あれはサッカーじゃない!スポーツのスピリットとは違う!スペイン代表DFがイランの戦術を非難!

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/21(木) 19:28:45.29 ID:CAP_USER9
【イラン 0-1 スペイン ロシアワールドカップ・グループリーグB組第2節】

 スペイン代表は現地時間20日、ロシアワールドカップのグループリーグ第2節でイラン代表に1-0の勝利を収めた。試合後の談話をスペイン紙『アス』などが伝えている。

 すでに初戦でモロッコを下して勝ち点3を得ていたイランは、序盤から超守備的戦術でスペインに対抗した。54分に先制されるまでの大半の時間、守備時は「6バック」とも言える“ドン引き”でゴール前を固めたのである。

 当然、この戦いに疑問を投げかける選手もいる。スペイン代表の右サイドバックとして先発出場したDFダニ・カルバハルは「あのような試合になることはわかっていたし、イランには明確なプランがあった」と述べた上で、カルロス・ケイロス監督が採用した守備的なアプローチに批判的な見方を示した。

「あのようなやり方で戦い、攻撃を寸断することはサッカーの一部ではある。だが、すべての時間を無駄にし、怪我で痛んでいるふりをするような試合だよ。僕はこれをサッカーだとは思わない。これはこのスポーツのスピリットとは違う」

 ゴール前にフィールドプレーヤー全員が固まってスペインの攻撃を跳ね返し続け、時には痛んでピッチに倒れる選手もいた。カルバハルはこの姿勢が気に食わなかったようで「あいつらは理由もないのに繰り返し倒れた。痛くもないのに。ファウルを受けてもいないのに」と、度重なる“時間稼ぎ”を非難している。

 それでも「大事なのは試合に勝ったことで、グループのトップにいる必要があるのは確かだ」と勝利そのものの成果はあった。グループBはポルトガルとスペインが勝ち点4、イランが勝ち点3と、最終戦を残して混戦模様になっている。

 現地時間25日に行われるグループリーグ最終戦でポルトガルと対戦するイランは、確実に決勝トーナメント進出を決めるために勝利したいところ。スペイン戦ほどの守備的な戦いはもう見られないだろうが、今回はある意味でワールドカップを象徴する1試合が生まれたと言えそうだ。

4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

6/21(木) 13:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00276504-footballc-socc

512: 2018/06/21(木) 20:02:31.45 ID:hNNjp6EF0
>>1
アンチフットボール復活!!

続きを読む

中島翔哉が長友のガラタサライへ行けばステップアップ?

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/21(木) 18:16:11.46 ID:CAP_USER9
トルコ1部のガラタサライがポルトガル1部ポルティモネンセの中島翔哉の獲得を目指すと、21日にトルコのウエブアスラン電子版が報じた。経営陣は正式な移籍交渉を始めたという。

 中島を両ウイングでプレーで可能な選手で、17-18年シーズンは10ゴール、12アシストをしたと紹介。ガラタサライは昨冬にインテルからレンタル移籍してきた長友佑都から大きな収穫を得て、アジアからの急激な人気上昇などを重要視し、日本のスター選手をさらに獲得したいとしている。

4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00245559-nksports-socc

4: 2018/06/21(木) 18:17:39.45 ID:hJabqPLO0
間違いなく宇佐美より必要だったよな

6: 2018/06/21(木) 18:18:03.97 ID:YSN/y2+r0
ステップアップになってない
ドイツ行くべきだな
体格的ハンデはあるがドイツは馴染みやすいと一定の結果が出てる
スペインはまだ厳しそう、プレミアは無理


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529572571

続きを読む

長友「セネガルが一番強い」 香川「本当の敵はセネガル」

元の記事へ移動

▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/21(木) 10:51:04.13 ID:C5YYRD33M
香川「本当の敵はセネガル」長友「セネガルが一番強い」

