【動画】中東の笛は日本に「腕に当たりましたね。僕の」長友【アジア杯 F組 第2節 日本×オマーン】

元の記事へ移動


016d27296e7f6a94eebc44a5d5424271_content


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/01/14(月) 00:00:00.00 ID:000
2大会ぶり5度目の優勝を狙う日本(FIFAランク50位)がオマーン(同82位)を振り切り、2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。
勝負を分けたのは主審のPKに関する判定。

日本は前半28分、MF原口元気(27=ハノーバー)が自ら獲得したPKを決めて先制した。
反対に前半終了間際、ペナルティーエリアの中でオマーンのシュートがDF長友佑都(32=ガラタサライ)の左手に当たったが、笛は鳴らなかった。

結果として1-0になった。

このプレーについて、長友は試合後の取材エリアで「腕に当たりましたね。僕の」と認めた。
昨夏のW杯ロシア大会のように、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)があれば確認された可能性が高い。

しかし、アジア杯では今大会から初導入が決まったものの、準々決勝から。
この試合では使用されなかった。

その点について報道陣から質問されると、長友の口から名言が飛び出した。

「VARがなくて良かったな、とホッとしてます。結果的に『神の手』になって良かったな、って。VARがあったらハンドになっていた可能性は高かったと思います」

あの場面、相手シュートに対して長友が体を投げだしたところ「腕が残っていて、当たってしまった。ペナルティーエリアでは何でも起こり得る。気をつけなきゃいけない部分ではありました」。
一方で、原口がPKを獲得したシーンにも言及。

MF南野のシュートのこぼれ球に詰めた原口が伸ばした右足と、クリアしようとして相手DFの右足が交錯した。

笛は吹かれた。

ただ、長友は「逆に僕らのファウルも…まだ(映像を)見てないですけど、ファウルがあったのかどうかも、ちょっと分からない状況でPKをもらえた。もう1回、引き締めてというか。ペナルティーエリアでは集中して戦いたい」と振り返った。

主将のDF吉田も判定に明暗を感じた。

「僕らがもらったPKも、向こうが取れなかったPKも。どちらも運があったと思います。中東でやる時には、珍しいジャッジになったと思います」。

中東の笛、と呼ばれる不可解な判定には、過去何度も苦しめられてきた。
しかし今回は、日本に有利に働いた、と選手は厳粛に受け止めていた。

試合後の会見でも、日本の森保監督とオマーンのピム監督に、PK判定に関する質問が集中した。

森保監督は「レフェリーのジャッジに従いたい」。
ピム監督は「アンラッキーだ。取られた場面はフィフティー・フィフティーだったし、ライン上かどうかも微妙だった。反対にハンドがあったので1-1になっていたかもしれない」と指摘した。

ただ、こうも話した。
「見解を言っただけで審判への不平不満はない」。
潔く結果を受け止めた。

前半1回ずつ、両軍の陣内で起きたプレーが勝敗を分けた。
明暗を分けた。

結果は、日本が1点を奪い、オマーンが1点を失った。
2連勝の日本は17日の1次リーグ最終戦(アルアイン)で、同じく2連勝のウズベキスタンと1位通過を争う。

オマーンはトルクメニスタンと、各組3位の上位での決勝トーナメント進出をかけて同日に対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00445935-nksports-socc


関連記事:
【アジア杯 F組 第2節 日本×オマーン】原口PK弾を守り切る ... 苦戦続きの日本代表、2連勝で決勝T行き決定【動画】

オマーン戦 長友選手ほぼハンド?!
https://youtu.be/bqqmP-ZGLjg


Highlights: Oman 0-1 Japan (AFC Asian Cup UAE 2019: Group Stage)
https://youtu.be/UvEX80oo3kU



スポンサーリンク





続きを読む

【アジア杯 F組 第2節 日本×オマーン】原口PK弾を守り切る … 苦戦続きの日本代表、2連勝で決勝T行き決定【動画】

元の記事へ移動


news_264132_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/01/14(月) 00:00:00.00 ID:000
[1.13 アジア杯F組第2節 日本1-0オマーン ザイード スポーツ シティ スタジアム(12110人)]
得点:
前半28分 原口 元気


