大迫勇也「自分にボールが集まるように。W杯の結果は僕の出来次第で変わってくる」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/03/21(水) 08:23:48.41 _USER9
ドイツ・ブンデスリーガのケルンに所属する日本代表FW大迫勇也(27)が、2度目のW杯(ワールドカップ)に向かう覚悟を打ち明けた。19日から始まった日本代表のベルギー遠征合流前に、ケルン市内で取材に応じ「W杯の結果は自分の出来次第」と力強く宣言。開幕まで3カ月を切ったロシア大会へ、不動の1トップが自負を口にした。

 森の中に開かれたケルンの練習場で、大迫は味方選手に激しく体をぶつけていた。気温が氷点下10度を下回る中、選手たちから湯気が立つ。「代表の前にクラブ。実力と自信をつける場所はここ」。

そこから車で1時間半と近い、雪の舞うリエージュへ。練習初日。大迫はジョギングで最後方を走った。隣には半年ぶりに招集されたFW本田。笑顔で言葉をかわす。日本のために戦う10日間へ、頭を代表モードに切り替えた。

 合流前には、インタビューで代表への覚悟を語っていた。ハリルホジッチ監督の信頼は厚く、ロシア行き当確の1人と目される。代表復帰した16年11月以降、出場した9試合にすべて先発。しかし「正直、気にしてない。『必要なければ選んでくれなくていい』。それくらいの開き直り、攻めていく気持ちでいい」。28歳で迎えるW杯へ、臆することない精神状態にある。

 4年前のブラジル大会はコートジボワール、ギリシャ戦に先発も無得点。1分け1敗で迎えた最終コロンビア戦でスタメンから外され、ベンチの中で敗退の笛を聞いた。「悔しさ、ふがいなさしか味わえなかった。できない自分がいた。ただそれだけ」。もう出場するだけでは意味がない。

 大会後に移籍したケルンで牙を磨き直した。ドイツは娯楽が少なく、サッカーを愛する国民が多い。「スポーツする人間にとって本当に素晴らしい環境。この国に来て、心の底から『サッカーって楽しいな』と思えるようになった」。失意の大迫には心地よかった。

 昨季は自己最多の30試合7得点。チームを5位に押し上げ、25年ぶりとなる欧州リーグ出場権の獲得に貢献した。今季前半は過密日程を初体験。「木曜にセルビアで試合して金曜の朝6時に帰ってきて、土曜調整、日曜にリーグ戦。シーズン中なのに対人練習もバチバチやるし。そこに代表も重なってきて」。

チームは計13人もの負傷者を出し、大迫も年末年始は肺炎で離脱した。強行出場を続けた結果。同時に、代えの利かない存在であることを際立たせた。

 「ようやく万全」と笑う今は、絶好調だ。日本人FWでは高原、岡崎以来となるブンデス通算100試合に2月26日ライプチヒ戦で到達した。ケルンでは攻撃の「全権」を任され、大迫がボールに触ってリズムが刻まれる。

ポストプレー、パス出しに守備。その上で「点を取るために、わざと練習で守備をサボってみたり。いかに『戻ってこい』から『前に残っとけ』と言わせるか、毎日が勝負」。今月18日のレーバークーゼン戦では、2戦連発となる今季4点目に加え、計8回あった決定機のうち6回に絡んだ。

 代表でも、より得点を求められる。「ハリルホジッチ監督から、すごく言われる。元FWだからか、映像を見せられながら『こうやってゴール前に入っていけ』と。だけど…」。

例えば相手の背後を突く動きも必要だが「監督から言われたことしかやらないなら誰が出ても同じ。自分は嫌。いい意味で割り切って自分にできること、自分しかできないことをやりたい。まず自分にボールが集まるように」。前線で起点になった上でゴールに迫っていく。

 精神的にも充実の一途をたどる。昨年11月のブラジル、ベルギー戦では、同ポジションの岡崎に本田、香川の「ビッグ3」が初めて全員招集されなかった。高まる責任感。日本を引っ張る思いが熱くほとばしった。

 大迫 正直、W杯の結果は僕の出来次第で変わってくる。それくらいの気持ちで準備しないといけない。

 2度目のW杯。「戦うのは前提だけど、楽しみしかない」。ドイツで対戦し「半端ない」と思ったFWは第3戦の相手ポーランドのレバンドフスキだ。「ゴールに対して貪欲。どこからでも、苦しい時でも点が取れる」。欧州予選10戦16発の男を筆頭に難敵だらけの舞台だが、引く気はない。「W杯でゴールを決める」夢へ-。まず親善試合のマリとウクライナに勝ち、日本国民の夢も膨らませる。【木下淳】

3/21(水) 7:46配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00155434-nksports-socc

写真
no title

続きを読む

サッカーにおいて身長デカイってのはむしろマイナス?

