今の日本代表で一番決定力があるのは武藤嘉紀?

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


27: 2018/05/28(月) 06:56:09.14 ID:HfTUKb1D0
なんであれだけ日本の弱点の決定力不足って言いながら、決定力がある武藤でてきたのにまったくピックアップされないんだろうな・・・
普通なら日本代表のエースになってるレベルなのに・・

ビッグ3とかいってる日本のレベルの低さにびびるわ・・・

31: 2018/05/28(月) 07:01:17.01 ID:3iLZ2I2W0
>>27
武藤は決定力ないよ
代表でのゴール数は20試合でたった2得点だけ

ちなみにワントップじゃないから得点できないとか、
なんの言い訳にもならないぞ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527456798/

続きを読む

日本サッカー史上の「ビッグ3」といえば中田英寿、香川真司・・・

元の記事へ移動


サッカー_01

▽おすすめ記事▽



12: 2018/05/26(土) 10:00:12.24 ID:LGD/CiKl0
日本サッカー史上、才能と実績は
中田ヒデと香川がビッグ2じゃまいか
あともう一人入れるとすれば誰だと思う? 

21: 2018/05/26(土) 10:04:00.88 ID:mBRiopso0
>>12
カズ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527296145/0-

続きを読む

【 動画 】親善試合・ホンジュラス戦での韓国代表・ソンフンミンのゴールがエグイ!

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


244: 2018/05/28(月) 21:37:19.19 ID:LfgNptjI0
ソンはプレミア見てるとすげーと思うけど代表ではどうなん
韓国代表の試合なんて流石に追ってないからわからん
代表では香川状態だったりする?

261: 2018/05/28(月) 21:41:25.25 ID:DSEpDYVe0
>>244
https://youtu.be/-BWCKl9WWjE



ついさっきとんでもねーの決めた
あとコロンビア戦でも二点きめて韓国を勝利に導いたんだが


引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1527506817

続きを読む

「あえてネガティブなことは封印するべき」by ケイスケホンダ

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽



1: 2018/05/28(月) 20:27:36.44 ID:CAP_USER9
 W杯壮行試合ガーナ戦(30日、日産)に臨む日本代表は国内合宿8日目を迎えた28日、千葉県内で練習を行った。

 MF本田圭佑(31=メキシコ1部パチューカ)が今合宿で初めて取材に対応。報道陣からハリルホジッチ前監督の解任に関する質問が飛んだが「今の時点でネガティブなことを言ったところでね…。(W杯では)勝敗が求められる。あえてネガティブなことは封印するべき」と監督交代について多くは語らなかった。

 ハリルホジッチ体制下では出場機会が激減し、W杯メンバー入りは厳しい状況に追い込まれていたが、西野監督の就任を受けて“復権”。非公開で行われたこの日の紅白戦でも3―4―2―1布陣の右シャドーの位置に入ったもようだ。

 過去には主にトップ下や右FWでプレー。シャドーの経験が少ない中で「景色は見慣れていないけど、新鮮な気持ちでやっている。パチューカ時代も(状況によって)中でやっていた。自由に(中に)入れと言われていた」と問題なしを強調した。

サッカー_02

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000144-spnannex-socc

2: 2018/05/28(月) 20:28:03.46 ID:62DVy+cj0
あえてね


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527506856/

続きを読む

前代未聞のガーナ戦、日本代表のカギを握るのは宇佐美・武藤ら「プラチナ世代」!?

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽

1: 2018/05/28(月) 18:19:40.83 ID:CAP_USER9
5月30日(水)、日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2018「日本対ガーナ」。この試合は、これまで数多行われてきた親善試合の中でも「最も重要」といってまったく過言ではない一戦だ。

6月14日に開幕するロシアW杯。その本大会直前に衝撃の監督交代が発表され誕生した“西野ジャパン”。今回のガーナ戦は、そんな西野ジャパンにとっての初陣であるとともに、本大会メンバーの発表を翌日に控えた一戦でもある。

まさに異例中の異例、前代未聞の一戦であり、当然のことながらW杯本大会のメンバー発表前日に試合が行われるのは史上初のことだ。

選手にとって“究極のサバイバル”となる一戦。本大会同様の注目度となることが予想される。
注目すべき「プラチナ世代」

5月18日(金)、そんなガーナ戦メンバーの27名が発表された。W杯に向け、第1段階のチケットを与えられた27名といえる。

発表後、その動向も含めて大きな注目を集めているのは、やはり長らく代表を牽引してきた本田・香川・岡崎 の“ビッグ3”。そんななか、92年組、“プラチナ世代”から6人が選出されていることにも着目しておきたい。

