ドイツ代表、衝撃!フンメルス・ボアテング・ミュラーの3人の代表キャリア終焉を発表

元の記事へ移動


D08m6i7XQAEEA26


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/06(水) 00:00:00.00 ID:000
ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は、マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテング、トーマス・ミュラーの代表キャリアの終焉を認めた。

2014年のブラジル・ワールドカップの優勝に大きく貢献したフンメルス、ボアテング、ミュラーの3選手。

現在はいずれもバイエルンで活躍し、ブンデスリーガ6連覇を果たすなど依然としてトップレベルでプレーできることを証明している。

しかしレーヴ監督は、ドイツ『ビルト』でバイエルン3選手を今後代表に呼ぶことはないだろうと語った。

先日にはバイエルンを訪れ、3選手に説明したと明かしている。

「2019年はドイツ代表にとって新たなスタートを切る年だ。我々は昨年末から開始した変革を続けていきたいと考えている。ジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルス、そしてトーマス・ミュラーが代表チームのメンバーに入ることはもうないだろう。選手たちとバイエルンの監督に私の考えやプランを説明することが大切だった」

「彼らはいまだにワールドクラスだ。私はマッツ、ジェローム、トーマスと成功に満ちた素晴らしい年月を一緒に過ごせたことに感謝している。しかし、代表チームにとって将来の準備をすることが重要だ。我々はチームに新戦力を加えたいし、これが正しいステップだと確信している。EURO2020の予選が始まるこの年に、若い選手たちが成長するためのスペースを用意し、今から責任を背負ってもらいたい」

2014年のW杯制覇以降、ドイツ代表は苦難が続いている。
EURO2016ではベスト4で敗退し、2018年のロシアW杯ではグループ最下位で敗退。
さらにUEFAネーションズリーグでは、Aリーグ降格の憂き目に遭うなど世代交代が叫ばれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00010001-goal-socc



スポンサーリンク






2: 名無しさん@恐縮です 2019/03/06(水) 08:03:54.12 ID:c++O2XcU0.net

ドイツは若手いっぱいいるからできる芸当


3: 名無しさん@恐縮です 2019/03/06(水) 08:04:34.34 ID:OFTw5DDw0.net

バイエルンは喜ぶな


7: 名無しさん@恐縮です 2019/03/06(水) 08:06:28.07 ID:g8lxSHvT0.net

リュディガーとズーレとターで行くの?


8: 名無しさん@恐縮です 2019/03/06(水) 08:07:26.50 ID:OFTw5DDw0.net

自分で引退表明じゃなくて監督から言うのか
構想外ってことはないから申し入れたのか


10: 名無しさん@恐縮です 2019/03/06(水) 08:07:51.58 ID:x7CFl7kg0.net

レーヴ監督にも引退勧告すべきだわ

続きを読む

イニエスタ「Jリーグは止まるといったことがない。勝っていようが負けていようが一つのリズム」

元の記事へ移動


20180917041405A-1280x720


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018/11/13(火) 00:00:00.00 ID:000
ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタが、スペインのテレビ局『クアトロ』の番組”プラネタ・カジェハ”でインタビューに応じた。

現在神戸は、勝ち点41で12位に位置。残り2試合の結果次第では、16位転落の可能性もあるなど、今季は残留争いに巻き込まれている。

バルセロナで常にリーガ優勝を争ってきたイニエスタにとっては初の経験だが、慣れない経験に戸惑う部分もあるようだ。

「これだけ敗戦を重ねるのは、(プロデビュー以降の)15年間で一度も経験したことがない。うん、絶対なかった。悪い時期を過ごしたことはあったけれど……。もちろん、心は痛む。負けることに慣れる? いや、慣れない。慣れないよ(苦笑)」

そして、Jリーグには「良い意味での驚き」があったとも語っている。

「良い意味で驚いたのはレベル、各チームのレベルだね。首位から最下位の勝ち点差が20とか、多くても25なんだよ。スペインだったら首位と5位で勝ち点20差だったりするのに。ここは対等なんだよ」

「(Jリーグと欧州リーグの質は同じ?)ノー、ノーだね。ここのフットボールは止まるといったことがない。勝っていようが負けていようが一つのリズムでプレーする。ポーズを置くチームはわずかだ。ずっと攻撃し続ける? うん、試合をコントロールすることが難しい。ここに来た目的の一つは、フットボールのアイデアを伝えることで、そういったプロジェクトもあるけれど」
https://www.goal.com/jp/% ...



