MSNトリオがそろい踏みのバルサ、10人のビルバオに6発快勝

元の記事へ移動

MSNトリオがそろい踏みのバルサ、10人のビルバオに6発快勝
[1.17 リーガ・エスパニョーラ第20節 バルセロナ6-0ビルバオ]

 リーガ・エスパニョーラの第20節が17日に行われ、バルセロナはホームでビルバオに6-0で快勝し、リーガ2連勝を飾った。10月3日のセビージャ戦(1-2)を最後に12試合負けなし(9戦3分)の状況が続いている。

 試合は前半4分にFWルイス・スアレスが相手GKのファウルを誘い、PKを獲得。GKは一発退場となった。ここで獲得したPKをFWリオネル・メッシが右隅に決めて、バルセロナが先制した。

 前半30分にはカウンターからスアレスのパスを受けたFWネイマールが左足シュートを決め、2-0に突き放す。前半を折り返した。

 ハーフタイムでメッシが交代したものの、後半に入ってもバルサの勢いは止まらない。後半開始2分にネイマールとのワンツーからスアレスが3-0に突き放すゴールを決め、“MSNトリオ”がそろい踏み。

 さらに後半16分にはネイマールのアシストからMFイバン・ラキティッチがゴール。4-0で迎えた同23分、同37分にはスアレスがゴールを決めて、ハットトリックを達成。攻撃陣が結果を残し、守備陣もこれに応えると6-0の快勝劇となった。

 メッシ、スアレス、ネイマールのMSNトリオが揃ってゴールするのは、11月28日に行われたソシエダ戦(4-0)以来、2016年になっては初のこと。1試合消化数が少ないバルセロナはA・マドリーに勝ち点2差の2位につけている。


●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

ユベントス10連勝で2位浮上!新監督迎えたローマは最下位に勝てず3戦連続ドロー

元の記事へ移動

ユベントス10連勝で2位浮上!新監督迎えたローマは最下位に勝てず3戦連続ドロー
 セリエAは17日、第20節を行った。ユベントスは敵地でウディネーゼに4-0で快勝。10連勝を達成し、勝ち点を42に伸ばして2位に浮上した。

 ユベントスが止まらない。前半15分にFWパウロ・ディバラの直接FKを決めて先制に成功すると、同18分にはCKの流れからMFサミ・ケディラが加点。同25分にはディバラがPKを決めて3点目。同42分にはDFアレックス・サンドロがゴールネットを揺らし、前半だけで試合を決めた。勝ち点を42に伸ばしたユベントス。上にいるのは、前日にサッスオーロを3-1で下し、勝ち点を44に伸ばして首位をキープしたナポリのみとなった。

 ルディ・ガルシア監督を解任してルチアーノ・スパレッティ新監督を迎えたローマは、ホームでベローナと対戦。しかし前半41分にMFラジャ・ナインゴランのゴールで先制するも、後半16分にFWジャンパオロ・パッツィーニに同点弾を浴びてしまう。今季未勝利の最下位相手に1-1で引き分け、3戦連続のドローに終わった。勝ち点35は5位のまま。6位に浮上したミランとの勝ち点差は3になった。

 17位ジェノアは16位パレルモに4-0で大勝し、順位が入れ替わった。カルピサンプドリアを下して今季4勝目。フロジノーネをかわし、18位に浮上している。

●セリエA2015-16特集

両クラブ守護神が活躍…アーセナルとストークの一戦は0-0の痛み分け

元の記事へ移動

両クラブ守護神が活躍…アーセナルとストークの一戦は0-0の痛み分け
[1.17 プレミアリーグ第22節 ストーク0-0アーセナル]

 プレミアリーグは17日、第22節の2試合を行った。アーセナルは敵地でストーク・シティと対戦し、0-0で引き分けた。アーセナルは得失点差で首位をキープしたが、2位レスター・シティと勝ち点差で並び、3位マンチェスター・シティと1差と上位争いは混戦が続いている。

 MFメスト・エジルが欠場のアーセナルは前半21分、FWジョエル・キャンベルのスルーパスでPA右へ抜け出したFWオリビエ・ジルが左足を振り抜くも、飛び出したGKジャック・バトランドに防がれる。同29分には、FWセオ・ウォルコットのリターンをMFアレックス・オクスレード・チェンバレンがペナルティーアーク左から右足シュートを放ったが、これもバトランドの好守に阻まれた。

