【動画】本田圭佑さんカンボジア代表監督就任の真意を告白!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/11/19(月) 11:45:48.75 _USER9
選手キャリアを続けながらカンボジア代表の実質的な監督を務めている本田圭佑が、その異例とも言うべき決断を下した理由を、11月18日、自身のSNSで明かした。 
 
20181119-00010000-sdigestw-000-1-view[1]

 世間を驚かせたのは、今年8月だ。オーストラリア、Aリーグの強豪メルボルン・ビクトリー移籍を決めていた本田は、その直後にカンボジア代表の代表監督とGM(ゼネラルマネージャー)を兼ねる「Head of delegation」に就任することを発表したのだ。

 その役職に就いてからの本田は、実に精力的だ。メルボルンでのプレーを続けながら、実質的な監督としてビデオ通話などを通してカンボジア代表の指導を行い、そしてスケジュールの許す限り代表戦の指揮も務めている。

 ではなぜ、日本サッカー界のカリスマは、現役生活を続けながらカンボジアでの監督キャリアを選んだのか? 18日に自身のツイッターとインスタグラムに投稿した短い動画内で、その想いを口にした。

「まだまだ苦しい生活をしている人も多いカンボジアで、サッカーを通じて、ちょっとでも勇気を与えられるような、元気になってもらえるような、明日から働くエネルギーを少しでも得てもらうようなプロジェクトになればなと思って」

 さらに本田はツイッターに「お金も大事ですけど、お金より大事な事ってあるじゃないですか? カンボジア代表を強くするっていうのはそんな感覚に近いんですよね」という言葉も記し、限られた資金のなかでカンボジア代表の強化していく上での覚悟を明白に示した。

 今月12日に行なわれた「AFFスズキカップ2018」のミャンマー戦では、先制しながらも、1-4と逆転負けを喫したカンボジア代表。本田就任以来、不在時に行なわれた試合も含めて1分け4敗とまだ白星がないチームは、20日のラオス戦で初勝利を挙げられるだろうか。32歳の日本人MFの采配を含めて注目だ。

11/19(月) 5:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00010000-sdigestw-socc



続きを読む

バルサから神戸に加入したイニエスタさん、Jリーグを語る

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/11/18(日) 23:17:22.23 _USER9
今夏にバルセロナからヴィッセル神戸に加わったMFアンドレス・イニエスタは、Jリーグについて「同じリズムでプレーする」との印象を述べている。

20181118-00000022-goal-000-2-view[1]

スペイン『カデナ・セール』の人気番組“エル・ラルゲーロ”とのインタビューに応じたイニエスタは、
Jリーグが全力で取り組まなければ勝つことができない難しいコンペティションとの見解を示す。
その一方で、フアンマ・リージョ監督と共に少しずつ神戸のプレーに変化をもたらす意欲も口にした。

「(日本では)良い意味で驚くことがあった。フットボール的にはまた違くて、それは僕が探していたものだったよ。
ここのチームはしっかりとした準備ができていて、一定のリズムでプレーをする。100%の状態でいられるように心がけなくてはね。日々、(Jリーグに)適応しているよ。今は3カ月目だが、もう1年のようだ」

「自分のフットボールを実現するのには、苦労を強いられている。一選手が短いスパンで一チームを変えられるわけがない。
目標はボールを支配するスタイルを植え付けることだ。でも、難しいね。ここのチームはそういったプレーをせずに性急だから。負けていようが勝っていようが、いつも早急に攻撃を仕掛ける。リズムが一定なんだよ」

「神戸にはリージョが到着した。できる限り良い形で今季のリーグ戦を終えて、ゼロからスタートしたい。そうして、偉大なシーズンを過ごすことができればいいね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000022-goal-socc
11/18(日) 22:15配信

続きを読む

【日本代表】槙野智章「相手を見下して試合に入るのが一番危険なこと」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/11/19(月) 07:37:15.03 _USER9
ここまで4試合を戦ってきた森保ジャパンにとって、初めての“対アジア勢”となるキリンチャレンジカップ・キルギス代表戦(20日・豊田)。国内で実施したトレーニングマッチの結果を受け、実力が大いに疑問視されている中、楽観ムードに日本代表DF槙野智章(浦和)が釘を刺した。

「格下だとか、相手を見下して試合に入るのが一番危険なこと」。FIFAランキング90位のキルギス戦を2日後に控えた18日、槙野は報道陣に対してキッパリと述べた。キルギスは17日、控え組中心の鹿島アントラーズとトレーニングマッチを実施したが0-2で敗戦しており、楽観視する向きはチームも「あると思う」という。