4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

 【カザン(ロシア)20日】

サッカー日本代表MF香川真司(29=ドルトムント)とDF長友佑都(31=ガラタサライ)が、深夜のプール会談で気持ちを引き締め直した。歴史的勝利を飾った1次リーグ初戦のコロンビア戦後、宿舎プールで次のセネガル戦(24日)に向けて話し合った。勝利に浮かれることなく、1次リーグ突破へ緊張感を高めた。

 香川と長友は2人で現実を見つめ直した。歴史的な1勝を挙げたサランスクから、ベースキャンプ地のカザンに戻った19日深夜。宿舎のプールには香川と長友の姿があった。試合終了からわずか数時間後。2人に勝利の余韻はなかった。一夜明けた20日、長友は前日のやりとりを明かした。

 長友 彼(香川)も勝った喜びを感じていたけど、危機感の方が強くて。4年前(初戦の)コートジボワール戦で負けた後の感情を振り返りながら、冷静に話し合えた。

 4年前のブラジル大会初戦、コートジボワールに敗戦した。当時、不調に陥った香川はFW大久保から風呂に呼び出され“愛のむち”という名のダメ出しを受けた。長友もその時の様子を見ていた。2人にとっては苦い経験だが、いい教訓でもある。もう1度思い出すことで足元を見つめ直し、セネガル戦に目を向けることができた。実は今回のワールドカップ(W杯)前最後の親善試合、パラグアイ戦(4-2)の後にも2人で風呂で語り合っている。だからこそコロンビア戦でPKを決めて前回の雪辱を果たした香川も、すぐに気持ちを切り替えた。

 香川 (得点は)そこまで振り返らないようにしている。次に集中したい。ただ1勝して、ただ1点とっただけ。これからもっとタフな戦いになる。

 第2戦の相手はアフリカの強敵。独自で1次リーグの相手を分析していた長友は「セネガルが一番強い」と言い切った。「コロンビア戦以上の一体感がないと勝てない。組織がしっかりしている。カウンターは話にならないほど速い」。香川も同じ意見だ。「コロンビア以上にスピードが速い選手、前に強い選手、かつビッグクラブで経験している選手がいてすごくいいチーム。より自分に重圧をかけて、もっともっと上にいく気持ちを出したい。もちろん、一体感を持ちながら戦い続ける」。

 強調したのは「一体感」。10年南アフリカ大会では初戦に勝った後、闘莉王や中村俊輔が中心となってチームのムードを引き締めた。今度は香川と長友の番だ。長友の8年前の経験、香川の4年前の経験を後輩に伝え、もう1度、一体感を高めなければいけない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00244918-nksports-socc

2: 2018/06/21(木) 10:51:58.10 ID:v4JAVTeo0
深夜のプールで…あっ…

5: 2018/06/21(木) 10:54:32.25 ID:q1PIvs76p
ワイはこの前の試合で香川が輝いてて嬉しいわ


引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1529545864/0-

続きを読む

今の日本代表は批判されればされるほど強くなる!? 長友佑都「批判されてきたのが今となっては良かった」

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


1: 2018/06/21(木) 14:42:50.75 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00113875-soccermzw-socc

4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

昨年10月から高まりを見せた批判、4月のハリル監督解任で一層強まった逆風

 まるで復活するたびに強くなる人気漫画のキャラクターのようだ。日本代表は19日の
ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦で2-1と勝利。大会前、
日本代表に対する批判は高まりを見せていたが、DF長友佑都は「批判されてきたのが今となっては良かった」と感謝している。

試合は開始3分に相手MFカルロス・サンチェスがハンドの判定で一発退場となり、そのプレーで得たPKをMF香川真司が決めて日本が先制。前半39分に低弾道FKを叩き込まれ1-1に追いつかれるも、後半28分にMF本田圭佑の左CKからFW大迫勇也がヘディングで決勝点を流し込んだ。