元の記事へ移動

612: 名無し@サカサカ10 2018/03/21(水) 20:56:39.99
2000年以降のバロンドーラーで190cm超えてるやつはいないって知ってた?

サッカーにおいて身長デカイってのはむしろマイナス
小回りが利かない
イブラヒモビッチは身長181ぐらいならバロンドーラーにもなれたかもしれない


B4o-J19CAAAgELN[1]





続きを読む

宇佐美貴史 「感覚的に絞れているし、筋力もつきました。身体が軽くて、全然違う」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/03/21(水) 23:24:06.12 _USER9
ハリルの“秘蔵っ子”が9カ月ぶりに代表帰還、復調の要因を明かす
 
デュッセルドルフの日本代表FW宇佐美貴史は、2月から3月にかけてブンデスリーガ2部で4試合連続ゴールを挙げるなど、まさに絶好調だ。
その一方で、過去には潜在能力を買うバヒド・ハリルホジッチ監督から体脂肪率で苦言を呈されたこともあった。ただしここに来て「2、3kgの減量」に成功した模様だ。

国際親善試合マリ戦(23日)とウクライナ戦(27日)に向けて9カ月ぶりに招集された日本代表のトレーニング後、“食事改革”について語っている。

昨夏アウクスブルクからデュッセルドルフに移籍した宇佐美。2016年夏に二度目のドイツ挑戦を決意して以降、出番に恵まれていなかったこともあり
「最初の半年がすごくきつかったし、コンディションが上がっているようで上がっていなかった。
試合に出てみたら、きついというケースもありました」と、試合勘が整わず苦労したことを明かした。ただし、こうも続けている。

「冬のシーズンオフにいろんな話をして、トレーニングや勉強をして積み重ねましたね。『このままじゃダメだ』というのを最初の半年で思ったので、そこが生きていると思います」
冬の移籍市場でFW原口元気が加入したことが精神的にも大きかったと同時に、普段からの取り組みも変えたようだ。

「例えば食事ですね。そういったところを教えてくれる人と出会う機会があって、食事を摂るタイミング、どういった栄養素を摂ればいいかというアプローチを聞きました。
変えたことで体にフィードバックがきています。ストレスを抱えないように、息抜きで甘いものを食べることもありますが、基本的には消化を邪魔するものは一切カットしています」

「感覚的に絞れているし、筋力もつきました」

この“食事改革”の効果はてきめんだったようだ。「体重は2、3kg落ちました。感覚的に絞れているし、筋力もつきました。
身体が軽くて、全然違うな」と、プレーのキレに直結していることを実感している。ドイツでの「生きるか死ぬか、
自分の居場所を守れるか守れないかという競争」の中で、宇佐美の取り組みが変化し、好循環が生まれたのは間違いなさそうだ。

それでも本人は「今現在、跳ね返りというのでいい部分は出ています。ただ、それが全てではないと思いますし、やってきたことが正しかったと言い切るのは早いと思う。
この2試合で成功して、ワールドカップに出られても成功とは限らないですしね」と慢心していない。

10代の頃から期待され続けた天才アタッカーは、心技体が揃った状態でロシア・ワールドカップ出場に向けたサバイバルに臨む。

3/21(水) 15:30配信 ZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180321-00010009-soccermzw-socc

写真
no title

続きを読む

【日本代表】11月の欧州遠征から誰が抜け、誰が加わった?

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/03/20(火) 20:24:06.80 _USER9
4年前の当時は23人中18人が継続組だった
  
ハリルジャパンが国内外組を含めた代表戦に臨むのは、昨年の11月以来。
ブラジル、ベルギーとの連戦以来というわけだが、当時の代表メンバーから誰が継続して呼ばれ、外れたのか、ここでは検証してみる。
 
まずは継続組。GKは川島、東口の2名。
DFは昌子、車屋、長友、酒井宏、槙野、遠藤航(昨年11月はMF登録だった)、酒井高(追加招集)の7名で、
Fは森岡、山口、長谷部の3名。
FWは原口、杉本、久保、大迫の4人。合計で16人だった。
 
3月のベルギー遠征では3月20日時点で27名が招集されたわけだが、その半数以上──
具体的には約59パーセント(酒井高が追加招集される前は58パーセント)が前回と同じ顔ぶれということになる。
 
