【悲報】柴崎岳さん、試合勘不足を多少感じていた模様

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/10/17(水) 08:17:21.54 _USER9

20181017-00000035-goal-000-2-view[1]

キリンチャレンジ杯(16日、日本4-3ウルグアイ、埼玉)MF柴崎はボランチの一角として
先発して主に攻撃に絡んだが、「攻守で対照的な結果だった。守備は改善しないといけない」と険しい表情。

激化するポジション争いについて、
「いま(代表に)呼ばれていても、次に呼ばれるかは分からない」と警戒感を口にした。

この日は8月に結婚した女優の真野恵里菜(27)も観戦に訪れた。

https://www.sanspo.com/soccer/news/20181017/jpn18101705000002-n1.html 
  
 
柴崎は不完全燃焼の途中交代 試合勘不足「多少あった」
https://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20181017-OHT1T50000.html
柴崎、ミス続き途中交代「レベルを上げていきたい」
https://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20181017-OHT1T50013.html

試合に勝ち、笑顔を見せる真野恵里菜
https://www.sanspo.com/soccer/images/20181017/jpn18101705000002-p1.jpg
no title

続きを読む

【悲報】ウルグアイ代表、ショック過ぎて無言になる

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/10/16(火) 23:49:42.43 _USER9

20181016-00010002-goal-000-4-view[1]

敗れたウルグアイの選手は、韓国に続きアジア勢に連敗したこともあってか、取材エリアでの報道陣の呼びかけに応じることはほとんどなかった。 
  
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000142-dal-socc

続きを読む

【朗報】セルジオ越後さん、久しぶりに褒める!「最高の試合に」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/10/17(水) 06:33:07.65 _USER9

serujio9

ニュースターの台頭という成果を得た一方で 

10月シリーズのウルグアイ戦で日本は4-3の勝利を収めた。「森保体制3戦連勝!」「南野が2ゴール!3試合連続!」「堂安が代表初ゴール!」と、見出しになりそうなネタも多かったし、メディア的には最高の試合になったね。
 
 両チーム合計7点が生まれた大味の試合だったけど、森保体制になってから対戦したコスタリカ、パナマよりも明らかに実力のあるウルグアイに勝利した意味は大きい。やはり列強国と対戦すると、得るものは多い。ここまでの2試合では見られなかった収穫と課題が出てきたはず。つまり、実力国とどれだけ対戦できるかでも、また強化のスピードは違ってくるということだ。協会には、もっとこういう相手とのマッチメイクをしてほしいね。
 
 収穫で言えば、特に若手の活躍が際立っていたね。2ゴールの南野は得点への意識が高くなって、落ち着いていた印象だった。さらに中島と堂安も持ち味を発揮していたし、守備でもよく走っていた。3人とも決定的な仕事をしたし、勝利の立役者と言える。
 一般的にはそこまでではなかった3人の知名度は、ウルグアイ戦で一気に高まったことだろう。ロシア・ワールドカップまで「ビッグ3」と呼ばれていた香川、本田、岡崎に代わって、「リトル・ビッグ3」のスタートを感じさせたよ。ワールドカップで活躍した乾もこれから招集され、怪我で今回招集を辞退した小林が復帰したら。攻撃陣の競争はさらの熾烈になりそうだ。
 
 ニュースターの台頭という成果を得た一方で、課題も浮き彫りになったね。ウルグアイ戦は、初めて森保ジャパンの守備力が試された試合でもあった。勝利に浮かれるのも良いけど、3失点したことを忘れてはいけない。ワールドカップでレギュラーだった吉田、長友、酒井が揃っていたけど、あまりにミスが多くて安定感を欠いていたよ。
 
 自陣でパスを奪われて、あわやという場面がいくつもあったし、セットプレーでは完全に後手に回っていた。実際にCKから1失点してしまったし、東口のファインセーブに助けられたゴディンのヘディングにも肝を冷やされた。もしも、相手にスアレスがいたらもっと大量失点して、負けていたかもしれない。

つづく

10/17(水) 2:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00048849-sdigestw-socc

続きを読む

岡崎慎司「いよいよ親善試合をアウェイでやってかなきゃいけない」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/10/16(火) 23:46:12.08 _USER9
◆国際親善試合 日本4―3ウルグアイ(16日・埼玉スタジアム)

 日本が、世界ランク5位のウルグアイを相手に4―3で勝利した。MF南野拓実(ザルツブルク)が前半10分に、3試合連続となる先制ゴール。同28分に追いつかれるも、同36分には大迫勇也(28)=ブレーメン=がこぼれ球を押し込み再び勝ち越す。

後半12分、バックパスを奪われてFWカバニに一時同点弾を許したが、2分後にはMF堂安律(20)=フローニンゲン=が待望の代表初ゴール。さらに同21分には再び南野が決めた。

 同30分に1点差とされたが、このまま逃げ切り勝ち。日本代表が、1996年以来22年ぶりにウルグアイに勝った。ホームで難敵を撃破したが、試合直後にロシアW杯メンバーである岡崎慎司(32)=レスター=が自身のツイッターを更新。「前から言われてきたけど、いよいよ親善試合をアウェイでやってかなきゃいけない段階にきてると思うな」とつぶやいた。

 岡崎のツイートに対し、フォロワーは「南米アウェイ見てみたいです」や、「南米で今日の試合したら、本物っす」などとツイートした。

2018061400005_1[1]

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000259-sph-socc

続きを読む

【どこよりも早い採点!】日本代表vsウルグアイ代表、森保ジャパンのパフォーマンスは?

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/10/16(火) 21:35:29.99 _USER9
10月16日、日本対ウルグアイの一戦が行われ4-3で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

20181016-00293336-footballc-000-1-view[1]

新戦力とロシアW杯組の本格的な融合がスタート
【日本 4-3 ウルグアイ キリンチャレンジカップ2018】

東口順昭 5.5 相手の強烈ヘッドに反応し、ピンチを防いだ。ノーチャンスの失点はあったが、止めるべきものも

長友佑都 5 積極的なオーバーラップから会場を沸かせたが、プレーの精度は決して高くない

吉田麻也 6 相手の進路を先読みして対応。新主将は冷静なプレーを見せた

酒井宏樹 6.5 適切なポジショニングが光る。攻守において味方を助け、上質なアシストも

三浦弦太 5 懸命に戦ったが、カバーニの存在を忘れ、ポジショニングのミスも

柴崎岳 5 試合勘の不足からか、味方と合わない場面が散見。中盤で相手を潰すこともできず

遠藤航 6 常に動き続け、判断の良いダイレクトパスでチャンスも演出した

中島翔哉 7.5 鋭いパスや果敢なシュートで全得点に絡んだ。自身にゴールが生まれていれば申し分なかった

南野拓実 8 代表戦3試合連続弾を含む2ゴール。強さと巧さで相手を上回った。プレー強度も高い

堂安律 7.5 開始から動きの質は低くなかった。そして、完璧なタッチで持ち味爆発の1ゴール

大迫勇也 6.5 なかなかシュートが枠に飛ばなかったが、面目躍如の勝ち越し弾

青山敏弘 5.5 “クローザー”として勝利に貢献した。彼がピッチにいることでの安心感はある

原口元気 – 出場時間短く採点不可

森保一監督 6 親善試合とはいえ、強豪ウルグアイに勝利。セットプレーの弱さは今後の改善点

10/16(火) 21:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00293336-footballc-socc

続きを読む