【YLC グループD 第4節 鳥栖×湘南】鳥栖はドイツ帰りの19歳、湘南はユース16歳が初先発も…3位vs4位対決はスコアレスドロー【動画】

元の記事へ移動


news_242627_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年4月18日(水) 00:00:00.00 ID:000
[4.18 ルヴァン杯GL第4節 鳥栖0-0湘南 ベストアメニティスタジアム(4,297人)]
得点:


ルヴァン杯は18日、グループリーグ第4節を各地で行い、サガン鳥栖と湘南ベルマーレが対戦した。
第1節での同カード対戦は1-0で湘南に軍配。
互いに若い選手を先発に並べたが、得点を挙げることはできず、0-0の引き分けに終わった。

ここまでルヴァン杯3連敗中の鳥栖は3日前に行われたJ1第8節の磐田戦(●0-1)からDF高橋祐治、FW河野広貴以外の先発9人を変更。
横浜FCから移籍してきたGK高丘陽平が新天地デビューを迎え、デュッセルドルフから加入したFW伊藤遼哉がJ初出場を果たした。

一方の湘南は前節の広島戦(●0-2)からDF坂圭祐を除いた10人をチェンジ。
MF金子大毅、FW山口和樹の2人はJデビュー。
湘南ユース所属で高校2年生のMF柴田壮介、FW鈴木国友は初スタメンとなった。

立ち上がりは鳥栖が優勢を保った。
前半7分、MF安庸佑のクロスにMF水野晃樹が頭で合わせると、同11分にはブルガリアから加入した元日本代表MF加藤恒平がミドルシュート。
さらに同14分、遠目からDF安在和樹が左足で狙ったが、わずかに左へ外れた。

湘南は前半8分、左サイドを駆け上がったMF表原玄太のパスを受けた鈴木がシュートを放ち、こぼれ球を山口が狙うも惜しくも枠外。
その後は鳥栖の攻撃を受けるシーンが続き、同32分、ドリブルで攻め上がった水野、こぼれ球を拾った安のシュートが強襲。
だが、いずれもGK後藤雅明が好守を見せた。

スコアレスで迎えた後半は7分、互いの指揮官が動く。
鳥栖は河野に代わってFW田川亨介を投入。
一方の湘南は柴田に代わってMF齊藤未月を入れた。
なおもペースを握ったのは鳥栖。
同12分、左サイドを単独突破した田川が強烈なクロスを配給し、相手に当たったボールがゴールに向かったが、わずかに右へと外れた。

さらに鳥栖は後半21分、水野に代わってMF石川啓人を起用。
湘南は同24分、FW端戸仁を下げて高卒ルーキーFW{{新井光}を入れた。
すると同29分、鳥栖は左サイドからのFKを石川が蹴り込むと、ゴール前でDF藤田優人がヘッド。
うまく軌道を変えたが、ボールは惜しくもゴールを外れた。

湘南は終盤、一気に反撃に出た。
後半42分、右サイドからのクロスを表原が合わせ、こぼれ球がゴール前へ。
途中出場のFW野田隆之介がゴールに流し込んだが、オフサイド判定となった。
同44分、表原のクロスにDF大野和成が頭で合わせたが、高くバウンドしたボールはゴール上へ。

最後まで両チームともゴールを挙げられず、スコアレスドローに終わった。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?242627-242627-fl

YBCルヴァンカップ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク




続きを読む

【YLC グループD 第4節 長崎×神戸】郷家のプロ初ゴールがV弾に!長崎との直接対決を制した神戸、今節にもGL突破決定の可能性も【動画】

元の記事へ移動


news_242616_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年4月18日(水) 00:00:00.00 ID:000
[4.18 ルヴァン杯GL第4節 長崎1-2神戸 トランスコスモススタジアム長崎(3,488人)]
得点:
22' ファンマ

67' ウェリントン
90+5' 郷家 友太


ルヴァン杯は18日、グループリーグ第4節を行った。
トランスコスモススタジアム長崎では、D組のV・ファーレン長崎とヴィッセル神戸が対戦し、2-1で神戸が勝利。
勝ち点10とし、もう1試合の湘南(同3)対鳥栖(同0)で、鳥栖が勝利すれば今節でのグループリーグ突破が決まる。

