【J1 第32節】札幌 1 – 2 浦和 引いた相手を最後まで崩せなかった今年ラスト厚別

元の記事へ移動

 

1点ビハインドの後半、多彩な攻撃で攻め続けましたが、引いた相手を最後まで崩せず、今年最後の厚別を勝利で飾ることはできませんでした。

手数掛け過ぎる攻撃にも課題はありますが、それよりも前半の2失点が安すぎって話もありますね... 

 

f:id:nvtomo:20181110163213p:plain

 

スタメンは前節から2名変更。

ジェイ、駒井に代わり、都倉、荒野が入りました。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】札幌1-2浦和|圧倒的なキレの良さで2発の武藤雄樹がMOM! 札幌は浦和の迫力に気後れ気味の印象 | サッカーダイジェストWeb

 

■好ゲームの香り漂った前半 

前半を総じて語るとこうなるのですが、札幌は失点するまでは緩い立ち上がりだったように見えました。

ワンプレー目で獲得したCKが立て続けに3本続いて、それを得点に繋げられてたらよかったのですが、守備の緩さから早々に失点。

 

www.youtube.com

 

ショートカウンターから縦に入れられ、兵藤が武藤の胸トラップに逆取られてからの左足。

何で残っていたのがボランチの兵藤なのかというのがポイントで、最近の札幌は最終ラインでの組み立てを3バックの真ん中宮澤と2ボランチ、この試合だと兵藤と荒野の3名で行い、3バックの左右、進藤と福森は両ワイドに開いて上がり目の位置を取るという特異な組み立てを行います。

それに加えて失点の場面は宮澤も上がっていて兵藤、荒野と言う比較的守備能力が高くないボランチしか残っていない状態でショートカウンター食らった結果なんですよね...

兵藤の対応が軽かったのは間違いはないのですが、そもそも試合開始直後で3バック全員上がっている状態は如何に攻撃サッカーを旗印に掲げようとやりすぎなんじゃないかなと思った次第です。

 

それでも先制された後も攻撃的な姿勢は失わず、逆に前線からのプレッシャーを強めてペースを握り始めまて進藤の同点ゴールに繋げます。

 

www.youtube.com

 

中央でパスを受けた三好がドリブルで中央突破してから左サイドフリーの菅へ。

菅はワントラップ後緩めのクロス。

中央に飛び込んだ三好と都倉が潰れた奥に飛び込んで来た進藤のヘッドがゴールに突き刺さりました。

進藤はリーグ戦4ゴール目。

その得点力はもちろん、安定した守備も光っており、日本代表に呼ばれる日もそう遠くないんじゃと思うのは贔屓目だからですかねw 

 

■早くから引いてきた相手を崩し切れなかった攻撃

同点後は膠着状態が続きましたが、個の力に秀でた浦和相手に全く引けを取っておらず、ジェイ、駒井がいない中で非常によくやれていたようには感じていましたが、いつもよりは崩しの質が低い感じで、フィニッシュまではなかなか行けず。

逆に浦和に流れを引き戻されてきたかと感じたところでの被弾で再びリードを許します。 

 

www.youtube.com

 

左サイドから苦し紛れに上げただけのクロスに見えましたがそれが流れて中央武藤へ。

ディフェンスの人数は揃ってましたけど寄せが甘くて武藤にシュートを打たせるスペースを作ってしまったのがいかんかったですね...

 

結果的にはこれが勝負を決する1点となり試合はこのまま1-2で終了。

今年ラスト厚別を勝利で飾ることはできませんでした。

 

後半頭から兵藤に代えてキムミンテを3バックの中央に置き、宮澤をボランチにおいて守備面の手当てをして、攻めにいける体制を整えました。

浦和が早めに守りに入ったこともありましたが、札幌の攻めは多彩で迫力がありましたが、時間を追うにつれてそれに慣れてきた相手を崩せなくなり、交代カードもその流れを押し返すほどの効果もなくタイムアップの時を迎えました。

ジェイがいないことで高さ勝負で分が悪かったというのが大きかったですが、それよりもジェイ、駒井がいないことで交代で展開を変えられる選手をベンチに置いておく戦力的な問題もあったかもしれないですね...

それに加えて、浦和の守備は固くて強固だったのは確かだったと言わざるを得ません。

 

次節は11/24(土)アウエーでの磐田戦です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ

 

【ACL決勝2ndレグ】ペルセポリス 0 – 0 鹿島 悲願のACL制覇そして20冠キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

元の記事へ移動

 

ついに悲願のACL制覇、アジアの頂点に立ちました。

完全アウエーの中、落ち着いたいつもの戦いぶりで無失点に抑え、1stレグでのアドバンテージを守り切りました。 

これで区切りとなる20冠目を手に、クラブワールドカップへ乗り込みます。 

 

f:id:nvtomo:20181111015817p:plain

 

スタメンは1stレグから変更なし。

 