 コロンビア戦後、2014年ブラジルW杯からの歩みを振り返った長友は、「4年間、必ずしも上手くいったわけじゃなくて、苦しいことも多かった。皆さんに批判されながらも、この4年間みんなで戦ってきて、W杯で絶対成功したいという、覆したい思いがあった」と力を込めている。

 とりわけロシアW杯出場を決めてから、日本代表への批判は徐々に高まりを見せた。
国内組主体で臨んだE-1選手権(2勝1敗)を除き、本来のA代表チームは
昨年10月のニュージーランド戦(2-1)から今年6月12日のパラグアイ戦(4-2)まで約
8カ月間も白星から見放されていたのだ。そして4月にはバヒド・ハリルホジッチ監督が
撃解任され、西野朗監督が就任すると、逆風はさらに強まった。
そうした逆境のなかで、日本代表は一致団結してコロンビア戦に臨み、見事に金星を手にしている。

「間違いなく反骨心はある。南ア(2010年南アフリカW杯)の時もたくさん批判されて、
批判されればされるほど、何かエネルギーが出てくる。何か沸々としたものが出てきて
、『やってやるぞ』という気持ちにさせてくれたと思う」

これも勝者の余裕と貫禄か。
コロンビア撃破後に胸を張った長友は、「批判されてきたのが今となっては良かった」と、むしろ感謝の言葉を残した。

批判されればされるほど強くなる――。雌伏の時を経て、西野ジャパンはロシアW杯で快進撃を見せるのだろうか。

132: 2018/06/21(木) 15:07:52.34 ID:EHBPn9EO0
>>1
長友よ

まだ2試合残ってんだぞ?1回勝ったくらいで浮かれるな


引用元;http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529559770

続きを読む

「今の大迫ならタメをつくれて、セネガル相手に厚みのある攻撃ができる!」by 岡田武史

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/21(木) 10:41:57.14 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00244985-nksports-socc

4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

2度のワールドカップ(W杯)指揮を誇る元日本代表監督、岡田武史氏(61=FC今治オーナー)がコロンビア戦の勝利を称賛した。

14年ブラジル大会に続き「日刊スポーツW杯特別評論家」に就任。
日本トップの経験に基づいて「岡田武史論」を展開する。
初戦は10年南アフリカ大会との比較、勝負のあや、両監督の采配から日本サッカーの成長、第2戦セネガル戦の展望を大いに語った。【取材・構成=木下淳】  

第2戦はセネガルとの勝者対決になった。
日本戦の後、すぐ分析し「アフリカ独特の身体能力を生かした攻守にプラスして、チームのための犠牲精神を持っているように感じた。スーパースターは前線のマネぐらいだが、全員がハードワークする」と評価。攻撃面は「カウンター攻撃は圧巻である。日本はディフェンスラインの裏にスペースを与えたくない。

シュートはうまくない。決定機をつくられても粘り強く対応して欲しい」と指摘。
「またディフェンスは、アフリカ勢の中では組織されている方だが、バイタル(MFとDFの間の危険なエリア)に大きなスペースを空けたり穴はある。 今の大迫ならタメをつくれて厚みのある攻撃ができそうだ」と十分に戦える可能性を感じた。

日本の編成については
「選手は自信を持って挑めるはず。うまく回っているから先発は変えない方がいいと思うけど、西野さんは研究好きなので、相手のスピードに対応する選手を使ってくるかもしれない」。

その上で眼鏡の奥の目を鋭く光らせる。

「次は11人が相手だ。簡単にはいかない。より現実的に戦う必要があるし、できればクオリファイ(予選通過)しておきたい。尻に火がつく。
自分の時は第2戦でオランダに負け、最後のデンマーク戦に負ければ敗退、と逆に追い込まれた。次戦で勝って決められるようであれば、上も狙えてくるんじゃないか」。

自身を超える過去最高の8強へ、2戦目の必勝も西野ジャパンに期待した。

158: 2018/06/21(木) 11:02:28.71 ID:Emuu0OIa0
>>1
ずいぶん無責任なこというようになったな岡田
実際はセネガルの身体能力に泣くことになる