アジアカップは13日、グループリーグF組の第2節を行い、日本代表はアブダビのザイード・スポーツ・シティ・スタジアムでオマーン代表と対戦した。
前半28分、FW原口元気が先制点のPKを決め、そのリードを最後まで守り切って1-0で勝利。
2連勝で決勝トーナメント進出を決定させ、17日の第3戦では首位通過をかけてウズベキスタン代表と対戦する。

第1節でトルクメニスタンに競り勝った日本は、初戦2ゴールのFW大迫勇也が右臀部の負傷により出場できず、1トップでFW北川航也が先発。
発熱で合流が遅れたMF遠藤航がボランチで大会初先発を果たし、初戦でボランチ起用だったDF冨安健洋は最終ラインに入った。

その他は第1節と同じ先発を並べた。
2列目は原口が左サイドに入り、右にMF堂安律、トップ下にMF南野拓実。
ボランチの一角にはMF柴崎岳が入った。
最終ラインには右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、冨安、DF長友佑都。
GK権田修一がゴールを守った。

日本は低調な立ち上がりだった初戦とは打って変わって、序盤から決定機を連発した。
前半2分、右サイドを切り裂いた堂安の折り返しに原口が反応し、シュートはクロスバーに直撃。
同8分には自陣での浮き球を冨安が前線に送ると、南野がフリーで抜け出したが、1対1からのシュートはGKファイズ・アルルシェイディに阻まれた。

前半20分はオマーンに大チャンス。
カウンターからMFサラー・アルヤハヤエイが右サイドを突破し、スルーパスにFWムフセン・アルガッサニが抜け出すと、権田をかわして右足シュートを放ったが、わずかに枠を外れた。
日本は同24分、遠藤が果敢なボール奪取から流れるような動きでスルーパスを送ったが、南野のシュートはまたしてもアルルシェイディに防がれた。

それでも前半26分、日本は堂安のパスを南野が見事に収め、放ったシュートは三たびアルルシェイディにストップされたが、セカンドボールを拾った原口がペナルティエリア内ギリギリで倒されてPKを獲得。

これをキッカーの原口が左に力強く蹴り込み、今大会初めての先制点を奪った。
前半終了間際には長友がPA内で決死のブロックを見せ、1点リードでハーフタイムを迎えた。

後半は局面での競り合いが多い立ち上がり。
堂安、冨安がMFラエド・サレハに削られ、倒れ込む場面が続いた。
12分には両チームを通じて初めての選手交代。

日本はなかなかボールに絡めなかった北川に代わって、森保ジャパン初選出のFW武藤嘉紀をピッチに送り出した。
その後は両チームともに決定機を作れない展開が続いた。

後半34分、権田からのロングフィードを受けた南野が単独突破でPA内に切り込むも、シュートはアルルシェイディの正面。
同35分には右サイドを駆け上がった酒井のパスから堂安が狙ったが、これもGKに難なく阻まれた。
オマーンは同35分、右サイドを起点とした攻撃からサレハがオーバーヘッドシュートを試みるも、うまくミートしなかった。

交代選手を一人だけ使った初戦に続き、この試合もなかなか2枚目の交代カードを使わない森保一監督だったが、後半38分にようやく動く。
堂安に代わってMF伊東純也を投入した。
伊東は同45分、持ち味の猛スピードでPA内に抜け出し、強烈な右足シュートでGKを強襲する場面も。

そのまま試合はタイムアップ。
苦戦続きの日本が大会2連勝を果たした。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264132-264132-fl


スポンサーリンク





続きを読む

オマーン地元紙記者、日本は憎き敵!?「日本に何回負けたと思ってるんだ!なぜ毎回、日本と同組になってしまうんだろうか…」

元の記事へ移動


20190112-OHT1I50204-L


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/01/13(日) 00:00:00.00 ID:000
 オマーン代表取材歴12年の地元紙「トゥーファ」のマタル氏は、日本のサッカー事情にやたらと詳しい。