■完全アウエーにも臆せず騒がず 

8万人収容のスタジアムに10万人入ったと言うホントかウソかわからない人数ではありますが、大観衆であることは間違いがない完全アウエーでの大一番となりました。

ブブゼラの音が鳴り響く中で始まった試合は、この完全アウエーにも全く臆せず落ち着いた入りができてましたね。

攻めてもなかなかシュートまで持っていけず押し込まれる時間帯が長かったですが、粘り強く対応できて相手にも決定機までは持ち込ませませんでしたね。

クォンスンテの落ち着きぶりがチームに安定感をもたらしていたかと思いました。

そして印象的だったのは、個々の判定にも淡々としており、変にアウエーの大観衆を煽るようなアクションは控えていた印象がありました。

変に試合をエキサイトさせず、言葉は悪いかもしれませんが塩試合に徹したこと、実はこれが一番大きかったのではと個人的な感想です。

 

■大きかった1stレグのアドバンテージ

2点のビハインドを背負っているペルセポリス

立ち上がりからどんどん圧力掛けてくるかと思いきや、それほどの勢いは感じませんでしたね。

鹿島がそうさせなかった面もあるかと思いますが、アウエーゴールを許したら一気に不利になると言う側面からあまり前掛かりに試合に入ることもできなかったんじゃないですかね。

1stレグを2-0で勝ってますので、鹿島がアウエーゴールを取ると3点取って1-3としてもアウエーゴールで敗退となりますからね。

そういう背景があってのペルセポリスの戦い方があったわけで、1stレグのアドバンテージが大きかったのかなと。

 

■満身創痍で迎えた戴冠

それでもさすがにスコアレスで後半を迎えるとペルセポリスの圧力がどんどん強まってきて、それに加えて主審の笛もアウエー寄りになってきたように感じて、完全に防戦一方になりましたね。

慣れない芝そして標高の高いスタジアムというのもあったのか、後半に入って攻撃のギアが上がることはありませんでした。

途中出場した安西が足を痛める素振りをして、いやー4日前にフル出場してるもんな...と思ってたら今度は鈴木が痛んでと、シーズン当初から過密日程を戦い抜いてきたツケが一気に出てきた感じでしたね...

安西は何とかプレーに戻れましたが、鈴木は交代。

試合後の表彰式でも足を引きずってましたから大事に至らないといいですね。

 

そしてその中で迎えた歓喜の瞬間。

ついについに悲願のACL制覇です。

かつてはACLで全く勝てなくて、鹿島は内弁慶と言われ続けていただけに喜びもひとしおですね。

 

印象的だったのが優勝トロフィーを掲げる場面で、キャプテンマーク付けてた昌子が小笠原にトロフィーを渡したところですかね。

小笠原そして曽ヶ端という多くのタイトルを獲ってきたクラブのレジェンドを持ってしても届かなかったアジアの頂。

彼らが現役の間に獲れてホントにホントによかったですね。 

 

アジア王者として12月12日からUAEで開幕するクラブワールドカップに乗り込みます。

今度は世界王者への戦いが待っています。 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

 

残り3試合となった2018年 明治安田生命J1リーグ 優勝争いと残留争いの行方

元の記事へ移動

2018年の明治安田生命J1リーグもいよいよ残り3試合となりました。

もはや終戦ムードとなった優勝争いと、史上稀に見る高レベルでの争いとなっている残留争いの現況を見ていきましょう。

 

<<関連記事>>

nvtomosoccer.hatenablog.jp

 

こちらの記事もご参考に。

 

■次節にも川崎の連覇か

f:id:nvtomo:20181107204046p:plain

 

優勝争いは広島の大失速で早くも終戦ムード。

次節川崎が勝つか、広島が敗れれば川崎の連覇が決まります。

勝負に絶対はないですけど、今の広島の惨状からはここからの巻き返しは厳しくて、むしろ2位の座も危ういぐらいですからね... 

 

■さらに高くなった残留ライン

一方の残留争いは史上稀に見る高い残留ラインでの争いになってきました。

f:id:nvtomo:20181107204119p:plain

 

▼18位:長崎 

戦力を考えればホントによく頑張っていた長崎ですが、ここに来ていよいよ苦しくなってきました。

残り3試合全勝しても勝ち点38に留まるので、現時点の勝ち点で見ても14位湘南を辛うじて上回るぐらいですから14位以下のチームの総崩れを祈るしかないですね...

現実的には入れ替え戦に回る16位狙いが精一杯じゃないかと。

 

▼17位:柏

そして、その長崎と同じぐらい危機的なのが17位の柏。

一足早く32節を終えており他のチームより1試合少なくなっており、残り2試合全勝しても勝ち点39。

鹿島との試合を観た感じでは、残留争いを戦っている危機感が選手からあまり感じられてないので...下手すると長崎にも交わされるかもしれません。

33節の対戦相手のC大阪が目標を失っていて与しやすしな印象があるので、まずはそこで勝てればまだ可能性はありそうですけど...ね。

 

▼16位:鳥栖

次節、神戸に勝てれば取り合えず自動降格は免れる鳥栖

最悪入れ替え戦に回ることも覚悟の上で、入れ替え戦も含めた3試合で1勝できればと考え方を変えるとまだまだこれからですかね。

 

▼15位:名古屋、14位:湘南

最終節で直接対決する両チーム。

3試合で勝ち点2を積み上げられれば、少なくても自動降格は免れますが、入れ替え戦を回避することも考えると2勝1敗といきたいところですね...

