「日本代表史上、最強のスペクタクル!ポジティブな要素は数え切れない」by 英誌・熟練記者

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


1: 2018/10/18(木) 14:38:20.16 ID:CAP_USER9
no title

10/18(木) 5:14配信

「日本代表史上、最強のスペクタクル!」英誌・熟練記者が圧巻4発の森保ジャパンを手放し称賛!

「我々は日本アタッカー陣のスピードとコンビネーションに屈した」
 
 試合後、ウルグアイ代表を率いるオスカール・タバレス監督の言葉が印象的だった。
 
 新生日本代表は4-3の快勝に終わったウルグアイ戦で、その長所と短所を鮮明に描き出していた。長所とはもちろん、攻撃である。ここまで攻撃がストロングポイントとして浮かび上がったチームを私は知らない。四半世紀以上、日本代表を取材してきて、初めての感覚ではないかと思う。
 
 ポジティブな要素は数え切れない。
 
 明らかに勝ちにきた骨のある相手に、3試合で10得点を挙げた。南野拓実はそのうち4得点を決め、本物のストライカーであることを証明。中島翔哉の卓越したプレービジョン、高精度のパス&キックの精度、そしてどこからでも貪欲にシュートを撃つ姿勢が目を引く。森保ジャパンにおける変革の旗頭は間違いなく彼だ。
 
 堂安律も素晴らしい。ウルグアイ戦では代表初得点を綺麗に決めたし、とりわけその後半、右サイドで構築した酒井宏樹との連携が圧巻だった。急造とは思えない円滑さで、ホットラインと形容するに相応しい。日本の波状攻撃を引き出し、ウルグアイ守備陣にとっては脅威以外のなにものでもなかった。中島と長友佑都の左サイドも然りで、日本の両翼は躍動したばかりでなく、娯楽性も十二分だったと言える。
 
 これまで長きに渡って、日本代表の強みは常に中盤にあった。中田英寿、中村俊輔、小野伸二らが活躍した時代、日本が誇る世界的な名手はいずれもミッドフィルダーだった。換言すれば、サッカー少年や若手が目ざした憧れの対象もまた彼らミッドフィルダーで、香川真司や本田圭佑らがバトンを受け継いだ。
 
 とはいえ、最大の長所なりチームカラーは攻撃だ、と断言できる時代はなかった。ロシア・ワールドカップが良い例だろう。前述の3選手のほか、大会では大迫勇也や乾貴士、原口元気、柴崎岳といったタレントが異彩を放ったが、かならずしも“攻撃的”ではなかった。FIFA(国際サッカー連盟)のテクニカルレポートによれば、出場32か国で「敵ペナルティーエリア内に侵攻した平均回数」で、日本は下から4番目。韓国、パナマ、イランをわずかに上回ったに過ぎない。数字上でも明らかで、攻撃的とは言えないチームだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00048926-sdigestw-socc

377: 2018/10/18(木) 16:18:48.06 ID:1H4BgQCE0
>>1
中島、南野、堂安の若い世代が皆シュートが上手いのデカいな


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539841100

続きを読む

「日本代表・堂安は約130億円の値段がつく!メッシの後継者になれる!」by 東スポ

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽


1: 2018/10/18(木) 15:58:35.63 ID:CAP_USER9
2020年東京五輪のエース候補に仰天プライスがついた。サッカー日本代表は16日、国際親善試合(埼玉)で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング5位のウルグアイに4―3で競り勝ち、森保ジャパン発足から3連勝を飾った。
なかでも存在感を発揮したのは代表初ゴールを決めたMF堂安律(20=フローニンゲン)だ。欧州ビッグクラブが注目する逸材を、選手代理人の田路雅朗氏(63)が緊急査定。移籍金はなんと1億ユーロ(約130億円)まで跳ね上がる可能性があるという。