スポンサーリンク






11: 2018/11/13(火) 13:16:42.05 ID:HuXa+d5d0

外国籍選手がこぞって口にする「せせこましいサッカー」ってことね


14: 2018/11/13(火) 13:17:44.81 ID:MsnqDrTfO

単調ってことかね
神戸がどうなろうと知らんしまぁ頑張ってくれ


16: 2018/11/13(火) 13:18:04.30 ID:44kISkVu0

ボースはボールなんだろうけど ボールを置くってどういう意味なの?


45: 2018/11/13(火) 13:27:11.85 ID:N+OItUic0

>>16
マジレスして申し分毛ないけど
ポーズ=pause、一時停止
ペースに変化をつけるってことかな



22: 2018/11/13(火) 13:20:51.52 ID:aKAPKHDR0

引いて守ったら点取られるのが日本人
攻めてたほうがマシなくらい

続きを読む

サガン鳥栖、緊急補強!福岡DF岩下敬輔をレンタル移籍で獲得「様々な事情により移籍する事になりました」

元の記事へ移動


columnsv2_86884


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/05(火) 00:00:00.00 ID:000
サガン鳥栖は5日、J2のアビスパ福岡よりDF岩下敬輔が期限付き移籍で加入することを発表した。

背番号は8に決定している。

現在32歳の岩下は、鹿児島実業高校から2005年に清水エスパルスに加入。
7年半過ごしたあとに12年途中よりガンバ大阪へ期限付き移籍。
同年にG大阪はJ2降格の憂き目に遭ってしまうも、完全移籍で残留を決断。
16年までG大阪に在籍し、17年より福岡に加入した。
昨季の明治安田生命J2リーグでは、23試合に出場して1得点を決めている。

加入にあたり岩下は「シーズンが始まってからの移籍になりますが、どんな形であれ鳥栖の力になれるよう、今までの経験を生かしてがんばっていきたいと思います。応援よろしくお願いします」とコメントしている。

鳥栖は今季のJ1開幕戦をホームで迎えたが、名古屋グランパスに0-4と大敗。
続く第2節ではヴィッセル神戸とアウェイで対戦したものの、元スペイン代表FWダビド・ビジャに決勝点を許し、0-1で敗戦。

ルイス・カレーラス新体制は、開幕連敗スタートとなっていた。

なお、同選手の期限付き移籍期間は2019年3月5日から2020年1月31日までとなる。

https://www.goal.com/jp/news/%20 ...



このたび、岩下 敬輔 選手がサガン鳥栖へ期限付き移籍することになりましたので、お知らせいたします。

期限付き移籍期間は2020年1月31日までとなります。

なお、岩下選手は契約により期限付き移籍期間中はアビスパ福岡と対戦するすべての公式試合に出場できませんので、併せてお知らせいたします。

【岩下選手コメント】
2年と2か月間本当にありがとうございました。
皆さんとJ1に昇格すると約束をしたにもかかわらず力になれず、何もできないままチームを去ることになり本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
今回、様々な事情により、移籍することになりました。
色んな思いはありますが、今自分がやるべきことは次のクラブでしっかり結果を残し、新天地で頑張ること、それが皆さんへの恩返しにつながると思って、さらに気を引き締め、新たな一歩をスタートさせたいと思っています。
これからも応援よろしくお願いします。

https://www.avispa.co.jp/news/post-22679



スポンサーリンク






44: U-名無しさん 2019/03/05(火) 17:04:31.41 ID:zO1RJ7NY0.net

岩下 敬輔 選手 サガン鳥栖へ期限付き移籍のお知らせ | アビスパ福岡公式サイト | AVISPA FUKUOKA Official Website
http://www.avispa.co.jp/news/post-22679


