【動画】横浜FⅯのドゥシャンさん、一発レッドで退場してしまう

元の記事へ移動

240: 名無し@サカサカ10 2019/04/24(水) 21:17:32.13
97a881392a98e5d63bc6ed940ffbb18e[1]


マリノスのドゥシャンが1発レッド  





続きを読む

【悲報】ヴィッセル神戸さん、カップ戦でも勝てない・・・

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2019/04/24(水) 21:30:32.84
20190424-00000262-sph-000-0-view[1]


 【セレッソ大阪 1-0 ヴィッセル神戸 YBCルヴァンカップ グループC第4節】

 YBCルヴァンカップのグループC第4節が24日に行われ、グループ首位のヴィッセル神戸が3位のセレッソ大阪と対戦し、0-1で敗戦した。

 C大阪と神戸の対戦は今季で3度目。2月22日に行われたJ1リーグ開幕戦の一戦では、山下達也の決勝点によりC大阪が1-0の勝利をおさめている。2度目の対戦となった3月13日のグループC第2節の試合では、0-0のスコアレスドローに終わっていた。

 神戸はファン・マヌエル・リージョ監督が解任され、吉田孝行新監督での公式戦初勝利を目指す。ここまでルヴァンカップ絶好調のウェリントンがベンチスタート。左ウィングにはMF郷家友太、右には増山朝陽が起用された。対するC大阪はFW高木俊幸とブルーノ・メンデスが2トップに入り、右サイドにはMF水沼宏太、左にはMF田中亜土夢が起用された。

 今季3度目となった阪神ダービーで、先制したのはC大阪だった。22分、藤田の右コーナーキックが跳ね返されこぼれ球になるが、ペナルティエリア手前の左で田中が胸トラップ。そのまま右足を振り抜くと、綺麗な弧を描いたシュートはゴール右上に吸い込まれた。これでC大阪が先制に成功した。

 1点の欲しい神戸は後半頭から那須に代えて、ウェリントンを投入。48分には初瀬に代え、西を投入した。さらに68分、増山に代え、FW小田裕太郎を投入。小田はこれでプロデビューとなった。

 攻撃に厚みをかける神戸だったが、中々ゴールを奪うことができない。すると40分、左コーナーキックを獲得した神戸は三田が左足で蹴ると、混戦となり最後は安井に繋いでシュートを放つも、枠を外してしまう。

 結局、神戸は同点ゴールを奪うことができず。0-1でC大阪に敗戦した。敗戦した神戸は勝ち点5のままでグループ2位に転落。勝利したC大阪は勝ち点を7に伸ばし、首位に浮上した。

【得点者】
22分 1-0 田中亜土夢(セレッソ大阪)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190424-00318946-footballc-socc

続きを読む

【悲報】鹿島アントラーズさん、韓国Kリーグ代表の日本人選手にやられる

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2019/04/24(水) 20:53:57.03
D46oxIPUwAAWX41[1]



 [4.24 ACLグループE 鹿島0-1慶南 カシマ]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は24日、グループリーグ第4節を各地で行い、E組首位の鹿島アントラーズが韓国Kリーグ代表の慶南FCに0-1で敗れた。後半18分、慶南の決勝点を叩き込んだのは21歳の日本人MF邦本宜裕。鹿島は今季のACL初黒星を喫し、今節でのグループリーグ突破を決めることはできなかった。

 前回王者の鹿島はDF町田浩樹とDF犬飼智也が出場停止のため、DF関川郁万とDF三竿健斗がセンターバック起用。関川はアジアの舞台でプロデビュー戦を迎えた。DF内田篤人を欠く右サイドバックにはACL初先発のDF小田逸稀が抜擢され、リーグ前節仙台戦で好プレーを見せたMF白崎凌兵もアジアデビューを果たした。

 鹿島に前半3分、さっそく大ピンチが訪れる。相手のロングボールを受け止めた関川が対応を誤ると、慶南FWネゲバのプレッシングに苦しみボールロスト。最後は戻った関川がカバーリングに入ったが、あわや失点という場面だった。もっとも関川は序盤こそリズムをつかめない時間帯が続いたが、徐々にヘディングとキックで持ち味を発揮した。

 それでも中盤で鋭く寄せてくる慶南に対し、なかなか攻めに出られないこの日の鹿島。前半22分、白崎のカットインシュートが枠を外れると、同40分にはMF遠藤康のパスからMF名古新太郎がミドルを狙うもGK正面に飛ぶ。守備では邦本の左足キックに手を焼き、主導権を握り切れないまま前半を終えた。

 後半も拮抗した戦いが続く中、先に動いたのは慶南ベンチ。16分までに3枚の交代カードを立て続けに使ってフレッシュなメンバーを送り込んだ。すると18分、慶南は右サイドをMFジョードン・マッチが駆け上がると、鋭いクロスにGKクォン・スンテが目測を誤り、直前に左サイドハーフに移っていた邦本がダイレクトボレーで叩き込んだ。

 ビハインドの鹿島は後半18分にFW安部裕葵、同27分にFW山口一真、同34分にFW伊藤翔を投入し、ロングボールを使って攻勢を仕掛けた。しかし、そのまま有効な攻撃を繰り出せずにタイムアップ。鹿島は今節で勝利すれば、他会場の結果次第では2試合を残して決勝トーナメント進出が決まる状況だったが、その好機を生かすことができなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-43466292-gekisaka-socc

続きを読む

【悲報】浦和レッズさん、ACLで韓国王者に連敗してしまう

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2019/04/24(水) 20:55:57.59
 
D46pRouUYAAPOMw[1]

◇ACL1次リーグG組 浦和1―2全北(2019年4月24日 全州)

 サッカーのアジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)は24日、1次リーグ第4戦が行われ、2大会ぶりVを狙う浦和が敵地で全北(韓国)と対決。1―2で敗れ、今月9日の試合に続き韓国王者に連敗を喫した。

 試合は序盤に動いた。前半12分、DF森脇が右サイドでMFリカルド・ロペスにボールを奪われると、そのままロペスに攻め込まれ先制点を許した。浦和は効果的なプレスがかけられず、相手攻撃陣に手を焼く展開に。

 0―1で迎えた後半3分にはロペスの鋭いピンポイントクロスに反応したFWキム・シヌクに頭で決められ追加点を許す。2点ビハインドとなったが、13分に森脇が右サイドのハーフウェーライン付近からアーリークロス。相手DFがクリアミスしたところを逃さず、FW興梠が右足でゴールを決めた。

 何とか追いつきたい浦和は終盤に猛攻を仕掛けるが追加点を決めることはできなかった。

 各組4チームで争う1次リーグは2位までが決勝トーナメントに進む。第5戦は5月7、8日に行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000191-spnannex-socc

続きを読む

広島のGK大迫敬介って代表に呼べるレベルなん?

元の記事へ移動

148: 名無し@サカサカ10 2019/04/23(火) 22:27:35.23
666c5b06-ef6b-a7f2-dce4-cb0c61bb5aba[1]


大迫は試合を見る限りは普通のキーパーにしか見えんけどな
もちろん好セーブもあるが
やべーなこいつみたいな超反応は今んとこない
代表レベルのキーパーは例外なくこれがある
もちろん年齢を考えれば普通にやれる事はすごいが
現状代表レベルには全く見えんよ・・・

続きを読む