「岡崎慎司はなぜ外れた?」「酒井宏樹と酒井高徳は兄弟だと思っていたよ。あれ、今回は高徳がいないな」「内田篤人は元気か?まだ老け込む年じゃないだろ?」―。

なぜそれほどまでに詳しいのか。尋ねると、苦笑いが返ってきた。
「日本に何回負けたと思ってるんだ!なぜ毎回、日本と同組になってしまうんだろうか…」

W杯予選では、日本が開催国だった02年大会を除き、98年フランス大会、06年ドイツ大会、10年南ア大会、14年ブラジル大会と、奇跡的に4度も同組に。
2分け6敗と日本に勝てず、出場権を逃した。
アジア杯でも国際大会初出場となった04年大会で敗戦。
オマーンにとって日本は越えられない壁であり、越えなくてはならない壁なのだ。

悲願の日本戦勝利を目指し、韓国とオーストラリア代表監督時代に対日本戦3戦無敗のピム・ファーベーク監督(62)の招へいに成功。

GKのA・ラワヒ(24)は「我々にプロとはなんたるかを教えてくれた」と感謝する。
ピム監督は公式会見で「日本という偉大なチームに近づくためにも必ず勝ち点3を取る」と息巻いた。

「打倒・日本」へ、マタル記者は「一人ひとりの質はここ数年で一気に伸びた。穴がなくなったね」と自信を見せる。

1次リーグ突破のためには、日本戦での敗北は許されない状況。
88年の初対戦から31年。
何度もはね返されてきた宿敵に、並々ならぬ闘志でぶつかる。(岡島 智哉)
◆オマーン 中東および西アジアに位置する絶対君主制国家。首都はマスカット。面積は約30万9500平方キロメートル(日本の約85%)。人口は約460万人(福岡県とほぼ同数)。1970年にイギリスの保護下から独立。石油や石油製品の輸出を主な産業する。公用語はアラビア語。

https://www.hochi.co.jp/soccer/world/20190113-OHT1T50017.html



スポンサーリンク






8: 2019/01/13(日) 13:42:01.60 ID:JBtSNhbz0

日本からすると
オマーン戦はいつもヒヤヒヤさせられるイメージなんだが



9: 2019/01/13(日) 13:42:02.77 ID:aOuQXsBN0

オマーン相手は毎回怖いんだよなぁ
勝ってはいるけど楽勝の相手というイメージはないね



18: 2019/01/13(日) 13:43:29.39 ID:Fn6lZD+x0

なんかすいません(*ノω・*)テヘ


33: 2019/01/13(日) 13:45:09.18 ID:+QAIKaxn0

韓国と同じグループに入ったときの絶望感よりマシだろw


43: 2019/01/13(日) 13:46:48.92 ID:oh3FnYLA0

オマーン、バーレーン、ウズベキスタンはアジアカップやアジア予選での風物詩

続きを読む

森保一監督、オマーン戦は苦戦も想定「我慢強く厳しい試合を覚悟して準備する」

元の記事へ移動


DNtmMZKV4AAVS1F


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 00:00:00.00 ID:000
UAEで開催中のアジアカップで2大会ぶりの優勝を目指す日本代表は12日、13日に対戦するオマーン代表戦を前に練習を行った。
日本代表を率いる森保一監督が前日会見に臨んでいる。

乾、武藤、塩谷など、森保ジャパンになってから初めてチームに来た選手。
合流して短い時間だが、試合に出てもチームのコンセプトの中で力を発揮できる状態になっているのか聞かれると「はい、その通りに思っています。乾にしても武藤にしても塩谷にしても、チームとしては初招集ですけど、スカウティングに関しては彼らのゲームは見ています。