勝ち点7で1位タイ同士の直接対決。
ともに今節で突破決定の可能性を残す中、ホームの長崎は14日のJ1第8節・G大阪戦からFWファンマを除く10人を入れ替え、FW名倉巧らを起用した。
一方の神戸は、15日のJ1第8節・横浜FM戦から11人全員を変更。
U-21選手としてMF安井拓也、MF中坂勇哉、FW郷家友太がスタメンに入った。

入りが良かったのは、FWハーフナー・マイクとFWウェリントンを中心に攻め込んだ神戸だった。
前半2分、MF安井拓也がPA手前から放ったシュートはGK増田卓也がストップ。
19分には、右CKからDF宮大樹が打点の高いヘディングシュートを放ったが、これはクロスバー上に外れた。

試合は、徐々にテンポの良い攻撃を仕掛け始めた長崎が先制に成功する。
前半22分、PA右手前で名倉が素早い出足からボールを奪い、反転から縦に仕掛けて中央へ折り返す。
これをファンマが右足で流し込み、先制のゴールネットを揺らした。

これにより試合は長崎ペースに。
前半32分、MF幸野志有人がドリブルからタメを作ってスルーパス。
PA右からMF米田隼也が右足を振り抜くが、GK前川黛也のファインセーブに阻まれる。
36分には、左サイドのスローインの流れから名倉の胸パスを受けたMF碓井鉄平がPA左に進入。
右足でグラウンダーのシュートを放ったが、惜しくも右ポストを叩いた。

早い時間帯に追いつきたい神戸は、最後のところでパスの精度を欠き、なかなか決定的なシーンを作ることができない。
10分、ハーフナーを下げてFW増山朝陽を投入。
徐々に攻勢を強めると、29分には、右サイドからDF小川慶治朗が上げたクロスをウェリントンがバイシクルシュートを放つ。
これは枠を捉えていたが、GK増田に止められてしまった。

それでも神戸は後半20分、中坂をDF北本久仁衛に代えると、その2分後に同点に追いつく。
22分、右サイドからDF那須大亮がクロスを供給。
ウェリントンが今度はヘディングシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。
押し込まれる時間が続いた長崎は、26分にファンマを下げてFW平松宗をピッチに送り込んだ。

後半33分、長崎は敵陣中央でFKを獲得。
キッカーのMF新里涼が右足で蹴り込むと、壁の右を抜けてゴール右隅を捉えたが、GK前川の横っ飛びセーブに阻まれてしまう。
34分、幸野に代えてMF前田悠佑を入れ、43分にはMF香川勇気をDF鹿山拓真に代えたが、勝ち越しゴールを奪うことができない。

試合はこのまま引き分けに終わると思われた。
しかし、後半アディショナルタイム5分にスコアが動いた。
神戸は左サイドでFKを獲得すると、安井がゴール前に蹴り込んだボールを郷家が頭で合わせ、決勝点。

高卒ルーキーのプロ初ゴールにより神戸が2-1で勝利した。
なお、第5節は5月9日に行われる。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?242616-242616-fl

YBCルヴァンカップ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク




続きを読む

【YLC グループC 第4節 G大阪×浦和】大槻浦和が公式戦4連勝!G大阪は中村敬斗が1トップも不発【動画】

元の記事へ移動


news_242620_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年4月18日(水) 00:00:00.00 ID:000
[4.18 ルヴァン杯第4節 G大阪0-1浦和 パナソニック スタジアム 吹田(9,516人)]
得点:
71' 武富 孝介


浦和レッズが敵地でガンバ大阪を1-0で下した。
今月より大槻毅暫定監督の下で立て直しを図っている浦和は、これで政権下無敗を継続。
公式戦は4連勝となった。
ルヴァン杯では勝ち点を7に伸ばして、首位の広島に並んだ。

この日唯一のゴールが生まれたのは後半26分、MF青木拓矢の縦パスを反転しながら受けてエリア内に入ったMF武富孝介がエリア内でDF西野貴治に倒されてPKを獲得。
これを武富自らが決めた。

「PKは蹴る方向は決めていた。入って安心した。とにかく勝てたことが一番大きい。もっともっと浦和は出来るし、もっともっと強くなれると思う。勝てていることはいいことですが、そんな中でもっと内容を求めていきたい」

一方のG大阪は、公式戦2試合連続の完封負け。
後半アディショナルタイムにはDF米倉恒貴が2枚目のイエローカードで退場となるなど、後味の悪い試合になってしまった。

また左ハムストリング肉離れでの離脱が発表になったFW長沢駿に代わって、この日はFW中村敬斗を1トップで起用する布陣を採用。

しかしシュートを1本も打つことが出来ず、17歳FWにとっては厳しい結果になった。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?242620-242620-fl

