鎌田大地、わずか1年でフランクフルト退団の可能性が浮上…

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/05/25(金) 18:42:21.33 _USER9
鎌田大地、わずか1年でフランクフルト退団の可能性が浮上…地元メディアでは「売却候補」に
5/25(金) 18:23配信 GOAL 
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000037-goal-socc
  
今季は出場機会を獲得できず (C)Getty Images 
 20180525-00000037-goal-000-2-view[1]

  
フランクフルトに所属するMF鎌田大地は1シーズンで同クラブを去ることになるのだろうか。地元メディア『ヘッセンシャウ』は、放出候補の1人として伝えている。

昨夏サガン鳥栖から日本代表MF長谷部誠がプレーするフランクフルトに渡った鎌田。新天地ではプレシーズンマッチでゴールを決めるなど順調な出だしを見せ、ニコ・コバチ監督もその技術やポジショニングを褒め称えていた。

しかし、シーズン開幕戦では先発起用されるも、フィジカル面の課題が指摘され、前半戦は公式戦4試合の出場にとどまることに。さらに昨年12月以降は一度もメンバー入りを果たせなかった。

フランクフルトは、バイエルン・ミュンヘン行きが決まっているコバチ監督の後任としてヤングボーイズからアディ・ヒュッター監督を迎える。だが、新体制の下にも鎌田の居場所はないという。

『ヘッセンシャウ』は、鎌田はDFタレブ・タワタ、FWダニー・ブルム、ブラニミル・フルゴタと同様、新シーズンに向けて放出されると予想。この4人は「売却候補」として伝えられている。

フランクフルトはバイエルンに勝利し30年ぶりにDFBポカール制覇を達成。来季のヨーロッパリーグ出場が決定したため、冬季中断期まで26試合を戦うことになる。だが、地元メディア曰く、選手層を厚くする必要があったとしても鎌田らは構想に含まれていないようだ。

続きを読む

中島翔哉、PSG移籍へ現実味?フランスメディアが報道!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/05/25(金) 18:23:55.24 _USER9
中島翔哉にパリ・サンジェルマンが関心を示しているとポルトガルメディアで報じられていたが、本国フランスでもその話題が注目を集めているようだ。

あの日本代表の奥さんも!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

フランス『Foot01』は「日本の若者に2000万ユーロ(約26億円)は賭けになるのだろうか」という見出しで、中島翔哉にスポットを当てている。記事では「フランス王者は守備的MF、左ウイング、GKのポジションで強化をすることになるだろう。攻撃的なセクションとしては、ハビエル・パストーレとアンヘル・ディ・マリアが売却対象となっており、その代案確保は急務だ」と紹介。

「ポルティモネンセのロブソン・ポンテGMは、この若者がパリにやってくる可能性を示唆している。このアタッカーはポルトガルリーグで今季10ゴールを挙げている」

その一方で、「パリSGが関心を示すほどの選手でありながら、この日本人選手はロシア・ワールドカップで招集される見通しがないようだ。また、中島は契約解除金を2000万ユーロ(約26億円)に設定している。この選手は移籍市場で注目されており、ポルト、ベンフィカ、スポルティング、ドルトムント、シャフタール、ガラタサライからも視線を集めている」と報じ、契約解除金の設定や複数の有力クラブが関心を示していることから、移籍の障壁が高いことを強調している。

また、この記事について地元フランスのサッカーファンは「この選手は10ゴールだけでなく10アシストを記録しているし、とてもいい選手」、「マーケティングの面も含めて、とても大きな可能性を持っている補強になるんじゃないかな」といった反応を示している。ポルトガル挑戦1年目から飛躍を果たした中島だが、移籍先の候補となっているフランスでも注目を集める存在となっているようだ

5/25(金) 17:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00010006-goal-socc

写真no title

続きを読む

背番号「8」を譲った三田選手「イニエスタに断る人なんていない」

元の記事へ移動

857: 名無し@サカサカ10 2018/05/25(金) 13:26:13.51

18[1]


神戸三田、8喜んで譲る「自分もイニエスタが好き」
https://www.nikkansports.com/soccer/news/201805250000437.html

 ヴィッセル神戸の背番号「8」、MF三田啓貴(27)が25日、神戸市内での練習後にバルセロナから加入が決まったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)に喜んで背番号を譲る意向を明かした。