対戦相手的にはG大阪、浦和と対戦する湘南の方がきつそうな感じが。

 

▼13位:横浜FM

一時は完全に抜け出しそうだった横浜もそこから2連敗でこの位置に。

18位長崎、16位鳥栖との連戦に敗れれば、入れ替え戦に回る危険性はあります。

自動降格までは大丈夫ですかね。

 

▼11位:神戸、12位:磐田

この2チームは16位以上は確定させています。

下位チームの頑張り次第ですが残り試合全敗でも15位以上の可能性は結構高いかと思いますが、注意しなければいけないのは他に比べると得失点差が劣っていることで、せめて勝ち点3は積み上げておかないと安全圏とは言えないですかね。

 

■自動降格は1チームか2チームか

そして残留争いを占う上で注目なのがJ2の自動昇格枠争い。 

J1ライセンスが交付されていないFC町田ゼルビアが自動昇格となる2位以内となった場合に、自動降格が18位のみとなり17位は入れ替え戦へ。

16位は入れ替え戦を免れJ1残留が決まります。

J2は残り2試合となっており、11/17(土)が最終節となります。

現在の自動昇格枠の争いは下記の通りで、3位のFC町田ゼルビアにも十分に2位以内の可能性があります。

 

順位:チーム名 勝ち点(得失点差) 対戦相手

---------------------------------------------------------------

1位:松本 73(19) 栃木(A)、徳島(H)

2位:大分 72(24) 金沢(H)、山形(A)

3位:町田 72(16) 愛媛(A)、東京V(H)

4位:横浜 70(17) 岡山(H)、甲府(A)

 

はてさてどうなりますかね。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ

 

【J1 第32節】柏 2 – 3 鹿島 不安定な立ち上がりも尻上がりに安定感増しての逆転勝ちで大一番へ

元の記事へ移動

 

4日後に敵地イランでのACL決勝2ndレグと言う大一番を控え、11名全員を入れ替えてきました。

立ち上がりこそ不安定な守備で、先制するも逆転される苦しい展開でしたが、尻上がりに安定感を増してきて最後は逆転勝利。

控えメンバーで勝ち切って、大一番へ弾みがつく結果となりました。 

 

f:id:nvtomo:20181106211248p:plain

 

スタメンはリーグ戦前節C大阪戦から3名変更。

田中、昌子、クォンスンテに代わり、遠藤、安西、曽ヶ端が入りました。

3日前のACL決勝1stレグからは11名全員変更です。

 

www.youtube.com

 

■大一番控えての総入れ替え

ACL決勝1stレグから中二日、アウエーでの2ndレグまで中三日。

いろいろ事情はあるのでしょうが、いじめかよ(*`Д´)ノって言いたいぐらいの過密日程下で迎えた試合。

来年のACL出場権がかかっているとは言え、目前に控えた大一番と比べれば優先度を落とすのは十分理解できますね。

11名変更は想定内で、遠藤を90分使ったことぐらいでしたかね想定外だったことは。

後は2ndレグでも出番あるであろう安西をフルタイム使ったのがどうかですけど。

 

このターンオーバーで、残留争い渦中の柏相手と言うことで、防戦一方の展開を予想してましたが、まさか開始直後に先制できるとは...

 

www.youtube.com

 

浅い位置からの遠藤FKが跳ね返されたこぼれ球を拾った金森がワントラップから振りぬいた左足がゴール右上に突き刺さりました。

このゴールだけではなく、前線で攻守の起点になれていて、今季一番の出来だったと言える金森のゴールで先制しました。

 

■不安定な最終ライン故の必然の打ち合い

ですがリードの時間はわずか2分で同点そして逆転を許します。

 

www.youtube.com

 

アバウトな放り込みを跳ね返したこぼれ球を個の力で打開された格好。

この同点ゴールでペースは柏に流れていき、あっさりと逆転ゴールを許します。

 

www.youtube.com

 

左サイドに流れたクリスティアーノに起点を作られ、カットインはマークに付いていた小田が止めますが、カバーに入った犬飼の対応がルーズで中に折り返され、フリーになっていた瀬川にこの試合2ゴール目を決められました。

瀬川の前には町田がいましたが、寄せが甘かったですよね...

この試合CBでコンビを組んだ犬飼、町田ともに守備が軽くて及第点を与えられる出来には程遠くて、さらに久しぶりの出番となった曽ヶ端もフィードミスが多くて、この最終ラインの不安定さが生み出した必然の同点そして逆転ゴールだったと言えます。

 

このままずるずる失点を重ねてもおかしくない流れでしたが、セットプレーで同点に追いつけたのが大きかったですね。

 

www.youtube.com

 

小笠原のCKに対してファーから中央に走りこんできた町田がフリーでのどんぴしゃヘッド。

町田は守備面ではサイドのケアが疎かで、何回も裏を取られ続けるなどザルもいいところでしたが、攻撃センスはこの試合でも光りましたよね。

何か、今はC大阪にいる山村と被るようなところがあって、CBよりも前目の位置もしくは前の試合のようにSBの方が適性があるかもしれないです...