 後半に入るとストークが攻勢を強める。同11分、MFシェルダン・シャキリのスルーパスからFWホセルが放ったシュートはGKペトル・チェフのセーブに遭い、こぼれ球に詰めたFWボージャン・クルキッチがPA左から押し込もうとしたが、チェフがシュートコースに体を投げ出してシュートを止めた。

 ストークは後半45分にも右CKの流れからホセルが放った右足シュートが混戦の隙間を抜けて枠に飛んだが、チェフが左足を伸ばして弾き出す。試合は両クラブ、守護神の活躍もあって0-0の引き分けに終わった。


●プレミアリーグ2015-16特集

吉田新監督迎えた新潟が新体制発表&新背番号発表

元の記事へ移動

吉田新監督迎えた新潟が新体制発表&新背番号発表
 アルビレックス新潟が新体制&選手の新背番号を発表した。吉田達磨新監督を迎え、コーチングスタッフも一新。新生新潟の16年シーズンがスタートする。

■スタッフ
▽監督
吉田達磨

▽コーチ
片渕浩一郎
北嶋秀朗
能仲太司
安田好隆

▽GKコーチ
不老伸行

■選手
1 GK 黒河貴矢
2 DF 大野和成
3 DF 増田繁人(←町田)
4 DF 舞行龍ジェームズ
5 DF 前野貴徳
6 MF 小林裕紀
7 DF コルテース
8 MF レオ・シルバ
9 FW 山崎亮平
10 FW ラファエル・シルバ
11 FW 指宿洋史
12 サポーター
13 MF 加藤大
14 FW 田中達也
16 FW 平松宗
17 MF 伊藤優汰(←京都)
18 MF 成岡翔
19 FW 鈴木武蔵(←水戸)
20 DF 林裕煥
21 GK 守田達弥
22 GK 川浪吾郎
23 MF 酒井宣福(←福岡)
24 DF 西村竜馬(←沼津)
25 MF 小泉慶
26 MF 端山豪(←慶大)
27 DF 松原健
28 DF 早川史哉(←筑波大)
29 MF 宮崎幾笑(←新潟U-18)
41 MF 小塚和季(←山口)


●2016シーズン新体制&背番号一覧
●2016年Jリーグ移籍情報

約500万円で19人補強、千葉・高橋GM「整理しないと先にいけない」

元の記事へ移動

約500万円で19人補強、千葉・高橋GM「整理しないと先にいけない」
 ジェフユナイテッド千葉は2016シーズンへ向けて、大幅な選手の入れ替えを行った。チームを去ったのは昨季の主力を含む24名。新たにチームへ加わったのは、レンタルバックの選手を除いて19名にものぼる。17日にはフクダ電子アリーナで新体制発表会が行われ、フロントスタッフや監督、選手全員が登壇した。

 会見後に取材に応じた高橋悠太ゼネラルマネージャー(34)によれば、新加入19選手を獲得する際にかかった移籍金は約500万円のみ。川崎Fと契約を残していたFW船山貴之を完全移籍で獲得するのに移籍金が発生したものの、残る18名は0円で獲得した。

 今回の大量放出の裏には“財政問題”もあった。2016シーズンのJ2では「上から4番目」ほどの資金力を持つ千葉だが、これまでに獲得したFW森本貴幸やFWネイツ・ペチュニクなどの移籍金がクラブの財政を圧迫していたのだ。昨年11月にGMへ就任したばかりの高橋氏は「移籍金にかける割合が尋常じゃなかった。移籍金が選手の給料の首を絞めているような状況だった。そうすると実際にいい選手を取ることはできない。そこを整理しないと先にはいけない状況になっていました」と明かす。

「(昨季の)あのメンバーをあのまま持てなかった。彼らを残していたら来年も再来年も償却があるし、実質的な選手に人件費をかけられないという状況でした」。契約を残していた選手を他クラブへ売却することで、この問題を整理したのだ。

 また新生・千葉には千葉県内出身者や県内の高校出身者が多いが、これは意図せぬ形で起きた偶然だったという。クラブへの愛や強い気持ちを持っている選手を集めた結果、キャリアのどこかで千葉県に接したことのある選手が多くを占めた。