実際3人とも私が監督・コーチとして一緒に試合や大会を戦った経験のある選手たちなので、チームにどうフィットするかも彼らの特徴を踏まえた上で招集させてもらっているので。いつ試合に出てもフィットして彼らの良さを出してくれるとともに、チームに貢献してくれると思っています」と、期待感を示した。

もしも勝てれば決勝トーナメント進出がその場で決まる。
そうなると選手起用で余裕も出てくると思うが、それを踏まえての明日の試合の位置付けについては「まずは3戦目ということを考えるよりも、明日の試合に勝つために最善の準備をしていきたいと思っています。できれば明日の試合に勝って、グループリーグ突破が決まればそれはチームにとっていいことかもしれませんけど。

そこを目標としつつ、3戦目でグループリーグ突破になっても、まずは突破することが重要だと思います。選手にもメディアの皆さんにも言ってきた通り、目標はありますが、一戦一戦最善の準備をして向かっていくということ。まずは明日の試合に全力で向かっていけるようにいい準備をしたいと思います」と、答えている。

アル・アインでプレーしている塩谷の良さについて質問されると「塩谷とは広島時代に一緒に仕事をしてきましたけど、非常に身体能力が高い選手で、高い技術を持っている選手だということ。彼のプレーについてはアル・アインでも証明していると思いますし、昨年12月に行われたクラブワールドカップでも、世界の舞台でも戦えるというところを証明してくれたと思っています。

彼の良さは先ほども言った通り、身体能力が高い、高い技術があるというところに、基本的には守備、ボランチと守備のポジションであればどこでもできる選手だと思っています。アル・アインでもボランチをやっていれば、センターバックやサイドバックもやっていますし、彼の柔軟性を見せてくれると思います。攻撃面では得点能力もある選手だと思っています」と、説明した。

初戦を踏まえて改善すべきところをどう考えているか聞かれると「初戦の試合を振り返って、改善する部分で言えば、攻守全てを改善しなければいけないと思いますし、コンディションを上げていかなければいけないとも選手には伝えています。相手が守備を固めてカウンターを狙ってくるチームだったということもあって、まずは攻撃のところでボールを動かしながら、お互いチームとして画を合わせて相手のディフェンスラインを突破していくことをさらにやっていけるように。

ディフェンスラインの背後に相手のゴールに向かっているチャンスがあれば、そこを逃さないようにということ。初戦の前半と後半で改善できた部分、選手たちが改善してくれたところを、次の試合でスタートから使い分けていけるように出していってもらえればなと思います。

守備の部分では相手がカウンターを狙ってくることに対してリスクを管理するところ、カウンターをゼロに抑えるのは難しいと思いますので、そうなった時に冷静に対応して相手の攻撃の芽を摘めるようにチームとして準備していきたいと思います。

オマーンは速攻もできれば遅攻でボールを握っても戦えるチームだと思いますので、カウンターに対応するとともに、彼らはボールを動かせるチームだということで、我々も我慢しながらやっていかなければいけないということをしっかり準備してやっていければと思っています」と、意気込みを語った。

トルクメニスタンに苦戦したが、オマーンに対しても同じように苦戦することを想定しているか質問されると「はい。簡単な試合はないと思います。理想は我々が主導権を握って試合を進める、試合に勝つということですけど。トルクメニスタン戦にしても次のオマーン戦にしても厳しい戦いになることは覚悟して戦わなければいけないと思っています。

試合前のゲームプランと実際の試合内容が我々の思い通りになればそれに越したことはないですけど。そう簡単なことは明日の試合はないと思いますので、しっかり気を引き締めて試合に臨まなければいけないと思いますし、我慢強く厳しい試合を覚悟して準備したいと思います」と、気を引き締めている。

https://www.footballchannel.jp/2019/01/12/post304666/



スポンサーリンク





続きを読む

鹿島の安倍って堂安と同い年らしいが、実は堂安より凄いんじゃないか?

元の記事へ移動


o0614039213966472963


7: 2018/12/16(日) 18:57:50.28 ID:dmXQfeTG0

鹿島の安倍って堂安と同い年らしいが 実は堂安より凄いんじゃないか?