46: U-名無しさん 2019/03/05(火) 17:05:02.48 ID:cItmhOBZ0.net

>>44
なんかキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


56: U-名無しさん 2019/03/05(火) 17:06:57.03 ID:r6MLAE5+F.net

>>44
シーズン序盤に動くか


57: U-名無しさん 2019/03/05(火) 17:06:57.15 ID:EuKptNbWM.net

>>44
「様々な事情により」は草



58: U-名無しさん 2019/03/05(火) 17:07:03.29 ID:ZltZik/d0.net

>>44
盟主スレでそんな噂は出てたけどまさか事実だったとは…

続きを読む

【動画】鳥栖トーレスが可愛い(*´∀`*)DAZN鳥栖開幕戦動画!貴重な試合前のロッカールーム様子など

元の記事へ移動


20190301-00010024-goal-000-view


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/01(金) 00:00:00.00 ID:000
『DAZN(ダゾーン)』は28日、サガン鳥栖の開幕戦密着第2弾「THE LOCKER ROOM 開幕戦密着~新生サガン鳥栖の船出~」を公式Youtubeチャンネルで公開した。

第1弾では、開幕直前情報として期待の新戦力イサック・クエンカや、ルイス・カレーラス監督の貴重なコメントを紹介していた。

そして第2弾では、鳥栖の開幕戦当日に密着。
本動画ではキックオフ3時間30分前からスタート。

選手がクラブハウス入りするところから始まり、貴重なミーティング風景も見ることができる。
そしてバスに乗ってスタジアム入りするところ、試合前やハーフタイムでのロッカールームの様子など、普段では見れない貴重な映像とともに、新生・鳥栖の船出に密着している。

期待が高まるなか、開幕ゲームを0-4で落とした鳥栖。
巻き返しを誓う次節は2日にノエビアスタジアム神戸で開催。

アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキの“VIP”が揃うヴィッセル神戸と激突する。

https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3% ...



スポンサーリンク






846: U-名無しさん 2019/03/01(金) 15:15:33.40 ID:NMs/zdjk0.net

公開された


848: U-名無しさん 2019/03/01(金) 16:48:47.67 ID:G9tk+0P60.net

カレーラスいい奴じゃん
好感度アップしたぞ


続きを読む

【J1 第4節 湘南×仙台】小野田がJ1デビュー弾!湘南が逃げ切って今季2勝目!仙台は未勝利で3連敗に【動画】

元の記事へ移動


news_269024_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/17(日) 00:00:00.00 ID:000
[3.17 J1第4節 湘南2-1仙台 Shonan BMW スタジアム平塚(9290人)]
得点:
前半43分 小野田 将人
後半18分 山根 視来

後半40分 ハモン ロペス


J1リーグは17日、第4節を行った。
Shonan BMWスタジアム平塚では湘南ベルマーレとベガルタ仙台が対戦し、湘南が2-1で逃げ切った。

リーグ戦2連敗中の湘南は、13日のルヴァン杯・横浜FM戦(2-0)からDF小野田将人とMF鈴木冬一、MF松田天馬を除く8人を変更。
小野田はJ1デビュー、鈴木はリーグ戦初先発となった。

一方、ルヴァン杯は2連勝もリーグ戦未勝利(1分2敗)の仙台は、13日のルヴァン杯・FC東京戦(2-1)からFW梁勇基とFW長沢駿を除く9人を入れ替え、日本代表GKシュミット・ダニエルやFW石原直樹らが先発した。

互いに2連敗で迎えた一戦。
前半10分に小野田がインターセプトから前に運んでシュート、25分には鈴木冬が左足で鋭いシュートを放つなど、湘南の新戦力が好パフォーマンスを披露する。
すると、前半終了間際の43分だった。