 

■勝ち越し後に見せた”らしさ”

同点後、前半は鹿島の方がペース握ってましたが、後半になると鹿島の左サイドを伊東純也とクリスティアーノの個の力で打開しようと狙い始めた柏が押し返してくるように。

伊東純也に一人で突破されてシュートを決められるところでしたが、ゴールライン上にいた小田がスーパーブロック。

これを機に流れは再び鹿島に来た感じがします。

小田はこのビッグプレー以外も無難にこなしていて、レギュラークラスと比べても遜色ない出来だったと思います。

ポジションを争っているのが西、内田じゃなければもっと試合に出れても不思議ではないと感じましたよ。

 

そして勝ち越しゴールは山口。

 

www.youtube.com

 

相手の縦の楔をカットしてからのショートカウンター発動。

金森から右サイドフリー遠藤に渡ってからの狙いすました左足はバーに叩かれるもこぼれ球にいち早く反応した山口がダイレクトで押し込みました。

山口はこれが嬉しいプロ入り初ゴールとなりました。

 

1点リードしてからの戦いぶりは鹿島”らしさ”が垣間見えましたね。

控え組とは言え曽ヶ端、小笠原という大ベテランそして遠藤、永木と言ったベテランがピッチにいたことが大きかったですかね。

相手の攻撃を受けつつもカウンターの怖さも見せて、最後は金森を中心に盤石の鹿島りで危なげなく試合を締めくくりました。

前半は不安定感満載で何点でも取られそうだった守備陣も尻上がりに安定感増してましたね。

 

1点差とは言え、危なげなく試合を締めくくり、目前に控えた大一番へ弾みがつく勝利となりました。

 

中三日でアウエーイランに乗り込んで、ACL決勝2ndレグに挑みます。

アジアの頂点いただきましょう(*`Д´)ノ

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

 

【J1 第31節】札幌 1 – 0 仙台 ダブルボランチ不在の苦しいゲームを勝ち切る

元の記事へ移動

 

試合の主導権こそ握っていましたが、ダブルボランチ不在を感じさせる苦しい試合でした。

その中でも相手の一瞬の隙を突いての1点を守り抜いて勝ち切りました。

3位に再び浮上し、最終戦での直接対決を残している2位広島をも視野に入れ始めました。 

 

f:id:nvtomo:20181104170340p:plain

 

スタメンは前の試合となった18節名古屋戦から2名変更。

深井、荒野に代わり、早坂、兵藤が入りました。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】札幌1-0仙台|チャナティップ、三好の技術も際立ったがMOMは絶体絶命のピンチを防いだ守護神 | サッカーダイジェストWeb

 

■ダブルボランチ不在 

前の試合でともに通算4枚目のイエローカードを受けた深井、荒野の両ボランチがともに出場停止で迎えた仙台戦。

宮澤をボランチに戻し、駒井もしくは兵藤を相棒にし、3バックに真ん中はキムミンテにしてくると見ていましたが、ふたを開けてみると宮澤はそのままで駒井、兵藤のダブルボランチでしたね。

キムミンテはこの試合途中出場したもののポジションはボランチで、もしかすると3バックとしては失格の烙印を押されているのかも...

いつもと違うダブルボランチで、深井、荒野の存在の大きさを感じたのは最終ラインでのビルドアップですかね。

3バックの左右、福森、進藤がSBのような高めの位置でワイドに開く最近の札幌では最終ラインのビルドアップは宮澤+ダブルボランチで行われますが、前半は特に質の低さを感じて、やらかさないか不安でしょうがなかったですね...

後半こそよくなってきたものの、深井、荒野との違いが出てましたね。 

 

■ワンチャンスを決め切った三好

最終ラインのビルドアップに不安感はありましたが、試合全般を通しては札幌がいつ決めてもおかしくない時間帯が多かったですかね。

それでも時間の経過とともに仙台も怖さを出してきて、主導権こそ札幌が握っていたものの、決定機では五分五分な試合だったと言えます。

 

札幌は攻めてもちょっとずつパスがずれたりボールタッチが大きくなったりと、ちょっとしたミスでチャンスを逃している印象でした。

 

後半に入ってから両チームとも攻守の切り替えが早くなり、激しさが増してきました。

札幌は進藤のオーバーラップが増え、シュートもそれこそFWか!ってぐらい打ってましたね。

後半も主導権は札幌が握ってましたが1点が遠く、決まったかと思われた菅のゴールもオフサイドポジションにいたジェイがプレーに関与したと見られてのノーゴール判定と、今日は決まらない日か...と思い始めた時、相手の一瞬のスキを見逃さなかった三好が待望の先制点をもたらします。 

 

www.youtube.com

 

クソンユンからのロングフィードにジェイが競り合ったこぼれ球に対して、相手ディフェンスの対応が中途半端になったのを見逃さなかった三好がボールをかっさらってからの左足。

相手のミスではありますが、それを得点に繋げた三好が見事でした。

 

■苦境を救ったクソンユンのPKストップ

待望の先制点の喜びも冷めやらぬ中、今度は仙台にPKを与えてしまいます。

先制直後に守りを固めるために入ったはずの石川が試合に入り切らない内に、反応が一瞬遅れ思わず引っ張ってしまいましたね... 

ようやく取った先制点がふいになってしまう場面でしたが、このチームの苦境を救ったのがクソンユン!

