頑張れ栃木SC

元の記事へ移動

お久しぶりの更新です。

皆さんいかがお過ごしですか。


栃木SCの2018シーズンも次節のアウェイ甲府戦でちょうど1/3が過ぎようとしております。

現在、22チーム中7位。

J2復帰初年度としてはまずまずの成績ではないでしょうかね。

ただ、リーグ戦は最終順位が重要なのであって、今の順位は通過点に過ぎません。実際、昨年、一昨年とJ3で何度も途中1位になりましたが、結果的に1位で終えたシーズンはありませんでした。

それに今現在7位とはいえ下位との勝点差があまり開いておりませんので、1試合で大きく順位が変動する可能性があります。

浮かれることなく(と言ってるおさるが「来年鹿島スタジアムいくかも」などと浮かれてますけどw)気を引き締め、残りの2/3シーズン応援していきましょう。
続きを読む

今シーズンも楽しかった。来シーズンはもっと楽しく。

元の記事へ移動

昨日は2017シーズン報告会で、関係者様のご厚意で今回も参加させて頂きました。
2017-12-12-19-11-23

どんな感じなのかはスズヤスさんのマガジンにフォトレポートとしてアップされてます(無料記事です)ので、ご参考にどうぞ。
https://www.targma.jp/tochigi/2017/12/12/post14667/

スズヤスさんのマガジンにもありますが、選手、スタッフそして参加された方々が終始笑顔で非常に楽しい報告会になりました。 続きを読む

J3を経験して

元の記事へ移動

過日のエントリにも書きましたけど、旅を終えて家路につく心境と同じで、J3というカテゴリを2年経験しまして、J2に戻れると決まった瞬間から、大変だったけれどいい経験になったし、楽しいことも沢山あったなと感じてます。


J3の2年間の総括とまではいきませんけど、おさるなりに感じたことをまあ、感想文的に纏めてみます。

来年からJ3を経験することになるお隣のサポさんなんかの参考になるかも・・・ならないかな?(^^;

続きを読む

オモさんありがとう。いつかどこかで。

元の記事へ移動

シーズンオフに入り、毎年のことですが出会いと別れの季節がやってまいりました。

毎年恒例の移籍動向の一覧を作成しました。
http://osaru.blog.jp/archives/55657215.html

発表があれば都度更新していきます。
一覧でまとまってた方がわかりやすいですよね。


そして早速本日、尾本選手の契約満了の発表がありました。
https://www.tochigisc.jp/info/9070 

栃木SCが苦しい時期に支えてくれた功労者だと思います。
どんなに苦しい試合でも、挨拶の時は下を向かずにサポーターの目を見て叱咤激励を受け止めていた印象が非常に強いです。

今シーズン終盤からは若手の台頭もあり、徐々に出場機会が減っておりましたけど、困ったときのオモさんという、信頼できる計算できるCBだったんじゃないかなと思います。

試合を離れるとニコニコ顔で快くファンサービスにも応じてくれました。

話すたびに「自分、群馬生まれで小学生時代茨城(水戸)で中学から栃木に住んでて、オモさんと同じ一人北関東ダービーなんですよ」と話すと「前もその話聞きました」とよく言われたっけw

「両親がファンなんです」というと「じゃあ、ご両親に」と名刺を余分にくださったこともありました。

プレイヤーとしても、人としても魅力のある素晴らしい選手でした。

栃木SCサポとしては本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今後の活躍を期待しております。

  続きを読む

2017-2018 移籍動向

元の記事へ移動

毎年恒例の動向一覧、今年も作りました。随時更新します。
※公式発表になった時点で更新。(噂の範囲では更新しません


名前横のは来期在籍(名前を青色にします)。 
名前横の× は来期在籍せず(名前を灰色にします)。 
名前横の○× がないのは未発表。 
名前横の数字は背番号。 

(レ)は期限付(レンタル)。 

(2)は2種登録選手。 

◆監督

横山雄次

◆GK

1竹重安希彦

15ジョニー・レオーニ

23川田修平

◆DF
4広瀬健太(レ)

×5尾本敬   → 契約満了

7菅和範

17福岡将太

18坂田良太

22メンデス

26夛田凌輔

29川田拳登(レ)

◆MF
2西澤代志也

6古波津辰希

10杉本真

11岡崎建哉

14西谷和希

16仙石廉

21牛之濱拓

21和田達也

38宮崎泰右

42山本廉(2)

43法師人将大(特別指定)

◆FW
   

8廣瀬浩二

13上形洋介

19服部康平

20藤沼拓夢(レ)

25ネイツ・ペチュニク

27榊翔太

40早乙女達海(2)

41本庄竜大(2)


●期限付き移籍中
◆DF

二戸将(FC CASA FORTUNA OYAMA)

種岡岐将(東京武蔵野シティFC)

◆FW

竹中公基(ヴァンラーレ八戸)


●新規加入
◆GK

◆DF

◆MF

◆FW
 

やっと帰れる。

元の記事へ移動

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間。

泣くかなとか、どんな風に喜びを爆発させるのかなとか想像してましたけど、実際には、まず安堵の気持ちしかなかったですね。

よかった。

本当によかった。

そして、その後に感じたのは、簡単ではないし、厳しい試合ばっかりだったけど、それでもJ3はJ3で楽しかったなと。

つまり、旅と同じで帰る家があるから旅は楽しいのであって、J3という2年の長旅を終えて、やっと帰れるんだなと。そんな事を考えた時に、大変な旅だったけど、楽しい旅だったなと感じたんです。


以前にも書きましたがJ3はアマチュア編成のチームがあったり、育成の為のチームがあったり、非常に混沌としていてカオスなリーグです。

運営もJ1並にホスピタリティが充実しているチームがあるかと思えば、手作り感満載な運営もあったり、時には飲食売店がほとんどなくて、食事に苦労したりとか、観戦する方もそのカオスっぷりに驚きの連続でした。


炎天下のデーゲームや水中でやっているかのようなピッチ状態なんてのはJ3ならではこそですよね。

観戦する方も非常に貴重な体験ができた2年間でした。
続きを読む

沼津は近い

元の記事へ移動

長野戦の試合後のセレモニーで橋本社長が『沼津は近い』と仰ってました。
 
 
おさるの感覚としても、総合的に判断して、アウェイとしてはちょうどよい距離感というか、アウェイあまり行ったことない人がチャレンジするにはちょうどいい感じかなと思います。水戸や群馬(前橋)程楽な距離ではないですが、電車でも車でもそう難しい場所でもないと思います。
続きを読む

ここ3試合の引き分けをポジティブなものにするには。

元の記事へ移動



この日、秋田が負けたので結果として栃木SCは1位に返り咲きました。
 
しかし、勝点差は僅差。
 
次の最終節で1位から3位の可能性が上位3チームともにある状態になりました。
 
 
長野戦。『勝てた』試合とは言いません。
 
長野は非常に強かったです。
 
しっかり栃木対策をしてきたし、強固な守備でしっかり守ってました。
 
だけど、おさるはそれでも『勝たなければいけない』試合だったと思うんです。
 
続きを読む