自陣でパスを受けた小野田がドリブルで駆け上がり、左サイドのFW山崎凌吾の折り返しを右足で流し込んで先制点。
今季、FC今治から期限付き移籍で加入したMFが、J1デビュー戦で初ゴールを記録した。

前半はなかなか攻撃面で良さをみせることができなかった仙台。
渡邉晋監督はハーフタイムで2枚替えを決断し、長沢と梁勇基に代えてMF吉尾海夏とFW阿部拓馬をピッチに送り出す。

後半開始からアグレッシブに攻撃を仕掛けたが、同点に追いつけずにいると、痛恨の2失点目を喫してしまう。

湘南は後半18分、左サイドからFW梅崎司が持ち上がり、中央に切れ込みながらペナルティーアーク内のDF山根視来につなぐ。
ファーストタッチから山根が素早く左足を振り抜き、ゴール右に突き刺して2-0とリードを広げた。
山根は今季初ゴールとなった。

2点ビハインドと厳しい状況となった仙台は、後半19分にFW石原直樹の落としに反応した吉尾がペナルティーアーク内から右足でコントロールショット。
しかし、右ポスト外側をかすめて外れてしまう。
21分には、MFシマオ・マテに代えてFWハモン・ロペスを投入。
最後の交代カードを使い切り、残り時間をピッチの11人に託した。

後半40分、仙台は左サイドからDF永戸勝也がクロスを供給し、ファーサイドのハモン・ロペスがヘディングシュートを決め、1点差に詰め寄る。
しかし、反撃もここまで。

湘南が2-1で逃げ切り、今季2勝目を挙げた。
一方、仙台のリーグ戦初勝利(1分3敗)は次節以降に持ち越された。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?269024-269024-fl


明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク





続きを読む

【J1 第4節 大分×横浜FM】大分がJ1ホーム10年ぶり勝利!FW藤本は横浜FMの代表CB相手にヒール弾など今季5得点目【動画】

元の記事へ移動


news_269015_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/17(日) 00:00:00.00 ID:000
[3.17 J1第4節 大分2-0横浜FM 昭和電工ドーム大分(11848人)]
得点:
後半10分 藤本 憲明
後半14分 藤本 憲明


J1第4節が17日に開催され、大分トリニータは昭和電工ドーム大分で横浜F・マリノスと対戦し、2-0で勝利した。
後半10分と同14分にFW藤本憲明がゴール。
J1リーグ戦におけるホームでの白星は、2009年11月22日の第32節・川崎F戦(1-0)以来、約10年ぶりとなった。

前半こそチャンスを生かせなかった大分だったが、後半10分にスコアを動かす。
カウンターからピッチ中央の藤本がボールを収め、パスを受けたMFティティパンが前方のMF松本怜へ。

はたいた後に足を止めずに走っていた藤本がPA内中央にフリーで飛び込み、松本のマイナスの折り返しに右足で合わせる。
シュートはGK飯倉大樹に当たりながらもネットを揺らし、前節の磐田戦(2-1)に続く2試合連続ゴールを挙げた。

後半14分にはDF岩田智輝が右サイドに開いた松本に預け、内側から長い距離をランニング。
リターンパスを受けてゴールライン際から折り返すと、日本代表に初選出されたDF畠中槙之輔の背後から藤本がニアに入り、右足のヒールで流し込む。

背番号10の今季5得点目で2-0とリードを広げた。

横浜FMは後半18分にFW遠藤渓太を投入。
FW仲川輝人やMF三好康児も含めた積極的な仕掛けから大分の守備を崩そうとする。
同41にはPA手前中央のいい位置でFKを獲得し、キッカーのMF天野純が左足で鋭いシュートを放つが、GK高木駿が好セーブ。

横浜FMは最後までゴールが遠く、今季リーグ戦初の無得点で初黒星を喫した。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?269015-269015-fl


