[DAYS×ゲキサカ連動企画vol.63]湘南ユースFW井上恵武(1年)_「必死にボールを追ってくれる」1年生が劇的V弾

元の記事へ移動

[DAYS×ゲキサカ連動企画vol.63]湘南ユースFW井上恵武(1年)_「必死にボールを追ってくれる」1年生が劇的V弾
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」
[10.18 Jユースカップ2回戦 湘南ユース 2-1 栃木ユース 馬入]

「ああいう流れであの時間帯だったので、『もうゴールしかない。自分が決めてやる』。そういう気持ちだけでピッチに入りました」(FW井上恵武)

 Jユースカップ2回戦。湘南ベルマーレユースと栃木SCユースの激闘は、井上が投入された後半27分の段階で1-1のタイスコアで、どちらにも転び得る状況だった。見守る側はもちろん、恐らく選手たちも延長戦の可能性を考え始める時間帯で、ゴールだけを求める1年生FWがピッチに立った。

 時崎悠監督が「井上は夏以降、スタートで使ってきた選手なんです」と語ったように、大きな期待を寄せられるルーキーだ。そんな「必死にボールを追ってくれる選手」である彼を、このJユースカップではスーパーサブとして起用してきた狙いは明確だ。足がつる選手も出始める時間帯で、しつこくボールを追い掛けながら、どん欲にゴールを見続ける選手が入ってくる。その嫌らしさを栃木の守備陣は実感することになった。

「先発かどうかは監督が決めることで、それとは関係なしに練習から他の選手に負けないようにやってきた」と自負する井上は、投入早々から163cmの小さな体をぶつけ合うこともいとわず、アグレッシブなプレーを継続。同時に入ったFW秋元優と共に栃木の守備をかき回し続ける。見事な抜け出しを見せた秋元の決定的なシュートが外れるなど、なかなか攻勢が結び付かない中で迎えた44分、ついに試合が動く。

 左サイドからMF露口凱が仕掛けると同時にゴール前でポジションを取る。「凱くんなら、きっとえぐって上げてくると思った」というゴールへのイメージどおりに出てきたボールにしっかりと合わせる。「キツい時間帯に背後へ出ていく動きをしたい」と思っていたという形がまさにハマって、湘南ユースが3回戦へと進む決勝弾が生まれた。得点後は「真っ白」になりつつも、「絶対に決めてこいよ」と送り出してくれた仲間たちが待つベンチへダッシュ。歓喜の抱擁を交わした。

「海外ならベイルが好き」と語るルーキーは、鳥取U-18との1回戦に続いて重要なゴールを記録。もっとも、「得点はできたけど、今日は反省点だらけ。ボールを受けても簡単に失ってしまう場面もあって、シュートが決まったからと言って満足はない」と、さらなる高みを意識することを忘れていない。次なる相手は神戸U-18と難敵だけに、この1年生FWの出来は一つのカギとなりそうだ。

(取材・文 川端暁彦)
 『DAYS』は、何の取り柄も特技もない少年・柄本つくしが、サッカーの名門・聖蹟高校に入部したことで始まる灼熱×感動×奇跡の高校サッカー漫画だ! 現在、週刊少年マガジンで連載中。
 そして今回、柄本つくしのように、“泥臭くチームのために献身的に走る”全国のサッカープレイヤーを応援していく企画「全国のつくしを探せ!」! 各地の高校世代のゲームの中から、毎週つくしに負けない“熱さ”を持った選手をピックアップしていく。全国のサッカープレイヤーは要チェックだ! 次の“つくし”はキミかもしれないぞ!!

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ

CLEARレジェンドを倒して100万円をGET!?クリロナCMでおなじみのヘアケアブランド「CLEAR」が大キャンペーンを実施中!!

元の記事へ移動

CLEARレジェンドを倒して100万円をGET!?クリロナCMでおなじみのヘアケアブランド「CLEAR」が大キャンペーンを実施中!!
 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)と女優・宮崎あおいがCMに出演している、ヘアケアブランド「CLEAR for MEN」「CLEAR」(ユニリーバ・ジャパン株式会社)が、本日19日からプレゼントキャンペーンを実施している。

 実力・容姿ともにサッカー界のスーパースターとして君臨するロナウドがCMにも登場している「CLEAR for MEN」は、「男も強いだけではなく、美しくなければならない」という理念のもと、シャンプー、コンディショナー、スパークリングトニックをラインナップ。男性用シャンプーで世界売り上げNo.1*1を誇る大ヒット商品だ。

 そんな「クリア」が実施するキャンペーンは、サッカーを始めたばかりの小学生から、寝ても覚めてもサッカーに打ち込んでいる中高生、草サッカーで慣らしている社会人まで、あらゆる世代のフットボーラーにとって、まさに夢のようなプレゼントだ!