YBCルヴァンカップ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク




続きを読む

【YLC グループC 第4節 名古屋×広島】広島今季公式戦初黒星…名古屋が後半の逆転で1か月半ぶり勝利【動画】

元の記事へ移動


news_242617_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年4月18日(水) 00:00:00.00 ID:000
[4.18 ルヴァン杯第4節 名古屋2-1広島 パロマ瑞穂スタジアム(5,412人)]
得点:
61' 深堀 隼平
78' ジョー

35' 渡 大生


18日に行われたルヴァン杯第4節で、C組の名古屋グランパスはホームでサンフレッチェ広島に2-1で勝利した。
公式戦9戦未勝利だった名古屋が3月3日のリーグ磐田戦以来1か月半ぶり、10戦ぶりの勝利を挙げた。
一方のリーグ戦を独走し、ルヴァン杯でも好調の広島は今季公式戦初黒星を喫した。

広島が前半35分に先制する。
左サイドでMFフェリペ・シウバのスルーパスに反応したDF川井歩がマイナスクロスを入れると、FW渡大生が合わせる。
名古屋の守備を完全に崩し切り、スコアを動かした。

ただし名古屋も後半に入ると意地を見せる。
後半16分、MF押谷祐樹のロングボールで裏を取ったFW深堀隼平が胸トラップでボールを収める。
右足でGKとの1対1を制して試合を振り出しに戻す。

さらに後半33分、右サイドから入ったMFワシントンのクロスから途中出場のMF長谷川アーリアジャスールがシュート。
これはGK中林洋次に防がれたが、こぼれ球をこちらも途中出場のFWジョーが押し込んで、逆転に成功。
名古屋は今大会初勝利にもなった。

広島は今季公式戦初黒星。
今大会も首位を走っていたが、勝ち点7で浦和に並ばれた。
G大阪が同6、名古屋が同3で残り2節を戦うことになった。

次節は5月9日に行う。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?242617-242617-fl

YBCルヴァンカップ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク




続きを読む

【YLC グループB 第4節 磐田×札幌】17歳デビュー&16歳ベンチ入りの札幌が宮吉弾で逆転勝利!磐田はルーキー中野のプロ初得点も実らず【動画】

元の記事へ移動


GettyImages-613613472-1-800x533


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年4月18日(水) 00:00:00.00 ID:000
[4.18 ルヴァン杯GL第4節 磐田2-3札幌 ヤマハスタジアム(磐田)(6,084人)]
得点:
33' 太田 吉彰
44' 中野 誠也

16' 内村 圭宏
69' ジュリーニョ
90' 宮吉 拓実


北海道コンサドーレ札幌が敵地でジュビロ磐田と対戦し、3-2で逆転勝利を飾った。
開幕3連敗の札幌は今大会初白星を挙げたが、順位は最下位で変わらず。
敗れた磐田は2勝2敗で首位タイから3位に後退した。

互いに直近のリーグ戦から大幅に先発メンバーを変更。
磐田は15日のJ1第8節・鳥栖戦(1-0)から11人全員、札幌は14日のJ1第8節・柏戦(2-1)から10人を入れ替えた。

U-21選手枠では磐田がMF伊藤洋輝(18)、札幌がDF濱大耀(19)をスタメン起用。
また、札幌は2種登録のMF本間洋平(16)が公式戦で初のベンチ入りを果たした。

先にスコアを動かしたのはアウェーの札幌。
前半16分、MF内村圭宏がMFジュリーニョのスルーパスを受け、マークにつくDF櫻内渚を振りほどく。
PA内中央で体をひねりながら右足でシュートを放ち、ゴール左へ決めた。

それでも磐田は前半33分、MF太田吉彰がMF松本昌也とのパス交換から左足で流し込み、1-1と同点に追いつく。

同44分には札幌のパスミスを逃さずにカウンターを仕掛け、MF山田大記のスルーパスに走り込んだFW中野誠也が右足で逆転弾を奪取。
筑波大から今季加入した中野はプロ初先発で初ゴールを記録した。

ハーフタイムが明けても攻勢を続ける磐田。
後半19分、カウンターからMF上原力也のパスを受けた中野が左サイドをドリブルで持ち上がり、PA内左から右足でシュートを放つ。
しかしGK菅野孝憲に阻まれ、追加点は奪えない。