明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク





続きを読む

【J1 第4節 広島×松本】「まさに柏ゾーン」から鮮やか決勝点!!広島、1点を守り抜いて松本撃破【動画】

元の記事へ移動


55739_ext_04_0


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/17(日) 00:00:00.00 ID:000
[3.17 J1第4節 広島1</span>-0松本 エディオンスタジアム広島(13131人)]
得点:
後半16分 柏 好文


J1は17日に第4節を開催し、エディオンスタジアム広島ではサンフレッチェ広島と松本山雅FCが対戦。

前半をスコアレスで折り返した試合は、後半16分にMF柏好文の得点で先制した広島が逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。

前節C大阪戦(○1-0)でリーグ戦初白星を収めた広島は13日のACL・GL第2節・広州恒大戦(●0-2)からFWドウグラス・ヴィエイラを除く先発10人を入れ替えて、この一戦を迎えた。
一方、リーグ戦1勝1分1敗の松本は、ルヴァン杯・GL第2節G大阪戦(●1-2)から先発全員を入れ替え、リーグ戦は開幕から4試合連続で同じ11人がスターティングメンバ―に名を連ねた。

広島が徐々にゴールに迫る場面を作り出す。
前半24分には右サイドからMF川辺駿が送ったクロスからファーサイドでフリーになったMF野津田岳人がダイビングヘッドで合わせるも、シュートはGK守田達弥の真正面に飛んでしまう。
さらに同44分にはD・ヴィエイラのグラウンダーのクロスに走り込んだ柏が右足ダイレクトで狙うが、これも守田に阻まれてしまった。

0-0のまま後半を迎えると同16分、PA左でボールを受けた柏が中央に持ち出してコースを生み出し、右足の鮮やかなシュートをネットに突き刺して広島が先制に成功した。
1点のビハインドを背負った松本は同23分、FW永井龍に代えてMF杉本太郎をピッチへと送り込んで状況を打開しようと試みる。

しかし、松本の反撃を許さずに逃げ切った広島が1-0の完封勝利を収めた。

決勝点を記録した柏は試合後のインタビューで「柏と言えば左45度。それを感じさせるような軌道とコース。まさに柏ゾーンでした」と会心の一撃にニンマリ。

そして、ホーム初勝利に「多くのお客さんの前で勝てて良かった」と喜びを表した。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?269008-269008-fl


明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク





続きを読む

【J1 第4節 C大阪×浦和】杉本が“恩返し”決勝弾!! 2枚替えで流れ呼び込んだ浦和、C大阪に逆転勝利で2連勝【動画】

元の記事へ移動


news_269003_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/17(日) 00:00:00.00 ID:000
[3.17 J1第4節 C大阪1-2浦和 ヤンマースタジアム長居(21022人)]
得点:
後半19分 ソウザ

後半31分 興梠 慎三
後半37分 杉本 健勇


J1は17日に第4節を開催し、ヤンマースタジアム長居ではセレッソ大阪と浦和レッズが対戦。
前半をスコアレスで折り返した試合は、後半19分にMFソウザの得点でC大阪が先制するが、同31分にFW興梠慎三、同37分にFW杉本健勇がゴールを奪って浦和が2-1の逆転勝利を収めた。

リーグ戦2連敗中のホームC大阪は13日のルヴァン杯GL第2節・神戸戦(△0-0)からMFソウザ、DFマテイ・ヨニッチを除く先発9人を入れ替えて、この一戦を迎えた。
一方、前節松本戦でリーグ戦初勝利を収めた浦和は、ACL・GL第2節・北京国安戦(△0-0)から先発2人を入れ替え、DF森脇良太、古巣との一戦を迎えるFW杉本健勇らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

徐々にボール保持率を高めるC大阪がフィニッシュまで持ち込む場面を作り出すが、前半29分にMF丸橋祐介のラストパスをPA内で受けたFW都倉賢の左足シュートが枠を捉え切れないなど試合を動かせない。
その後もC大阪が押し込む時間帯が続いたが、浦和が体を張った粘り強い守備でゴールを許さずに前半終了を迎えた。