 プレゼントの1つは、CLEARオリジナルサッカーボールだ! 「CLEAR for MEN」または「CLEAR」の対象商品を購入して応募すると、抽選で200名に当たる。「CLEAR」のロゴが光る、オールブラックなサッカーボールは、グラウンドの主役になること間違いなし! 二度と手に入らない限定品を手に入れよう!! 

 さらに、魅力的なプレゼントは、かつて日本代表の10番を背負った日本サッカー界のレジェンド、ラモス瑠偉(岐阜監督)氏率いるチームとフットサルで対戦できる権利だ。当選した1チームは、ラモス氏率いるCLEARレジェンドと5対5のフットサル対決「Dream Match Challenge」を行うことができる。かつての日の丸10番と対戦できるだけでも光栄なことだが、CLEARレジェンドに勝利すると、賞金として、なんと100万円が手に入る! 腕(脚!?)に自信のあるフットボーラーにとっては、是が非でも摑みたいチャンスだ!!

 今世紀最大級のビッグキャンペーン! 詳しい応募条件・方法は、こちらのサイトでチェック!!

*1 男性用シャンプー 売上世界第一位 ニールセン・カンパニーが報告データの一部に基づくシャンプー市場での42カ国(日本を除く)における売り上げ金額をもとにユニリーバが算出。対象期間:2014年6月-2014年8月までのデータの取得可能な直近12ヶ月(データ可能な期間は国により異なる)対象国:42カ国

広島DF高橋がA契約締結「さらに上を目指す」

元の記事へ移動

広島DF高橋がA契約締結「さらに上を目指す」
 サンフレッチェ広島は19日、DF高橋壮也とプロA契約を締結したと発表した。高橋は10月14日の天皇杯3回戦熊本戦でA契約締結条件である公式戦450分出場を果たしていた。

 高橋はクラブを通じて、「現状に満足することなく、さらに上を目指していきたいと思いますし、スタジアムで喜びを与えられるプレーができるようにこれからも頑張っていきます」とコメントしている。

※写真は7月1日に行われたU-22日本対U-22コスタリカのもの

松本GKキローランが接触事故、怪我人はなし

元の記事へ移動

 松本山雅FCは19日、GKキローラン菜入が接触事故を起こしたことを発表した。

 事故があったのは18日午前10時ごろ、松本市里山辺の路上にて、キローランの運転する乗用車が直進していたところ、すれ違い際に前方より男性が運転する乗用車のミラーとキローランの車のミラーが接触。互いの乗用車の右側ドアミラーが破損したが、双方に怪我はなかった。その後、警察へ連絡し、事情聴取、事故処理を警察官、男性、キローラン立会いのもと行っている。

 クラブはキローランを厳重注意。キローランはクラブを通じて、「接触した乗用車の方や、関係者の皆さまにご心配、ご迷惑をお掛けしました。心よりお詫び申し上げます。 今後はより安全につとめて運転していきたいと思います。残り試合も少ないですがチームの為に全力でプレーしていきたいと思っています」とコメントした。

[選手権予選]粘って、走って、DF東岡が延長FK弾!堀越が全国総体4強の関東一破る!:東京A

元の記事へ移動

[選手権予選]粘って、走って、DF東岡が延長FK弾!堀越が全国総体4強の関東一破る!:東京A
[10.18 全国高校選手権東京都Aブロック予選準々決勝 関東一高 1-2(延長)堀越高 大泉高G]

 第94回全国高校サッカー選手権東京都Aブロック予選は18日に準々決勝4試合を行った。今夏の全国高校総体で東京都勢として9年ぶりとなる準決勝進出を果たした関東一高と91年度以来24年ぶりの全国選手権出場を狙う堀越高との一戦は延長戦の末、堀越が2-1で勝利。堀越は11月7日の準決勝で多摩大目黒高と戦う。