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529545317

続きを読む

「一番疑問に感じたのはゴールキーパー川島!自信を持った存在ではなかった」by オシム

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/21(木) 12:09:30.85 ID:CAP_USER9
20日放送、毎日放送「戦え!スポーツ内閣」、サッカー元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(77)がVTR出演。
ワールドカップ(W杯)開幕前に、川島永嗣への不安を口にしていた。

大会前の8日に行われたスイスとの強化試合を見たというオシム氏は、
「確かに良い試みもあるにはあったが、リーダー的な存在がいればいいのにと感じた」とコメント。

「とても効率が悪いサッカー」だったとし、「相手にとって危険で、ゴールを挙げることのできる選手がいれば、きっとリーダーになれるチームはその人間の後をついていくはずだ」と述べた。

さらに、スイス戦で「一番疑問に感じたのはゴールキーパー」と、川島に言及。
「私に言わせると、自信を持った存在ではなかった。集中力を欠いたりする場面があったからだ」と指摘した。

サッカー_01

http://news.livedoor.com/article/detail/14896536/

109: 2018/06/21(木) 12:26:26.69 ID:2093ugB60
>>1
いや、皆が思ってたと思うぞ。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529550570

続きを読む

日本代表を応援すると言っていたハリルホジッチさん、コロンビア戦勝利は見ていない模様・・・

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/21(木) 12:29:02.21 ID:CAP_USER9
前日本代表指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、日本代表のロシア・ワールドカップ初戦のコロンビア戦について、「見ていない」と話した。

日本は19日に行われたコロンビア戦を2-1で勝利し、下馬評を覆すサプライズを披露した。本大会2カ月前という状況で日本代表指揮官を解任されたハリルホジッチ監督は、『Goal』クロアチア版に対して、「私が何かをコメントすることは意味がないよ。私は試合を見ていない」とし、具体的な言及を避けた。

コロンビア戦の前、『Goal』に対して、「日本のロシアでの幸運を願っている。彼らが夢の舞台で素晴らしい結果を手にするよう祈っている」と語ってくれたハリルホジッチ氏。複雑な感情を抱えている中であることが推測されるが、同氏の思いも胸に、選手だけでなくサポーター、メディア共に日本代表を精一杯サポートしていきたいところだ。

4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

6/21(木) 12:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000006-goal-socc

65: 2018/06/21(木) 12:40:08.24 ID:M4VycndG0
>>1
次のオファ-来ないだろね
次に繋がるコメントせよ
と思ったが何億も金入ってくりゃ
のんびり出来るわな


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529551742

続きを読む

ケイスケホンダの一番かっこいいサッカーの引退の仕方

元の記事へ移動


4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

▽おすすめ記事▽

3: 2018/06/21(木) 05:55:28.46 ID:ruesFQ4D0
ハットトリックを決めた次の日に「後は後輩たちに託します」って言う

4: 2018/06/21(木) 05:55:44.29 ID:qfzFij5o0
川島、ボールくれ
一点取ってくる

引用元:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1529528084/0-

続きを読む

ポルトガルの中島やオランダの堂安をごり押ししてスペインの乾やドイツの香川を外せみたいな風潮なんだったの?

元の記事へ移動


4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

▽おすすめ記事▽


1: 2018/06/20(水) 13:20:03.28 0
どんなジャンルでもいる若手厨っているんだな

13: 2018/06/20(水) 13:40:41.88 0
>>1
中島らを入れたら結果出ない訳では無いし
昨日の試合はハッキリ言って日本サッカー界で50年に1度訪れるかどうかの幸運だったろ
開始3分で相手が10人になったんだぞ
つまりAT入れたら92分間もの間11人対10人で戦えた

58: 2018/06/20(水) 14:20:19.25 0
>>1
乾と香川じゃなくて宇佐美と本田を外せって言われてたろ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1529468403/0-

続きを読む