相手の蹴るコースを完全に読み切ってのPKストップ。

他にもいくつものファインセーブを見せて間違いなくこの試合のMVPと言えたクソンユンの活躍で試合はこのまま1-0で終了。

 

再び3位に浮上した北海道コンサドーレ札幌

大失速した2位広島との勝ち点差は5となり、最終節での直接対決を残していることで大逆転での2位をも狙える状況になってきました。

最終節までの2試合を札幌が連勝し、広島が1勝1敗だと勝ち点差は2となり、最終節の直接対決で勝つと札幌が2位となります。

2位でも3位でもACLプレーオフからというのは変わりないものの、賞金は上積みされますし(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

個人的にはACLはちょっと厳しいかなとは思いますが、ここまで来たからにはさらなる高みを狙っていこうではないですか(*`Д´)ノ 

 

次節は11/10(土)ホームでの浦和戦です。 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ

 

【ACL決勝1stレグ】鹿島 2 – 0 ペルセポリス 複数得点無失点…言うことなしの勝利でアウエーでの最終決戦に挑む

元の記事へ移動

 

アジアの頂点へそして、20冠へ王手を掛けました。

35000人の大観衆の声援を背に、複数得点無失点と言う、考え得る最良の結果でホームでの1stレグを終え、一週間後のアウエー2ndレグに向けて視界良好と言えます。

 

f:id:nvtomo:20181103193839p:plain

 

スタメンは準決勝2ndレグから1名変更。

安西に代わり安部が入りました。

3日前のリーグ戦31節C大阪戦からは9名変更。

 

【ACL採点&寸評】鹿島2-0ペルセポリス|ブラジル・コンビの活躍でまずは先勝! | サッカーダイジェストWeb

 

■勝負の分岐点となった顔面ブロック

立ち上がりはペルセポリス優勢でした。

相手の開始直後の決定機が決まっていれば全く違った結果になっていたでしょうが、それをチョンスンヒョンが顔面ブロックで防いでくれたことで堅い試合となりました。 

これが後半の逆襲に繋がったわけで、チョンスンヒョン魂の顔面ブロックが勝負の分岐点になったのではと思うわけです。 

 

前半は終始ペルセポリスのペースで推移していましたね。

攻撃に入っても前線でキープできず、パスが繋がらず、クロスはことごとく相手に当たったりと全く機能せず、守備面でも繋いでくるパスを網に掛けられずと、これまでとはレベルが違うのではと思わせる派手さはないけれども強さを感じさせるペルセポリスでした。

それでも開始直後の決定機以外では危ないシーンはCKからカウンター食らったシーンぐらいでしたかね。

スピードに秀でた相手に完全に抜け出されるところを安部がユニフォーム掴んで倒してのイエロー。

完全に覚悟の上でのプレーでしたが、止めなければ間違いなく決定機に繋がっていた場面で、一発レッドでもおかしくないところでしたが、まだゴールからは離れていたのが幸いしましたかね。

 

それ以外の場面では、相手のスピードを警戒して下手に突っ込まず我慢して対峙していて、いい守備ができていたと思います。

 

■試合を決めたのは助っ人の決定力

いま思えば、前半は相手の強さに恐れおののき、特に2列目が下がり気味で受け過ぎていた印象で、ハーフタイムでそこをしっかり修正してきたことで、後半は攻撃の形が作れてリズムが出てきましたね。

 

そして右サイドからの崩しから値千金の先制ゴールを決めたのはレオシルバ。 

西からのパスを受けたレオシルバ、土居とのワンツーで侵入し、相手を交わしてからの左足ミドル。

これがゴール左に吸い込まれていきました。

開始直後こそ不安定なプレー振りでしたが徐々にエンジンがかかって来て攻守にアグレッシブなプレーをしていたレオシルバの一撃でホーム鹿島が先制。

 

その後も後半は鹿島が押し気味に。

ペルセポリスの攻撃にしっかりアジャストできたのか、後半は危ない場面はなかったですね。

そしてセルジーニョの追加点で、1stレグの行方は決したと言えました。

右サイドからのセルジーニョのFKは一旦跳ね返されますが、こぼれ球をアタッキングサードで収めた三竿健がエリア内右のスペースに浮き球を。

ここにFKを蹴ったセルジーニョが飛び込んできてからの左足。

これがゴール左隅に吸い込まれていきました。

当たり損ねのようにも見えましたがスローで見ると狙ってるのがはっきりわかりますね。

 

 

■優勝の条件

試合はこのまま2-0で終了。

2点リード後もピンチらしいピンチはありませんでしたが、ペルセポリスのプレー振りが荒くなったことで落ち着かない試合となりましたが、中国の審判団が落ち着いて裁いてくれました。

複数得点、無失点と言う100点満点の戦いぶりでホームでの1stレグを終え、アウエーでの最終決戦に向かいます。 

 

優勝の条件は、

〇、△→優勝

1点差●→優勝

2点差●(0-2)→延長戦へ

2点差●(1得点以上)→優勝 

3点差以上●→敗退 

 

となり絶対的に有利な状況下ではありますが、中東のアウエーで何が起こるかわかりませんからね...

立ち上がりの15分は守備集中、そして先に点を取ることができれば勝負は決するのかなと思います。

  

アウエーでの2ndレグは11/10(土)24:00(日本時間)キックオフです。

その前にリーグ戦もありますね...