 Jリーグの規約でシーズン中の背番号変更は認められていないが、神戸の申し出を受けたリーグ側が規約の変更を検討中。
三田は「あこがれの選手が来ていただけるのだから、譲らせていただきたい。
自分もイニエスタが好きで(8を)つけていたのもあるし、イニエスタに断る人なんていないんじゃないですか。
常に注目する選手。早く一緒にやってみたいですね」と目を輝かせた。

続きを読む

元日本代表監督の岡田武史「本田・香川・岡崎がなんでビッグ3なの?」 

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/05/25(金) 13:52:46.11 _USER9

20180525-00000003-jct-000-1-view[1]


5/25(金) 13:09配信
岡田武史「なんでビッグ3なの?」 本田・香川・岡崎の呼び方に疑問

 元サッカー日本代表監督の岡田武史氏が、現代表で使われる「ビッグ3」という表現に疑問を示した。


 ここ最近メディアで頻繁に目にするようになった「ビッグ3」は、長年代表を支えてきた本田圭佑、香川真司、岡崎慎司の3人の総称として使われるが、3人とも代表内での地位は大きく脅かされている。

■「よく我々が言う『ビッグ3』ですが、これ岡田さん...」

 岡田氏は2018年5月24日、都内で開かれたスカパーJSAT社(東京都港区)のイベントに出席。実況アナウンサーの八塚(やつづか)浩氏と、開催1か月を切ったロシア・ワールドカップ(W杯)談義に花を咲かせた。

 イベントでは、スカパー側が日本代表の予想スタメンをボードで提示。システムは4-2-1-3で、GK川島永嗣、DFは(左から。以下同)長友佑都・昌子源・吉田麻也・酒井宏樹、ボランチに長谷部誠・山口蛍、トップ下に香川真司、FWは乾貴士・大迫勇也・武藤嘉紀だった。

 日本人で唯一W杯での監督経験がある岡田氏は、「良いんじゃない。大迫なんかは今までにないタメをつくったり、振り向いたりできる。ブンデスリーガでかなり苦労しているけど、活躍できるなら面白くなる気はしてる」と大迫をキーマンにあげた。

 一方、八塚氏が「一応、本田選手はベンチスタートということで、入れるとこうなるかなという感じですが」と、本田を武藤の位置に置くプランを示した。その上で、

  「本田、香川、岡崎というのは、よく我々が言う『ビッグ3』ですが、これ岡田さん...」

と言うと、岡田氏は

  「なんでビッグ3なの?」

と率直に疑問を示した。

 八塚氏は「いやいや、海外での経験値を踏まえて、精神的支柱にもなり得る。テクニックもしっかりしている」と話したが、岡田氏は

  「え?ううん。そんなに買ってるなら、最初から(予想スタメンに)入れておけばいいのに」

と笑い、「JFLばっかり見てるから分かんねえよ。誰がどうしたとか。新聞記事くらいでしか分からないから。まあ、いいんじゃないの」と煙に巻いていた。岡田氏は現在JFLのFC今治の運営会社で代表取締役を務めている。 
  
 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000003-jct-ent&p=1

続きを読む

ハリルホジッチ氏「3年の努力とサポーターの思いが否定された」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/05/24(木) 21:24:36.48 _USER9

0ab1dab6-b79d-8eaa-3713-5b3a946f9286[1]


サッカー日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏が5月24日、日本サッカー協会から監督を解任されたあと、同協会の田嶋幸三会長の発言で名誉を傷つけられたとして、田嶋会長と同協会を相手取り、慰謝料1円と謝罪広告の掲載などを求める訴訟を東京地裁に起こした。

代理人をつとめる金塚彩乃弁護士が提訴後、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いて明らかにした。請求額が1円である理由について、「お金ではなく、謝罪をもとめているからだ」と説明した。日本サッカー協会は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して「(提訴について)現時点でコメントはない」と回答した。

●ワールドカップ目前に監督を突如解任された
ハリルホジッチ氏は2015年3月、サッカー日本代表監督に就任した。それから約3年間、代表監督をつとめて、この間にワールドカップ・ロシア大会の本大会出場を決めた。ところが、6月14日開幕のロシア大会を目前に控えた4月7日、日本サッカー協会から監督を突如解任された。

訴状などによると、田嶋会長は4月9日、記者会見を開いて、ハリルホジッチ氏との契約を解除したことを発表した。その際、田嶋氏は、選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れたことを理由としてあげた。一方、金塚弁護士によると、ハリルホジッチ氏本人は、選手たちとのコミュニケーションを大事にしていたという。