“プラチナ世代”とは、1992年~93年早生まれの選手たちのこと。今回の27人では、宇佐美貴史・柴崎岳・武藤嘉紀・昌子源・大島僚太・遠藤航が選ばれている。

若くしてサッカー界で大きな注目を集めた彼ら。その理由のひとつが、“U‐17”のW杯でのブラジルとの一戦だ。終了間際の不運な失点により2‐3と敗れたものの、彼らはネイマール率いるブラジルと対等な戦いをしてみせ、才能豊かな世代として将来を期待されることとなった。

しかしその後、A代表では本田・岡崎・長友らに象徴される“北京世代”が長く代表の中心として活躍してきたことで次世代の台頭がなく、現在の日本代表の低迷の一因とされることもある。

他国では、“プラチナ世代”と同年代の選手が中心となってチームを引っ張っている国があるのが実情であり、今回の日本代表も、彼らの活躍が躍進のカギを握ることとなるだろう。

先頭を走ってきた宇佐美貴史


そんな“プラチナ世代”の選手たちのこれまでの歩みを紹介しよう。まず、この世代で最初に先頭を走ったのは、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)だ。

ガンバ大阪ジュニアユースで当時から年代別の日本代表にも選ばれていた宇佐美は、中学3年時にはガンバ大阪ユースに飛び級で昇格。高校1年生ながら10番を背負い日本クラブユース選手権の優勝に貢献し、高校2年生でまたもや飛び級でトップチームに昇格。17歳14日にして、当時ガンバ大阪史上最年少となる公式戦デビューを果たす。

そして、19歳でドイツの名門・バイエルンと契約した宇佐美。しかし、満足のいく結果を残せず、1年間バイエルン、1年間ホッフェンハイムを経て、わずか2年で再びJリーグへ戻ることになった。

その後Jリーグで結果を残し、2016年に再び海外挑戦。ドイツ・アウグスブルクへ移籍するも、期待されたほどの結果は残せず、現在所属するデュッセルドルフへ。ここで原口元気とチームメイトとなり、チームの1部昇格に貢献。個人としても8得点3アシストの活躍が認められ、今回の代表メンバー入りにつながっている。

シンデレラボーイ、武藤嘉紀

続いて、FWの武藤嘉紀(マインツ)。

武藤は、2014年に現役の慶応義塾大生ながらJリーグでプロデビューを果たすと、新人最多得点記録を達成。日本代表へ招集されると2試合目にして初ゴールを決め、その後2015年にドイツ・マインツに移籍するなど、わずか2年で大ブレイクを果たした。

まさに“シンデレラボーイ”として脚光を浴びたが、それから度重なる右ひざの怪我でリハビリの日々。苦しい時を支えたのはW杯への強い想いで、迎えた今シーズンはドイツで日本人最高の8ゴールを挙げ、2017年10月以来の代表招集を勝ち取っている。

レアル・バルサにゴール。柴崎岳

そして、この世代で継続的に高評価を得てきたのが、柴崎岳(ヘタフェ)だ。

高校2年時に青森山田高校で選手権準優勝を果たし、鹿島アントラーズとプロ契約を結ぶ。U‐17W杯でも日本代表の背番号10を背負い注目を集めた柴崎は、Jリーグでもベストヤングプレーヤーを受賞し、2016年のクラブワールドカップではレアルマドリードからゴールを決めた。

そして、その後スペインへ移籍しバルセロナからも得点を決めた柴崎は、レアル・バルセロナの両クラブからゴールを決めた唯一の日本人となっている。
荒れに荒れた時代も…。昌子源

最後に紹介したい昌子源(鹿島)。日本を代表するセンターバックだが、その経歴はサッカー選手としては非常に個性的なものとなっている。

ガンバ大阪のジュニアユースで宇佐美と同期だった昌子は、当時のポジションはFWで、中学3年時にまわりの選手との実力差に嫌気がさし、練習に行かなくなってガンバ大阪ジュニアユースも退団。サッカーから遠ざかる。