「リストアップした選手にオファーを出して会うと、千葉出身の選手はジェフに対する気持ちをどこかに持っている選手が多かった。優先順位として、気持ちが強い選手を集めたいというなかで、千葉出身の選手が多くなった。どちらの選手を取るか迷ったときは、千葉に対する気持ちがある選手を取ろうとも思っていた」

 また高橋GMが千葉への強い思いを持つ選手の獲得を第一優先にすると決めたひとつのきっかけがある。昨季・最終節の讃岐戦(0-2)後、ミックスゾーンで選手たちの様子を見ていたときのこと。「そういうときにチームが一つになるという雰囲気が見られればと思いましたけど、表情を見ているとチームから心が離れている選手が何人かいたので。そういう状況で勝てるほどJ2は甘くない」。この光景が“改革”を後押しした。

 そして組織を改変するなかで、一つのポイントとしたのが「上下関係の構築」だった。高橋GMは「僕自身、ジェフの中を見たときに、分かりやすく言うと上下関係がしっかりしていないとすごく思ったんです。若い選手が先輩に対してのリスペクトがなかったりとか、目上の選手が若い選手に対して意見とか注意とか、選手として大事にしないといけないことを言えない選手が多くて」と昨季を振り返る。

 ここ数年の千葉では、クラブ初のタイトルを獲得したイビチャ・オシム監督の率いた2003~2006年当時の千葉を知る選手は少なく、かつてのクラブの雰囲気を知る者も減った。ナビスコ杯を2連覇した勝者のDNAは薄れつつある。クラブの栄枯盛衰に寄り添い続ける選手に対しては、若手から自然とリスペクトする感情が生まれ、そこから上下関係が構築されていく。「あの時代を知っている選手」というだけで、尊敬の対象となるのだ。しかし、昨今の千葉にはそのような面が少なく、組織としての基盤にその要素が入っていなかった。

 だからこそ、今オフに改革を進めるクラブ側にはかつての“レジェンド”を揃えるという選択肢も浮上していた。具体的には「出戻りの選手を増やすこと。かつて千葉でやっていた山岸(智)や羽生さん(直剛)、巻さん(誠一郎)を戻してチームをつくる」と考える時期もあったと高橋GMは明かす。

 しかし「監督がそういう選手を使いやすいかどうかと考えた結果、逆に千葉への強い思いを持った新しい選手を多く集めた方が、監督が何かを強く言ったときに一つになれる浸透度はどう考えても早いし、自然と上下関係も出来ていく」と思うに至り、今回の24人退団の19人補強という大幅な戦力入れ替えを実施した。

 早稲田大までは選手としてプレーしていた経歴を持つ高橋GMは、八千代高時代に千葉県選抜として国体優勝した当時のチームメイトでもあるMF佐藤勇人にチームリーダーとしての信頼を寄せている。「勇人は一番初めにクラブに残ると真っ先に決断してくれた責任感ある奴なので。一回も外に出ることを考えずにいてくれた」と明かす。

 また新加入選手ではDF近藤直也やGK佐藤優也の名を挙げ、「勇人もそうですし、ドゥー(近藤)とかあの辺が引っ張っていってくれれば。ドゥーはレイソルでもそれをやっていた選手なので。あと佐藤優也は練習中に一番喋っていますし、ああいう言葉に力を持っている選手というのはいないといけないとは思っていた」とピッチ内外での立ち振る舞いに期待を寄せた。

 加えてGMは今後、選手との契約方法についても見直しを計る意向だ。今オフに「残したいという思いがあった選手に対しては、そういう話をしたりはした」と言う。福岡へ移籍したDFキム・ヒョヌンや仙台へ加入したDF大岩一貴には契約延長などのオファーをしていた。しかし、2人とも他クラブへ移籍。残したかった戦力を失うことになってしまった。

 同GMはこの状況に契約の結び方に原因があったと指摘。「残したい選手を契約で縛れていないんです。昔の話になりますが契約の仕方に問題があった。J1だったらフリーで出て行っていいとか、契約を残したいといっているけど、切れてしまう形になっているとか。そういう契約が乱発していた」。だからこそ「そこはしっかりしていきたい」と“テコ入れ”を明言する。

 関塚隆監督は会見の場で「19名の志の高い新たな選手たちを加え、新生・千葉としてスタートします」と話した。かつての千葉を内側から肌で感じていた選手はたしかに少ない。しかしながら対戦相手として、あるいは地元のクラブとして、心のどこかにジェフを感じ続けていた選手やスタッフが多く集まった。意図せず刻まれたジェフのDNAを呼び覚まし、J1昇格という目標の下、新生・千葉の挑戦が始まる。