期待の若手MFが躍動した。2―2で迎えた後半14分、ゴール前でパスを受けると華麗なステップから反転してシュート。待望の代表初ゴールは貴重な勝ち越し弾となった。
「あそこでボールをもらえば決める自信はあった。ウルグアイ相手に大事な得点を取れて思い出に残るゴールになった」と笑顔を見せた。

 昨季オランダリーグで10得点を決め、フランスのサッカー専門誌が21歳以下の最優秀選手に贈る「コパ賞」候補の10人に選ばれるなど、世界が注目するアタッカー。
「まだまだアピールしないといけない。 サバイバルは続くので、もっと上を目指したい。もし負けていれば、世代交代の話がある中で何か言われていたかもしれない。自分たちが日本を強くしていけるというのが示せたと思う」と力を込めた。

 欧州ビッグクラブも大きな関心を寄せるが、カズこと元日本代表FW三浦知良(51=J2横浜FC)を担当した代理人の田路氏は「最近、知り合いの(欧州クラブの)スカウトから聞かれるのは堂安のことばっかり。 フローニンゲンはすぐに売らないだろうけど、オランダからドイツやイングランドに移籍するときにクラブ側は移籍金として2000万ユーロ(約26億円)は見込んでいるんじゃないか」と指摘する。

 さらに「堂安は香川(真司=29、ドルトムント)や本田(圭佑=32、メルボルンV)を超えるのは間違いないと思う。将来的には5000万ユーロ(約65億円)から1億ユーロ(約130億円)の値段がつく初めての日本人選手になるんじゃないか」。
2001年にMF中田英寿がローマからパルマ(ともにイタリア)に移籍した際、日本選手の過去最高額となる移籍金2600万ユーロ(約33億8000万円)をも上回るという。

 堂安が注目されているポイントはまだ20歳という若さだ。「選手としてまだまだ成長できるからな。バルセロナやレアル・マドリード(ともにスペイン)が買いに来るかもしれない。 堂安はテクニックのある選手だから、バルセロナあたりがリストアップしていても不思議じゃない。(アルゼンチン代表FW)メッシの後継者になれる可能性がある選手じゃないか」

また、A代表で3試合連続の4得点を決めた南野拓実(23=ザルツブルク)については「ゴールを決められる選手はどのクラブも欲しがる。フィジカルもあるからドイツクラブなら移籍金として1000万ユーロ(約13億円)はつくだろう」。
日本の10番を背負うMF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)には「5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)のクラブならば1000万ユーロ以上は出すだろう。 クラブは移籍金を2000万ユーロと言っているようだけど、絶妙な設定額だ。まあ満額を払うクラブはないと思う」とした。

 森保ジャパンをけん引する“三羽ガラス”。田路氏はいずれも高い評価だったが、堂安は別格。今後、日本サッカー界を驚かせるような大きな飛躍を果たすかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000004-tospoweb-socc

79: 2018/10/18(木) 16:28:14.55 ID:1v+6hjwF0
>>1
絶対にねーよ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539845915

続きを読む

小柳ルミ子さん、ウルグアイに不満・・・「本気じゃないんだもの」

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


1: 2018/10/18(木) 15:38:34.34 ID:CAP_USER9
no title

10/18(木) 15:33配信
ルミ子 日本勝利もウルグアイに不満「本気じゃないんだもの」

 大のサッカーファンで知られる歌手の小柳ルミ子が18日、ブログを更新し、16日に行われたサッカー日本代表対ウルグアイ戦について「私はいまいち盛り上がらなかった」とコメント。その理由について「ウルグアイが本気じゃないんだもの」と不満を募らせた。

 ルミ子は仕事終了後に会場にかけつけ、生観戦。試合は日本が4-3で勝利し、会場はもちろん、翌日の報道なども盛り上がりを見せた。

 だがルミ子は「日本代表の勝利、良かった、良かった」としながらも「でも私はいまいち盛り上がらなかった」とした。

 その理由は「ウルグアイが本気じゃないんだもの」とバッサリ。「プレッシングには来ないし、寄せも甘いし、ミスパスは多いし、連携、連動もミスだらけだし、こぼれ球の反応も遅いし、直ぐに日本にカットされてカバーニ迄ボールが行かない」と切り捨てた。