すると、札幌が後半24分に試合を振り出しに戻す。
途中出場のFW宮吉拓実が左サイドに展開し、ボールを受けたMF白井康介が深い位置から右足でクロス。
ジュリーニョが相手DFに競り勝って頭で合わせると、クロスバーの下に当たったシュートがゴールに吸い込まれた。

終盤は両チームとも勝ち越しを狙って激しい攻防を繰り広げる中、次の1点は札幌に生まれる。
後半45分、ドリブルでPA内右に進入したDF早坂良太が右足で折り返すと、中央で反応したのは宮吉。
うまく相手DFの前に入り、右足のボレーで逆転ゴールを挙げた。

札幌は後半アディショナルタイム3分に負傷した白井が担架で運ばれ、代わって投入された2種登録のDF中村桐耶(17)がトップデビュー。

そのまま3-2で試合終了を迎え、今大会初勝利を飾った。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?242618-242618-fl

YBCルヴァンカップ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク




続きを読む

【YLC グループB 第4節 清水×甲府】今季2度目の“富士山ダービー”は決着つかず…清水MF村田が先制弾も甲府はOGで追いつく【動画】

元の記事へ移動


GettyImages-613613472-1-800x533


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年4月18日(水) 00:00:00.00 ID:000
[4.18 ルヴァン杯GL第4節 清水1-1甲府 IAIスタジアム日本平(4,797人)]
得点:
1' 村田 和哉

50' オウンゴール


IAIスタジアム日本平で行われたJ1清水エスパルスとJ2ヴァンフォーレ甲府の一戦は、1-1の引き分けに終わった。

清水は2勝1分1敗で首位タイをキープ。
甲府も2勝1分1敗で首位タイのままとなった。

今季2度目となった“富士山ダービー”。
前回対戦を0-1で落とした清水はU-21選手枠でMF西村恭史(18)、甲府はルヴァン杯3試合2ゴールのFW森晃太(20)を先発起用した。

ホームの清水は前半1分に早くも先制する。
相手のクリアボールを拾ったFW鄭大世がパスを出し、PA手前中央のMF村田和哉が反応。
右足のアウトにかけたシュートがゴール右に転がり込み、村田はルヴァン杯初得点をマークした。

前半38分には、今季公式戦初出場のプロ2年目DF飯田貴敬が右サイドからクロスを供給。
PA内中の鄭大世がヘッドで合わせるも、ゴール右に外れ、前半は清水の1点リードで折り返した。

立ち上がり早々に失点を喫した甲府だったが、後半5分に同点弾を奪う。
MF道渕諒平が右サイドから右足で高速クロスを送ると、ニアでMF佐藤和弘をマークした清水DF角田誠のオウンゴールを誘い、1-1とした。

追いつかれた清水は後半18分、MFミッチェル・デュークが高い位置でインターセプトし、左サイドからのクロスにファーの鄭大世が頭で合わせるが、ゴール右に外して絶好機を逃す。
同27分には甲府の森のパスを受けた道渕がPA内右から右足を振り抜くが、シュートはクロスバーを直撃した。

終盤に入り、さらに攻勢を強めた清水。
後半43分にMF白崎凌兵の右クロスから鄭大世が放ったヘディングシュートはわずかに枠の上に外れる。

同アディショナルタイム4分には途中出場のFW長谷川悠がロングボールを頭で落とし、鄭大世が右足のボレーでゴールを襲うが、決め切れずに1-1で終了のホイッスルを聞いた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?242622-242622-fl

YBCルヴァンカップ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク




続きを読む

【YLC グループA 第4節 新潟×仙台】DF渡邊泰基がOG誘発、新潟が先発平均21.91歳の仙台を下して今季ルヴァン杯初勝利【動画】

元の記事へ移動


GettyImages-613613472-1-800x533


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年4月18日(水) 00:00:00.00 ID:000
[4.18 ルヴァン杯GL第4節 新潟3-1仙台 デンカビッグスワンスタジアム(2,681人)]
得点:
22' オウンゴール
32' 田中 達也
88' ターレス

77' 宮脇 健太


ルヴァン杯は18日、グループリーグ第4節を行った。
デンカビッグスワンスタジアムでは、A組のアルビレックス新潟とベガルタ仙台が対戦し、3-1で新潟が勝利。
今季ルヴァン杯初勝利を飾り、グループリーグ突破に可能性を残した。
なお、第5節は5月9日に行われる。