 関東一は夏の全国大会でV候補の大津高や広島皆実高、清水桜が丘高といった強豪を打ち倒して堂々の4強入り。同大会優秀選手のMF冨山大輔(2年)、MF道願翼(3年)、FW岡崎仁太朗(3年)、岡崎とともに大会得点王(他2名)に輝いたFW鈴木隼平主将(3年)らを擁して今大会も本命視されていたが、その強豪を堀越が飲み込んだ。1-1の延長後半3分、堀越はカウンターからMF齊藤一輝(2年)のスルーパスに反応したFW照井基也(2年)が馬力ある動きで一気に抜けだそうとする。関東一はカバーしたCB鈴木友也(2年)がPAやや外側でのチャージでよくストップしたが、ファウルの判定。堀越にFKが与えられた。キッカーは同じく立候補したDF富樫草太主将(3年)を「信じろ」と制止したDF東岡信幸(3年)。「きょうは異様に落ち着いていて、入る気がしていた」という背番号20がゴール正面左寄りの位置から右足で巻くように狙った一撃が、鋭く変化して逆サイドのゴールネットへ吸い込まれた。

 衝撃的な一撃が決まると、キッカーの東岡は飛び上がって富樫と歓喜の抱擁。勝利を信じて応援を続けていた堀越の応援席が沸き返った。このゴールで勝利へ大きく近づいた堀越に対し、関東一も諦めずに反撃する。だが、8分にDFのマークを振りきった岡崎がDF唐木澤友輝(3年)の左クロスに合わせた右足シュートは枠上。10分にも左クロスを鈴木隼が落とし、混戦から冨山が右足ボレーで狙ったが、GK横山洋(3年)と堀越の紫白の壁に阻まれてしまう。まもなく、大ピンチを全員で乗り越えた堀越の勝利を告げるホイッスル。関東一の選手権初出場の夢はここで潰えた。

 堀越の佐藤実監督は「(関東一は)力的なところとかは彼らは凄く高い水準にありますし、それを全国で証明している。(それに対して)我々は何ができるか、関一さんが相手に決まってから1か月弱ですけど、準備してきました。粘り強くやるというところと、ゴール前いくら剥がされても点取られないようなことというのは彼らはひとつイメージがあった。非常によくやったかなと思います」。堀越は日大豊山高との2回戦で走り負けていたこともあってこの1か月弱の間、走力を重点的に強化。ナイターで行われた東京都2部リーグ戦の翌朝8時に集合して時間走(クーパー走)などのメニューを行うなど、かつてないほど走りこんできた。指揮官は「関一さんのレベルが高くて、ふつうにやったら勝てないのが分かっているから。それをやって初めて同じ土俵に立てるかな、というところだったので、そこをみんながやり切れたのは凄く大きかった」と振り返ったが、主将の富樫も「日大豊山戦が終わってから走って、メンタル面を鍛えられて、走ることだったり、攻められても耐えられるところは強くなったと思う」と走りで得られた力を勝因に挙げていた。

 自分たちのやってきたことを信じて戦った結果の勝利だ。前半13分、関東一は道願のグラウンダーの右CKを手前の2人がスルーし、最後は鈴木隼が右足ダイレクトで決めて先制ゴールを奪う。だが、リードされても富樫が「(失点は)事故みたいな感じ。気にしないで自分たちのいいところを信じてやっていました」という堀越は気落ちすることなく試合を進める。関東一は巧みにスペースへボールを運び岡崎や鈴木隼が追加点を狙うが、堀越は富樫、東岡、DF小澤颯(3年)の3バック中心に対応。そして、カウンター攻撃を警戒してか関東一がやや引き気味に試合を進めていたこともあってボールを保持した堀越は、敵陣でプレーする時間帯を増やす。FW新井真汰(3年)がPAでのオーバーヘッドキックでボールを繋いでそれに富樫が飛び込み、インターセプトから右サイドを突いた俊足MF小磯雄大(2年)がクロスへ持ち込むなど反撃した。

