[UEFA Young Champions]SB近藤の左足が先制ゴールもたらす!流経大柏が“因縁”の相手、鹿島学園突破!

元の記事へ移動

[UEFA Young Champions]SB近藤の左足が先制ゴールもたらす!流経大柏が“因縁”の相手、鹿島学園突破!
[4.5 UEFA Young Champions日本代表選抜大会準決勝 流通経済大柏高 3-0 鹿島学園高 時之栖うさぎ島G]

“Road to Milano”adidas UEFA Young Champions 2016日本代表選抜大会が4月4日と5日の両日、静岡県裾野市の時之栖スポーツセンターうさぎ島グラウンドで開催された。ファイナルを懸けた準決勝、流通経済大柏高(千葉)と鹿島学園高(茨城)との関東勢対決は流経大柏が3-0で快勝。“因縁”の相手を突破した。

 ともに2年生チームで臨んだadidas UEFA Young Champions 2016日本代表選抜大会。流経大柏の2年生にとって鹿島学園の2年生チームは昨年のRookie League(関東、静岡のU-16大会)最終節で0-0で引き分け、全勝優勝を阻まれた相手だった。当時、流経大柏イレブンが無敗Vを決めながらも、引き分けた悔しさのあまり天を仰いだ姿が印象的だったが、今回の準決勝は絶好の“リベンジ”の舞台。左SB近藤立都は「試合前に(コーチの齋藤)礼音さんからも『やるしかない』と言われていた」と振り返る。その流経大柏が自分たちで試合の流れを引き寄せて“リベンジ”を達成した。

 前半11分、流経大柏は近藤の持つ“飛び道具”が先制点をもたらす。右CKから近藤が左足で蹴りこんだ鋭いCKがゴール方向へ向かい、これを鹿島学園GKとDFがクリアミス。ゴールラインを越えて先制点となった。近藤は「とにかくボールの端っこを擦るように蹴るとああいうボールがいく。相手のGKの特長とかチームメートから教えてもらっていた。速いボールをGK目掛けて蹴り込もうということだったので、それがいい形になった」とニンマリ。「中学時代からずっと武器」という近藤の左足キックによって流経大柏がリードを奪った。

 鹿島学園はFW木澤拓郎の突破などによって敵陣でFKを獲得。左SB井上瑠の左足FKからゴールを目指したが、相手の狙いに気づいた流経大柏イレブンはファウルの数を減らし、またMF上野飛翔やMF菊地泰智がセカンドボールを前向きな姿勢で収める回数を増やしていく。相手の狙いを察知し、それに対応した流経大柏は後半、菊地のFKからFW池田啓利が2点目のゴールを奪うと、交代出場のFW瀬戸山俊も決めて3-0で快勝した。

 高精度の左足キックに加えて自陣での空中戦などでも存在感を示した近藤は、意識する存在として流経大柏OBの左SB小川諒也(FC東京)の名を挙げ、「自分もクロスはいいと思うんですけど、他の攻撃面とかまだまだ小川選手にかなわないので3年間かけて磨いていきたいですね」と意気込んだ。京都出身で千葉での成長を目指す左SB。「トップチームで出れなくてもレベルが高いし、下から上がっていくことができる。メンバー固定がないのでどんどん入れ替わりなのでチャンスも巡ってきますし、それを掴まなければいけない」と進学することを決めた全国屈指の名門で飛躍を遂げ、注目SB近藤は目標とする先輩超えを果たす。

(取材・文 吉田太郎)

最新FIFAランク発表:アルゼンチンが6か月ぶりの首位に浮上! 日本はアジア4位に後退

元の記事へ移動

最新FIFAランク発表:アルゼンチンが6か月ぶりの首位に浮上! 日本はアジア4位に後退
 国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。日本は56位から順位を1つ下げて57位となり、アジア4位に後退した。

 上位勢では、昨年11月の発表から首位をキープしていたベルギーがアルゼンチンにかわされ、2位となった。アルゼンチンは昨年10月以来の首位浮上となる。また、W杯予選を戦った南米勢が順位を上げており、チリが3位、コロンビアが4位となっている。

 次回発表は5月5日となっている。

 上位20チームの順位は以下のとおり※()は前回順位 

1.(2)アルゼンチン
2.(1)ベルギー
3.(5)チリ
4.(8)コロンビア
5.(4)ドイツ
6.(3)スペイン
7.(6)ブラジル
8.(7)ポルトガル
9.(11)ウルグアイ
10.(9)イングランド
11.(10)オーストリア
12.(13)エクアドル
13.(20)トルコ
14.(12)スイス
15.(14)イタリア
16.(22)メキシコ
17.(15)オランダ
18.(19)ハンガリー
19.(16)ルーマニア
20.(21)ボスニア・ヘルツェゴビナ
……………
42.(44)イラン
50.(67)オーストラリア
56.(57)韓国
57.(56)日本
60.(60)サウジアラビア
66.(74)ウズベキスタン