0-0のまま後半を迎えると、同7分には左サイドを駆け上がった丸橋のクロスからFW柿谷曜一朗がヘディングシュートを放つが、DF槙野智章にヘディングでクリアされてしまう。
すると同9分に浦和ベンチが動き、MF長澤和輝に代えてMF柴戸海をピッチへと送り込む。
同11分には左サイドでボールを受けた杉本が切れ込んで右足シュートを狙うも、GKキム・ジンヒョンに阻まれてしまった。

すると後半19分、左サイドで得たFKをソウザが右足で蹴り出すと、ボールはそのままゴールマウスに吸い込まれてC大阪が先制に成功。
さらに同24分にはPA内に走り込んだ清武のクロスに飛び込んだ都倉がダイビングヘッドで合わせるも、シュートはゴール左に外れた。

1点のビハインドを背負った浦和は同30分、MF宇賀神友弥に代えてDF山中亮輔、MF柏木陽介に代えてMFマルティノスを同時投入。
すると直後の同31分、山中が蹴り出したFKに反応した興梠がヘディングシュートでゴールを陥れ、浦和が試合を振り出しに戻す。
さらに同35分にはドリブルでPA内に運んだマルティノスがDF片山瑛一のファウルを誘ってPKを獲得すると、キッカーを務めた杉本がきっちりと沈めて浦和が逆転に成功。
杉本にとって移籍後初ゴールとなった。

山中、マルティノスの同時投入で試合をひっくり返した浦和が、C大阪の反撃を許さずに2-1のまま逃げ切って2連勝を飾った。

一方、逆転負けのC大阪は3連敗を喫した。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?269003-269003-fl


明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク





続きを読む

【J1 第4節 川崎F×G大阪】三浦弦太AT弾でガンバ大阪が王者撃破!川崎Fは開幕3試合連続ドローから初黒星【動画】

元の記事へ移動


news_268970_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/17(日) 00:00:00.00 ID:000
[3.17 J1第4節 川崎F0-1G大阪 等々力陸上競技場(23982人)]
得点:
後半46分 三浦 弦太


J1リーグは17日、第4節を行い、川崎フロンターレはガンバ大阪に0-1で敗れた。
開幕3試合連続ドローから今季リーグ戦初黒星。
初勝利は持ち越しとなった。

川崎Fは約1か月ぶりの勝利を飾った13日のACLシドニーFC戦(1-0)から先発4人を変更。
4-2-3-1を採用し、移籍後初スタメンのMF山村和也はMF田中碧とボランチのコンビを組んだ。
DF鈴木雄斗が右サイドバックで今季初先発。
ACLで奮闘したMF長谷川竜也は今季リーグ戦初先発となった。

G大阪はルヴァン杯松本戦(2-1)と同じ11人が先発した。
宮本恒靖監督はそのルヴァン杯に続いて4-2-3-1のフォーメーションを採用。
センターバックが本職のDF三浦弦太が右サイドバック、MF遠藤保仁がトップ下、MF倉田秋がボランチ、FWアデミウソンが左サイドハーフに配置された。
DF菅沼駿哉はリーグ戦初先発となった。

川崎Fが攻め込み、前半16分には長谷川が左サイドを突破した流れから鈴木がシュート。
前半19分にはDF車屋紳太郎も強烈なシュートでゴールを脅かすが、GK東口順昭が好セーブを連発する。

G大阪はプレスをかけて高い位置でミスを突きつつ、守備に重心を置く。
前半29分にはDF谷口彰悟のロングフィードで知念が抜け出し、スルーパスを供給。
MF家長昭博が至近距離で狙ったが、これも東口が阻んだ。

スコアレスで折り返した後半11分、鬼木達監督は最初の交代カードを切り、山村に代えてMF齋藤学を投入した。
齋藤は右サイドハーフに入り、家長がトップ下に下がった。
後半23分には長谷川に代えてFWレアンドロ・ダミアンを投入し、4-4-2に変更。
ダミアン&知念が2トップを組み、左に齋藤、右に家長が入った。