11/6(火)アウエーでの柏戦です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

 

【J1 第31節】鹿島 1 – 0 C大阪 ACL見据えたターンオーバーで得た価値ある勝ち点3

元の記事へ移動

 

ACL決勝1stレグと言う大一番を3日後に控え、大幅にメンバーを入れ替えて迎えた試合。 

正直なところ勝てる気は全くしなくて、勝ち点1でも御の字と思ってましたが...まさか勝てるとはw

主力も温存できて、3日後の大一番へ弾みがつく勝利となりました。 

 

f:id:nvtomo:20181031211853p:plain

 

スタメンはリーグ戦前節浦和戦から7名変更。

土居、セルジーニョ、遠藤、安西、西、チョンスンヒョン、山本に代わり、

山口、金森、久保田、田中、小田、犬飼、町田が入りました。

直近の試合だったACL準決勝2ndレグからは9名変更です。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】鹿島1-0C大阪|主力温存の鹿島は守護神&若手が躍動!ACLへ弾みがつく勝利に | サッカーダイジェストWeb

 

■勝ち点3の要因は? 

抜擢に応えた若手アタッカー陣の頑張りもありましたし、守護神クォンスンテの神セーブ連発と言うのもあるでしょうが、一番はC大阪の不出来ですかね...

いやマジです( ゚∀゚)・∵. ガハッ!!

敵ながらそれはもう酷い出来でして...というか昨年のG大阪のように今季限りでの監督の退任が決まって、ACL圏こそ狙える位置にあるものの、残留争いには巻き込まれていなくて、目標のないチームってこんな感じになっちゃうのね...という正直やる気が微塵も感じられない戦いぶりに見えました。

 

相手の不出来、それが最大要因ではありますが、それじゃ若手アタッカー陣はさっぱりだったかと言うとそうではなく、思ったよりもやれていて今後が楽しみになるぐらいの出来ではありました。

これまで出場機会に恵まれていないだけあって、局面での精度の低さであったりプレー判断の遅さが気になる場面も多かったですが、田中を始めとして個の力やパスを繋いでの崩しなど光る場面も少なくなく、事前の想定よりも楽しめた試合であったと言えました。  

 

www.youtube.com

 

虎の子の1点を決めたのは、右SBとしてフル出場した小田。 

永木のCKにニアでヘディング。

GK掻き出したように見えましたが、線審がゴールインの判定。

小田は得点以外でも攻守によかったですよね。

前節浦和戦でも途中出場でいい面見せてくれましたし、レギュラーの座も遠くないかもですよ。

 

■経験豊富な守備陣が試合を落ち着かせた

ファインセーブが光ったクォンスンテばかりが目立ちますが、昌子、犬飼、永木そして小笠原の経験豊富な守備陣が試合を落ち着かせた感じがして、それが若手アタッカー陣が勇気をもって攻めにいけた要因なのかなと感じました。

昌子は試合を重ねるにつれてコンディションを取り戻してきているようで、3日後の大一番でもスタメンに名を連ねて来ますかね。

 

大一番のACL決勝1stレグから中二日で迎えるリーグ戦32節柏戦では、また今日のメンバー主体での戦いです。

そこでもいい姿が見せられれば鹿島の未来は明るいですね。 

 

中二日で大一番ACL決勝1stレグがあります。

ホームでイランのペルセポリスを迎え撃ちます。

11/3(土)15時キックオフ。

そこからまた中二日でリーグ戦

32節アウエーでの柏戦です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

 

【J1 第18節】名古屋 1 – 2 札幌 クラブ史上初の2年連続J1残留を決める!実りの秋はこれからだ!!

元の記事へ移動

 

クラブ史上初となる2年連続J1残留を勝利で決めました。 

勝ったことはもちろんですが、それよりも震災以来落ちていたコンディションがようやく上り調子に転じた感が出た試合内容も収穫があったと言え、残り4試合の戦いぶりが楽しみな試合でした。 

 

f:id:nvtomo:20181028194638p:plain

 

スタメンは直近のリーグ戦30節湘南戦から1名変更。

都倉に代わり三好が入りました。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】名古屋 1-2 札幌|エース対決は2ゴールのジェイに軍配!1ゴールのジョーは2度の決定機を逃し… | サッカーダイジェストWeb

 

■ようやく立て直してきた感のあるコンディション 

9月初旬の北海道胆振東部地震以来、大きく落としていたコンディションがようやく上り調子に転じたことを感じさせるゲームでした。

具体的に言うと、運動量に乏しく選手間の距離が遠くて連動した攻撃がさっぱりできなくて前線が孤立する場面が多かったのが見違えるようになっていましたね。 

 

立ち上がりから運動量、出足の早さで相手を上回り、パスカットからのショートカウンターが冴えまくる展開。 

その中で早々にPKから先制。 

 

www.youtube.com

 

PKを獲得したのは進藤。

スローインの流れからのパスにカットインした進藤を元札幌の櫛引が止めたのがPK判定。

最終ラインの選手がこうやって決定機を作り出せるのが今のチームのストロングポイントですよね。

 

名古屋は比較的浅い位置からのFKでも繋がずゴール前に放り込んでくるサッカーに徹していました。

風間サッカーって何それ美味しいの?状態でしたが、これは残留争いから抜け出せていない現状で、より得点につながる可能性のあるジョーの高さ強さを活かすサッカーにせざるを得ないんでしょうね... 