 後半、堀越は2列目に位置するMF齋藤拓磨(3年)とMF加藤悠矢(2年)のプレッシャーが強度を増すなど、関東一に思い通りの攻撃を許さない。迎えた10分、カウンターから敵陣へボールを運んだ堀越はMF広瀬智也(2年)からのパスを左中間で受けたMF斉藤一輝(2年)が縦へのフェイクを入れてから対応したDF2人の間を通す右足シュート。「(DFが)2枚いてその間を狙って。入ると思わなかった。関一は前に出てこないでゴール前を守る感じ。外に開いてもずれたりしないので、監督とかキャプテンにロングシュートを狙うことを言われていた」。これが逆サイドのゴールを見事に射抜く鮮やかな同点弾となった。勢いづいた堀越は小磯が抜群のスピードで右サイドを駆け上がり、新井や交代出場FW鈴木龍河(3年)のがむしゃらなプレーが2点目を予感させる。対して関東一は、守備面こそ安定していたものの、攻撃面でなかなかギアを上げることができない。26分に冨山の左CKをファーサイドの左SB石島春輔(2年)が頭で合わせたが、これをGK横山がビッグセーブ。この後、関東一は交代出場のFW新翼(3年)、MF堤優太(2年)がドリブルでサイドを破ったが、いずれもゴール前で堀越DFがクリアし、1-1で延長戦へ持ち込んだ。

 そして押し込まれる時間の長かった延長戦で逆に1点を奪い取った堀越が勝利。主軸FW高橋快斗(3年)が欠場したほか、負傷者やコンディション不良の選手が出た中での戦いで敗れた関東一の小野貴裕監督は「(アクシデントがあったが)凌がないといけない試合だった。素直に堀越の方がきょうゲームは良かったと思いますね。守備が破綻していたわけではないのでウチも上回られた訳ではないと思う。だが、相手を攻略するという部分でいうと、アイディアだとかがちょっと力がなかった」。4-4-2から3-5-2のシステムへスイッチして延長戦では流れを取り戻していたが、勝負どころで上回ることができなかった。

 一方、決勝FKを決めた堀越DF東岡は「やる前から全然負ける気がしなかった。あんまり失うものがなかったので、気持ち入れてやるだけだと思っていました。『食ってやるだけだ』、キャプテン中心にそういうモチベーションでした」と振り返る。そして成し遂げられた全国的にもインパクトのある勝利。だが、昨年度の決勝で三鷹高に敗れて全国進出を逃しているチームは「ここから」の思いを強く持っている。全国に出てこそ価値高まる1勝。決して充実したタレントを擁している訳ではないが、粘り強い守りからスピードある攻撃で扉を開くか。斉藤一は「関一の分まで全国行きたいですね」と語り、佐藤監督は「『ちょっとやるじゃん』とOBの皆さんが思ってくれるように。昔みたいな綺麗ないいサッカーはできないですけど、今の彼らなりの力でそういうスタイルで頑張ってやっていますというところは見せられるかなと思います」。全国4強の相手に勝ち切ったこの日のように自分たちを信じて戦い、約四半世紀ぶりとなる全国切符を勝ち取る。

[写真]延長後半3分、堀越はDF東岡が決勝点となるFK弾!

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015

残り5節…改めて決意示す千葉FW松田「一つでも上を目指す」

元の記事へ移動

[10.18 J2第37節 千葉 2-2 大分 フクアリ]

 古巣との対戦となった。びわこ成蹊スポーツ大在学中の13年に大分トリニータの特別指定選手として9試合4得点の活躍を見せたFW松田力は、ジェフユナイテッド千葉の一員として大分戦を迎えた。

「僕の特長を分かっている選手も多かったので、やりづらい部分もありました」と語った松田は、2トップの一角として出場。最前線で体を張ってボールを収めようとするが、相手の激しい守備になかなか前を向いてプレーできない。すると、前半21分と同35分に大分に得点を許して2点のビハインドを背負ってしまう。

 後半10分にFWネイツ・ペチュニクの得点で1点を返すと、大分は5バックにシステムを変更。「相手が引いてスペースがなくなり、中が密集していた」とゴール前への進入回数が限られた松田は、ゴールを奪うことなく同33分にピッチを後にすることになった。

 8月に名古屋から期限付き移籍で加入した松田は、千葉での先発デビューとなった第29節長崎戦から2試合連続ゴールを記録。第33節栃木戦では2得点を奪ってチームを勝利に導くなど、チームに勢いをもたらした。

「もちろんチームの勝利が第一」と前置きしつつ、ここ4試合無得点ということもあり、「ただ、僕のゴールで勝てるのが一番うれしいですね」とゴールへの強い意欲を示した。残り5試合、「絶対にプレーオフ圏内に入り、一つでも高い順位を目指す」と語るアタッカーがチームに勝利をもたらすゴールを狙う。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
[J2]第37節 スコア速報