左右どちらの足でもクロスもシュートもできる






スポンサーリンク






42: 2018/12/16(日) 19:15:06.88 ID:mF7/cuS90

>>7
残念ながら比較にならんよ
安部が勝ってる要素は顔以外ほとんどない



72: 2018/12/16(日) 19:30:27.86 ID:O2gy8Rpy0

>>42
スピード、ドリブル、両足使える点は安部の方が上でしょ

続きを読む

鹿島アントラーズ、町田MF平戸太貴の復帰を発表!今季J2全試合に出場「タイトルを取るために帰ってきました」

元の記事へ移動


20b18_260_hiratojpg_1i48bwspf6bio14b9ae48qst9w


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018/12/08(土) 00:00:00.00 ID:000
鹿島アントラーズは8日、昨季よりJ2のFC町田ゼルビアに育成型期限付き移籍していたMF平戸太貴が2019シーズンよりチームに復帰することを発表した。

鹿島アカデミー出身の平戸は現在21歳。
2016年にトップチームに昇格すると、Jリーグヤマザキナビスコカップ(現JリーグYBCルヴァンカップ)のグループステージでトップチームデビューを果たしたが、リーグ戦での出場機会はなかった。

そして17年に町田へ育成型期限付き移籍すると、J2で27試合に出場し、2得点の成績を残す。
今季は主力として定着し、J2全試合に出場。

自己最多の9ゴールをマークした。

鹿島復帰にあたり平戸は「鹿島アントラーズで試合に出て勝利に貢献し、タイトルを取るために帰ってきました。厳しい競争に負けずに、自分のプレーや成長を1日でも早くピッチで表現し、サポーターの皆様から“鹿島の選手”として認めてもらえるよう、頑張りたいと思っています。これから熱い応援をよろしくお願いいたします」と決意表明を語った。

そして2年在籍した町田を通じては以下のように感謝の言葉を述べている。

「FC町田ゼルビアに関わるすべての皆様、2年間ありがとうございました。大きく成長でき、とても充実した時間を過ごすことができたのは、相馬監督はじめ、スタッフ、チームメイト、ファン・サポーター、パートナー企業の皆様のおかげだと思っています。特に、どんな時も熱い応援をしてくれたファン・サポーターの皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです」

「ここで過ごした日々は、僕にとって大きな財産になりました。応援してくださる方の期待に応えられるよう、これからも頑張っていきたいと思っています。2年間、本当にありがとうございました!」

https://www.goal.com/jp/%E3 ...



スポンサーリンク






820: U-名無しさん 2018/12/08(土) 16:02:22.81 ID:wsvN7Mcp0.net

http://www.zelvia.co.jp/news/news-133297/
平戸太貴選手 鹿島アントラーズに復帰のお知らせ
2018.12.08



834: U-名無しさん 2018/12/08(土) 16:02:42.18 ID:mOodLHrG0.net

>>820
あああ~・・・


839: U-名無しさん 2018/12/08(土) 16:02:45.03 ID:/oRMVIDh0.net

>>820
そりゃそうなるか


859: U-名無しさん 2018/12/08(土) 16:03:08.20 ID:hWFgGLh0x.net

>>820
町田オワタ


873: U-名無しさん 2018/12/08(土) 16:03:22.86 ID:YPj2rDjM0.net

>>820
鹿島使うつもりあんのかね

続きを読む

サガン鳥栖、アルビレックス新潟MF原輝綺を獲得!今季はJ2で25試合出場 東京五輪世代

元の記事へ移動


GettyImages-1005181110


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018/12/26(水) 00:00:00.00 ID:000
サガン鳥栖が、アルビレックス新潟のMF原輝綺を完全移籍で獲得した。
両クラブが26日に発表している。


