元同僚が欧州CL決勝で痛恨ミス…「幾度となく救われた」武藤嘉紀が信頼のメッセージ

元の記事へ移動

リバプールGKロリス・カリウスについて口を開いた日本代表FW武藤嘉紀
 日本代表FW武藤嘉紀は27日の練習後、欧州チャンピオンリーグ(欧州CL)決勝のピッチに立ったリバプールGKロリス・カリウスについて口を開いた。2人は2015-16シーズンの1年間、マインツで共にプレー。大舞台で決定的なミスを犯した元同僚に向け、「絶対に次への力に変えられる選手」と信頼の気持ちを述べた。

 リバプールの正守護神を務めるL・カリウスは、26日に行われた欧州CL決勝で、スローイングをFWカリム・ベンゼマにカットされて先制点を献上。1-2で迎えた終盤にはFWガレス・ベイルのシュートをキャッチし損ね、自身の2つのミスが敗戦に大きくつながってしまった。

 武藤は移籍1年目、当時弱冠22歳だったL・カリウスと共にプレーしていた。その年のマインツは6位躍進を成し遂げ、そんな活躍を認められた守護神は翌シーズン、プレミアリーグのリバプールへの移籍を果たした。当時を思い出す武藤は「本当に幾度となく救われた」と振り返る。

 だが、今回は異なる形で注目を集めることになってしまったL・カリウス。「ああいう大舞台に立っていて、ミスはありましたが、考えられない重圧があったと思う」と旧友を思いやった武藤は「絶対に次への力に変えられる選手」と信頼は変わらず。力強い表情で「そう、信じています」と締めくくった。

(取材・文 竹内達也)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

3バック導入を歓迎する長谷部「そんなに難しいトライではない」

元の記事へ移動

2日連続で3バックの中央に入ったMF長谷部誠
 3バック導入を歓迎した。千葉県内で合宿中の日本代表は2日連続で3-4-2-1のシステムをテスト。前日26日の練習に続いて3バックの中央に入ったMF長谷部誠(フランクフルト)は「監督も完全に3バックでやると決めているわけではない。『トライしたい』ということで、それは選手も好意的に受け止めている」としたうえで、オプションとして「いろんな引き出しを持っていることは大事」と強調した。

 本大会まで1か月を切った中での新システム導入だが、「リスクはそんなに感じていない」と指摘。「4バックはやり慣れているし、3バックも真新しい感じではない。どちらかというと、そっちのほうが慣れてきた。そんなに難しいトライではない」と、所属するフランクフルトでも3バックのリベロを任されているキャプテンは頼もしい。

「クラブでやっているから個人的にはそんなに違和感ない。ただ、クラブと代表では周りの選手との兼ね合い、やり方が多少なりとも違う。今日も戦術練習をやって、そこを合わせていく作業をやっている。グラウンドでやることでいろんなシチュエーションが出るし、そこで合わせていくことが大事。ピッチ外でも選手同士、話しながらやっている」

 課題は明確になっている。「守備の部分ではあまり後ろで余り過ぎないことが大事と思っている。ラインを上げて(全体を)押し上げて、前の選手をフォローすることが大事」。3バックは守備時に両サイドが押し込まれ、5バック気味になるデメリットもある。「5バックにならず、ウイングバックの選手をできるだけ押し出したい。3バックがサイドにスライドして4バックになる形」と、理想形を語る。

 長谷部やDF吉田麻也、DF槙野智章という3バックのレギュラー候補3人はクラブでも馴染みのあるシステムだが、3バックの経験が浅い選手もいる。練習中には長谷部から「考えすぎるな!」という声が飛ぶ場面もあった。

「現代は3バックを取り入れているチームも多いし、やっている選手は多い。もちろん、やっていない選手もいるので、そういう選手とはコミュニケーションを取っていきたい。ピッチの上で考えて動いているようだと遅れる。オートマティックに動ける形にしないといけない。ピッチ内外でコミュニケーションを取っていきたい」

