ザックジャパン+ハリルジャパン=西野ジャパンから継続性と今の日本の選手たちの守備力を考えると。

元の記事へ移動

森保ジャパンについて、現時点で、とても気になっているのは、ビルドアップの方法、または、その時の形で、ボランチの1枚がDFラインに下がる、という事については、ハイプレスをかわす、という事においては有効であり、当然、2枚でやるよりも3枚でやる方がボール回しには安定感が出るから、それについては良いのだが、しかし、両SBを早いタイミングで高い位置へと上げる、という事については、やはり守備面、特にカウンターに対する守備、という部分が弱くなってしまうので、そこに強い懸念を感じる。

両SBが高い位置へと上がる、という事は、DFラインが2枚であれ3枚であれ、両サイドの低い位置に大きなスペースを作っている、という事であるし、そして、そこをカウンターで突かれた時には、当然、CBの1枚はそのサイドへと引き出される事になるし、更には、ボランチの1枚がDFラインに下がっている、という事は、中盤中央の低い位置を守る選手は1枚になってしまう、という事なので、やはりカウンターに対する守備は弱くなってしまうし、今の日本の選手たちの守備力を考えると、それは厳しいかと。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

オマーン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。武藤嘉紀。伊東純也。 】

元の記事へ移動

試合 :アジアカップ グループステージ 第2戦
開催日:2019年1月13日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:原口元気(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

オマーン戦選手評価 【 北川航也。南野拓実。原口元気。堂安律。遠藤航。柴崎岳。 】

元の記事へ移動

試合 :アジアカップ グループステージ 第2戦
開催日:2019年1月13日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:原口元気(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

オマーン戦 【 まだまだ優勝へ向けての視界は良好ではない。 】

元の記事へ移動

試合 :アジアカップ グループステージ 第2戦
開催日:2019年1月13日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:原口元気(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

しっかり戦い方を整理してオマーン戦からは内容も良くしたい。

元の記事へ移動

守備の時は「4-4-2」というシステムで、2トップをファースト・ディフェンダーとし、縦と横のコンパクトを常に保つ意識を持ちながら、サイドへとボールを追いやり、それによってコースを限定し、全体が連動したプレスでボールを奪う。問題は、その時の守備の設定位置で、なるべく高い位置で、というのはそうなのだが、そういうアバウトな感覚ではなく、縦15メートル区切りぐらいの間隔において、どの高さの守備の設定位置が最適であるのか、事前に想定していたものと、実際に試合に入ってからものと、それをすり合わせて、常に変動させながらバチっと嵌め込む、という作業にあると言える。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

トルクメニスタン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。権田修一。北川航也。 】

元の記事へ移動

試合 :アジアカップ グループステージ 第1戦
開催日:2019年1月9日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-2」
得点者:アマノフ 大迫勇也 大迫勇也 堂安律 アタエフ(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

トルクメニスタン戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。堂安律。柴崎岳。冨安健洋。 】

元の記事へ移動

試合 :アジアカップ グループステージ 第1戦
開催日:2019年1月9日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-2」
得点者:アマノフ 大迫勇也 大迫勇也 堂安律 アタエフ(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

トルクメニスタン戦 【 想定内の苦戦だが、日本のサッカーの悪い癖も。 】

元の記事へ移動

試合 :アジアカップ グループステージ 第1戦
開催日:2019年1月9日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-2」
得点者:アマノフ 大迫勇也 大迫勇也 堂安律 アタエフ(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

小笠原満男。中澤佑二。楢崎正剛。川口能活。引退。

元の記事へ移動

小笠原満男

中村俊輔、中田英寿、小野伸二、稲本潤一、という選手たちと、同世代の選手だと言えるので、彼らと比較されるにおいては、やはり、地味な印象ではあったが、しかし、地味だが巧い選手、という事では、まず名前が挙がるのは小笠原満男であると思う。ほぼ印象には残っていないのだが、ドイツW杯では、第2戦目のクロアチア戦では先発フル出場、第3戦目のブラジル戦でもスタメン出場している。ただ、全盛期はその後、2006年8月から2007年6月までの10ヶ月間のレンタル移籍を経て、鹿島アントラーズに復帰してからの数年間であると思っていて、その数年の途中には大きな怪我もあったが、イタリアでフィジカル・コンタクトの強さと守備力を上げてきた小笠原は、鹿島アントラーズの3連覇に欠かせない選手だったと言える。その活躍により、2010年2月の代表戦へ、約3年半振りに招集され、試合にも出場したが、同年の南アフリカW杯では予備登録メンバー、という事で、残念ながら、3回目のW杯出場は果たせなかった。同世代では前述の選手たちと、ボランチという事では福西崇史と中田浩二も存在し、その次の世代には、遠藤保仁、阿部勇樹、今野泰幸、長谷部誠、という選手たちが存在していた事もあり、代表では軸になりきれなかった印象だが、鹿島アントラーズでは間違いなくレジェンドであるし、心・技・体、全ての要素で質の高さを備えた素晴らしい選手だったと思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

大きすぎる存在のメッシ。バルセロナにあるジレンマ。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】

元の記事へ移動

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第18節
開催日:2019年1月6日
結果 :バルセロナ勝利
スコア:「1-2」
得点者:メッシ スアレス ハイメ・マタ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。