移籍が決まり、原は新潟のクラブ公式HPでコメントを発表。
ファン・サポーターに別れを告げた。

「アルビレックス新潟に関わる全ての皆様、この2年間、本当にありがとうございました。これまで、いろいろな経験ができたのは、高卒の僕を温かく迎え入れてくれたチームメイトやスタッフ、僕を拾ってくれた強化部、そして、いつも熱く、時には厳しく、どんな時でも僕たちを応援し続けてくれるファン、サポーターの皆様のおかげです!温かい声、厳しい声、その全てが僕を成長させてくれました。プレーヤーとして、また人として成長した姿を皆様に見せられるよう、これからも日々努力していきます。本当にありがとうございました!」

そして、同選手は新天地となる鳥栖のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、意気込みを述べている。

「この度、サガン鳥栖に加入することになりました原輝綺です。1日でも早くチームに溶け込み、サガン鳥栖の勝利に貢献できるように頑張ります。宜しくお願いします!」

現在20歳の原は市立船橋高校出身で、2017年に新潟へ加入し、プロキャリアをスタートさせた。
2017明治安田生命J1リーグでは開幕スタメンを飾るなど、1年目から18試合に出場し、1得点を記録。
今季はJ2リーグ戦25試合に出場した。

U-21日本代表にも招集されており、東京オリンピック出場を視野に入れている。

https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20181226/881787.html



スポンサーリンク






951: U-名無しさん 2018/12/26(水) 17:00:55.27 ID:Qva9Snku0.net

原輝綺選手 完全移籍加入のお知らせ
http://www.sagan-tosu.net/news/p/3590/


971: U-名無しさん 2018/12/26(水) 17:01:48.81 ID:SHKUdHD20.net

>>951
鳥栖やるやん



974: U-名無しさん 2018/12/26(水) 17:01:56.33 ID:HvwNjem90.net

>>951
個人昇格か、ドコのポジションやるんだ


982: U-名無しさん 2018/12/26(水) 17:02:19.06 ID:mKn6frWS0.net

>>951
去年から狙ってたやつー


996: U-名無しさん 2018/12/26(水) 17:02:49.19 ID:Yw6bTljH0.net

>>951
へー
よく取れたな


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11381
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545806404/


続きを読む

サガン鳥栖、FC東京GK大久保択生を完全移籍で獲得!「勝利に飢えています」

元の記事へ移動


JLG3_18273_025


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018/12/29(土) 00:00:00.00 ID:000
サガン鳥栖が、FC東京のGK大久保択生を完全移籍で獲得した。
両クラブが29日に発表している。

移籍が決まり、大久保はFC東京のクラブ公式HPでコメントを発表。
ファン・サポーターに感謝を述べた。

「このたび、サガン鳥栖に移籍することになりました。東京ではなかなかチームの勝利に貢献できませんでしたが、ゴールキーパーとして成長し、J1でもプレーできるという自信がつきました。だからこそ東京で試合に出場し結果を残したかったのですが、今回オファーをいただいた時に新しいチャレンジをしたいと思い、この移籍を決断しました。何も成し遂げることが出来ずに東京を離れるのは心残りですが、サガン鳥栖の選手として味の素スタジアムでプレーすることを楽しみにしています。2年間本当にありがとうございました」

そして、同選手は鳥栖のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、意気込んでいる。

「このたび、サガン鳥栖に加入することになりました大久保択生です。自分を必要としてくれたチーム、そしてこのチャンスをくれたことに感謝しています。今、自分は試合や勝利に飢えています。チームの勝利に貢献できるよう、毎日の練習、1試合1試合の結果にこだわって戦っていきたいと思います。よろしくお願いします。」

現在29歳の大久保は帝京高校出身で、横浜FCからプロキャリアをスタートさせた。
その後はジェフユナイテッド市原・千葉、V・ファーレン長崎を経て2017年にFC東京に加入。
今季は明治安田生命J1リーグで3試合に出場した。

