[MOM2645]西武文理FW澤田颯太(3年)_168cmFWが決勝ヘッド!頭だけで2戦4発!

元の記事へ移動

後半31分、決勝点を決めた西武文理高FW澤田颯太(右)がアシストのFW橋爪健とゴールを喜ぶ
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[10.14 選手権埼玉県2回戦 立教新座高 0-1 西武文理高 西武台高G]

 後半31分、西武文理高は右CKから待望の先制ゴール。ファーサイドで抜群の高さを発揮し、ゴール方向へヘッドしたFW橋爪健(3年)が誰よりも喜びを爆発させ、跳躍からガッツポーズする。そして、そのまま控え選手たちの輪の中へ飛び込んだ。

 ピッチサイドで大興奮の西武文理イレブン。その一方、中央で「オレ、オレ」と自らを指差し、ベンチに向かって笑顔でアピールしている選手がいた。FW澤田颯太(3年)だ。決勝ゴールは、橋爪のヘッドをゴール前で、わずかに頭でコースを変えた彼の得点。その澤田はピッチに戻ってきた橋爪と抱擁すると、すぐに味方を大声で鼓舞して試合を再開した。

 喜びのシーンには「出遅れた」という澤田だが、読みはピタリだった。「10番(橋爪) が競り合い強くて、絶対に勝つのでそこを信じて」中央、GKのすぐに近くにポジショニング。そこへ飛んできたボールを上手く頭でゴールへ流し込んだ。

 前日に行われた越ヶ谷高戦で澤田はハットトリックを達成している。その3得点は全て頭で決めたゴールだ。身長168cmと小柄ながら「利き足は頭」と笑うFWは、クロスに対して勇気を持って頭から飛び込む姿勢や、思い切りの良いシュートが特長のアタッカー。この日も前線で積極的に走り回り、クロスに頭から飛び込んでいたFWは泥臭く決勝点を決めた。

「ここがヤマだった。後のことは考えないで、ここだけを勝とうという気持ちでみんなやっていました」という大一番で勝利。いずれも技術のある橋爪、FW浅見玲王(3年)、FW山本竜也(3年)のスーパーサブトリオのパスなどからゴールを決める役割を担うFWは、また貴重なゴールを決めてチームに歓喜をもたらす。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2018

注目の大型ボランチ、西武台MF大塚が“真骨頂”のスルーパスで先制点演出し、2戦連発

元の記事へ移動

後半15分、西武台高MF大塚悠平が右足でゴール
[10.14 選手権埼玉県2回戦 川口北高 0-5 西武台高 西武台高G]

 0-0の前半35分、“真骨頂”のスルーパスで先制点をもたらした。西武台高の大型ボランチ・MF大塚悠平(3年)はカウンターから中央のスペースを持ち上がると、右足アウトサイドでスルーパス。GKから離れて行く軌道、距離感ピタリのパスがFW浦上颯太(3年)の足元に通り、背番号11が右足で先制点を叩き出した。

「浦上フリーでしたし、速攻で抜けてくれたので。あとはGKに取られないようにちょっとアウトにかけて、浦上に向かってちょっとカーブするイメージして出しています」と大塚。多彩なキックを持ち味とするMFはこの日もセンス溢れる長短のパスを見せていたが、咄嗟の判断で選択しているというアウトサイドキック、高精度のスルーパスで待望のゴールを演出して見せた。

 3点目の起点にもなった大塚は、後半15分に左サイドでの連係から抜け出して右足でゴール。前半から積極的にミドルシュートを放つなどゴールへの姿勢を見せていたMFは2試合連続ゴールを決め、高さを活かした守備や相手のカウンターに対応する守備でも効いていた。

「インターハイとかでいい結果を出せていなくて、チームに迷惑をかけていたのでいつもよりも集中していた」という大塚は存在感あるプレーをした一方、守屋保監督からは運動量の低下について指摘されていた。父・正則さんは大宮東高のDFとして全国8強入りし、大会優秀選手に選出された経歴の持ち主。その父超えも目指す注目ボランチはより、チームのために走り、勝利へ導くプレーをする。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2018

「信じられない形でベルギーに…」ウルグアイ監督は日本へ敬意欠かさず

元の記事へ移動

記者会見するウルグアイ代表のオスカル・タバレス監督
 16日のキリンチャレンジカップで日本代表と対戦するウルグアイ代表が15日、試合会場の埼玉スタジアムで公式練習を行った。練習前には06年から指揮を執るオスカル・タバレス監督(71)が公式会見に出席した。

 12日にはソウルで行われた国際親善試合で韓国代表に1-2で敗れたウルグアイ。タバレス監督は「我々は長旅を経て、12時間の時差がある中で戦っている。ただ、韓国戦から数えれば、3、4日間の適応する時間があった。コンディションは前回の試合より良くなっている」と指摘する一方、「我々は親善試合で結果を残すことだけを目指しているのではなく、若い選手を試すことを目標にしている。一番のゴールは2022年のカタールW杯に出場し、そこでいい結果を残すことだ」と力説した。

