本田のクラブ批判に続いたベルトラッチ。選手が叫ぶ『構造』の変化、問われるイタリアメディアのあり方

元の記事へ移動

現地時間13日、ミランはホームで行われたセリエA第16節でエラス・ヴェローナと対戦し、1-1で引き分けた。シニシャ・ミハイロビッチ監督は珍しく審判の判定を批判したが、現地メディアはミランの体たらくぶりを酷評。しかし、このイタリアメディアのあり方に異を唱える選手が現れた。それはまるで、『構造』の変化を要求し、クラブを批判した本田圭佑の発言と類似していた。