J2第37節のノミネートゴール発表…磐田FWジェイの股抜きシュートなど

元の記事へ移動

J2第37節のノミネートゴール発表…磐田FWジェイの股抜きシュートなど
 Jリーグは18日に開催されたJ2リーグ第37節のノミネートゴールを発表した。

 ジュビロ磐田FWジェイが鋭い突破から相手GKの股抜きシュートでネットを揺らした自身2点目。V・ファーレン長崎MF梶川諒太が狙いすまして沈めたミドルシュート。ザスパクサツ群馬MF吉濱遼平が自らのシュートのこぼれ球を豪快に蹴り込んだミドルがノミネートされている。

 以下、ノミネートゴール詳細

・FWジェイ(ジュビロ磐田)
10月18日 対磐田 得点時間:66分


・MF梶川諒太(V・ファーレン長崎)
10月18日 対岐阜 得点時間:25分


・MF吉濱遼平(ザスパクサツ群馬)
10月18日 対C大阪 得点時間:46分

スカパー連動テスト_PC

Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナー
スカパー!は、テレビ・スマホ・PC・タブレットで、J1・J2リーグ 全試合生中継!
▼詳しくはこちら: http://soccer.skyperfectv.co.jp/jleague

[Jユースカップ]「日本で一番熱い」応援と指揮官の檄を背に後半逆転!湘南ユースが16強入り!

元の記事へ移動

[Jユースカップ]「日本で一番熱い」応援と指揮官の檄を背に後半逆転!湘南ユースが16強入り!
[10.18 Jユースカップ2回戦 湘南ユース 2-1 栃木ユース 馬入]

 冬の高校年代クラブチーム日本一を決するJユースカップ 第23回Jリーグユース選手権大会。10月18、19日には全国各地で2回戦が行われ、ベスト16が出そろった。神奈川県平塚市の馬入ふれあい公園サッカー場では、湘南ベルマーレユース(神奈川)と栃木SCユースの一戦が行われ、湘南が2-1と逆転勝利。16強進出を果たした。

「本当にベルマーレの父母の方々の応援は日本で一番熱い」

 激戦を終えた湘南・時崎悠監督はそんな言葉を起点に試合を振り返った。あえてそんな語りだしにしたのは、熱い応援を受けた選手たちの動きに大いに疑問を感じたからだ。

「先週(の1回戦)もそうでしたし、今日もそうだったのだけれど、観に来る人が多かったり、プレッシャーのかかる試合になると、本来できるはずのプレーができなくなってしまう。僕の持って行き方にも問題があるのだと思いますが、『チャンスが来たときに緊張して何もできなかった』なんて選手にはなってほしくないんです」

 強い期待と熱い思いを背負って戦うのがプロフェッショナルの世界。その世界で長く生きてきた時崎監督からすると、応援のボルテージが上がるのに合わせて、プレーの強度がむしろ下がってしまった選手たちの様子が歯がゆかったのだ。

 立ち上がりから主導権を握っていたのは湘南だった。U-17日本代表MF齊藤未月、スキルとガッツを兼ね備えるFW新井泰貴といった好選手が中心になってゲームを支配。「栃木は引いてカウンターを狙ってくると思っていたし、実際にそのとおりだった」相手を押し込んでいく。

 もっとも、その攻撃には今ひとつ迫力が出て来ない。原因は「前にボールを入れていく、相手に対して立ち向かっていく姿勢が乏しかった」(時崎監督)こと。言うなれば、 “ベルマーレらしさ”を欠いた前半だった。こうなると、落とし穴が待っているもの。42分、栃木MF手塚貴大のFKからMF明本考浩に痛恨の先制点を決められてしまい、0-1のビハインドでハーフタイムを迎えることとなった。

「前半はいい形ができていなかったし、全体にタッチ数も多すぎた。時さん(時崎監督)からはハーフタイムに『もっとアグレッシブにやれよ』と言われて目が覚めて、後半は全員が本当に球際から戦って、全員で仕掛けていくサッカーができた」(齊藤)