そうしてサッカーから離れ時間を持て余した昌子は、荒れに荒れた。夜遊びを覚え、ケンカで殴ってしまった子の家に両親と謝罪に行くこともあったという。「高校に行かない」「サッカーもしない」と言っていた昌子だが、親の勧めで米子北高校の練習に参加すると、彼の心の中で何かが変わり、再びボールを蹴るようになった。

その後、“鹿島アントラーズ→日本代表”というサクセスロードを歩み、今回のメンバーにも選ばれている。



このように、実に多様な経歴で代表までたどり着いている“プラチナ世代”の選手たち。

彼らが、生き残りをかけたガーナ戦でどんなプレーを見せるのか。そして、本大会メンバーに選ばれることになるのか。注目したい。<制作:テレビ朝日サッカー>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00010000-asapostv-spo&p=3


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527499180

続きを読む

「選手同士でこれだけ議論ができるのもハリルさんが監督をやっている時はなかった!」by 本田圭佑

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/05/28(月) 20:01:55.75 ID:CAP_USER9
「ディテールの部分での議論が増えた」

2018年5月28日、日本代表が同30日に行なわれるガーナ戦に向けて非公開練習を行なった。前日まで3バックシステムを試すなど急ピッチにチーム作りが進めているが、ハリルホジッチから西野に監督が代わった影響もあり、この短期間でどこまで組織力を高められるかは疑問だ。
 
 しかし、本田は「今の時点でネガティブなことを言ったところで大事な試合が来ると。で、そこには勝敗が求められると。そういう意味では今はそのネガティブなところは封印すべきだなと思います。」冷静に現状を受け止めていた。
 
 では、とにかく前を向いた状態で何ができるのか。本田は「やれることはある」と力強く言った。
 
「確かに難易度が高い部分はある。難易度が高いというのは相手が強いんでね、ワールドカップなんで。アジア予選とは話が違う。ワールドカップで結果を出さなきゃいけないなかでの、こういった準備は初めてなので。
 
 でも、これまでぶっつけ本番で結果を出してきたことは何度もあるし、シミュレーションの仕方、いろんなシチュエーションを想像することは自分の強みのひとつだと思っている。だから、究極のシチュエーションをいくつか用意しながら試合のなかで対応していく。もちろん、ひとりでやってはダメなんですけどね。それをこうしたところから議論していくというのが大事でしょうね」
 
 監督交代についても「ネガティブには思わない」
 
「選手は全員前を向いていますし、そのなかで結果を出せる議論もやっている。これだけ議論ができるというのも、ハリルさんが監督をやっている時はなかった。そういう意味ではネガティブなところではなくて、すごくポジティブなところも感じています」
 
「ディテールの部分でのディスカッションが増えた印象を受けますね」という本田はその議論を上手くチームに落とし込むことはできるのか。ガーナ戦のパフォーマンスがひとつの答になりそうだ。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

サッカーダイジェスト 5/28(月) 19:49
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00041010-sdigestw-socc

no title

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527505315

続きを読む

追加召集もあり得る!?ロシアW杯日本代表メンバー23人の発表は5.31の16時!

元の記事へ移動


サッカー_01

▽おすすめ記事▽


1: 2018/05/28(月) 18:18:09.11 ID:CAP_USER9
日本サッカー協会(JFA)は28日、6月14日に開幕するロシア・ワールドカップに臨む日本代表メンバー発表会見を31日の16時から実施することを発表した。

西野朗新監督は、18日にキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に臨むメンバーを発表しているが、「ラージリストから選んだ27名が、最終的に選ばれるかどうかはわからない」としており、「追加招集も当然考えられる」とガーナ戦メンバー以外からの招集にも含みを持たせていた。

なお、ガーナ戦のメンバーに入ったサンフレッチェ広島MF青山敏弘は、右ひざを負傷したため離脱が決定。26名でW杯前の国内最終戦に臨むこととなる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00010003-goal-socc

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527499089

続きを読む

ガーナ戦に臨む日本代表の背番号が決定!「10番」は香川真司!気になるのは「24番」以降の4人・・・

元の記事へ移動


サッカー_01

▽おすすめ記事▽


1: 2018/05/28(月) 17:49:01.02 ID:CAP_USER9
ガーナ戦に臨む日本代表の背番号が決定!!6番は空き、24番以降の4人は…
5/28(月) 17:34配信

日本サッカー協会は28日、30日のガーナ戦(日産ス)に臨む日本代表の選手背番号を発表した。MF香川真司(ドルトムント)が10番、FW岡崎慎司(レスター・シティ)が9番、MF本田圭佑(パチューカ)は4番を付ける。