また、2007年にU-18日本代表、2009年にU-20日本代表にも招集されている。

https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20181229/883064.html



スポンサーリンク






95: 2018/12/29(土) 10:00:52.72 ID:d6DiFX+G0.net

http://www.oita-trinita.co.jp/news/20181248140/
大久保択生選手 完全移籍加入のお知らせ


103: 2018/12/29(土) 10:01:44.52 ID:HXEhF9KT0.net

>>95
既報通りキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


117: 2018/12/29(土) 10:02:59.32 ID:H/XMenVqK.net

>>95
大久保はもう決まったのか


130: 2018/12/29(土) 10:04:25.73 ID:MOCoa4Wu0.net

大久保択生はJ1控えじゃもったいなさすぎたからな


239: 2018/12/29(土) 10:26:16.73 ID:uHYp2xqt0.net

>>130
長崎でいらない子扱いだったのにね
東京のコーチが良かったのかな

続きを読む

サガン鳥栖GK権田修一、中島所属ポルティモネンセ移籍が決定的!1月のアジア杯後に合流へ

元の記事へ移動


news_260536_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018/12/27(木) 00:00:00.00 ID:000
J1鳥栖の日本代表GK権田修一(29)がポルトガル1部のポルティモネンセに移籍することが決定的になったことが26日、分かった。

複数の関係者によると、既にオファーは受けており、権田本人も2度目の海外挑戦に前向きで、あとは契約の詳細を詰めるだけという。

順調にいけば来年1月のアジア杯(UAE)後にも合流する見込み。

権田が欧州1部リーグのゴールマウスを守る事が決定的になった。
複数の関係者によると、交渉は順調に進み、あとは年俸や契約形態などの詳細を詰めるだけという。

権田は18年シーズン、全34試合に出場し、リーグ2位タイの34失点に抑えた。
終盤の5試合は好セーブを連発し、3失点で無敗を続け、J1残留に貢献した。
森保体制になり、日本代表にも復帰。

10月12日のパナマ戦(3〇0)、11月20日のキルギス戦(4〇0)も無失点で切り抜けた。

ポルティモネンセ首脳陣はこの2試合を視察した上で、J1での活躍を評価し獲得に乗り出した。
ポルトガル1部リーグで9位につけるチーム。

日本代表MF中島翔哉らの攻撃陣は14試合で20得点するなど好調だが、25失点の守備に課題があり、権田に白羽の矢が立ったという。

権田は16年1月から1年、当時オーストリア3部のSVホルンにF東京から期限付き移籍した。
17年1月、欧州移籍を模索し、F東京との契約を両者合意で解除。
だが、希望がかなわず、鳥栖に加入した。
そして今冬に欧州挑戦の機会を得た。

日本人GKで欧州1部リーグに所属したのは過去2人だけだ。
今季限りで引退した相模原の川口能活がイングランドのポーツマスなどで、フランス1部ストラスブールの川島永嗣はメツなどでもプレーした。

それだけ、難しい挑戦でもあるが、川口は4大会連続でW杯に出場し、川島は3大会連続でW杯の正守護神を務めた。

権田は向上心から欧州での成功を目指しているが、カタールW杯を目指す身としても、やりがいのある挑戦になる。
◆権田 修一(ごんだ・しゅういち)1989年3月3日、東京都生まれ。29歳。2007年、F東京の下部組織からトップチーム昇格。16年、当時オーストリア3部のSVホルンに期限付き移籍。17年に鳥栖に加入。J1通算250試合出場。日本代表は10年1月6日のアジア杯予選イエメン戦でデビュー。国際Aマッチ5試合4失点。187センチ、83キロ。血液型A。

◆ポルティモネンセ 1914年、ポルトガル南部のポルティモンで設立された。本拠地はエスタディオ・ムニシバルで収容約9000人。2017―18シーズンに1部に昇格し、10位。アントニオ・フォーリャ監督(47)が指揮を執り、今季は14試合終了時で9位。日本人では、MF中島翔哉(24)、MF亀倉龍希(23)が所属している。

https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20181227-OHT1T50016.html