 ルミ子はこれまでもウルグアイの試合を生で何度も見てきているが「一昨日のようなゆる~~~~~いパフォーマンスは見た事ない」といい、「ウルグアイはこんなもんじゃないから。本気でやってほしかった」と、緩いウルグアイからの4得点は興奮できないとコメント。

 欧州リーグはシーズンが始まったばかりとあって「本気でやってくれる訳ないよな~」と事情を汲みつつも「でもなぁ~今迄観たウルグアイの試合で最低のパフォーマンス。それでも3点獲っちゃうんだから大したもんだ」と半ば呆れ気味につづった。

 日本については「ウルグアイが手を抜いていたとは言え日本代表選手はベストを尽くして頑張った」と評価。過信は禁物としながらも「決定力不足と言われ続けて来た日本代表JP 中島翔哉、南野拓実、堂安律の頑張りによって明るい未来が見えてきた」とつづっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000071-dal-ent

5: 2018/10/18(木) 15:40:10.83 ID:qTatHCb10
>>1
それな


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539844714/-100

続きを読む

日本代表・南野拓実ってイケメンだよな?

元の記事へ移動


サッカー_01

▽おすすめ記事▽



587: 2018/10/18(木) 12:44:58.56 ID:vBQYQYu30
南野が女に人気過ぎて笑う
よく考えたらイケメンの独身代表ってあまりいないもんな

591: 2018/10/18(木) 12:47:33.92 ID:JQ5JHoE/0
>>587
香川真司が独身ですよ!

603: 2018/10/18(木) 12:55:42.86 ID:mDHd2+M+0
>>591
イケメンって言ってるでしょうが!!


引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1539779821

続きを読む

サッカー日本代表・中島翔哉の推進力・・・

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽


1: 2018/10/18(木) 12:59:02.56 ID:65Sd2CRk0
ヤバすぎるやろ
コイツがボール持った時のワクワク感が半端ない

71: 2018/10/18(木) 13:10:08.88 ID:T2ATglrX0
>>1
和製アザールやね

3: 2018/10/18(木) 13:00:04.55 ID:65Sd2CRk0
ほんこれ


引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539835142

続きを読む

日本代表・堂安律へのシティからの再オファーは「時間の問題」!?

元の記事へ移動


巨人 05

▽おすすめ記事▽



1: 2018/10/18(木) 08:40:59.20 ID:CAP_USER9
代表の大先輩である本田や、スアレス、ロッベンを例に出し、飛躍の可能性に言及 

日本代表MF堂安律は、16日の国際親善試合ウルグアイ戦で1ゴールを決めてチームの4-3の勝利に貢献した。オランダのフローニンゲンでプレーする堂安について、イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」が特集を組み、「スアレスやロッベンのようにオランダから羽ばたく」と報じている。 

 堂安はガンバ大阪のジュニアユースで育ち、ユース年代ではすでに二種登録されて2015年に16歳でのデビューを飾った。昨年にはU-20ワールドカップ(W杯)でイタリアと対戦してゴールもしているだけに、イタリアメディアには知名度もある。今年は21歳以下のバロンドールに当たる「コパ・トロフィー」の候補にも選ばれ、世界的にも注目株だ。 

 特集では、今夏の移籍市場でペップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティからオファーがあったことを紹介。そのうえで、オランダで足場を固めることが堂安のキャリアに対して悪いことではないと、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(バルセロナ)や元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(バイエルン)といった世界的な名手や、ACミランでプレーしたMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)の例に触れている。 

「昨季はレッジーナでもプレーした元日本代表の中村俊輔へのリスペクトで25番をつけて29試合9ゴールの成績を残し、シティからオファーを受けた。それは実現しなかったが、再アタックは時間の問題だ。ウルグアイ戦でゴールも決めた。堂安はオランダにとどまり成長を続けている。それはスアレスやロッベンが力をつけて羽ばたいた場所だ。要するに、その大きな飛躍を焦る必要はない。日本人なら、本田圭佑もオランダで力をつけて欧州の舞台に出た」 

