マネ&コウチーニョ弾で逃げ切ったリバプールが7戦無敗で暫定2位に浮上

元の記事へ移動

MFサディオ・マネとMFコウチーニョのゴールでリバプールが逃げ切った
[10.22 プレミアリーグ第9節 リバプール2-1WBA]

 プレミアリーグは22日、第9節を行った。リバプールはホームでWBAと対戦し、2-1で勝利した。

 前節、ホームでマンチェスター・ユナイテッドと引き分けに終わり、連勝が4でストップしたリバプール。仕切り直しを図る今節は、ユナイテッド戦からのメンバーを1人変更し、FWダニエル・スターリッジに代わって、MFアダム・ララナが先発に復帰した。

 試合は前半20分に動く。リバプールは左サイドのMFジェームス・ミルナーからの縦パスをFWロベルト・フィルミーノが巧みにスルーし、ハーフェーライン付近のMFエムレ・カンにつながる。カンがドリブルで運び、左サイドを駆け上がったフィルミーノが左足ダイレクトクロスを送ると、ゴール前に走り込んだMFサディオ・マネが右足ボレーで流し込み、リバプールが先制に成功した。

 さらにリバプールは相手のミスを突いて追加点を奪う。前半35分、味方から厳しいバックパスを受けたGKベン・フォスターの中途半端なクリアをサネが奪い、PA左のMFコウチーニョにつなぐ。コウチーニョが巧みなフェイントで相手DFをかわして右足シュートをニアサイドに突き刺し、2-0とリードを広げた。

 2点リードで前半を折り返したリバプールは後半13分、コウチーニョのFKからDFデヤン・ロブレンが競り勝ってヘディングシュートを放つも、GKフォスターのファインセーブに阻まれる。すると、同36分に左CKの混戦からDFガレス・マコーリーに押し込まれ、1点差につめよられる。それでもリードを守り抜いたリバプールが2-1で逃げ切り、7戦無敗で暫定2位に浮上した。


●プレミアリーグ2016-17特集

世界へのトビラを開け…!「NIKE MOST WANTED」ジャパンファイナル開幕!!

元の記事へ移動

最年少16歳のFW藤田昂陽は26選手に名を連ねた。
 世界で戦う次世代のフットボールスターを発掘するスカウトプロジェクト「NIKE MOST WANTED」。その日本最終選考である「ジャパンファイナル」が、22日に埼玉スタジアム2002第4グラウンドで開幕した。

 今回は1996年4月2日生まれから、2001年4月1日生まれまでの、プロ契約を結んでいない男性プレイヤーが条件。日本で選ばれた数名の選手が、11月25日〜28日にイングランド代表のトレーニング拠点でもあるイングランドのセント・ジョージ・ズパークで行われる「グローバルファイナル」へ。世界各地から集められた選手たちが選考にかけられ、約6か月間のエリートトレーニングや欧州トップクラブの育成組織とのゲームやスカウトの機会を得られる「NIKE ACADEMY」入りを果たすことができる。

 今年5月に行われた「グローバルファイナル」を通過したMF波田野海(聖和学園高卒)が、日本人として初めて「NIKE ACADEMY」入りしたことこもあって、注目度の高いプロジェクトだ。

 2日間にわたるセレクションの初日にあたるこの日には、参加60選手が26選手まで絞られる。ウォーミングアップの後、3対2、4対4、6対6といったゲーム形式が行われた。最初は緊張の色が濃かった選手たちだが、徐々にテンポアップしてくると、球際での競り合いは激しさを増していった。

 今夏のインターハイでは2年生ながら綾羽高のレギュラーとして活躍したFW藤田昂陽は、「プロになりたい」という決意のもとで参加。「大学生が多くてビックリした」と言うように、高校生よりも大学生が多くを占めており、藤田は最年少16歳で最大4歳の年齢差があった。「メンタルの弱さを改めて痛感しました。全然実力を発揮できなかった」。それでもボールを持てば果敢にドリブルで仕掛け、6対6ではゴールを決めるなど存在感を出して見事26名の中に選ばれた。