今回外れたメンバーは、GKが西川、DFが吉田、三浦、MFは井手口、倉田、長澤、FWは乾、興梠、浅野という顔ぶれだった。
怪我の吉田はさて置き、常連組の浅野、ハリルジャパンで主力に定着しかけていた井手口、エイバルで決して不調ではない乾の落選は意外だった。
 
一方で今回招集されたのは前述した16人の他に、GKの中村、DFの宇賀神、車屋、植田、MFの柴崎、大島、三竿、FWの本田、小林、宇佐美、中島の11人だった。
この中でフル代表初招集は中島だけである。

ちなみに、ザックジャパン当時の13年11月に行なわれた欧州遠征に選ばれたのは23名。

GKは川島、西川、権田、
DFは森重、今野、伊野波、吉田、長友、内田、酒井高、酒井宏、
MFは山口、遠藤保、高橋、長谷部、細貝、本田、
FWは香川、岡崎、清武、乾、柿谷、大迫という顔ぶれだった。
 
それから4か月後の14年3月の親善試合でも23名
(川島、西川、権田、森重、今野、駒野、伊野波、吉田、長友、酒井高、酒井宏、山口、遠藤保、青山、齋藤、細貝、清武、本田、香川、岡崎、大迫、工藤、豊田)が招集され、
13年11月のメンバーから継続して呼ばれたのは18人だった。約78パーセントのメンバーが13年11月の時と同じ顔ぶれだったのである。
 
こう比較すると、ハリルホジッチのメンバー選考は大胆という見方もできる。
なお、4年前の3月シリーズに選ばれ、今回(18年3月)も招集されたのは川島、森重、長友、酒井高、酒井宏、山口、本田、大迫の8名だった。

3/20(火) 12:00配信 サッカーダイジェスト
lines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00037315-sdigestw-socc

写真
no title

続きを読む

【親善試合】日本戦のマリ代表は若手が中心に…“仮想セネガル”ほど遠い?

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/03/20(火) 22:38:40.57 _USER9

news_237533_1[1]


◇親善試合 日本代表-マリ代表(2018年3月23日 ベルギー・リエージュ)

日本代表と23日にベルギー・リエージュで親善試合を行うマリ代表は、主力選手が不在であることが分かった。

6月14日に開幕するW杯ロシア大会で1次リーグで対戦するセネガル代表を想定した相手となるが、
エースのFWバカリ・サコ(29=クリスタルパレス)ら負傷者が続出。日本戦のメンバーは国際経験が少ない若手が中心となった。

W杯1次リーグ第2戦で激突するセネガルを仮想するには物足りない顔ぶれかもしれない。
マリ協会が16日に発表した同代表メンバー23人の平均年齢は22.8歳。最年少の17歳FWヌディアエら10代選手が4人含まれており、日本代表の平均27.0歳に比べると大幅に若い。

プレミアリーグ・ワトフォードに所属するDFワゲの国際Aマッチ28試合が今回のメンバーで最多。他の選手は17試合以下と経験不足は明らかだ。

「仮想セネガル。非常に良いマッチメークができた」とハリルホジッチ監督は語っていたが、今回のマリ代表は若手が中心。攻撃陣を中心に負傷者が続出した。
特に日本にとって痛いのは、セネガル代表のエースFWマネ(リバプール)を仮想した選手の不在だ。

プレミアリーグ・クリスタルパレスで活躍するFWサコは1月に左足首を骨折して今季絶望。
さらにポルトガルの名門ポルトで今季チーム最多20得点を挙げていたFWマレガは今月に太腿裏を痛めて離脱した。

今回のメンバーではFWディアビー(Cブリュージュ)の4得点が最多と力不足は否めず、“飛車角抜き”といえる相手を抑えても本番につながるかどうかは未知数。肩すかしの感は否めない。
FIFAランク67位のマリは、初出場を目指した18年W杯ロシア大会アフリカ予選で敗退。最終予選に進んだもののモロッコ、コートジボワール、ガボンと強豪がそろったC組で1勝も挙げられず最下位に終わった。

19年アフリカ選手権、22年W杯に向けて、マガスバ暫定監督の下で若返りと再建を図っている最中。初招集の19歳FWマレ(スペイン2部ロルカ)ら、実績や経験は少ないが将来性ある若手が日本戦でプレーすることになりそうだ。

3/20(火) 11:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000102-spnannex-socc&pos=1

続きを読む

「俺は王じゃない、神だ!」PSGの元同僚が語るイブラの仰天エピソード

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/03/20(火) 22:04:19.73 _USER9

20180320-00010007-goal-000-1-view[1]