名将グアルディオラが率いるシティなど欧州ビッグクラブ行きにも現実味か 

 かつてイタリアでプレーした中村や本田との共通点を示しながら、オランダが本格的に欧州のトップクラブに行く前の成長を果たす場所として適した場所だと分析。そして、グアルディオラ監督が率いるシティの再オファーを「時間の問題」とし、今後のビッグクラブ行きが現実味を帯びていると伝えた。 

 ウルグアイ戦では堂安に加えてザルツブルクのMF南野拓実が2ゴールし、ポルティモネンセのMF中島翔哉も左サイドから数々のドリブル突破やシュートを見せた。25歳以下の若手で固められた森保ジャパンの2列目は、次のステップに進む可能性を大いに秘めている。そのなかでも堂安は、「オランダ経由ビッグクラブ行き」という“出世ルート”に乗る選手として、イタリアでも注目を集めている模様だ。 

10/18(木) 8:10配信 フットボールゾーン 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00142099-soccermzw-socc

3: 2018/10/18(木) 08:42:23.92 ID:fd3WAUQ10
シティ♪シティー♪


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539819659/0-
続きを読む

ドルトムント香川真司、復活!!

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽



1: 2018/10/18(木) 06:33:00.11 ID:CAP_USER9
 ドルトムントMF香川真司は17日、チームの全体練習に合流したことを自身の公式SNSアカウントを通じて明かした。9月下旬に足首を負傷していると報じられ、9月26日のブンデスリーガ第5節ニュルンベルク戦を最後にベンチ入りメンバーを外れていた。 

 香川は17日、自身の公式ツイッター(@S_Kagawa0317)などを一斉に更新。ランニングシューズを乾燥させている画像を添え、ハッシュタグで「俺のアディダス」「今日から合流」「頑張ります」などと述べている。 

 なお、クラブ公式ツイッター(@BVB)は同日、トレーニングの風景を動画で投稿。香川に加え、同じく離脱していたMFマルコ・ロイスらが元気そうにフットテニスをする姿が映っている。 

10/18(木) 6:25配信?ゲキサカ  
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-03056888-gekisaka-socc 



5: 2018/10/18(木) 06:34:55.55 ID:U3pE1pk80
シーズンの半分以上が怪我と治療だろ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539811980

続きを読む

本田圭佑、新天地オーストラリアでボランチ挑戦!?

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽



1: 2018/10/18(木) 10:40:18.60 ID:CAP_USER9
オーストラリア1部のメルボルン・ビクトリーに所属し、カンボジア代表GMでもある32歳の本田圭佑が18日に記者会見を行なった。 

 以前、本田は2020年の東京オリンピックを目指していることを明かしていた。ライバルに打ち勝つためにも、プレー面の向上が求められる。メルボルン・ビクトリーでは、どのような本田圭佑をピッチ上で見せていきたいか問われると 「試合を観てもらえればわかると思いますが、ポジションが変わりますので。まぁ、新しいポジションで新しいチャレンジになるので」と答えている。詳しくは話さなかったが、新しいポジションはボランチだと思われる。 

 メルボルン・ビクトリーは現地時間20日にメルボルン・シティとの“ダービー”を控えている。この試合に向けて本田は「残り1日しっかり練習して、自分の力をどれだけ出せるかということが楽しみで仕方ないです」と語っている。オーストラリアで成し遂げたい目標に関しては「優勝ですね」とし、「簡単な目標ではないと思うんですけど、幸いプレーオフルールがオーストラリアにはあるということで、プレーオフに入って勝負に勝てれば…。とにかくリーグで1位になりたいなと思っています」とコメントしている。 

取材:植田路生(メルボルン) 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00293603-footballc-socc

2: 2018/10/18(木) 10:41:08.02 ID:PE2IPD/G0
ボランチなんてようせんのではなかったのか?