 

そんな名古屋の攻撃を凌いでいましたが、一瞬の気の緩みからPKを許し、同点に追いつかれます。 

 

www.youtube.com

 

ルーズボールに飛び込んできたシャビエルを宮澤が止めたのをPKに取られました。

これPKに取られるにはシャビエルがオーバーアクションな感がありましたが、相手の方が一枚上手でしたかね。

それよりもその前にディフェンスがルーズボールを見合ってしまったのがいかんかったですね...

 

■これからの伸びしろを感じさせた後半 

同点にこそ追いつかれたものの主導権は札幌が握っており、前半終了間際に勝ち越します。 

 

www.youtube.com

 

チャナティップのヒール気味のパスが素晴らしかったですね。

もちろんそれを直接左足でゴール左上ぎりぎりに決めたジェイも見事でした。

 

そしてこのゴールの直後に名古屋 八反田が2枚目のイエローで退場になったことで試合の流れが決まってしまった感じでしたね。

 

後半立ち上がりから試合を決定づける3点目を狙いに行って逆にカウンター食らってあわや同点と言うシーンこそありましたが、試合はこのまま2-1で終了。

まあ、終了間際のクソンユンのスーパーセーブがなければ同点に追いつかれてましたけど( ゚∀゚)・∵. ガハッ!! 

一人少ない相手に追加点こそ取れませんでしたけど、緩やかな繋ぎから一つのパスでスイッチを入れてスピードを上げてくる攻撃は迫力満点で、残り4試合が楽しみになる戦いぶりでした。

前線で収まり、サイドに流れてチャンスメークもできるジェイが、秋になって動けるようになってきたのも大きいですね。

ジェイが交代してから攻撃が繋がらなくなったのは他の選手の疲れもあるのでしょうが、ジェイの存在の大きさを物語っていると思います。 

 

■次節はボランチ2枚が出場停止

この試合で数少ないマイナス面としては、荒野、深井がこの試合で通算4枚目のイエローで次節出場停止になったことですかね。

ボランチ2枚が出場停止になったことで、3バックの真ん中に慣れてきた宮澤がボランチに入らざるを得なくなりそうで、3バックの真ん中はキムミンテになりますかね...攻撃面では遜色ないですが守備面考えると心配ですね。

ボランチの相棒は兵藤で行く可能性もありますが、駒井が入りそうな気がします。 

 

次の試合は11/4(日)第31節ホームでの仙台戦です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ

 

【ACL準決勝2ndレグ】水原三星 3 – 3 鹿島 2点差を追いつきアジアの頂点まであと一つ

元の記事へ移動

 

アジアの頂点まであと一つとなりました。 

先制するも、後半攻め方を変えてきた相手にわずか8分間で3失点を喫してトータルスコアで上回れる苦しい展開。 

最早これまでか...と思われましたが、西のゴールで1点差に迫りトータルスコアでも並ぶと、これぞ助っ人の働きと言うしかないセルジーニョのゴールで決勝進出を決めました。 

 

f:id:nvtomo:20181024210349p:plain

 

スタメンは3週間前の1stレグから5名変更。

遠藤、安部、永木、内田、犬飼に代わり、土居、安西、レオシルバ、西、昌子が入りました。

直近のゲーム30節浦和戦からは4名変更。

 

www.youtube.com

 

【ACL採点&寸評】水原三星 3-3 鹿島|壮絶な撃ち合いに終止符を打ったブラジリアンがMOM! | サッカーダイジェストWeb

 

■先制するも後ろに重心が行き過ぎなのが気になる気になる

立ち上がりは1stレグと異なり、静かな展開に。

こちらの守備がハマらずボールを持たれる時間が多かったですが徐々に盛り返してからの先制ゴールは山本。

右サイド浅い位置からのセルジーニョFKにバックヘッドで決めました。

 

貴重なアウエーゴールとは言え、1stレグではアウエーゴールを2点献上していますので、まだ安心できる展開ではありませんでしたが、試合開始時から後ろに重心が行きがちだったのが守備陣がさらに後ろに重心が行ったように見えまして。

その影響で選手間の距離が遠くなって、さっぱり攻撃が機能しないのが気になって気になって...このままだとどこかでやられたら一気に持ってかれるで...と思っていたら後半攻め方を変えて、前線の高さを存分に生かす戦い方に変えてきた相手に同点、逆転そして3点目と、まさに一気に流れを持っていかれました。

同点ゴールはクロスからのヘディングシュートはクォンスンテが何とか弾き出しましたがクリアボールを押し込まれ、逆転ゴールはCKからマークに付いていた昌子が振り切られてのヘディング。

3失点目はサイドを攻略され、角度のないところからのシュート。

攻め方を変えてきた相手に対応しきれない内に一気に畳み込まれてもはやこれまでか...と思いました。

 

■神様仏様クォンスンテ様

3失点を喫したもののGKとしてはどれもノーチャンスで、それ以外にいくつも決定機を防いでくれたクォンスンテ。

彼がいなければあと2、3点は間違いなく取られてました。

これまでにも何度もチームの窮地を救ってくれたクォンスンテ。

この試合でも彼のプレイが再度チームを奮い立たせました。

反撃の1点は右SB西大伍

安西のクロスに中央セルジーニョが競ったこぼれ球を拾った西が、身体を張って止めに来たディフェンスの動きを冷静に見極めつつのシュート。

西らしいゴールでした。

 