1分2敗で敗退危機にある新潟は、15日のJ2第9節・栃木戦から11人全員を入れ替え、U-21選手としてDF渡邊泰基を起用した。

一方、ルヴァン杯無敗(1勝2分)の仙台は、14日の第8節・川崎F戦からDF常田克人とFWジャーメイン良を除く9人を変更。
2種登録の全8人が帯同し、DF山下諒時とMF工藤真人、FW菅原龍之助の3人が先発、残り5人はベンチに入った。

今季ルヴァン杯初勝利を目指す新潟は前半5分、FWターレスがペナルティーアーク手前から豪快な右足シュートを放つが、惜しくもゴール右に外れる。
その後も押し気味に試合を進めると、22分に先制点。
左サイド深くでMF磯村亮太のパスを受けた渡邊泰が相手2人の間を抜けてクロスを入れると、山下のオウンゴールを誘発した。

さらに新潟は前半26分、左45度の位置からターレスが思い切りよく右足ミドル。
GK川浪吾郎が弾いたボールにMFブルーノ・メネゲウが詰めたが、相手にクリアされてしまう。
それでも32分、右サイドからMF伊藤優汰が縦に仕掛け、山下をかわしてマイナスに折り返す。
PA中央からFW田中達也が右足でゴール右隅に突き刺し、2-0とリードを広げた。

2点ビハインドの仙台は、ハーフタイムで工藤真を下げ、6シーズンぶりに復帰したMF関口訓充を起用。
9分、新潟はPA左の常田の横パスをターレスが奪い、左足を振り抜く。
GK川浪が弾いたボールを伊藤が左足ループで狙うが、絶好のチャンスを決め切れなかった。
14分には、ベンチに交代を要求していた田中がFW渡邉新太と代わってピッチを後に。
対する仙台は18分、MF古林将太をFW宮脇健太に代えた。

後半23分、新潟に決定機が訪れる。
ハーフェーライン付近からターレスが右足アウトで絶妙スルーパス。
完全に裏に抜け出したメネゲウがPA内から右足を振り抜くが、惜しくもGK川浪に止められ、ダメ押しの3点目とはならなかった。

仙台は後半32分、菅原に代えてMF工藤蒼生を投入。
すると、直後にスコアが動く。
右サイドでパスを受けた宮脇がPA右へ侵入すると、2度の切り返しから右足を一閃。
低い弾道のシュートが左サイドネットに突き刺さり、1点差に詰め寄る。
さらに39分には、左サイドからMF永戸勝也が絶妙なクロスを供給し、ゴール前にフリーで走り込んだジャーメインが滑り込みながら右足で合わせる。
しかし、これは枠を外れ、一気に追いつくことができなかった。

すると後半41分、GK川浪が渡邉新を倒してしまい、新潟がPKを獲得。
最初は渡邉新がボールを譲らなかったが、ターレスがキッカーを務め、右足で中央へ蹴り込む。
これはGK川浪に弾かれると、セカンドボールから磯村が倒されて再びPK獲得。
連続でキッカーを務めたターレスが今度はゴール左へ決め、勝負あり。

ターレスの加入後初ゴールなどで新潟が3-1で勝利し、今季ルヴァン杯初勝利をおさめた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?242619-242619-fl

YBCルヴァンカップ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク




続きを読む

【YLC グループA 第4節 FC東京×横浜FM】あっけなく決まった12秒弾…逃げ切れなかったFC東京、横浜FMが伊藤翔2発で追い付く【動画】

元の記事へ移動


news_242605_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年4月18日(水) 00:00:00.00 ID:000
[4.18 ルヴァン杯GL第4節 FC東京2-2横浜FM 味の素スタジアム(8,320人)]
得点:
1' 富樫 敬真
38' 梶山 陽平

67' 伊藤 翔
84' 伊藤 翔


ルヴァン杯は18日にグループリーグ第4節を開催し、味の素スタジアムではA組のFC東京と横浜F・マリノスが対戦。
試合開始早々の前半1分にFW富樫敬真の得点でFC東京が先制に成功すると、同38分にMF梶山陽平が加点。
しかし、後半22分と同39分にFW伊藤翔がネットを揺らして横浜FMが同点に追い付き、試合は2-2の引き分けに終わった。