 3バックというオプションには「どちらかというと、チームでやっている感覚ではかなり攻撃的なイメージがある」と長谷部は言う。「攻撃では中盤に人数を割ける。縦に速い攻撃というのをやってきたけど、現代サッカーではそれは当たり前。それは継続しながら、中盤の数的優位を生かした崩しも加えていければ」と、バヒド・ハリルホジッチ前監督時代の良い部分は継承しつつ、日本の特性も生かした臨機応変なプレーを出していきたい考えだ。

 現時点ではオプションの一つという位置づけの3バックだが、30日のガーナ戦(日産ス)に向けても「今は3バックでチャレンジするのかなという感覚がある」という長谷部。「監督も言っているけど、フォーメーションにこだわらず、形にこだわるよりはフレキシブルにやっていこうと話している。その中で自分の役割は大きいと思う」と、コミュニケーションの中心になってチーム作りを推し進めていくつもりだ。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

不慣れな3バックにも前向きな植田「僕が生きるフォーメーション」

元の記事へ移動

3バックへの適応にも自信を見せるDF植田直通
 経験は少なくても自信はある。3バックの戦術練習を続ける日本代表のDF植田直通(鹿島)は大津高時代を含め、3バックの経験は「ほとんどない」と言うものの、自分の良さを出しやすいという感触もつかんでいる。

 3バックではストッパーの位置に入る植田だが、「1対1の局面は僕の強み。そういうところを出していきたい。マークはハッキリするし、僕が生きるフォーメーションだと思う。自信を持ってやりたい」と力を込めた。

 最終ラインで中央のリベロが余る形となる3バックなら、4バック以上にチャレンジ&カバーがハッキリし、両ストッパーは対峙する相手FWに思い切り行きやすい。1対1の競り合いや攻防は自然と増え、「1対1の局面の戦いには自信を持っている」という“ファイター”は新システムにも前向きに取り組んでいる。

 とはいえ、チームとしては攻守の連係を高めている段階。「できるだけ攻撃の選手を下がらせず、自分たちがスライドして、守備に参加させないことが大事。自分たちがスライドすることで前に押し出せる。僕らがどれだけ早く動けるか」と課題も口にした。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

新布陣の見本はユベントス? 本田&長友の助言明かした宇佐美、3バックは「伸びしろがある」

元の記事へ移動

3バックに前向きな姿勢を示しているFW宇佐美貴史
 日本代表FW宇佐美貴史にとって、3バックのオプションは前向きなチャレンジとなっているようだ。合宿7日目のトレーニング後、「チームに浸透すれば、僕としてはやりやすいフォーメーション。楽しいサッカーができる」と口にした。

 西野朗監督は26日の練習から、フォーメーション練習で3-4-2-1システムを採用。宇佐美は主に2列目のポジションで起用されており、「あの位置で受けるのは個人的に好き」との言葉どおり、得意のシュートとコンビネーションプレーで持ち味を出している。

 国内で3バックと言えばペトロヴィッチ監督が指揮した広島、浦和が有名だが、イメージしているのはセリエAで7連覇中のユベントスだという。「『うまくやれば相手はやりづらい』と、圭佑くんとか佑都くんが言っていた」。MF本田圭佑、DF長友佑都ら、実際に対峙した中心選手がアドバイスを送っているようだ。

 この2日間、攻撃陣は前線3人での連携を中心にトレーニングした。FW原口元気とのデュッセルドルフコンビで2シャドーを形成する場面もあり、「生かし方、生かされ方はチームで一番分かっている」と自信も口に。その一方で「誰とでも合わせられるように、ストロングポイントを理解していく」と“相方”にはこだわらない姿勢を見せた。

 主力組とみられる11人でプレーする時間帯が多く、本田やMF香川真司とのポジション争いでは優位に立っているようだ。だが、「そこは何も考えていないし、どうなるのかは分からない。主力とも感じていない」と意識はせず。「W杯に行けるように練習でアピールしていくしかない」と指揮官の信頼をプレーで示していこうとしている。

 初めてのW杯まで残り3週間。まだフルコートでの試行をしていない新布陣の完成度は未知数だが、「最初からうまくいきすぎるほうが怖いので、最初はうまくいかないほうがいい」と冷静。「伸びしろがあるということ。これから良くしていくことだけを考えたい」と、28日からの非公開練習で練度を高めていく意気込みを示した。