江蘇蘇寧DFの“ドロップキック”受けたFC東京MF水沼「脚は無事です」

元の記事へ移動

江蘇蘇寧DFの“ドロップキック”受けたFC東京MF水沼「脚は無事です」
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグ第4節が6日に行われ、E組のFC東京は敵地で江蘇蘇寧(中国)と対戦し、2-1で勝利した。今冬に約125億円を投じて大型補強を敢行した江蘇蘇寧を下し、グループ首位に浮上したFC東京だが、試合はやや荒れた展開となり、危険なプレーも多く見られた。

 問題のシーンが起きたのは、FC東京が2-1とリードして迎えた後半42分だった。右サイドのMF水沼宏太が味方のパスに走り込むと、横から猛然と詰め寄った江蘇蘇寧DFリー・アンが両足で飛び込むような形で水沼の足もとへタックルを浴びせた。このプレーに対し、主審は迷わずレッドカードを提示。一歩間違えれば大怪我につながる危険なタックルだったが、水沼はそのままフル出場し、チームの勝利に貢献した。

 試合翌日の7日に自身のツイッター(@mizunumakota)を更新した水沼は、「45000人の中のどアウェーの試合、楽しかったです!貴重な経験ができました。現地に来てくれた方々も本当にありがとうございました!」と、勝利の喜びや感謝の気持ちを綴り、最後に「ちなみに脚は無事です。笑」と大事には至らなかったことを報告した。

●ACL2016特設ページ

第2ポットの日本は韓国と別組に…W杯アジア最終予選のポット分け決定!

元の記事へ移動

第2ポットの日本は韓国と別組に…W杯アジア最終予選のポット分け決定!
 国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。これにより、ロシアW杯アジア最終予選のポット分けが決定した。12チームが6チームずつ2組に分かれる最終予選の組み合わせ抽選会は今月12日に行われる。

 今回発表されたFIFAランキングを基に、12チームがランキングの高い順に2チームずつ第1ポットから第6ポットに振り分けられ、組み分けを決定。同じポットに入った2チームは別グループとなる。

 2次予選のグループEで首位突破した日本は、アジア2位から4位に後退し、第2ポットに振り分けられた。これにより、アジア3位となった韓国と別グループとなることが決定した。また、第1ポットにはイランとオーストラリアが入っている。

 最終予選は9月に開幕し、各組上位2チームがW杯出場権を獲得。各組3位チーム同士がプレーオフを行い、その勝者が北中米カリブ海予選4位チームとの大陸間プレーオフに臨む。

 以下、アジア最終予選ポット分け(カッコ内はFIFAランキング)

▽第1ポット
イラン(42)
オーストラリア(50)

▽第2ポット
韓国(56)
日本(57)

▽第3ポット
サウジアラビア(60)
ウズベキスタン(66)

▽第4ポット
UAE(68)
中国(81)

▽第5ポット
カタール(83)
イラク(105)

▽第6ポット
シリア(110)
タイ(119)

●ロシアW杯アジア2次予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧

静岡合宿行うU-23代表候補、柏DF山中が不参加…FC東京DF小川を追加招集

元の記事へ移動

静岡合宿行うU-23代表候補、柏DF山中が不参加…FC東京DF小川を追加招集
 日本サッカー協会(JFA)は7日、11日より静岡県でトレーニングキャンプを行うU-23日本代表候補において、柏レイソルのDF山中亮輔が怪我のため不参加となったことを発表した。代わりにFC東京のDF小川諒也を追加招集する。

 クラブを通じて小川は「今回、U-23日本代表合宿のメンバーに選出していただくことができ、大変光栄に思います。自分の持ち味である左足キックの精度をアピールし、有意義な合宿にしたいと思います」と意気込みを語っている。

王者として迎えるプレミアリーグが間もなく開幕、鹿島ユース・熊谷監督「10番目のチーム」「目標は当然、残留です」

元の記事へ移動

王者として迎えるプレミアリーグが間もなく開幕、鹿島ユース・熊谷監督「10番目のチーム」「目標は当然、残留です」
 高校年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグが9日、開幕する。鹿島アントラーズユースは昨年、プレミアリーグEASTで初優勝。チャンピオンシップも制して高校年代のリーグ戦日本一に輝いた。プレミアリーグ残留を目標に掲げてシーズンをスタートし、それを達成すると、また新たな目標を掲げて、クリアしながら掴み取った日本一。「献身、誠実、尊重」の「アントラーズ・スピリット」を選手たちに植え付けてチームとともに戦い、タイトルを獲得した熊谷浩二監督にプレミアリーグの意義、今季の目標などを聞いた。