シャルケに所属しているMFベンジャミン・スタンブリが、パリ・サンジェルマン時代に同僚だったズラタン・イブラヒモビッチについて『Goal』で語ってくれた。

スタンブリとイブラヒモビッチは、2016年にパリ・サンジェルマンでチームメートとしてプレーしていた。普段から歯に衣着せない発言で注目を集めているイブラヒモビッチだが、スタンブリがマッサージ中に起こった仰天エピソードを明かした。

「僕たちが一緒にマッサージを受けているとき、テレビにズラタンが写ったんだ。彼はフランス語が得意じゃないから、アナウンサーの言っていることを僕が翻訳してあげたんだ。『テレビではあなたをパリの王様だと言っています』ってね」

「僕は彼がそのことを聞いて喜ぶと思ったんだ。だってそれは多くの人が彼のことを愛している証じゃないか。でもズラタンは違った。彼は突然、顔を真っ赤にして僕に怒鳴りつけてきたんだ。『王様だと? ふざけるな! 俺は神様だろうが!』ってね。このとき僕は、彼がとんでもない人間だということに気がついたよ」

イブラヒモビッチはアヤックス、ユヴェントス、インテル、バルセロナ、ミラン、そしてPSGでリーグ制覇を成し遂げている。スタンブリは練習後のエピソードを例に出し、試合以外のことでも結果にこだわる優勝請負人の勝者のメンタリティを絶賛している。

「ズラタンはどんなときでも勝利を欲している。それは試合の時だけじゃない。一度、ペットボトルを投げて誰が最初にゴミ箱に入れられるか競争したことがあるんだけど。フットボールとは関係ないちょっとした息抜きの遊びであっても、彼は常に勝利を狙ってくるんだ」

膝の負傷から復帰するためにコンディションを整えているイブラヒモビッチは、今シーズンここまで7試合の出場にとどまっている。自身を神と称した優勝請負人は、ケガからトップフォームを取り戻してマンチェスター・ユナイテッドを優勝に導くことができるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00010007-goal-socc

続きを読む

【ロシアW杯】日本代表は無念の3連敗で最下位と英メディアが予想!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/03/20(火) 23:48:49.81 _USER9

20180320-00010019-soccermzw-000-2-view[1]


グループHの本命はポーランドと予想
 ロシア・ワールドカップ(W杯)の開幕まで3カ月を切ったなか、今週と来週の国際Aマッチウィークを利用して各国が国際親善試合を行う予定となっている。そんななか英スポーツメディア「101 Great Goals」は、日本代表が入ったグループHの各国を紹介するとともに、グループステージの勝敗予想をしている。

 グループHには日本代表の他に、3大会ぶりに本戦へと出場するポーランド代表、2002年の日韓W杯以来の出場となるセネガル代表、そして前回大会で日本に勝利しているコロンビア代表が入っている。優勝経験のない4カ国が入ったグループHは、6試合すべてでエキサイティングな試合が行われるはずだとレポートされている。

 記事内で、グループHで最も本命に近い存在とされたのはポーランドだ。予選での活躍を評価するとともに、攻撃と守備に存在感のある選手がいることが大きいとしている。欧州トップリーグでプレーしている選手たちが大半を占めるなか、キーマンに挙げているのがバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキだ。エースとして91試合で51ゴールを挙げ、同国代表の最多得点記録を更新し続けるストライカーは、W杯でもゴールデンブーツ(大会得点王)の候補になるとされている。

 また、セネガルは有望な若手を有しており、リバプールのFWサディオ・マネがトップフォームを取り戻せば非常に強烈な力を発揮できるだろうと評価している。

 一方、コロンビアについてはバルセロナのDFジェリー・ミナなど若手DFが出てきたことを評価。バイエルンのMFハメス・ロドリゲス、FWラダメル・ファルカオらが活躍することができれば、グループステージを突破できるだろうとしている。

GK川島は「信頼できる選手」と称賛
 そして日本に関しては、予選10試合で4度のクリーンシートを達成したことを挙げ、メスに所属するGK川島永嗣を「信頼できる選手」だと称賛している。

 またキーマンとなる選手にはデュッセルドルフのFW原口元気やレスター・シティのFW岡崎慎司らを挙げた。攻撃のオプションに関してはW杯に出場するチームでは最高のものではないが、グループステージを突破するチャンスを持っていると評価している。

 ただ、記事内の最後では「セネガルと日本は不利な立場に立たされている」と日本は3連敗で最下位という予想になっている。この低評価を払拭するほどの結果を、ハリルジャパンはロシアの地で手にすることができるだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00010019-soccermzw-socc

続きを読む