 来年1月に控えるアジアカップ前最後の実戦ということで、前哨戦という位置付けもされているなか、「協会の意図もくみ取った上でやらないと」と語った槙野。「ただ試合をして、ただ終わりだけじゃダメ。最後の笛が鳴るまで、できることをやり切って点を取るというのを徹底的にやらないといけない」と力を込めた。

 16日のベネズエラ戦では出番がなかった槙野だが、不出場組を中心に行われた17日の公開練習では積極的にチームを盛り上げる姿が目立った。「あれくらいは普通」。そう謙遜した30歳は「どのカテゴリでもそうだけど、選手の間に温度差が出てくるのが危険。出ていない選手は出ている選手以上に頑張らないといけないし、出ていない選は出ている選手以上に準備しないといけない」と目の前の立場で全力を出し切る構えだ。

ゲキサカ2018年11月18日22時03分
https://news.infoseek.co.jp/article/gekisaka_259535/?ptadid= 
  
 
no title
 

続きを読む

【悲報】サッカー日本代表さんW杯で通用しないサッカーをしてしまう

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/11/18(日) 22:53:17.03
DsHumu-V4AE2jRA[1]

前線が攻撃的すぎるせいで守備の負担がハンパない模様
おかげで冨安が目立ってくれてるが長谷部も乾も香川もいない状態で世界レベルの攻撃に守備陣だけで対応できるとは思えん
ウルグアイ戦とか典型的すぎる
乾の代わりおらんのか

続きを読む

「大韓民国vsオーストラリア」ではなく「韓国vs日本審判」!?

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/11/18(日) 21:27:46.24 _USER
no title

▲17日オーストラリア、ブリスベン、サンコープ・スタジアムで開かれた韓国とオーストラリアのサッカー国家代表チーム評価試合。聯合ニュース

大韓民国サッカー国家代表チームが17日、オーストラリアとの試合で1対1で引き分けた。前半22分、ファン・ウィジョが先制ゴールを入れたが、後半45分延長3分にマッシモ・ルオンゴに同点ゴールを献上した。

ところが失点当時、ルオンゴがオフサイド位置にいたというKBS放送中継陣イ・ヨンピョ、イ・グァンヨンの言及が話題になっている。

これに、この日の試合審判陣4人がすべて日本人であった事実が視聴者およびサッカーファンらの間に広く知られている。

それと共にこの日のサッカー試合が韓国対オーストラリアの試合ではない、韓国対日本審判の試合だったという類の言及がSNSとニュースコメント等を通して広がっている状況だ。

これについて国籍を離れて審判の判定ミスは明らかだったという主張、日本国籍審判だとしても色眼鏡で見るのは止めようという意見、審判の判定も試合の一部として受け入れなければならないという指摘、審判判定の誤り以前に韓国選手の集中力が落ちていたという分析など多様な言及がオンラインに広がっている。

ファン・ヒジン記者

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) 「大韓民国VSオーストラリアでなく韓国VS日本審判?」1対1惜しい同点に終盤のゴールオフサイド疑惑
http://news.imaeil.com/SportsAll/2018111720020695389

続きを読む

杉本健勇「代表ではバタついてしまう。メンタルの部分」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/11/18(日) 21:16:00.55 _USER9
日本代表FW杉本健勇が、レギュラー争いやクラブチームとの違いについて語った。

日本代表では、ロシア・ワールドカップから引き続き大迫勇也が1トップのレギュラーを務めている状況。杉本は「学ぶことが多い」としつつも、ポジション奪取に意気込んでいる。

20181118-00000019-goal-000-2-view[1]

「サコ君(大迫勇也)から学ぶことは本当に多い。海外でやってますし、そういった意味では吸収しないといけない部分も多い。
ただ、サコ君ずっと代表で出ているので、そこを脅かすというか、向かっていく選手ってのは出てこないといけないって自分でも思ってます。
そういった意味では試合で見せないといけないと思います」

「(冷静に収めるという部分?)そうですね。自分はチーム(セレッソ大阪)ではあれですけど、代表ではちょっとバタついてしまうところが多いので。そこはメンタルというか、気持ちのところだとは思います」

「(普段のセレッソならもっとできる?)はい。俺も思います(笑)」

「普通のメンタルでやっていてもちょっと違ったりするところがあるので、そこは自分のダメなところでもあると思うし、改善しないといけないとずっと思っています。次はそこを見せられればと思います」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000019-goal-socc
11/18(日) 21:08配信 
  

続きを読む