―高円宮杯プレミアリーグの開幕が迫っています。熊谷監督の高校時代のときは考えられなかった環境ではないでしょうか。
「それは間違いないですね。確かに恵まれていると思います。ただ、この環境があるからそれでいいというのではなく、僕らのような育成に関わっている人間、これは現場だけでなく大会運営をされている方も含めて、日本サッカーのことを考えて『まだまだ足りていないぞ』という意識でさらに進んでいく必要があると思います。『いまの子は恵まれている』で片付けてしまってはいけません」

―確かにそうですね。一方で、クラブユースと高体連が日常的に戦える場があるという価値は大きいと思います。
「高体連が持っている確たる基盤は素晴らしいものですし、二つを別々に分けて考える必要もないと思います。それぞれの良い部分をお互いに意識する場になればいいと思います。クラブの側は『高体連のハードに戦う部分は本当にすごいな』と感じ入ることがあるでしょうし、逆に『クラブのボール回しの上手さは見習おう』と高体連の選手や指導者が思うこともあるかもしれません。肌を合わせて学び合う、そういう場にプレミアリーグはなっていると思います。その上で、いまユース年代の二つの流れは、少しずつ混ざり合ってきているとも感じています」

―同じクラブユースでもそれぞれの違う色が出ていますよね。鹿島ユースもそうですが。
「鹿島ユースに何か“色”があるのか僕からは何とも言えないですけどね。僕は選手に色を付けるのはこの後の指導者の仕事だと思っていますので、逆に一つの色を付けすぎないように意識している部分もありますよ」

―では、あらためてそんな鹿島ユースが今季のリーグ戦に臨む心境を聞かせてください。
「EAST10チームのうち、10番目のチームだと思っています。目標は当然、残留です」

―チャンピオンチームとして、それは謙虚に過ぎませんか?
「いえ、客観的な評価だと思います。昨年から他チームの1、2年生を観る機会はありましたし、僕らの新3年生がどういう力を持っているかも分かっているつもりです。10番目というのは謙遜ではなく素直な評価ですし、子どもたちも自分たちの力については認識していると思います。それは受け入れるところが今季のスタートラインだったと思います」

―目標は「連覇」ではなく「残留」というのが自然なスタンスということでしょうか。
「そうです。残留という目標を受け入れた上で、そこからシーズンの中でどのくらい上積みできるか。進んでいけるのか。その成長を問われる一年になると思っています」

―変にチャンピオンを意識しないということですか。
「僕らが優勝を目指すなどと言うのは、財布の中にお札が1枚しか入っていないのに、何か高価なものを買おうとするようなものです。ちゃんと自分たちの力を見極めた上で、少しでも上の順位を目指したいと思います」

―シーズンを戦う中で財布の中のお札が増えていけばという感じですね。しかし、相手チームはそう見ないと思いますよ。取材をしていても、「王者鹿島を倒したい」という声をよく聞きます。
「それは倒されるしかないですね(笑)。でもチャンピオンチームとして観られること、相手がその気でぶつかってくることは覚悟しています。このプレッシャーを味わえるというのは彼らのサッカー人生の中でそうはないですから、その雰囲気の中で何かをつかみ取って欲しいとは思っています。そこで個々人がつかむ“何か”は単に優勝すること以上の価値があると思っていますし、とにかくリーグを戦う中で成長していくシーズンにできればと思っています」

(取材・文 川端暁彦)

[EL]クロップがリバプールを率いてドルトムントの本拠地に帰還(12枚)

元の記事へ移動

ユルゲン・クロップ監督がドルトムントの本拠地に帰ってきた
 リバプールは7日にドルトムント(ドイツ)の本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクでヨーロッパリーグ(EL)準々決勝第1戦を戦う。前日会見に出席したユルゲン・クロップ監督はかつての仕事場に帰還も「試合のことだけに集中」すると意気込んでいる。

●プレミアリーグ2015-16特集
●EL15-16特集

清水の高卒ルーキーMF光崎、SVホルン権田ら苦しめたオーバートレーニング症候群に

元の記事へ移動

[故障者情報]

 清水エスパルスは6日、MF光崎伸がオーバートレーニング症候群と診断されたことを発表した。クラブによると、光崎は以前から体調不良を訴えており、早期復帰を目指して検査および治療を行なっていた中、上記の通り診断されたという。

 オーバートレーニング症候群とは、スポーツによる生理的疲労が回復しないまま積み重なって発症する慢性疲労状態のこと。最近ではSVホルンでプレーするGK権田修一が同症状を訴え、復帰まで半年ほどかかった。また、2012年のU-20女子W杯でU-20女子日本代表のキャプテンとして活躍したMF藤田のぞみについてはこの症状の影響で23歳にして現役引退を決断している。