 吸い付くような正確なトラップと豪快な左足で目を引いたのはMF白川恵士朗だ。昨年の柏レイソルU-18で10番をつけていたレフティーは、今春に流通経済大へと進学したが退学し、現在は所属なしの状況。柏U-18の先輩であるFW会津雄生(筑波大)の勧めで参加した。数か月ぶりのプレーに体がついていけず「肺が苦しいです(苦笑)」と漏らしたが、「楽しいです」とプレーする喜びもかみしめていた。「26人には入ると思いますけど、最後の数名に入れるかはわからないです」。その言葉どおり26人に入った白川は、最後まで1人残って入念にクールダウンをして、翌日9時から始まる2日目に備えていた。

「NIKE ACADEMY」のエドゥワルド・オリベイラコーチは「今日きてくれた選手たちの取り組む姿勢は申し分なかった」と、まずは60名選手たちを讃える。そして「集中力高く、個性を出せる選手が(「グローバルファイナル」に)選ばれると思います」と“日本代表”へ期待を込めた。「グローバルファイナル」へ出場する“日本代表”は、23日に決定する。

▼以下、「ジャパンファイナル」2日目に参加する選手
GK櫻井康佑、GK岸大誠、DF宮里侑希、DF新井雄大、DF佐々木駿、DF北村星伍、DF松岡耕生、DF大迫暁、DF山川義嗣、MF白川恵士朗、MF西尾翼、MF武田健太郎、MF吉原航、MF畑雄太、MF佐方優斗、MF菊谷篤資、MF森下頼登、MF國塩宙樹、FW伊藤大将、FW辻ヶ堂稜、FW岡村晏登、FW宗塚良真、FW加賀寛也、FW藤田昂陽、FW五百藏準、FW池田啓佑

★『NIKE ACADEMY特設ページ』はこちら
(取材・文 奥山典幸)

アーセナル、ミドルスブラとスコアレスドロー…ベンゲルの67歳バースデーを勝利で飾れず

元の記事へ移動

アーセナルは指揮官のバースデーを勝利で飾れず
[10.22 プレミアリーグ第9節 アーセナル0-0ミドルスブラ]

 プレミアリーグは22日、第9節を行った。アーセナルはホームでミドルスブラと対戦し、0-0で引き分けた。

 リーグ戦6連勝で首位マンチェスター・シティと同勝ち点の2位に浮上したアーセナル。19日のチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第3節ルドゴレツ戦からメンバーを4人変更し、GKペトル・ツェフとDFナチョ・モンレアル、MFモハメド・エルネニー、FWアレックス・イウォビがスターティングメンバーに名を連ねた。

 立ち上がりからアーセナルが押し込む入りとなる。劣勢が続くミドルスブラは前半20分、PA手前の左側でFKを獲得すると、MFガストン・ラミレスが左足で直接狙うも、鋭いシュートはクロスバーを直撃。同33分には、左サイドからMFアダマ・トラオレがクロスを供給すると、FWアルバロ・ネグレドがフリック。ファーサイドでフリーのラミレスが頭で押し込もうとしたが、GKチェフのビッグセーブに防がれ、先制点とはならなかった。

 ボールを保持するものの決定機をなかなか作れないアーセナル。後半3分、MFメスト・エジルのFKの流れからGKビクトル・バルデスのキャッチミスを見逃さなかったFWアレクシス・サンチェスが中央に折り返すと、DFローラン・コシールニーが頭で合わせに行くが、わずかに届かない。同9分にはエルネニーの縦パスを受けたサンチェスがペナルティーアーク手前から強烈な右足ミドルもGKバルデスの圧巻のセーブに阻まれる。

 対するミドルスブラは切れ味鋭いカウンターで応戦。後半14分、トラオレがスピードをいかしてドリブルからシュートまで持ち込んだがGKチェフがセーブ。終了間際の44分には、カウンターからトラオレがネグレドにラストパス。ネグレドがPA左に侵入するも、シュートするタイミングがワンテンポ遅く、懸命に戻ったコシールニーのスライディングに阻まれてしまった。

 試合はそのまま0-0で終了。アーセナルの連勝は6でストップし、アーセン・ベンゲル監督の67歳の誕生日を勝利で祝うことはできなかった。


●プレミアリーグ2016-17特集