 FWルイス・スアレス(バルセロナ)は右膝の違和感で招集を辞退したが、FWエジソン・カバーニ(パリSG)やDFディエゴ・ゴディン(A・マドリー)ら主力も来日。指揮官は「スアレスはウルグアイ代表だけでなく、バルセロナでも決定的な役割を果たしている。重大な役割を担っている選手だが、スアレスがいない状態でウルグアイ代表がプレーするのはこれが初めてのことではない」と強調した。

 若手の成長も著しい。4強入りした昨年のU-20W杯に出場したU-21世代からMFロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス)、MFフェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー)、DFマルセロ・サラッチ(ライプツィヒ)の3人を招集。21歳のベンタンクールは8強入りしたロシアW杯にも出場し、U-20W杯で対戦したMF堂安律も「(昨季の)チャンピオンズリーグでバルセロナとかと対戦しているのをテレビで見て刺激になった」と話すウルグアイ期待の新星だ。

 タバレス監督は「彼(ベンタンクール)を始めとする若い選手たちはこれまでと違うサッカーをウルグアイ代表にもたらしてくれた」と称え、「ベテラン選手と融合することで今後、大きくチームに貢献してくれると思う」と期待を寄せた。

 日本代表について「U-20世代の選手も興味深く見守っている」と話す敵将は、日本で警戒する選手を聞かれ、「特定の選手の名前を挙げることは控えたい」としながらも、「FWの選手たちはスピードとテクニックに優れ、シュート力にも長けている。W杯では残念ながら、信じられない形でベルギーに負けてしまったが、日本代表のサッカーは素晴らしいベースがすでに出来上がっていると思う」と敬意を示した。

(取材・文 西山紘平)

●アジアカップ2019特設ページ

バルサに緊急事態、ベルメーレン負傷でCBが…

元の記事へ移動

代表戦で負傷したベルギー代表のバルセロナDFトマス・ベルメーレン
 バルセロナは15日、ベルギー代表DFトマス・ベルメーレンの負傷状況を発表した。

 12日に行われたUEFAネーションズリーグ・スイス戦で、ベルギー代表の一員として先発出場を果たしたベルメーレンだったが、後半28分に負傷交代。バルセロナのクラブ公式ウェブサイトによると、ベルメーレンは右ハムストリングを痛めており全治6週間と診断されたようだ。

 復帰は12月初旬になると考えられ、リーガ・エスパニョーラでは10月20日のセビージャ戦や28日のレアル・マドリー戦、11月25日のアトレティコ・マドリー戦、そして、その間に行われるUEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグのインテルとの連戦(10月24日、11月6日)やPSV戦(11月28日)も欠場する見込みだ。

 DFサムエル・ウムティティはヒザの靭帯損傷で全治約6か月の長期離脱を強いられることが英紙『ザ・サン』で報じられており、本職のCBはDFジェラール・ピケとDFクレマン・ラングレの2人だけと苦しい状況となっている。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

麻也の“相棒”は…CB争いでリードしたい三浦「自分の全力をぶつけたい」

元の記事へ移動

ランニングするDF三浦弦太
 センターバック争いで一歩リードとなるか。森保ジャパン初陣となった9月11日のコスタリカ戦(3-0)に先発した日本代表DF三浦弦太(G大阪)は今月12日のパナマ戦(3-0)は出番なし。DF吉田麻也の森保ジャパン初先発が予想される16日のキリンチャレンジカップ・ウルグアイ戦(埼玉)でその“相棒”を務めることになりそうだ。

 パナマ戦は、コスタリカ戦で三浦とセンターバックを組んだDF槙野智章とA代表デビューとなるDF冨安健洋が先発。森保一監督は「パナマ戦から大幅にメンバーを代えて明日のウルグアイ戦は戦いたい」と明言しており、センターバックも吉田、三浦という組み合わせをテストする考えのようだ。

 日本代表の新キャプテンに就任した吉田とコンビを組むセンターバックがだれになるかは森保ジャパンで注目されるポイントの一つ。三浦、槙野、冨安のほか、コスタリカ戦ではDF植田直通も招集されていた。ロシアW杯でレギュラーだったDF昌子源は負傷のため招集されていないが、前日14日のルヴァン杯準決勝第2戦に途中出場し、実戦復帰。来年1月のアジアカップに向けて、その競争はさらに熾烈となっている。

 ウルグアイ戦で先発となれば、FWエジソン・カバーニら世界トップレベルのアタッカーを相手に自分自身をアピールする絶好のチャンス。カバーニについて「上手さがあるし、シュートが上手い。クロスの対応も注意していけたら」と警戒する三浦は「なかなかこういう相手とやれる機会はない。自分の全力をぶつけたい」と意気込んだ。