ホームのFC東京は14日のJ1第8節C大阪戦(●0-1)から富樫以外の先発10人を入れ替え、トップチーム初出場となるMF品田愛斗、U-18所属で2種登録のDF高橋亮らがスターティングメンバーに名を連ねた。

一方、勝利を収めた場合、他会場の結果によってGL突破の可能性がある横浜FMは、15日のJ1第8節神戸戦(●1-2)から伊藤、MFダビド・バブンスキーを除く先発9人を入れ替えて、この一戦に臨んだ。

試合開始わずか12秒、思わぬ形から先制に成功したのがホームのFC東京だった。
最終ラインのDF山田将之が蹴り出したロングボールをPA外で処理しようとした横浜FMのDF西山大雅とGK杉本大地がまさかの接触。

こぼれたボールを拾った富樫が無人のゴールに蹴り込み、スコアを1-0とした。
さらに同17分にはドリブルで運んだ梶山が、ポジションを前目にとる杉本の隙を突いてミドルレンジからシュートを狙うも、ボールはわずかにゴール右に外れた。

その後もFC東京がフィニッシュまで持ち込む場面を作り出す。
前半26分には前線からプレッシャーをかけて杉本のキックミスを誘うと、ボールに反応した品田がPA外から狙うもボールは枠を捉え切れず。

さらに同29分には梶山のパスから右サイドを駆け上がった富樫がPA内まで持ち込むと、切り返しで追走する西山を外してシュートを放ったが、ボールはゴール右に外れた。
一方の横浜FMは同37分、相手のパスをカットした仲川が伊藤とのパス交換からPA内に侵入するが、シュートはDF吉本一謙にブロックされてしまう。

すると前半38分、左サイドを駆け上がった太田のクロスに飛び込んだ梶山が右足ダイレクトで合わせてネットを揺らし、FC東京がリードを2点差に広げる。
梶山のFC東京での得点は12年9月5日のナビスコ杯(現ルヴァン杯)準決勝第1戦清水戦(○2-1)以来、約5年7か月ぶりとなった。

2-0とFC東京がリードしたまま後半を迎えると、横浜FMは西山に代えてMF遠藤渓太、バブンスキーに代えてMF吉尾海夏を投入して状況を打開しようと試みる。
同14分には左サイドから運んだ仲川のラストパスからFW大津祐樹がPA外から狙うも、シュートはGK大久保択生の守備範囲に飛んでしまう。
さらに同15分には左サイドを駆け上がった遠藤の折り返しに走り込んだ大津が決定的なシュートを放ったが、好反応を見せた大久保に阻まれてネットを揺らすには至らなかった。

しかし後半22分、左サイドの仲川のパスからMF中町公祐、吉尾と鮮やかにつないだボールを最後は伊藤が右足で豪快に蹴り込み、横浜FMが1点差に詰め寄る。

その後も同点に追い付こうとする横浜FMが圧力を掛けると、同39分に右サイドから仲川が送ったグラウンダーのクロスがファーサイドまで流れたところに走り込んだ伊藤が蹴り込み、試合は2-2の引き分けに終わった。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?242605-242605-fl

YBCルヴァンカップ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク




続きを読む

【独占】トルシエが読み解く日本代表監督解任劇「日本サッカーはスポンサーの意向がすべて」

元の記事へ移動


2018-04-13-japan_s7pw72qa6x5t1ja090jnguzzv


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018/04/13(金) 00:00:00.00 ID:000
日本サッカー協会(JFA)はハリル氏との契約解除を決め、西野朗新監督体制のもとでロシアへ乗り込む決断を下した。

ワールドカップまで約2カ月というタイミングでの判断は、ショッキングなニュースとして世界中に伝えられた。

田嶋幸三会長が契約解除の理由として明かしたのは「信頼関係の悪化」だったが、ハリル氏が『Goal』クロアチア編集部の取材に対して語ったのは「すべてが金とビジネスによってひっくり返った」という、なおさらショッキングな内容だった。

以下引用元

http://www.goal.com/jp/%E3 ...