「コミュニケーションをとれないような人格だといわれたことを問題としている。サッカー人生をかけて築き上げてきたことが崩された」「個人としてだけでなく、監督としての名誉や信用が毀損された」「具体的にどんなコミュニケーションの問題があったのかあきらかにされていない」(金塚弁護士)

ショックを受けたハリルホジッチ氏は4月下旬に来日し、記者会見を開くなどして、日本サッカー協会側に説明をもとめる姿勢を見せていた。金塚弁護士によると、ハリルホジッチ氏は、オフレコでいいので、納得のいく説明と謝罪があればと考えていたが、これ以上待っても誠実な対応がないとして、提訴に踏み切ったという。

つづく

2018年5月24日 18時2分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14762912/

続きを読む

イニエスタ選手、三田選手に自分から電話!「大切な背番号を譲ってくれてありがとう」

元の記事へ移動

115: 名無し@サカサカ10 2018/05/25(金) 09:20:05.68

Dd8m7XqV4AAqtuq[1]


三木谷浩史 H. Mikitani @hmikitani
昨日の一番の感動 イニエスタが三田選手に自分から電話をして、
大切な背番号を譲ってくれてありがとうと丁寧に話をしたこと。
やはり我々の判断は間違ってなかったと思いました。





続きを読む

セルジオ越後「神戸にメッシはいないからイニエスタは苦労するかも」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/05/25(金) 06:12:50.97 _USER9

index[1]



【セルジオ越後】イニエスタは苦労するかもね。ヴィッセルにメッシはいないから

■正直、ヴィッセルで躍動する姿がイメージできない

 元バルサのイニエスタの神戸加入が正式に発表されたね。3年契約で年俸は約32億円と言われるビッグディールのようだけど、楽天がバルサとのグローバルパートナーシップ契約で支払ったとされる約320億円と比べたら、大した投資額ではないんじゃないかな。

 サッカー好きの日本人は別として、イニエスタの知名度は日本全体で見ればそうでもない。逆に世界的には、かなりネームバリューのある選手だ。

 そう考えると、グローバルな展開をさらに強化したいはずの楽天としては、イニエスタ獲得はそれなりの宣伝効果が見込めるだろう。今回の移籍を海外メディアがどれほど大きく取り上げているかは気になるところだ。

 一方で、実際のピッチ上ではどうか。違和感を覚えたのは、都内で行なわれた記者会見で、登壇したのはイニエスタとオーナーの三木谷氏だったことだ。

 新戦力を迎え入れるセレモニーでは、社長もしくは監督が同席するのが一般的だと思うけど、そうではなかったよね。
クラブとしての将来的なプロジェクトは語られた一方で、「タイトルを獲りたい」とか「ACLで優勝を目指す」といった具体的な目標が示されなかったのは少し寂しかった。

 そもそも、イニエスタのプレースタイルは、今のヴィッセルに合うのか。クラブとしてパスサッカーに移行しているようだけど、まだまだ試行錯誤中だ。ヴィッセルで躍動する姿がなかなかイメージできないのが正直なところだよ。

 まあ、あれだけのキャリアを持つスタープレーヤーだから、大きな期待をかけられているのは間違いない。

■イニエスタにも特別な存在になってほしい

 ただ、バルサでもスペイン代表でも、イニエスタの周りには彼と同じぐらい凄い選手が何人もいた。日本での新天地では、初めてそうではない環境の中でサッカーをすることになる。
バルサでまず警戒されるのはメッシだ。だが、ヴィッセルではイニエスタがそういう対象になる。かなり苦労するんじゃないかな。

 元ブラジル代表のドゥンガがいた頃のジュビロには、名波、藤田、高原といった代表クラスの日本人選手がいた。改めて言うまでもなく、サッカーはひとりの力ではどうにもできない。
今のヴィッセルで、イニエスタがストレスを感じることなく、持てる力を存分に発揮できるかどうかには一抹の不安が残る。

 ポドルスキでさえ、今ひとつパッとしない現状を考えれば、ヴィッセルの日本人選手たちにはもっと奮起してもらいたい。同じことは、思うように活躍できていないジョーがいるグランパスにも言えるかもしれないね。

 グランパスもヴィッセルも、選手の補強面ではそれなりに頑張っている。残念なのは、こういった流れを他のクラブが追随していない点だ。資金的な問題があるにせよ、リーグ全体で大型補強がもっと活発化してくれれば、とは思う。