ガーナ戦には27選手が招集されたが、MF青山敏弘(広島)がケガで離脱したため、
青山が付ける予定だった6番が空き番号となった。31日に発表されるW杯最終登録メンバーは23人。今回、24番以降の背番号を付けるのは24番のDF植田直通(鹿島)、25番のFW浅野拓磨(ハノーファー)、26番のMF三竿健斗(鹿島)、27番のMF井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)となっている。

▽GK
1 川島永嗣(メス)
12 東口順昭(G大阪)
23 中村航輔(柏)

▽DF
5 長友佑都(ガラタサライ)
20 槙野智章(浦和)
22 吉田麻也(サウサンプトン)
19 酒井宏樹(マルセイユ)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV)
3 昌子源(鹿島)
2 遠藤航(浦和)
24 植田直通(鹿島)

▽MF
17 長谷部誠(フランクフルト)
4 本田圭佑(パチューカ)
14 乾貴士(エイバル)
10 香川真司(ドルトムント)
16 山口蛍(C大阪)
8 原口元気(デュッセルドルフ)
11 宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
7 柴崎岳(ヘタフェ)
18 大島僚太(川崎F)
26 三竿健斗(鹿島)
27 井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)

▽FW
9 岡崎慎司(レスター・シティ)
15 大迫勇也(ブレーメン)
13 武藤嘉紀(マインツ)
25 浅野拓磨(ハノーファー)

5/28(月) 17:34配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-01654344-gekisaka-socc

65: 2018/05/28(月) 18:01:45.35 ID:YSxkypWnO
>>1ワロタ(笑)
もう決まってるな(笑)

あとはけが人入れ換えるかだけかw


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527497341

続きを読む

【 CL決勝 】ラモスの “脇固め” に欧州柔道連盟が異例の物言い!「禁じ手だ」

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


1: 2018/05/28(月) 16:28:30.79 ID:CAP_USER9
CL決勝で物議を醸したワンシーンに、他競技の団体が公式ツイッターで皮肉の投稿

 レアル・マドリードとリバプールが激突した26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、レアルが3-1と勝利して史上初の大会3連覇を果たした。この試合の前半には、レアル主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーと交錯。転倒したサラーが左肩を痛めて涙の負傷交代となったが、ラモスの行為に対してヨーロッパ柔道連盟から「禁じ手だ」と、異例の物言いがついている。

 頂上決戦で最大の見どころが消えた瞬間だった。前半25分、リバプールのエースがドリブル突破を仕掛けると、ラモスは食い止めようと腕を絡めながら倒れこむ。左肩を痛めたサラーは悶絶。その後一度はプレーに復帰したものの、再びピッチに座り込み、涙の途中交代を余儀なくされた。

 世界屈指の実力者ながら、これまで公式戦で通算24度も退場しているラモス。リーガ史上最多19度の退場という不名誉な記録も打ち立てている。この接触プレーでは相手のエースを潰した格好となったが、このプレーを「禁じ手」と判定したのは、意外にもヨーロッパ柔道連盟だった。

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が名誉会長を務め、51カ国加盟する同連盟は公式ツイッターに異例の投稿を行った。

「脇固めは危険なテクニックだ。だからこそ寝技に移行する際に柔道の世界では使用を禁止されている。昨日のCL決勝の夜に起こったこのファウルについて、あなたはどう思うのか?」

投稿の返信欄では両サポーターが衝突し炎上中

 ラモスの行為は、柔道の世界では相手を負傷させるリスクの高い反則技と断定している。ツイートには、ラモスが左腕をドリブル中のサラーの右腕に巻き込む決定的瞬間を捉えた写真を添付。キャプションでは「アームロックの技術は柔道で禁止されている。しかし、フットボールの世界ではチャンピオンズリーグで優勝するために有効だ」と皮肉っている。

 柔道サイドからの指摘に、ラモスを擁護するレアルサポーターとエース負傷に怒るリバプールサポーターが衝突。投稿の返信欄は炎上しているが、脇固めによって今季欧州屈指の輝きを放ったサラーのロシア・ワールドカップ出場が危ぶまれる事態になったことは間違いない。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00106812-soccermzw-socc

13: 2018/05/28(月) 16:33:05.04 ID:95eORMOe0
>>1
そっちのラモスな


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527492510/-100

続きを読む