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539826818

続きを読む

「中島翔哉はアジアカップに参加しない」by ポルトガル紙

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽


1: 2018/10/18(木) 06:23:58.82 ID:CAP_USER9
「スポルティング戦での好調をキープしていた」

ポルトガルの全国スポーツ紙『Record』は、10月16日に行なわれた日本対ウルグアイ戦での中島翔哉について、「日本代表のためにまたひとつ殻を破り、敵を倒した」と報じた。

「ポルティモネンセの中島は、10月7日に国内リーグのスポルティング戦を4-2で制した後、絶好調をキープしたまま16日、埼玉のピッチでは日本代表としてプレーし、ウルグアイ代表を4-3で下した。

 左ウイングでプレーし、エリアの端から南野へパスを通して先制点を演出し、日本を活気づけた。87分にピッチを後にするまで、確かな存在感を残していた」

 また、ポルトガルの全国スポーツ紙『A BOLA』は「日本代表に対して、ウルグアイ代表は敗北を回避できなかった」と日本の健闘を驚きつつも称え、中島についてはこのように評している。

「得点こそなかったものの、試合開始10分で南野への的確なパスで先制点を演出。ドリブルや華麗なダイレクトプレーで、チームにリズムをもたらした。

 勢いに乗った日本は、カバーニらの再三の追撃ゴールにも屈せず、大迫勇也、堂安律、そして再度の南野のゴールで4-3の勝利を飾っている」

 しかし『Record』は同時に、気になるニュースをもう1本報じた。それは、「ナカジマはアジアカップには参加しない」というものだ。

「ウルグアイを4-3で破った試合で、中島は日本での立場を確立しつつあった。ポルティモネンセでも欠かせない存在の彼だが、来年1月から2月にかけてUAEで開催されるアジアカップのため、おそらく代表に招集されるだろう。

 しかし、懸念がある。招集された場合、同時期に予定されているポルトガルリーグの試合など、クラブでの6試合に、中島は出場できないことになる。

 日本はアジアカップではグループFに振り分けられ、1月9日にトルクメニスタン、13日にオマーン、17日にウズベキスタンと対戦する。ほぼ確実に、日本はこのグループを通過するだろう。少なくとも、準決勝までは進むのではないだろうか。そうなれば、クラブでの不参加期間が伸びる。

 欧州の冬の移籍市場は、1月に再開する。もちろん、クラブがどう判断するかということも現時点では分からないが、移籍を考えた場合、中島のアジアカップ出場を渋る可能性もあるのだ。何せ、2000万ユーロ(約26億円)ともいわれる移籍金がかかっているのだ」

 もちろん、招集や移籍に関しては現時点で何も確定していないが、セビージャやレバークーゼン、シャフタール・ドネツクなど、中島の獲得に本気で動いているというクラブの噂は絶えない状態にある。少なくとも、クラブ側と代表で調整が必要なことは確かだろう。

 日本代表でもクラブでも欠かせない存在だからこそのジレンマ。どのような判断が下るとしても、中島にとってより良い選択であることを祈りたい。

10/18(木) 6:11配信?サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00048920-sdigestw-socc

86: 2018/10/18(木) 07:17:58.99 ID:fqSfpRkZ0
>>1 中島選手を招集しないんで500万ドル(※アジアカップ優勝賞金)で手打ちしようw


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539811438/-100

続きを読む

日本のサッカーの未来、明るすぎる!

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽


1: 2018/10/18(木) 03:00:50.63 ID:QtQj9lwda
中島翔哉(バイエルン)
南野拓実(ライプツィヒ)
堂安律(チェルシー)
久保建英(バルセロナ)
中井(レアルマドリー)
冨安(アーセナル)
酒井宏樹(PSG)
長友佑都(ユベントス)

2: 2018/10/18(木) 03:01:03.00 ID:QtQj9lwda
4年後な

3: 2018/10/18(木) 03:01:42.89 ID:Nfm5ULQy0
突っ込みどころ多すぎ


引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539799250/0-

続きを読む