 イニエスタのヴィッセル入りが、さらなる起爆剤になればいい。広告塔としての高い貢献は望めるとして、プレー面でも輝きを放ってほしいし、その結果、クラブとしてもひとつの成果を得てほしいよね。

 先述したドゥンガだけでなく、アントラーズの土台を築いたといっても過言ではないジーコのように、イニエスタもヴィッセルで特別な存在になってほしいと願っているよ。

サッカーダイジェストWeb 2018年05月24日 サッカーダイジェスト編集部
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=40875 
 

続きを読む

【朗報】宮市亮の右膝靭帯問題なし!来季へトレーニング開始!

元の記事へ移動

921: 名無し@サカサカ10 2018/05/25(金) 06:38:58.08

20180508-00000021-goal-000-2-view[2]


宮市亮の右膝靭帯問題なし!来季へトレーニング開始
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201805240000943.html

 ドイツ2部ザンクトパウリのFW宮市亮(25)が日本で着々と来季へのトレーニングを進めている。

 連日、ピッチ上で力強く走り、多くのメニューをこなしている。

 ここまでで「?」と思った人も多いのではないか。大けがを負ったのではなかったのか、と。

 右膝の前十字靱帯(じんたい)を再断裂した可能性を伝えるショッキングなニュースが流れたのは、4月末だった。

 結果的にこれは間違いだった。

 5月初旬に日本に戻り、都内の病院で精密検査を受けた。
膝に炎症のあとは見つかったものの、靱帯(じんたい)や膝の機能には全く問題がないと太鼓判を押された。

 負傷交代した試合後しばらくは、痛みで松葉づえをついていた。
日本で納得いく形で精密検査し、入院、手術という流れも覚悟していた。
そこで耳にしたのは、想像ではなく、願望ともいえるレベルだったうれしい診断だった。

 宮市は直後のランチでパスタを普通盛りで頼み、ゆっくり食べた。

 とにかくよく食べるが、この時はいつもの大盛りではなかった。
理由を聞くと「ちょっと胸がいっぱいで…」。
テーブルを囲んだ知人には、どんな言葉よりも、心からの喜びに聞こえたという。

 周囲への感謝を忘れない。両膝の前十字靱帯(じんたい)を断裂したが、家族や周囲のサポートもあって乗り越えてきた。
ランチを終え、次に気にしていたのはチームメートへの報告だった。

 2度、長期離脱したが、その人柄と取り組みで、個性的な選手の多いチームでも愛されている。

 それを物語るように、大けがを負った仲間を力づけようと、ビーレフェルト戦の試合前、ザンクトパウリの選手たちは背番号13の宮市のユニホームを全員で着た。

 背番号の上には「お前は1人じゃない」を意味する英文の頭文字「YNWA」とあった。
この計らい、仲間の思いも、通じたのだろう。

 ただ、律義な宮市は、そこまでさせたことが頭から離れないようで
「みんなでユニホームまで着て励ましてもらったのに、何と報告すればいいのか…」と悩んでいた。

 あれから約3週間がたつ。トレーニングは至って順調。
この間、お世話になった人や心配してくれた人たちには「大丈夫です。ご心配おかけしました、ありがとうございます」と丁寧に連絡を入れた。

 一番の報告は、言葉ではない。2度の大けがを乗り越え、プレーできることの重みを誰よりも感じている。
だから、次のシーズンのピッチに万全の姿で戻ること。それが何よりだと誓う。

 そう信じ、日本でトレーニングを続ける。
ひとまわりも、ふた回りも大きくなって、完全復活を遂げるべく、ドイツのピッチに舞い戻る。

続きを読む

【悲報】名古屋FWジョーがコリンチャンス復帰を望み話し合い中…

元の記事へ移動

481: 名無し@サカサカ10 2018/05/25(金) 02:22:47.94

34670_ext_04_0[1]


ジョーマジかw

Tom
https://twitter.com/leticiabeppler/status/999689172612009985
数日前から名古屋FWジョーのコリンチャンス復帰が可能かどうかクラブ内で話し合っている。
ジョーは日本で全く満足しておらず、グランパスの置かれたシチュエーションに苛立っている。
競争の激しいブラジルリーグでのプレイを望み、強化部は移籍費用の見積もりをするだろうと。

続きを読む