後半34分にはG大阪が決定機を迎える。
アデミウソンが相手を引きつけてキープし、エリア内でラストパス。
DF藤春廣輝が左足ダイレクトでシュートを放ったが、これはGKチョン・ソンリョンがファインセーブ。

後半37分、川崎Fは中村を下げてMF下田北斗を投入し、交代枠を使い切った。
後半43分にはダミアンが決定的なシュートを放ったが、わずかにゴール左へ。
このまま試合終了かと思われたが、最後に劇的展開が待っていた。

後半アディショナルタイム1分、アデミウソンがドリブルで運び倉田にパスを出し、それをオーバーラップした藤春がPA内左のゴールライン際からグラウンダーのクロス。

これがファーサイドに通り、フリーの三浦が右足で難なく押し込んだ。
宮本監督の采配が的中し、G大阪が1-0で勝利した。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?268970-268970-fl


明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク





続きを読む

【J1 第4節 神戸×清水】清水してやったりのドロー…“ブスケツ2世”デビュー&イニエスタ起点にポドルスキ砲炸裂の神戸はリード守れず【動画】

元の記事へ移動


news_268982_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/17(日) 00:00:00.00 ID:000
[3.17 J1第4節 神戸1-1清水 ノエビアスタジアム神戸(22542人)]
得点:
後半4分 ルーカス ポドルスキ

後半43分 鄭 大世


J1第4節が17日に行われ、ヴィッセル神戸はホームで清水エスパルスと1-1で引き分けた。
後半4分にMFルーカス・ポドルスキが先制ゴールを記録したが、同43分に清水のFW鄭大世が同点弾を奪取。

神戸の連勝は2、清水の連敗も2で止まった。

2連勝で5位につける神戸と開幕3戦未勝利(1分2敗)で17位に沈む清水の一戦。
今季初勝利を目指す清水はボールの支配権こそ神戸に譲ったが、鋭いカウンターやリスタートから相手よりも多くチャンスを作り出していく。
しかし、前半はスコアレスで終了した。

もどかしい展開が続いた神戸だったが、流れを変えたのはMFアンドレス・イニエスタ。
後半4分、PA内左へ走るDF初瀬亮にループパスを送ると、DF立田悠悟に頭で防がれるも、自らこぼれ球を拾って縦に突破し、左ポスト付近から右足のアウトで折り返す。
DFファン・ソッコに触られたボールにポドルスキが反応し、ゴールエリア左から左足を強振。
GK六反勇治に当たったシュートが右のサイドネットに突き刺さり、ついに均衡を破った。

ポドルスキの今季初得点で勢いに乗った神戸は、その後もイニエスタを起点に好機を創出。
2試合連続ゴール中のFWダビド・ビジャも立て続けにビッグチャンスを迎えたが、追加点は奪えず。
追いかける清水は後半16分にDF飯田貴敬を下げ、川崎Fから完全移籍したMFエウシーニョをピッチへ送り出した。

さらに後半28分にMF石毛秀樹、同31分に鄭大世も投入して打開を図る。
しかし、今季初出場のGK前川黛也を中心に守る神戸を崩し切れない。

神戸も後半35分、FW古橋亨梧に代え、加入後初めてベンチ入りしていたMFセルジ・サンペールを投入。
7日にバルセロナからの移籍が発表された“ブスケツ2世”が待望の新天地デビューを果たした。

だが、次の1点を奪ったのは清水。
後半43分、PA内右で大きく跳ね上がったクリアボールをエウシーニョが落とし、受けた鄭大世が左足でコントロールショットを放つ。
内側に巻きながらゴール左に吸い込まれ、途中出場コンビで“してやったり”の同点弾を奪った。

試合はそのまま1-1で終了。

神戸はイニエスタ、ビジャ、サンペールと元バルセロナ選手トリオの揃い踏みで大きな注目を集めたが、勝利を挙げることはできなかった。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?268982-268982-fl


明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク





続きを読む