(取材・文 片岡涼)

這い上がった川崎F新加入FW大塚…J2戦力外、トライアウトからJ1復帰を勝ち取る

元の記事へ移動

這い上がった川崎F新加入FW大塚…J2戦力外、トライアウトからJ1復帰を勝ち取る
「ホッとしています。改めてフロンターレの一員になったんだなと思いました」。川崎フロンターレの新体制会見を終えたFW大塚翔平(←北九州)は、安堵の表情を浮かべた。

 ガンバ大阪の下部組織出身の大塚は、2009年に2学年下のFW宇佐美貴史らとともにトップチームに昇格した。1年目から試合出場を果たしたが、思うように出場機会を伸ばせず、12年にジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍。翌年より完全移籍を果たした。

 千葉で3シーズンを過ごしたあと、15年より北九州に完全移籍した。しかしリーグ戦16試合で1得点に終わると、加入1年目にも関わらず、オフに戦力外通告が待ち受けていた。25歳に訪れた試練。戦力外通告後も北九州で練習を続けていたが、獲得のオファーは届かず、トライアウトに一縷の望みを託すことになった。

 しかしトライアウトを受けると状況が一変した。トライアウトを終えたわずか数時間後に川崎Fからオファーが届いたのだ。その後にも他クラブから獲得オファーがあったが、一番最初に声をかけてくれた川崎Fの練習に参加。そこで行った練習試合でアシストを連発し、入団を勝ち取った。

「G大阪からスタートして、またJ1でプレーしたいと思い続けてきた。自分の特長は点が決められるところ。そういうプレーを出していきたい」

 J1の舞台に返り咲いた大塚にとって、やはり古巣との対戦が一番のモチベーションになっている。「負けたくない。ガンバは一昨年3冠を獲ったりしていますが、川崎も匹敵するクラブだと思っています」。J2戦力外の屈辱から這い上がった25歳に、もう怖いものはない。

(取材・文 児玉幸洋)
※名鑑データは2015年シーズンのものです。最新のものは2月上旬のJリーグ正式発表までしばらくお待ちください。

●2016シーズン新体制&背番号一覧
●2016年Jリーグ移籍情報

川崎F新加入狩野、長谷川が新10番大島含めた“静学トリオ”で共闘誓う

元の記事へ移動

川崎F新加入狩野、長谷川が新10番大島含めた“静学トリオ”で共闘誓う
 川崎フロンターレには今季、柏レイソルからMF狩野健太(29)、順天堂大からMF長谷川竜也(21)の静岡学園高OBの2人が加入する。チームには同校OBのMF大島僚太(22)も在籍しており、狩野は「みんなでやれるのはうれしい」と、トリオでの共闘を誓った。

「静学出身の選手が多いので話を聞きやすいと思う」と長谷川も同調する。さらに静学時代の同級生2人、GK福島春樹(専修大→浦和)、MF木本恭生(福岡大→C大阪)も同じく大学経由でプロの門を叩くことになる。長谷川は特に木本と話をしたことを明かし、「お互い頑張りたい」と闘志を燃やした。

 そして長谷川は、クラブ史上日本人選手としては初の背番号10を付けることになった大島の背番号16を引き継ぐことになった。「期待を込めて付けさせてくれたと思う」と気を引き締めると、「この1年で成長したい」と力強く話した。

 狩野の背番号は25に決まった。これまで横浜FMと柏で9年間「14」を付けてきたが、「川崎Fにはレジェンド(中村憲剛)がいるので、欲しいとは言えない」。ただ25番を選んだ理由については、尊敬するMF中村俊輔も長年付けていた背番号であることが影響していると話した。

「ゴールに絡むプレーが見せられればいい。1年を通してプレーすることが大事」

 静学が生んだ天才と呼ばれた狩野も今年5月2日で30歳を迎える。背番号25は覚悟を持って節目のシーズンに臨む。

(取材・文 児玉幸洋)
※名鑑データは2015年シーズンのものです。最新のものは2月上旬のJリーグ正式発表までしばらくお待ちください。

●2016シーズン新体制&背番号一覧
●2016年Jリーグ移籍情報