「ボールが足元にあると震えるが、悲惨なことはしなかった」。長友、ダービーフル出場で現地紙は及第点

元の記事へ移動

10月15日、セリエA第8節でミラノダービーが行われ、インテルは3-2でミランに勝利した。日本代表からイタリアに戻ってきた長友佑都は先発フル出場。対面するボリーニに対して劣勢だった部分はあるものの、現地各紙はおおむね及第点を与えている。(文:神尾光臣【イタリア】)

白熱のミラノダービー制したインテル、早くも見せる高い成熟度。実に細かな戦術的駆け引き

元の記事へ移動

10月15日、セリエ第8節でミラノダービーの一戦が行われ、インテルがミランに3-2で勝利した。近年は低調なゲームが多く、かつてよりも格が落ちたとも嘆かれていたダービーマッチだが、今回は一進一退、手に汗握る熱戦に。ダービーの効果か、ミランも意地を見せたものの、最終的にはスパレッティ監督のもと高い成熟度を見せる新生インテルが勝利をもぎ取った。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)