(取材・文 西山紘平)

●アジアカップ2019特設ページ

[MOM2644]西武台FW深代陸(3年)_また決めた!超絶オーバーヘッド弾で話題に

元の記事へ移動

後半6分、オーバーヘッド弾を決めた西武台高FW深代陸が笑顔
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[10.14 選手権埼玉県2回戦 川口北高 0-5 西武台高 西武台高G]

 チームメートに撮影されていたゴール動画のSNS閲覧回数は、すでに50万回を越えているようだ。後半6分、西武台高FW深代陸(3年)がFW浦上颯太(3年)の右クロスから鮮やかな右足オーバーヘッドシュートを右隅に決めて3-0。チームメートから「ヤバイ!」「すごすぎ」の声も上がった一撃は「また」決めた超絶ゴールだった。

 深代は埼玉県1部リーグの武南高戦でもオーバーヘッド弾を決めているという。本人は「ボールが少し後ろだったのであれをやるしかなかった」と難易度の高いゴールにチャレンジした理由を説明。そして、「まさか(しっかりと)足に当たって、(オーバーヘッドシュートは)だいたい上に行くと思うんですけれども……。自分でも見えてなくて、入ったので驚きました」と微笑んでいた。

 最近の試合では戦略上の理由によって後半に投入されることが多かった。だが、この日は本人の予想に反して先発出場。前半からポストプレーやSBの背後への抜け出しで攻撃のリズムを作り、個人技で局面を打開する部分でも貢献した。そして、衝撃ゴールに加え、スルーパスで4点目を演出。守屋保監督も「(深代を先発起用することで)前半からリズムを作りたかった。リズムを作ってくれましたし、オーバーヘッドも決めたので」と称賛するプレーを見せた。

 西武台ではエースFW関口崇太(3年)や10番MF若谷拓海(3年)が注目されるが、同じく小柄でテクニックのある深代も負けていない。「アイツらが注目されているのは分かっているんですけれども、自分もそれくらいになりたいなと思っています」。今後もチャンスを得られれば先発して結果を出し続ける構えだ。

 憧れの存在はFWネイマールやMFエデン・アザール。華麗なゴールで注目度を高めたアタッカーは「選手権は埼玉一しか考えていないです」という絶対の目標を達成し、全国でも会場を沸かせて、勝つ。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2018

3か月ぶり埼スタ凱旋へ…MF登録の遠藤航「ボランチとして自分を磨いてきた」

元の記事へ移動

埼玉スタジアムの公式練習で笑顔を見せる日本代表MF遠藤航(シントトロイデン)
 埼玉スタジアム2002でプレーするのは、ベルギー移籍発表前の7月18日J1第16節の浦和対名古屋戦以来3か月ぶり。慣れ親しんだ場所でのキリンチャレンジ杯ウルグアイ戦を迎える日本代表MF遠藤航(シントトロイデン)は「帰って来れてうれしい」と微笑んだ。

 不出場に終わったロシアワールドカップを経て、今年の夏に浦和レッズからベルギー1部に渡った遠藤。移籍が発表されて以降はアウェーゲーム1試合に出場したのみで、2ゴールを叩き込んだ名古屋戦が埼玉スタジアムでの最終戦となっていた。

 挨拶ができずに終わったホームのサポーターに向けて、成長した姿を見せたいウルグアイ戦。10月合宿からはMF登録となり、コスタリカ戦に続いて中盤中央での起用が濃厚だが、「ずっとボランチでやらせてもらっていて、感覚が良くなっている。ベルギーでボランチとして自分を磨いてやって来られたのが大きい」と手応えを携えての凱旋となる。

 対戦相手のウルグアイはFIFAランキング5位。「タフな相手で間違いなく強い」と警戒する25歳は「ハードワークする部分、1対1で戦う部分を出せないといけない。前に出て行く回数、守備で貢献する回数をどれだけ増やせるかが大事」と意気込んでいる。

 カウンター攻撃を武器とする相手に対しては一つのミスが命取りになるが、「ミスは起こるもの」と臆するつもりはない。そこでカギになるのは“ミスの質”だ。「ミスが起きる場所、奪われる場所はボランチとして気をつけないといけない」と見解を示したMFは次のように言葉を続けた。

「センターバックからボールを受ける時は気を使いながらやれれば。ただ、前への意識があれば、チャレンジのミスはカウンターを受ける危険は少ないと思うので、勇気を持ってボールを受けること、ゴールに向かって行く姿勢を見せればミスの質が上がると思う」。後ろ向きになることなく、積極的なメンタリティーで臨んでいく構えだ。

(取材・文 竹内達也)

●アジアカップ2019特設ページ