(取材・文 竹内達也)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

「スタッフを慰労したい」結束強める西野J、選手発案で異例の食事会

元の記事へ移動

練習前に選手、スタッフで円陣を組む
 選手発案の食事会でチームの結束を図った。千葉県内で合宿中の日本代表は合宿6日目となった26日夜、選手、スタッフの家族を招いた食事会を宿舎で開いた。

 日本サッカー協会関係者によると、選手側から「選手主催でスタッフを慰労したい。家族も招待してほしい」との申し出があった。スタッフサイドもこの提案を快諾。選手側も家族を招くことになり、総勢百数十人の規模に膨れ上がった。

 日本代表は4月7日付でバヒド・ハリルホジッチ前監督との契約を解除。W杯本大会を目前に控え、選手だけでなく、スタッフも含めてチームが一丸となる必要性を感じたようで、異例の形で食事会が実現した。

 選手の一人は「選手だけでなく、スタッフも含めてみんなで戦っているという認識でいる。みんなで戦っていかないといけない」と説明。食事会の費用も選手たちで分担したが、この日の練習前には円陣で「冗談で(吉田)麻也が半分払うとか言うから」(MF長谷部誠)という一幕があり、他の選手からは拍手が起こっていた。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

原口とのポジション争いを「理想」と表現する酒井宏樹

元の記事へ移動

右ウイングバックのポジションを原口と争うことになったDF酒井宏樹
 右サイドバックのスペシャリストである日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)が、意外な形で訪れたMF原口元気(デュッセルドルフ)とのポジション争いを歓迎した。

「理想じゃないですか。マルセイユでもそうですが、クオリティーのある選手が同じポジションに2人いるのは当然ですからね」

 前日26日から始まった3-4-2-1のフォーメーション練習で、ひと際目を引いているのが右ウイングバックの位置に入った2人だ。守備に絶対の自信を持つ酒井宏に対し、もう一人は攻撃的なプレーを得意とする原口。特長のまったく異なる選手とのポジション争いについて聞かれた酒井宏は「(原口)元気くらいタイプが違うと監督も使いやすいと思う」と指揮官の意図をくみ取りながら、「元気にとっては(普段と)違うポジションですけど、前向きにチャレンジしていると思う。攻撃の部分は教わりながら、守備の部分は伝えながらやっていきたい」と“共存”の意識を示した。

 試合で使っていくには全員がオートマティックに動けることが必要になるが、本大会まで残された時間は短く、テストマッチは3試合しかない。「1年くらい時間があるのが理想」(酒井宏)ではあるが、今はこの状況でできる限りのことに挑戦していくことが必要だ。

「親善試合の3試合は全部チャレンジできる。全部負けたとしても本番でグループリーグを突破できればだれも文句は言わない。それだけのチャレンジを今からしていくつもりで監督を代えたのだと思う」

 4月に痛めた左膝の状態も次第に上向いていると言い、「試合は大丈夫です」と憂いはない。
「(30日の)ガーナ戦ではまずはみんなを安心させるために、勝ちながら良い課題が出れば良い。チャレンジしないのが一番良くないので、チームとしてポジティブなチャレンジをしていければと思う」と意欲を燃やしていた。

(取材・文 矢内由美子)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

[関西]大体大が7試合連続完封で開幕7連勝!関西屈指の堅守を阪南大も破れず(15枚)

元の記事へ移動

先制点を決めたFW林大地(3年=履正社高)
 第96回関西学生サッカーリーグ1部の前期第7節が19日に行われた。大阪体育大阪南大との対戦は、大体大が2-0で勝利した。

第96回関西学生リーグ特集
関西学生サッカー連盟公式サイト
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム

レアルがリバプールを下して史上初3連覇&デシモ・テルセーラ(24枚)

元の記事へ移動

史上初の3連覇を果たしたレアル
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝が26日に行われ、レアル・マドリー(スペイン)がリバプール(イングランド)に3-1で勝利し、史上初の3連覇を果たした。

●欧州CL17-18特集
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
●プレミアリーグ2017-18特集