ヴァヒド・ハリルホジッチ 解任 関連記事:
http://blog.livedoor.jp/keydrop/tag/ヴァヒド・ハリルホジッチ 解任



スポンサーリンク





4: 2018/04/13(金) 22:00:02.51 ID:4MV3/ILO0.net

アディダスとキリンビバレッジ最低って事でいですね


13: 2018/04/13(金) 22:04:13.52 ID:+gXfFo6T0.net

>>4
電通も追加


67: 2018/04/13(金) 22:41:15.32 ID:UlhUHm7q0.net

>>13
追加っていうか元凶がソレ



144: 2018/04/13(金) 23:53:58.12 ID:zCWfID1G0.net

>>4
こいつらが日本のサッカーを私物化している


7: 2018/04/13(金) 22:01:24.50 ID:SM3W4bKn0.net

トルシエ、ナイスアシスト

続きを読む

西野ジャパンW杯メンバー 本田、長谷部ベースだが「サプライズ」あるゾ

元の記事へ移動

1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018/04/13(金) 00:00:00.00 ID:000
 サッカー日本代表の西野朗新監督(63)が12日、都内JFAハウスで就任会見を行った。
バヒド・ハリルホジッチ前監督(65)の電撃解任を受けて登板した新指揮官は6月のロシアW杯に向けてチームの再建方針を説明。

常連組を土台とする一方、幅広く人材を求める考えも披露し“ビッグサプライズ”も示唆した。

本番まで約2か月というタイミングでの監督交代。
大混乱の中でチームを託された新指揮官は「選手に融合、結束することを求めたい。最高の化学反応が起こるグループとなる選手選考を、総力を挙げて選考したい」と力強く再建を誓ったが、果たしてどんなメンバーになるのだろうか。

西野監督は「(ハリルホジッチ)監督のもとでリストを作成している中、ベースとなる選手たちは現状も変わらない。グループ、ユニットという力が必要なので」と説明。
常連組を中心に編成する方針を示し、代表を長年支えてきたFW本田圭佑(31=パチューカ)、MF長谷部誠(34=Eフランクフルト)をチームの軸とする考えだ。

その上で新指揮官が「継続と変化」と話すように、新戦力の招集も検討する。
J1クラブ関係者は「西野さんは技術とセンスのある選手を志向している」と話し、ハリルホジッチ政権で一度は見切られたFW武藤嘉紀(25=マインツ)、FW南野拓実(23=ザルツブルク)、MF小林祐希(25=ヘーレンフェイン)に加えてMF堂安律(19=フローニンゲン)らも候補になるという。

一方で、西野監督は常識を超える“サプライズ”も見据えている。
かねて自身のキャラクターを分析し「ちょっとオレもズレているところがあるから。まともなことを言いそうだけど、まともじゃないところとか(笑い)。ちょっと的外れなことを言っているから面白いとかあるかな」と語り、誰もが驚くような選手選考を示唆していた。

Jクラブの強化担当者も「何をするか分からないとっぴなところはあるからね。いろいろな面で“何でもアリ”だと思うよ」と語るように“破天荒”こそが西野スタイルだ。
となれば、名古屋監督時代の教え子で待望論のある元日本代表DF田中マルクス闘莉王(36=J2京都)やスペイン1部バルセロナ下部組織出身で東京五輪のエース候補FW久保建英(16=FC東京)らが急浮上してもおかしくない。

いつ何が飛び出すか誰にも分からない西野ジャパン。
ダンディーなルックスと対照的な仰天キャラクターを併せ持つ魅力たっぷりな指揮官の一挙手一投足から目が離せない。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/979276/

196e4f94b62496a805d454f15762ff3d_1523535233_2


ヴァヒド・ハリルホジッチ 解任 関連記事:
http://blog.livedoor.jp/keydrop/tag/ヴァヒド・ハリルホジッチ 解任



スポンサーリンク





10: 2018/04/13(金) 17:09:14.79 ID:UFxT8RMe0

堂安律・南野拓実と読み進めていってトゥーさんでお茶拭いたw


14: 2018/04/13(金) 17:10:05.46 ID:ypLnvuDh0

人形監督なんだからサプライズはない
アディダス香川と本田が増えるだけ


22: 2018/04/13(金) 17:11:36.01 ID:mD7kepyb0

このおっさん今更遠藤呼びそうで怖い…


23: 2018/04/13(金) 17:11:47.96 ID:lNnqsP4l0

もう誰も期待してないよハリルのチーム以上になることはまずないからw


29: 2018/04/13(金) 17:12:57.36 ID:lX72B6a60

どうせ三連敗確定してるんだから
最年長カズさんと若い方の久保くん両方連れていこう
スポンサースタメン縛りあるからサブはむしろ誰でもいいでしょ

続きを読む