と対戦した静岡学園は、0-0の後半30分にMF鈴木翔太が左足で先制ゴール。さらにMF三枝竜也と10番FW塩浜遼のゴールで加点した静岡学園が3-0で勝利した。

【決勝】
静岡学園高 3-0 常葉大橘高

【準決勝】
静岡学園高 5-0 清水東高
常葉大橘高 2-0 藤枝東高

【準々決勝】
静岡学園高 2-0 浜松開誠館高
清水東高 2-0 東海大静岡翔洋高
富士市立高 1-3 常葉大橘高
浜名高 0-0(PK4-5)藤枝東高

85日で解任のインテルに恨み節…デ・ブール「アヤックスユースの方がマシ」

元の記事へ移動

85日でインテル指揮官を解任されたフランク・デ・ブール氏
 フランク・デ・ブール氏が、わずか85日で解任されたインテルに恨み節だ。

 現役時代、アヤックスやバルセロナなどで活躍した元オランダ代表FWは、2006年4月に現役引退。指導者の道に進んだ。そして、古巣アヤックスを2010-11シーズンからエールディビジ4連覇に導き、ロベルト・マンチーニ氏の後任として、2016年8月9日にインテルの監督に就任した。

 しかし、セリエA第11節を終えた時点で4勝2分5敗の12位に低迷。16年11月1日に解任が発表され、わずか85日で“クビ”となってしまった。昨年6月26日には、サム・アラダイス氏の辞任に伴ってクリスタル・パレスの指揮官に就任したが、開幕4試合で無得点に終わり、同年9月11日に解任。4試合での解任はプレミアリーグ史上最短の記録(就任から77日)で、不名誉な記録を樹立してしまった。なお、現在はフリーとなっている。

 『フットボール・イタリア』によると、デ・ブール氏はインテルを指揮していた当時を振り返り、「イタリアでかなり苦戦した。私がいたころインテルは混乱していた。選手たちは好き勝手プレーしていた。私は彼らにポジションに適したプレーを望んだが…。私はこのようなチームを見たことがなかった。アヤックスのユースチームの選手たちの方がマシだったよ」と、恨み節を口にした。

●セリエA2017-18特集

[新人戦]選手権4強の矢板中央が4発V!交代出場MF板橋が2G1A!:栃木

元の記事へ移動

 平成29年度栃木県高校サッカー新人大会は17日に決勝戦を行い、選手権全国4強の矢板中央高宇都宮白楊高に4-0で快勝。2年ぶり9回目の優勝を果たした。

 矢板中央は前半25分、交代出場のMF板橋幸大のアシストからFW望月謙が先制ゴール。後半8分にはDF白井陽貴がPKを決めて2-0と突き放した。その後も攻める矢板中央はいずれもFW大塚尋斗のアシストから板橋が2ゴール。矢板中央がまず栃木1冠を獲得した。

【決勝】
矢板中央高 4-0 宇都宮白楊高

【準決勝】
矢板中央高 2-0 文星芸大附高
宇都宮白楊高 2-1 佐野日大高

【準々決勝】
矢板中央高 4-1 大田原高
文星芸大附高 2-1 小山南高
小山高 1-2 宇都宮白楊高
宇都宮高 0-1 佐野日大高