新潟矢野決勝弾3連勝 2戦連続途中出場選手が活躍

元の記事へ移動

アルビレックス新潟が今季初の3連勝を飾った。決勝点を挙げたのは、後半途中出場のFW矢野貴章(34)だった。 後半35分、MF高木善朗から(25)のシュートのこぼれ球を右足で押し込んだ。「シュートのこぼれは狙っていた。フリーだったので冷静…

広島パトリック3戦連発もドロー 川崎Fと4差に

元の記事へ移動

サンフレッチェ広島は前半、日本代表でも主将を務めるMF青山の浮き球からFWパトリックが先制点。助っ人がホーム3戦連発で20点目を挙げるまでは良かったが、後半に追いつかれた。 2位川崎フロンターレに勝ち点4差に詰められたが、城福監督は「川…

東京、広島とドロー「勝ち点3持ち帰りたかった」

元の記事へ移動

FC東京は首位との直接対決で勝ち切れなかった。 日本代表DF室屋を出場停止で欠く中、0-1の後半4分にFWリンスが同点弾。リンスらが足がつるまで走ったが1点が遠かった。サンフレッチェ広島とは残り7試合で勝ち点13差のまま。長谷川監督は「…

名古屋風間監督「見えているなと」敗戦も攻撃面収穫

元の記事へ移動

風間八宏監督(56)が育てて強くした川崎フロンターレと、はじめて等々力で相対したが、名古屋グランパスは自分たちの良さをほとんど出せなかった。 前半の立ち上がりから、常に川崎Fが有効にボールを持ちながら名古屋ゴールに迫り、名古屋は守勢に回…

残留争いが大混戦、最下位から勝ち点7差に9チーム

元の記事へ移動

J1リーグの残留争いが、かつてないほど混沌(こんとん)としている。 試合前から同じ勝ち点で並び、暫定ながら“降格圏”に足を踏み入れた柏レイソルとサガン鳥栖の一戦は、ともにシュート13本を打ち合って“痛み分け”に終わった。 両チームは勝ち…

横浜久保「少しでも力に」3戦ぶりリーグ戦出場気合

元の記事へ移動

17歳の横浜F・マリノスMF久保が3戦ぶりにリーグ戦に出場する可能性が高まった。チームは今日22日の磐田戦へむけ横浜市内で約1時間調整。久保も遠征メンバー入りした。 練習では主力組でプレーすることもあり、8月26日の神戸戦以来、4戦ぶり…

G大阪3連勝暫定14位 DF三浦が代表猛アピール

元の記事へ移動

ガンバ大阪DF三浦が日本代表森保監督へのアピールに成功した。 清水エスパルスの猛攻をしのぎきり、今季初の3連勝に貢献。後半はシュート11本を浴びたが、逃げ切り、暫定ながら残留圏14位に浮上した。9月の日本代表に選出されていた三浦は「粘り…

清水立田「ゼロに抑えて」森保監督に代表アピールだ

元の記事へ移動

清水エスパルスDF立田悠悟(20)が、日本代表森保一監督(50)へのアピールチャンスを得た。 今季初の金曜日ホーム開催となる今日21日のガンバ大阪戦には、U-21日本代表も指揮する森保監督が視察予定。20日の非公開練習後、立田は冷静に「…