スポンサーリンク






528: 法治 2018/12/27(木) 02:05:17.56 ID:9D/GxMOUr.net

鳥栖
GK権田修一ポルティモネンセへの移籍決定的。



537: U-名無しさん 2018/12/27(木) 02:05:39.05 ID:mv3iXR2I0.net

>>528
あらー


543: U-名無しさん 2018/12/27(木) 02:05:45.49 ID:mSLGu4btd.net

>>528
ほー…こりゃ鳥栖きつくなるな


568: U-名無しさん 2018/12/27(木) 02:06:34.48 ID:IzfSAFuo0.net

>>528
GK玉突き起きるかな
キムスンギュか中村が動いてそれっきりな気もするけど


580: U-名無しさん 2018/12/27(木) 02:07:01.65 ID:lJ4RuB2W0.net

>>528
鳥栖の失点が倍増してもおかしくない

続きを読む

【第97回全国高校サッカー選手権 準決勝 瀬戸内×流通経済大柏】流経大柏が瀬戸内に5発完勝!2年連続決勝進出で青森山田と激突

元の記事へ移動

1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/1/12(土) 00:00:00.00 ID:000
news_263991_1

[1.12 選手権準決勝 瀬戸内0-5流経大柏 埼玉スタジアム2002]
得点:
【流】
岡本竜(前半4分)
藤井海和(前半10分)
関川郁万(前半42分)
熊澤和希(後半9分)
渡會武蔵(後半29分)


第97回全国高校サッカー選手権大会の準決勝が12日に行われ、流通経済大柏高(千葉)が瀬戸内高(広島)に5-0で勝利した。

14日の決勝では青森山田高と対戦する。

PK戦までもつれた第1試合が終了して約10分。
決勝進出の椅子をかけたもう一試合がキックオフした。
初出場の瀬戸内はFWハード・デリアス(2年)を今大会初めて先発で起用。

昨年度準優勝の流経大柏は、準々決勝でスタメンを外れていたDF須永竜生(3年)とMF北島直樹(3年)が復帰した。

流経大柏が立ち上がりから攻勢を仕掛けた。
前半4分にはMF熊澤和希(3年)のスルーパスに斜めに走り込んだMF岡本竜(3年)がGKとの1対1を右足浮き球シュートで冷静に制して先制。

同10分には右サイドを縦に仕掛けたDF西尾颯大(3年)のマイナスクロスをMF藤井海和(1年)が左足に当てて流し込み、あっさりリードを2点に広げた。

落ち着きを取り戻したい瀬戸内だったが、高い位置でのプレスがかからず、なかなかボールを保持できない。

前半32分に右に流れたボールからDF松崎聖人(2年)がシュートチャンスを迎えるが、枠右に外れる。
逆に同42分、ショートコーナーから上げられたクロスをDF関川郁万(3年/鹿島内定)に打点の高いヘディングで押し込まれ、前半だけで3点のビハインドを背負うことになった。

後半に入っても流経大柏の勢いは衰えない。
後半8分のミドルはGK井上大也(2年)のビッグセーブに阻まれたが、同10分、浮き球をコントロールした熊澤が左足強烈ミドルを突き刺して4点目を決めた。
流経大柏は同13分に関川、同14分に熊澤を早くもベンチに下げる。
ともに準決勝までにイエローカードを貰っていた選手で、本田裕一郎監督のしたたかさが際立った。

止まらない流経大柏は後半29分、CKで作った混戦を途中出場のMF渡会武蔵(2年)が押し込んで加点。
同31分からは1年生GKの松原颯汰に代えて、9日にFC琉球への入団が発表になったGK猪瀬康介(18)を投入。

余裕を持った戦いぶりで試合を終わらせた。

流経大柏の決勝進出は2年連続3回目。
千葉県勢としては2011年の市立船橋高以来、流経大柏としては2007年以来、11年ぶりの優勝を目指すことになる。

決勝の相手は2年ぶりの優勝を目指す青森山田。
埼玉スタジアムで14日14時5分にキックオフする。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?263991-263991-fl



スポンサーリンク





続きを読む