 ネジを巻いた湘南イレブンが仕掛けたのは後半立ち上がりの1分、MF佐々木大樹とのパス交換から中央を突破した1年生FW和田響稀がいきなり同点ゴールを叩き込む。栃木イレブンに心理的ショックを生むような早々の同点劇で、試合の天秤は湘南へと傾いた。栃木もアグレッシブなプレーを見せる明本を中心に反撃を図ったが、持ち前の激しい守備が戻って来た湘南の守りを破るには至らず。14分に湘南のゲームキャプテンでもあるU-16日本代表DF石原広教が負傷退場するアクシデントもあったが、「全員でカバーできた」と齊藤が胸を張ったように、相手が攻勢に出た時間帯もしっかりと耐え切った。

 そして迎えた44分。「延長よりも決着をつけにいっていた」(時崎監督)強気の用兵が実を結ぶ。交代出場のMF北村椋太のパスを受けたMF露口凱が左サイドを破って中央へつなげると、待っていたのはやはり交代出場の1年生FW井上恵武。無心で打ったという左足シュートがゴールネットを揺らし、2-1と逆転。湘南がそのまま逃げ切り、3回戦進出を決めた。

 次なる相手は、強敵・神戸U-18。「このメンバーでやれるゲームを少しでも増やし、レベルの高いチームとより多くやる」(時崎監督)というシンプルな目標を掲げて臨んだチームにとって願ってもない相手となる。2年生の齊藤は「試合に出られていない3年生もいる中で、僕たちが出ている。そのことを感じながら、感謝しながら戦って、そして優勝したいと思います」と、静かに、ただし力強く必勝を誓った。

(取材・文 川端暁彦)
▼関連リンク
2015Jユースカップ特集ページ

苦しむチーム救う2発!! 千葉FWネイツ「正しい決断だった」

元の記事へ移動

[10.18 J2第37節 千葉 2-2 大分 フクアリ]

 苦しむチームを救った。プレーオフ出場のためには勝ち点3を是が非でも手に入れたいジェフユナイテッド千葉だったが、前半35分までに大分に2点のリードを許してしまう苦境に立たされた。しかし、前半の決定機を得点に結び付けることができなかったFWネイツ・ペチュニクがチームに勝ち点をもたらす活躍を見せる。

 前半38分、右サイドを突破したMF水野晃樹のクロスから決定機を迎えたネイツはダイビングヘッドでゴールを脅かしたが、GK武田洋平にストップされた。「前半、ゴールを決めるべきチャンスがありましたが、私はそれを決め切れなかった」。好機を逸した背番号11は燃えていた。

 すると後半10分、右サイドの水野が送ったボールに誰よりも早く反応してヘディングで叩き込んで、まずは1ゴールを記録。さらに敗色濃厚の後半アディショナルタイム、PA内で粘りを見せたDF金井貢史が倒されて得たPKをど真ん中に沈め、チームに勝ち点1をもたらした。

「PKのトレーニングを毎週しているので、落ち着いて打てました。あの場面では真ん中に蹴ると決断したんだ。正しい決断だったと思うよ」

 土壇場で手に入れた勝ち点1。「何も得ずにゼロポイントで終わることになったかもしれない試合で、最後に追い付いて勝ち点1を獲得できたのは良かった」と話しつつも、「今日のゲームには勝ち点3を取るぞと信じて臨んでいました」と語ったように、白星を獲得できなかったことに悔しさを滲ませていた。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
[J2]第37節 スコア速報

不完全燃焼続くファルカオ、チェルシー退団でバルサ移籍!?

元の記事へ移動

不完全燃焼続くファルカオ、チェルシー退団でバルサ移籍!?
 今夏、マンチェスター・ユナイテッドからチェルシーにレンタル移籍したFWラダメル・ファルカオは、第9節終了時点で7試合に出場しているものの先発出場はわずか1試合、そして得点数も1ゴールと苦しんでいる。

 昨季、移籍期限ギリギリでモナコからマンチェスター・Uに移籍したファルカオだが26試合4得点と本領発揮とはいかず。「彼本来のレベルに戻るのを助けたい」とファルカオのポテンシャルを信じるジョゼ・モウリーニョ監督の誘いもあり、チェルシーへの移籍を決断するが不完全燃焼が続いている。

 英紙『ミラー』によると、現状が続くようではコロンビア代表でのプレーにも支障をきたすと考えたファルカオ側は、出場機会を求めて移籍を希望しているようだ。スペインメディアの中には、ファルカオがバルセロナへ移籍するのではないかという見方もある。


●プレミアリーグ2015-16特集
●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集