■神様仏様セルジーニョ

これでトータルスコア、アウエーゴール数ともに並び、このまま終わると延長戦という状態に。

勢いの落ちてきた相手に攻め込む時間帯が増えてきましたが、後半の猛攻を受け続けてきたディフェンス陣もいっぱいいっぱいで、どちらに転んでもおかしくない展開でしたが、勝負を決めたのはジーコが連れてきた助っ人セルジーニョ

スローインペナルティーエリア内で受けようとした鈴木とディフェンスが競り合ったこぼれ球を拾ったセルジーニョが右足で放ったシュートがゴール右上に突き刺さりました。

もうここしかない場所に決め切るセルジーニョの技術の高さが垣間見える決勝ゴールでした。

先制アシストも精度高かったですし、派手さはないですけどプレー判断が早くて的確で、彼が加入してなかったらACLももっと早く敗退してたでしょうね...

 

決勝の相手はイランのペルセポリス

試合時間は未定ですが、1stレグは11/3(土)ホーム、2ndレグは11/10(土)アウエーでの試合となります。 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

 

【J1 第30節】湘南 2 – 2 札幌 相手の土俵に自ら上がってしまった結果の勝ち点1

元の記事へ移動

 

ボール支配率でもシュート数でも相手を大きく上回りましたが、試合全体を通してはホームチームの方が優勢だったゲームと言えます。

お互いの順位は別にすると、アウエーで勝ち点1を持ち帰れたのは悪くない結果と言えるのかなと思える試合展開でした。 

 

f:id:nvtomo:20181020200849p:plain

 

スタメンは前節から3名変更。

三好、キムミンテ、早坂に代わり、都倉、宮澤、福森が入りました。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】湘南2-2札幌|MOMはグイグイ仕掛けて同点弾ゲットのチャナティップ! 両アタッカー陣を高評価!! | サッカーダイジェストWeb

 

■裏狙いが相手の得意なペースにという皮肉な展開

試合は立ち上がりからホーム湘南のペース。

ポゼッションはアウエー札幌が握ってましたが、試合のペースとしては湘南が得意とする攻守の切り替えが早いサッカーで、これは札幌が湘南の浅いディフェンスラインの裏狙いだったことも大きく影響していた感じ。 

裏狙いは悪くないと思うのですが、裏狙いってハマらないとすぐに相手ボールになるのでどうしても攻守の切り替えが早くなってしまうんですよね...

ただ、湘南に攻め込まれてもシュートまでは打たせず、逆に2つほど決定機があった札幌の方がチャンスは多かったですが、湘南に許した前半唯一のシュートで失点を喫します。 

 

www.youtube.com

 

失点のシーンですが、シュートはコースがいいし、ちょうどブロックに入った福森がブラインドになっていて、GKとしてはノーチャンスかなと思うんですが、その前のクソンユンのクリアミスが起点ですからね...

札幌に加入したころに比べると格段に上手くはなってるんですが、元々がプロレベルには程遠かったですからね...贔屓目に見ても中の下レベルだと思います、足元は。

これ以上を望むのは酷ですかね... 

 

■崩しの質が求められるタイミングに来たのかも

前半を1点のビハインドで折り返しましたが後半早々に追いついて反撃ムードに。 

 

www.youtube.com

 

福森のCKが素晴らしかったですね。

あわや直接ゴールインしそうなインスイングのボールはニアのポストに当たり、跳ね返りを宮澤が触ってからジェイが押し込みました。

同点に追いついて反撃ムードになりかけましたが、いつの間にか湘南ペースになってからの勝ち越しゴールを許します。 

 

www.youtube.com

 

これは上手いことやられましたね...

試合全体として湘南ペースだったのは、相手の得意とするペースに自ら乗ってしまったからというのもありますが、それに加えて崩しの質が相手の方が勝っていたからのようにも思いました。

シーズン初めに比べると繋ぎの質は格段に上がっていて、それに伴いボール支配率も増してきていますが、次は崩しの質、つまりどうやって崩して決定機を作っていくかの質を高めていくことが求められる時期に来ているんだと思います。

その崩しの質が光ったのが2-2に追いついたチャナティップのゴール。

 

www.youtube.com

 

チャナティップの成長が感じられるゴールだったと思います。

中盤でボールを受けたチャナティップが一気に中央をドリブル突破してからサイドに流れてた都倉へ。

チャナティップはゆっくりとゴール前に入ると見せかけてから一転してニアに走り込んでフリーになって都倉のパスを引き出してからのダイレクトシュート。

以前だったらこういう緩急つけたプレーはなかったですからね。

ペトロヴィッチ監督のもと、成長していますよねチャナティップ

 

試合はこのまま2-2で終了。

流れ的に勝ち点1を持ち帰れたのは悪くない結果ですが、さらに上を目指すには自ら相手の土俵に上がるのではなく、相手の弱点を突いていくサッカーもケースバイケースで選択できるようなチームになっていく必要があると思うんですよね。

例えば今日の湘南だと高さではツインタワーを擁する札幌に分がありましたから、そこを徹底的に突いていくという手もあったんじゃないかなと。

でもペトロヴィッチ監督はそういうサッカーは選びませんよねきっと...

 

次の試合は延期になっていた18節アウエーでの名古屋戦です。

10/28(日) 15:00キックオフです。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